August 19, 2022

友達の香り:体臭の類似性が社会的絆に貢献する可能性Science dailyより

人は体臭が似ている人と友好関係を結ぶ傾向がある。

Scent of a friend: Similarities in body odor may contribute to social bonding

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/06/220627125010.htm#:~:text=Summary%3A,an%20electronic%20nose%2C%20or%20eNose.

友達の香り 体臭の類似性が社会的絆に貢献する可能性

An electronic nose relying on body odor chemistry may predict whether we are likely to 'click' with a stranger

体臭の化学反応に基づく電子鼻が、見知らぬ人と「意気投合するか」どうかを予測するかもしれない

click with:意気投合する、

Date: June 27, 2022

Source: 情報源

Weizmann Institute of Science ワイツマン科学研究所、イスラエル

Summary:

概要

Researchers have found that people may have a tendency to form friendships with individuals who have a similar body odor. The researchers were even able to predict the quality of social interactions between complete strangers by first 'smelling' them with a device known as an electronic nose, or eNose. These findings suggest that the sense of smell may play a larger role in human social interactions than previously thought.

研究者らは、人は体臭が似ている人と友好関係を結ぶ傾向がある可能性があることを発見した。研究者らは、電子鼻と呼ばれる装置で最初に相手の匂いを嗅ぐことで、全く知らない人同士の社会的交流の質を予測することもできた。これらの結果は、嗅覚が人間の社会的相互作用において、これまで考えられていたよりも大きな役割を果たす可能性を示唆しています。

FULL STORY

全文

Weizmann Institute of Science researchers have found that people may have a tendency to form friendships with individuals who have a similar body odor. The researchers were even able to predict the quality of social interactions between complete strangers by first "smelling" them with a device known as an electronic nose, or eNose. These findings, published today in Science Advances, suggest that the sense of smell may play a larger role in human social interactions than previously thought.

ワイツマン科学研究所の研究者らは、人は体臭が似ている人と友好関係を結ぶ傾向がある可能性があることを発見した。研究者らは、電子鼻(eNose)と呼ばれる装置で最初に相手の匂いを嗅ぐことで、全く知らない人同士の社会的交流(相互作用)の質を予測することもできました。Science Advances誌に本日掲載されたこの研究結果は、嗅覚が人間の社会的交流において、これまで考えられていたよりも大きな役割を担っている可能性を示唆しています。

social interactions 社会的交流[相互作用]
Science Advances誌は米国科学振興協会(AAAS)発行

Anyone who has ever walked a dog knows that their canine can usually tell from a distance whether an approaching dog is friend or foe. When in doubt, upon encountering one another, the two dogs might carefully and explicitly sniff each other before deciding whether to plunge into a play session or an all-out war. This dominant role played by the sense of smell in social interactions has been extensively documented in all terrestrial mammals except humans. Is this because humans don't use their noses in social settings the way all other terrestrial mammals do? Or is this behavior covert, rather than overt, in humans?

犬の散歩をしたことがある人なら誰でも知っているように、犬は近づいてくる犬が敵か味方か、遠くからでもわかるものだ。そのため、2頭の犬は、互いに相手の匂いを嗅ぎ合ってから、遊びを始めるか、それとも争いに突入するかを決める。このように嗅覚が社会的相互作用において支配的な役割を果たすことは、人間を除くすべての陸生哺乳類で広く記録されている。これは、ヒトが他のすべての陸生哺乳類と同じように社会的環境で鼻を使わないからなのだろうか?それとも、ヒトの場合、この行動は表立ったものではなく、むしろ隠れたものなのだろうか?

terrestrial mammals  陸生哺乳類
social settings 社会的環境

Graduate student Inbal Ravreby, in Prof. Noam Sobel's laboratory in Weizmann's Brain Sciences Department, hypothesized that the latter is the case. She relied on two previous observations. First, several lines of evidence suggest that humans are constantly, although mostly subconsciously, sniffing themselves. Second, humans often subconsciously sniff other people. In addition, it's known that people tend to become friends with others who are similar to themselves in appearance, background, values and even in measures such as brain activity. Ravreby hypothesized that when subconsciously sniffing themselves and others, people may be making subliminal comparisons, and that they may then gravitate toward those whose smell is similar to their own.

ワイツマン大学脳科学科のノーム・ソベル教授の研究室に所属する大学院生インバル・ラブレビーは、後者であるという仮説を立てた。彼女は、これまでの2つの観察結果に基づきました。第一に、人間は常に、そのほとんどが無意識のうちに、自分の匂いを嗅いでいることを示唆するいくつかの証拠がある。第二に、人間はしばしば無意識のうちに他の人の匂いを嗅いでいる。さらに、人は自分と外見、経歴、価値観、さらには脳活動などの尺度が似ている人と友達になる傾向があることが知られている。ラヴレビーは、人は無意識のうちに自分や他人の匂いを嗅いでいるとき、サブリミナルな比較をしているのではないか、そして、自分の匂いと似ている人に引き寄せられるのではないか、という仮説を立てました。

subliminal サブリミナル

To test her hypothesis, Ravreby recruited pairs of click friends: same-sex nonromantic friends whose friendships had originally formed very rapidly.She hypothesized that because such friendships emerge prior to an in-depth acquaintance, they may be particularly influenced by physiological traits such as body odor. She then collected body odor samples from these click friends and conducted two sets of experiments to compare the samples with those collected from random pairs of individuals. In one set of experiments, she performed the comparison using the eNose, which assessed the chemical signatures of the odors. In the other, she asked volunteers to smell the two groups of body odor samples in order to assess similarities measured by human perception. In both types of experiments, click friends were found to smell significantly more like each other than did the individuals in the random pairs.

彼女の仮説を検証するために 、ラヴレビーは意気投合の友人のペアを募集しました:もとも急速に友人関係が形成された同性の非恋愛的な友人。彼女は、このような友人関係は、深く知り合う前に形成されるため、体臭などの生理的特徴に特に影響されるのではないかという仮説を立てた。そして、これらの意気投合友人から体臭サンプルを採取し、無作為のペアから採取したサンプルと比較する実験を2セット行った。一つの実験では、匂いの化学的な特徴を評価する電子鼻を使って比較を行いました。もう1つは、ボランティアに2つの体臭サンプルの匂いを嗅いでもらい、人間の知覚による類似性を評価するものです。どちらの実験でも、意気投合の友人は、無作為に選んだペアに含まれる個人よりも、有意に似た匂いがすることがわかった。

Next, Ravreby wanted to rule out the possibility that body odor similarity was a consequence of click friendships, rather than a contributing cause. For example, what if the friends had a similar smell because they ate the same types of food or shared other life experiences that influence body odor? To address this issue, Ravreby performed an additional set of experiments, in which she used an eNose to "smell" a number of volunteers who were complete strangers to one another, and then asked them to engage in nonverbal social interactions in pairs. After each such structured interaction, the participants rated the other individual in terms of how much they liked that person and how likely they were to become friends.

次に、ラヴレビーは体臭が似ているのは、意気投合の友人が原因ではなく、結果的にそうなっている可能性を排除しようと考えた。例えば、同じ種類の食べ物を食べたり、体臭に影響を与えるような人生経験を共有したりしたために、体臭が似てしまったとしたらどうだろうか?この問題を解決するために、ラヴレビー、電子鼻を使って、全く知らない複数のボランティアに「匂い」を嗅がせ、その後、2人組で非言語的な社会的交流を行うように依頼する実験を行った。このような構造化された相互作用の後に参加者は相手のことを「どの程度好きか」「どの程度友達になれる可能性があるか」という観点から評価しました。

Subsequent analysis revealed that the individuals who had more positive interactions indeed smelled more like each other, as determined by the eNose. In fact, when Ravreby and statistician Dr. Kobi Snitz entered the data into a computational model, they were able to predict with 71 percent accuracy which two individuals would have a positive social interaction, based on eNose data alone. In other words, body odor appears to contain information that can predict the quality of social interactions between strangers.

その後の分析で、より積極的な交流を行った個人は、電子鼻によって、よりお互いに似た匂いを発していることが明らかになりました。実際、ラヴレビーと統計学者のKobi Snitz博士が計算モデルにデータを入力したところ、電子鼻のデータだけで、どの2人が積極的に交流するか71%の精度で予測することができました。つまり、体臭には、見知らぬ人同士の社会的交流の質を予測する情報が含まれているようなのです。

nonverbal 非言語的

"These results imply that, as the saying goes, there is chemistry in social chemistry," Ravreby concludes. Sobel offers words of caution: "This is not to say that we act like goats or shrews -- humans likely rely on other, far more dominant cues in their social decision-making. Nevertheless, our study's results do suggest that our nose plays a bigger role than previously thought in our choice of friends."

「これらの結果は、諺にもあるように、社会的化学反応には化学反応があることを示唆しています」とラヴレビーは結論付けている。ソーベルは注意を促している。「人間は、社会的な意思決定において、他のはるかに優位な手がかりに依存している可能性が高いのです。とはいえ、我々の研究結果は、我々の鼻が、我々が友人を選ぶ際に、これまで考えられていたよりも大きな役割を果たしていることを示唆しています"。

用語

2021-11-09
【類似性の法則】自分と似ている人を好きになる心理を解説
https://kruchoro.com/similarity

類似性とは?

類似性(Similarity)とは、二人の見た目や経歴、能力や性格などの特性が似ている度合いのことを指します。

この類似性が高いほど仲良くなりやすい心理が存在します。これは類似性の法則と言われます。心理学用語の中でも有名な言葉なので、知っている人も多いでしょう。

この類似性の法則は、見知らぬ人同士が仲良くなるために役立つほか、特に長期的な人間関係を築いていくうえで大事だとされています。

ワイツマン科学研究所
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

ワイツマン科学研究所(ヘブライ語: ???? ????? ?????, 英語: Weizmann Institute of Science)は、イスラエルのレホヴォトにある研究および高等教育機関。自然科学系の大学院のみである点が他の一般の大学とは異なる(大学院大学)。ヴァイツマン科学研究所とも。世界的にも有名な総合研究センターであり、約2,500名の科学者、博士号取得後のフェロー、大学院生、スタッフが働いている[1]。

社会的相互作用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C%E7%94%A8

社会的相互作用(しゃかいてきそうごさよう)または社会的インタラクション(英: Social interaction)、対人的相互反応とは、個人(やグループ)間の動的に変化する一連の社会的行為であり、その個人は相互作用のパートナーの行為への反応として自らの行為を変化させる。すなわち社会的相互作用とは、人々が状況に意味を持たせ、他者が意味しているものを解釈し、それに応じて反応する事象である。

サブリミナルの文字を見て以前読んだ下記の本を思い出しました。紹介します。

サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ (中公新書)内容(「BOOK」データベースより)

人は自分で考えているほど、自分の心の動きをわかっていない。人はしばしば自覚がないままに意志決定をし、自分のとった行動の本当の理由には気づかないでいるのだ。人間科学の研究が進むにつれ、「認知過程の潜在性・自働性」というドグマはますます明確になり、人間の意志決定の自由と責任に関する社会の約束ごとさえくつがえしかねない。潜在的精神を探求する認知・行動・神経科学の進展からうかびあがった新しい人間観とは。

|

August 15, 2022

魅力の香り:生殖ホルモンのレベルは女性の体臭の個人差を説明するPUBMEDより

エストラジオールのレベルが高く、プロゲステロンのレベルが低いほど、女性の体臭はより魅力的だと男性に評価されました。

Published online 2018 Sep 12

The scent of attractiveness: levels of reproductive hormones explain individual differences in women's body odour

魅力の香り:生殖ホルモンのレベルは女性の体臭の個人差を説明する

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6158529/

Abstract

要旨

Individuals are thought to have their own distinctive body odour which reportedly plays an important role in mate choice. In the present study we investigated individual differences in body odours of women and examined whether some women generally smell more attractive than others or whether odour preferences are a matter of individual taste. We then explored whether levels of reproductive hormones explain women's body odour attractiveness, to test the idea that body odour attractiveness may act as a chemosensory marker of reproductive fitness.

個人はそれぞれ特有の体臭を持っていると考えられており、それが交際相手の選択に重要な役割を果たすと報告されている。本研究では、女性の体臭の個人差を調べ、一般的に他の女性よりも魅力的な香りを放つ女性がいるのか、あるいは香りの好みは個人の嗜好の問題なのかを検討した。さらに、生殖ホルモンの濃度が女性の体臭の魅力を説明するかどうかを調べ、体臭の魅力が生殖適応度の化学感覚マーカーとして作用する可能性を検証した。

Reproductive Fitness 生殖適応度
Chemosensory 化学感覚

Fifty-seven men rated body odours of 28 healthy, naturally cycling women of reproductive age. We collected all odours at peak fertility to control for menstrual cycle effects on body odour attractiveness. Women's salivary oestradiol, progesterone, testosterone and cortisol levels were assessed at the time of odour collection to test whether hormone levels explain body odour attractiveness.

57名の男性が、健康で自然な月経周期を有する生殖年齢女性28名の体臭を評価した。月経周期が体臭の魅力に及ぼす影響を考慮し、受胎可能なピーク時にすべての体臭を採取した。女性の唾液中のエストラジオール、プロゲステロン、テストステロン、コルチゾールレベルは、ホルモンレベルが体臭の魅力を説明するかどうかを検証するために、においの採取時に評価されました。
oestradiol, エストラジオール
Progesterone プロゲステロン
cortisolコルチゾール

We found that the men highly agreed on how attractive they found women's body odours. Interestingly, women's body odour attractiveness was predicted by their oestradiol and progesterone levels: the higher a woman's levels of oestradiol and the lower her levels of progesterone, the more attractive her body odour was rated. In showing that women's body odour attractiveness is explained by levels of female reproductive hormones, but not by levels of cortisol or testosterone, we provide evidence that body odour acts as a valid cue to potential fertility.

その結果、男性たちは女性の体臭を魅力的と感じるかどうかについて、非常に意見が一致していることがわかりました。興味深いことに、女性の体臭の魅力は、エストラジオールとプロゲステロンのレベルで予測されました。エストラジオールのレベルが高く、プロゲステロンのレベルが低いほど、女性の体臭はより魅力的だと評価されました。女性の体臭の魅力は、コルチゾールやテストステロンではなく、女性生殖器ホルモンのレベルで説明できることを示すことで、体臭が妊娠の可能性を示す有効な手がかりとして機能することを証明することができた。

Keywords: olfaction, oestradiol, progesterone, odour preference, HLA, MHC

キーワード HLAヒト白血球抗原、MHC主要組織適合遺伝子複合体、匂い嗜好性、エストラジオール、嗅覚、プロゲステロン。

HLA(HLA(Human leukocyte antige):ヒト白血球抗原
MHC(major histocompatibility complex; MHC): 主要組織適合遺伝子複合体

HLAに関して調べていた時に見つけました。

運命の赤い糸「HLA遺伝子」
https://www.ricepier.jp/2015/07/28/%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%81%AE%E8%B5%A4%E3%81%84%E7%B3%B8-hla%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90/

2015年7月から放送されているフジテレビ系列の月9ドラマ「恋仲」

(王道のラブストーリドラマ)第2話の中で『HLA遺伝子』のことが触れられていました。
このHLA遺伝子は、運命の赤い糸とも言われ、別名「恋愛遺伝子」とも呼ばれます。

女性は本能で、男性の体臭から恋愛遺伝子を感じとっているそうです。女性が恋に落ちる決め手として、相手の体臭を嗅いで「心地よい」と感じるかが関係しています。

恋の本質は「 ヒト(生物)として子孫を残すことであり 」「より強い(遺伝子的)相手を選ぶことでもあります。」 つまり、体臭の相性が合わない限り恋人や配偶者になれない、また、ならないほうが良いということです。

HLAとは、白血球にあるタンパク質をつくる遺伝子の複合体で、私達が一般的によく使っているABC型の血液型と似たものです。ABC型は赤血球の血液型で、HLAは白血球の血液型です。HLAは尿、汗、母乳等でわかるもので、鼻の奥で感じるようです。

HLAは、身体の免疫反応という防衛機能をつかさどっています。人間は、自分と自分以外とを識別して細菌やウイルスといった異物から自分を守る免疫を備えていて、自分に害を与える細菌やウイルスを撃退するために抗体が存在しています。このHLAもそのひとつで、たとえば臓器移植等を行う場合、HLAが適合していることが必要です。そうでないと免疫系移植された臓器を「侵入させたくない部外者」と認識し、破壊することになってしまうのです。

恋愛感情とHLAの関係で特に重要な点は、HLAは細菌やウイルスに対抗するための免疫情報を受け取っているという事実です。男女間でHLAが異なるほど、つまり多様性があればあるほど、生まれてくる子どもは、病原体への対処の可能性が高く、厳しい環境に適応できる可能性を先天的に持つということになります。したがって、男女は恋愛関系を構築する上で、HLAが異なる異性を求めるため、異性の好み(HLAの好み)は体臭の好みとして発現してくるということです。

つまり、HLAが体臭という形で相手に伝達され、そのにおいを心地良いにおいととらえるか、嫌なにおいととらえるかで、恋愛の相性が決定されるということです。体臭が良いにおいであるということは、お互いのHLAが異なっていることを示し、くさいと感じることはHLAが近いことを示しています。

HLAが似たもの同士は相性が合わないばかりか、妊娠しづらい、流産しやすい、出産しても未熟児になりやすいということになります。つまり、においを通じて先天的な相性、つまり運命的な「赤い糸」と呼ばれるべき恋愛関係を感知しているのです。嗅覚において最も重要なことは、人工的なにおいをつけないことです。相手に自分の体臭を嗅いでもらい、自分も相手の体臭を嗅ぐことが大事です。嗅覚で、もし受け入れられない体臭やにおいを直感的に感じたら、遺伝子が「この人はやめなさい」と警告しているのです。

では、「加齢臭」=オヤジ臭とも呼ばれるにおいは、中年男性の恋愛市場への参入を著しく妨げる作用が遺伝子に組み込まれているようです。

※参考文献 : 早稲田大学国際教養学部 教授 森川友義 著

主要組織適合遺伝子複合体
https://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E4%B8%BB%E8%A6%81%E7%B5%84%E7%B9%94%E9%81%A9%E5%90%88%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E8%A4%87%E5%90%88%E4%BD%93
MHC(major histocompatibility complex)

外来または非自己組織の拒絶に関与する遺伝子領域をMHCと呼び,ヒトではHLA(human leukocyte antigen),マウスではH2,ヒツジではOLAと名付けられている.このMHCはMHC抗原を規定する.MHC抗原は,細菌,ウイルスなどの外来または非自己抗原由来のペプチドと結合し,T細胞に抗原提示することにより,T細胞の活性化を誘導し,これらの外来抗原を非自己と認識し,攻撃・破壊させる.つまり,MHCは個体の恒常性維持という重要な意義を持っている.

|

August 09, 2022

精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子

精子に嗅覚受容体があることを知り、嗅覚受容体の役割に興味を持ち、調べて見つけた文献です。

精子も男性も良い香りに惹かれます。生命の誕生にも匂いが関係しているのです。

Published: 09 January 2021

Ovarian odorant-like biomolecules in promoting chemotaxis behavior of spermatozoa olfactory receptors during migration, maturation, and fertilization

https://mefj.springeropen.com/articles/10.1186/s43043-020-00049-w

精子の移動、成熟、受精における精子嗅覚受容体の走化性行動を促進する卵巣匂い物質様生体分子

Chemotaxis 走化性

Abstract

要旨

Background

背景

Studies have shown that olfactory receptor genes are the largest in the human genome, which are significantly expressed in olfactory and non-olfactory tissues such as the reproductive systems where they perform many important biological functions.

研究によると、嗅覚受容体遺伝子はヒトゲノム中で最大であり、生殖器系などの嗅覚組織および非嗅覚組織で有意に発現され、多くの重要な生物学的機能を果たすことが示されている。

Main body

メインボディ

There is growing evidence that bioactive metabolites from the ovary, follicular fluid, and other parts of the female reproductive tract signal the sperm through a series of signal transduction cascades that regulate sperm migration, maturation, and fertilization processes. Several studies have highlighted the role of G-protein-coupled receptors in these cellular processes. Thus, we aimed to summarize the existing evidence describing the physiological role of most prominent exogenous and endogenous biomolecules found in the female reproductive organ in enhancing the chemotaxis behavior of spermatozoa during migration, maturation, and fertilization and also to elucidate the pathological implications of its dysfunctions and the clinical significance in human fertility.

卵巣、卵胞液、および女性の生殖管の他の部分からの生物活性代謝物は、精子の移動、成熟、および受精プロセスを制御する一連のシグナル伝達カスケードを通じて精子に信号を送るという証拠が増えてきている。いくつかの研究は、これらの細胞プロセスにおけるGタンパク質共役型受容体の役割に焦点を当てている。そこで我々は、女性の生殖器に存在する最も重要な外因性および内因性生体分子が、精子の移動、成熟および受精の際の走化性行動を促進する生理的役割を説明する既存の証拠を要約し、さらにその機能不全の病理的意味とヒト不妊における臨床的意義を明らかにすることを目指した。

follicular fluid 卵胞液
bioactive metabolites 生物活性代謝産物
G-protein-coupled receptors Gタンパク質共役型受容体
嗅覚受容体はGタンパク質共役型受容体です。

Short conclusion

簡単な結論

In the future, drugs and molecules can be designed to activate these receptors on sperm to facilitate fertility among infertile couples and use as contraceptives.

将来的には、精子上のこれらの受容体を活性化する薬物や分子を設計し、不妊カップルの受胎を促進したり、避妊薬として使用したりすることが可能になる

Background

背景

When spermatozoa are released into the vagina near the cervical os, they have to travel through the different anatomical and biological environments of the female reproductive tract, like the cervix, uterus, utero-tubal junction, and then through the isthmus region of the fallopian tube before reaching the fertilization site. Within minutes, active sperm (morphologically healthy) reaches the final destination the isthmus region; thus, this movement seems to be facilitated by various mechanisms such as ciliary beating, muscular contraction mechanism of the female reproductive tract, thermotaxis and chemotaxis behavior plus molecules enhancing chemo-attraction that guides spermatozoa to the oocyte [1].

精子は子宮頸管口付近から膣内に放出されると、頸管、子宮、子宮卵管接合部、卵管峡部といった女性の生殖器官における様々な解剖学的・生物学的環境を経て、受精場所に到達することになる。数分以内に、活動的な精子(形態学的に健康)は最終目的地である峡部領域に到達する。したがって、この移動は、繊毛運動、女性の生殖管の筋収縮機構、走熱性、走化性行動、さらに精子を卵母細胞に導く化学吸引力を高める分子など、様々なメカニズムによって促進されているようである[1].

Vagina 膣
cervical os子宮頸管口
cervix 子宮頸管.
uterus 子宮
utero-tubal junction 
utero-tubal junction 子宮卵管接合部
isthmus region 峡部領域
fallopian tube 卵管
ciliary beating 繊毛搏動
muscular contraction mechanism 筋肉収縮機構
thermotaxis   走熱性

Chemotaxis can be defined as a guided movement with respect to the chemical concentration gradient in any environment or system. Studies have implicated the ovary, follicular fluid (FF), and the female reproductive tract as the primary sources of biochemically active biomolecules that facilitate oocyte-sperm communication during pre- and post-ovulatory period. Unfortunately, the studies aiming to find a bio-molecular predictor and their transduction signaling cascade in sperm migration, maturation, and fertilization involving chemotaxis behavior have been limited thus far.

走化性とは、あらゆる環境またはシステムにおいて、化学物質の濃度勾配にしたがって誘導される動きと定義することができる。卵巣、卵胞液(FF)、女性の生殖管は、排卵前後の卵子と精子のコミュニケーションを促進する生化学的に活性な生体分子の主要な供給源であることが研究により明らかにされている。残念ながら、走化性行動を伴う精子の移動、成熟、受精における生体分子予測因子とその伝達シグナルカスケードを見出すことを目的とした研究は、これまでほとんど行われていないのが現状である。

follicular fluid (FF)  卵胞液(FF)
bio-molecular predictor 生体分子予測因子
oocyte卵母細胞
post-ovulatory 排卵後

In the recent past, different multistep chemotaxis transduction pathways involved in sperm selection, survival, and binding of the oocyte have been identified [2, 3]. Studies have shown that FF offers an important microenvironment and nutritional status for the development of oocytes. It is known that FF constituents are products of blood plasma constituents that permeate the blood follicular barrier and of the secretory activity of thecal and granulosa cells. Therefore, it is reasonable to believe that some critical regulators in the FF secreted from the ovary and reproductive tract play a crucial role in determining oocyte-sperm interaction and communication in a dose-dependent manner [4]. Some of these important biomolecules are involved in G-protein-coupled receptors (GPCRs) chemotaxis behavior regulating sperm migration, selection, survival, maturation, and fertilization of the ovum [5].

近年、精子の選択、生存、卵子との結合に関与する多段階の走化性伝達経路が同定されている[2, 3]。卵胞液(FF)は卵母細胞の発達に重要な微小環境と栄養状態を提供することが研究により示されている。卵胞液(FF)の成分は、血液濾胞バリアを透過する血漿成分や、卵胞膜細胞および顆粒膜細胞の分泌活性の産物であることが知られている。したがって、卵巣および生殖管から分泌される卵胞液(FF)中のいくつかの重要な調節因子が、用量依存的に卵子と精子の相互作用およびコミュニケーションを決定する上で重要な役割を果たすと考えるのは妥当である[4]。これらの重要な生体分子の一部は、精子の移動、選択、生存、成熟、卵子の受精を制御するGタンパク質共役型受容体(GPCR)走化性行動に関与している[5]。

transduction pathways 伝達経路
blood follicular barrier血液濾胞バリア
theca cells 卵胞膜細胞
granulosa cells. 顆粒膜細胞
G-protein-coupled receptors (GPCRs)  Gタンパク質共役型受容体(GPCR)
尚、嗅覚受容体はGタンパク質共役型受容体(GPCR)です。

記事紹介

下記に記事で哺乳類の進化にウイルスが関係している。胎盤の形成にウイルスが関わっているなんて

私たちとともにあるウイルスという他者 - NATURE & SCIENCE

2021年2月10日

私たちとともにあるウイルスという他者

https://nature-and-science.jp/virus/#page-1

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染が拡大しています。「かかったら怖い!」「こうやって感染を防ごう」という情報ばかり報道されていますが、そもそも「ウイルスとは何か?」から、知らないことばかり。ウイルスは多くの動物にとって病原性がある一方、他の生物に感染して増殖するサイクルを回す “生命体” ととらえると、また違う世界が見えてきます。生命の起源と進化を研究テーマに、さまざまな角度からウイルス研究に取り組む東海大学の中川 草先生にお話を聞きました。

胎盤の形成にウイルスが関わっているなんて、哺乳類が進化したカギを握っている密接な関係ですね。もし、このシンシチンがなかったら、母体の免疫は父親の遺伝子を携えて外部からやってきた細胞を攻撃してしまうのでは?

|

July 21, 2022

一般的なイボ(尋常性疣贅)のための外用サンダルウッドおよびティートリー精油の治療文献PUBMEDより

サマーセール・全品を定価の20%引きで販売(7月17日・日〜7月26日・火)


https://phytoaroma.ocnk.net/

今回、お客様よりイボに良い精油を紹介してくださいとのメールを頂きました。治療に使われた精油の文献がないかと調べて見つけた文献を紹介します。

”一般的ないぼ(尋常性疣贅)のための外用サンダルウッド精油”

Topical Sandalwood Oil for Common Warts
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28954520/

Abstract

要旨

The purpose of this study was to evaluate the effectiveness of sandalwood oil for cutaneous viral warts caused by human papillomavirus. Sandalwood oil was applied topically twice daily for 12 weeks to cutaneous warts on any area of the body. Data collected at each visit included measurement of wart size, photograph of the warts, and documentation of treatment compliance and any adverse reactions.

この研究の目的は、ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)によって引き起こされる皮膚ウイルス性疣贅に対するサンダルウッド精油の有効性を評価することであった。サンダルウッド精油は、1日2回、12週間にわたって、身体のあらゆる部位の皮膚イボ(尋常性疣贅)に局所的に塗布した。各訪問時に、イボの大きさの測定、イボの写真、治療の遵守と副作用の記録などのデータを収集した。

warts イボ(尋常性疣贅)
viral wartウイルス性疣贅{せい ゆうぜい}
Human papillomavirus:HPV:ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)

Ten subjects were enrolled and received treatment. At the end of the study, 8 of 10 (80%) had complete resolution of all treated warts. The remaining 2 subjects had improvement rated as moderate (25% to >90%). There were no complaints of skin irritation, erythema, itching, peeling of skin or scarring, pain or discomfort, or other adverse events reported. Sandalwood oil appears to be effective in the painless treatment of cutaneous warts caused by human papillomavirus.

10名の被験者が登録され、治療を受けました。試験終了時には、10人中8人(80%)が、治療したすべてのイボが完全に消失していました。残りの2名の被験者では、改善が中程度(25%から90%以上)と評価された。皮膚刺激、紅斑、かゆみ、皮膚の剥離や傷跡、痛みや不快感、その他の有害事象の苦情は報告されていない。サンダルウッド精油は,ヒトパピローマウイルスによる皮膚イボの無痛治療に有効であると思われる。

Keywords: human papillomavirus; topical treatment; warts.

キーワード: ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)、局所治療、イボ


”ティートリー精油(Melaleuca alternifolia)による小児患者における手疣贅(イボ)の局所治療に成功”

Successful topical treatment of hand warts in a paediatric patient with tea tree oil (Melaleuca alternifolia)

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18940708/
ティートリー精油(Melaleuca alternifolia)による小児患者における手疣贅(イボ)の局所治療の成功

Abstract

要旨

Tea tree oil (TTO) (Melaleuca alternifolia) has been used recently as an effective topical application for the treatment of skin infections due to a variety of aetiological microbial agents, including mainly bacterial infections. We detail the first report in the peer-reviewed literature of the successful treatment with TTO of a paediatric patient with warts on her right middle finger.

ティートリー精油(TTO)(Melaleuca alternifolia)は,近年,主に細菌感染を含む様々な病因微生物因子による皮膚感染症の治療に有効な局所外用薬として使用されている。我々は,右中指にイボを有する小児患者のTTOによる治療の成功について,専門誌に初めて報告した。

Aetiological 病因の
microbial agent 微生物因子

TTO was applied topically once daily to the lesions for 12 days, with a successful outcome, including complete re-epithelization of the infected areas. The case highlights the potential use of TTO in the treatment of common warts due to human papilloma virus.

ティートリー精油(TTO)を1日1回12日間患部に塗布し,感染部の完全な再上皮化など,良好な結果を得た。この症例は,ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)による一般的なイボの治療におけるTTOの使用可能性を強調するものである。

用語
イボ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9C

イボ(疣)とは、皮膚にできる出来物である。出来物の内、小型のドーム状に盛り上がった腫瘤を先に解説する。ポックスウイルスによるものや皮膚の遺伝子異常によるものなど様々な腫瘤がある。これらの詳細はリンク先の記事にて解説する。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によってできる。疣贅(ゆうぜい)と同義で、ウイルス性疣贅。ヒトパピローマウイルスのうち、上皮型に分類されるものが原因となり、ほとんどは良性腫瘍だが、極くまれに悪性化するものがある。子宮頸がんや陰部がんの原因とされる HPV は粘膜型でウイルスが異なる。尋常性疣贅は、よく手や足、顔に発生する。

治療は、サリチル酸で軟化させたり、液体窒素による凍結療法が行われる。液体窒素は痛みを伴う。はと麦の成分、漢方薬の薏苡仁が用いられることがある。

|

July 15, 2022

月経周期が月の周期(〜29.5日)に近い女性は、妊娠する可能性が最も高いPUBMEDより

太陽、月の周期やシューマン共振などによる磁気圏エネルギー変化と健康に興味を持っています。太陽の黒点の減少で宇宙線が地球に多く降り注がれコロナウイルスの突然変異をもたらされた。以前から月の周期の人間対する影響について科学的証明されていなと言われていますが興味を持っています。今回の記事は精子の嗅覚受容体に関する文献の翻訳しているときに見つけました。妊活に関係するのではないか思い紹介します。

Women temporarily synchronize their menstrual cycles with the luminance and gravimetric cycles of the Moon

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7840133/

女性は一時的に月経周期を月の輝度と重力周期と同期させる

Luminance:輝度

Abstract

要旨

Many species synchronize reproductive behavior with a particular phase of the lunar cycle to increase reproductive success. In humans, a lunar influence on reproductive behavior remains controversial, although the human menstrual cycle has a period close to that of the lunar cycle. Here, we analyzed long-term menstrual recordings of individual women with distinct methods for biological rhythm analysis. We show that women’s menstrual cycles with a period longer than 27 days were intermittently synchronous with the Moon’s luminance and/or gravimetric cycles. With age and upon exposure to artificial nocturnal light, menstrual cycles shortened and lost this synchrony. We hypothesize that in ancient times, human reproductive behavior was synchronous with the Moon but that our modern lifestyles have changed reproductive physiology and behavior.

多くの生物種は、繁殖の成功を高めるために、生殖行動を月周期の特定の位相に同調させる。しかし、ヒトの月経周期は月周期に近い周期であるにもかかわらず、生殖行動に対する月の影響についてはまだ議論がある。そこで、個々の女性の月経の長期記録を、生体リズム解析のための明確な手法で解析しました。その結果、27日以上の周期を持つ女性の月経周期は、月の輝度周期や重力周期と断続的に同期していることがわかった。しかし、加齢や人工的な夜間光にさらされると、月経周期は短くなり、この同期性は失われた。我々は、古代において人間の生殖行動は月と同期していたが、現代の生活様式が生殖生理と行動を変化させたと仮定している。

下記は序論の一部だけ訳しています。

INTRODUCTION

序論

In many marine species (1–5) and some terrestrial species (6–9), reproductive behavior is synchronized with a particular phase of the lunar cycle (often full or new moon). This arrangement increases reproductive success by synchronizing the reproductive behavior of the individual members of a species. In light of this fact, it is of interest that the human menstrual cycle has a period close to that of the lunar cycle and that several older studies report a relation between the cycles. Women whose cycles approach the ~29.5-day period of the Moon have been reported to have the highest likelihood to become pregnant (10–12).

多くの海洋生物種(1-5)といくつかの陸上生物種(6-9)では、繁殖行動が月周期の特定の位相(多くは満月または新月)に同期している。このような配置は、種内の個々のメンバーの繁殖行動を同期させることにより、繁殖の成功率を高める。この事実を考えると、人間の月経周期が月の周期に近いこと、また、いくつかの古い研究で月経周期と月経周期との関係が報告されていることは興味深い。周期が月の周期(〜29.5日)に近い女性は、妊娠する可能性が最も高いと報告されています(10-12)。

marine species 海洋生物種
terrestrial species 陸上生物種

In these studies, about 28% of reproductively mature women showed a cycle length of 29.5 ± 1 days. Among populations of women selected for a cycle length of 29.5 ± 1 days, a significant pattern of menses onset at full moon emerged (13–15). Each of these studies comprised >300 women, and the tests were performed in different years and seasons. However, no correlation between menses onset and the lunar cycle was found in other studies that did not select for a cycle length of 29.5 days [reviewed in (13, 14)].

これらの研究では、生殖可能な成熟した女性の約28%が29.5±1日の周期長を示した。周期の長さが29.5±1日になるように選択された女性集団の中で、満月に月経が始まるという有意なパターンが出現した(13-15)。これらの研究はそれぞれ300人以上の女性を対象とし、試験は異なる年、季節に実施された。しかし、月経の開始と月の周期との相関は、29.5日の周期を選択しなかった他の研究では認められなかった[(13, 14)に総説あり]。

Significant correlations also appear to exist between birth rate and moon phase. Two systematic large longitudinal studies carried out between 1948 and 1957 and between 1961 and 1963 and encompassing around 250,000 and 500,000 births, respectively, found that birth rates were elevated by 2 to 3% over the average at full moon and reduced by the same amount during new moon (16, 17). More recent findings indicate that the elevation of births at the full moon occurs during the night, whereas births at the new moon tend to occur during the daytime (18). Nevertheless, the scientific community generally remains skeptical of reports of lunar influence on human biology (19).

出生率と月の満ち欠けの間にも有意な相関があるようである。1948年から1957年、1961年から1963年にかけて行われ、それぞれ約25万人と50万人の出生を対象とした2つの系統的な大規模縦断研究では、満月のときに出生率が平均より2〜3%上昇し、新月のときに同程度減少することがわかった(16, 17)。より最近の知見では、満月の出産率の上昇は夜間に起こり、新月の出産は日中に起こる傾向があることが示されている(18)。しかしながら、科学界は一般に、月の影響が人間の生物学に及ぼす影響についての報告には懐疑的である(19)。

|

July 14, 2022

優勢なオミクロン派生型(BA.4とBA.5)、ワクチン、抗体治療を回避するのに優れています。Science dailyより

Dominant omicron subvariants better at evading vaccines, antibody treatments

https://www.sciencedaily.com/releases/2022/07/220705162157.htm

優勢なオミクロンオミクロン派生型、ワクチン、抗体治療を回避するのに優れています。

Date: July 5, 2022

Source: Columbia University Irving Medical Center

出典 コロンビア大学アービング・メディカルセンター

Summary:

要約

The latest omicron subvariants -- especially the currently dominant BA.4 and BA.5 forms -- are even better at eluding vaccines and most treatments, researchers have found.

最新のオミクロン派生型、特に現在主流となっているBA.4とBA.5の派生型は、ワクチンやほとんどの治療法から逃れる能力がさらに優れていることが、研究者によって明らかにされた。


FULL STORY

記事全文

The latest omicron subvariants -- including the BA.4 and BA.5 forms causing new surges in infections in the United States -- are even better at eluding vaccines and most antibody treatments than previous variants, finds a study by researchers at Columbia University Vagelos


最新のオミクロン派生型(米国で新たに感染が急増しているBA.4型およびBA.5型を含む)は、これまでの変異型よりもワクチンやほとんどの抗体治療から逃れる能力が高いことが、コロンビア大学ヴァジェロスの研究者によって明らかにされました。

subvariants  派生型

The study, led by David D. Ho, MD, director of the Aaron Diamond AIDS Research Center and the Clyde'56 and Helen Wu Professor of Medicine at Columbia University Vagelos College of Physicians and Surgeons, was published July 5 in Nature.

この研究は、アーロンダイヤモンドエイズ研究センター所長で、コロンビア大学 ヴァジェロス医学大学院の Clyde'56 and Helen Wu 教授が率いる David D. Ho, MD が、7月5日に Nature に発表したものです。

Vagelos College of Physicians and Surgeons:ヴァジェロス医学大学院

Subvariants BA.2.12.1, BA.4, and BA.5 are rapidly expanding worldwide, with BA.4/5 now making up more than 50% of new COVID cases in the United States. These subvariants are thought to be even more transmissible than prior omicron subvariants, owing to several new mutations in spike proteins.

派生型BA.2.12.1、BA.4、BA.5は世界中で急速に拡大しており、現在米国ではBA.4/5がCOVID新規患者の50%以上を占めているとのことです。これらの派生型は、スパイクタンパクに新たな変異がいくつか見られることから、従来のオミクロン派生型よりもさらに感染力が強いと考えられています。

"The virus is continuing to evolve, as expected, and it is not surprising that these new, more transmissible subvariants are becoming more dominant around the world," says Ho. "Understanding how currently available vaccines and antibody treatments stand up to the new subvariants is critical to developing strategies to prevent severe disease, hospitalizations, and deaths -- if not infection."

「ウイルスは予想通り進化し続けており、これらの新しい、より感染力のある派生型が世界中で優勢になっていることは驚くことではありません」とHoは述べています。「現在入手可能なワクチンや抗体治療が、この新しい派生型にどのように対抗できるかを理解することは、感染しないまでも、重症化、入院、死亡を防ぐための戦略を開発する上で非常に重要です" とHoは述べている。

In laboratory experiments, Ho and his team studied the ability of antibodies from individuals who received at least three doses of an mRNA vaccine,or got two shots and were then infected with omicron, to neutralize the new subvariants. (Ho's team did not look at individuals who had not received a booster shot, because a previous study found that two doses provide little protection against infection by earlier omicron variants.)


実験室で、Hoと彼のチームは、少なくとも3回のmRNAワクチンを接種した人、または2回接種してオミクロンに感染した人からの抗体が、新しい派生型の中和能を研究した。 (Hoの研究チームは、ブースター接種をしなかった人については調べていない。以前の研究で、2回の接種では初期のオミクロン派生型による感染からほとんど防御されないことが判明しているからである)。

The study revealed that while BA.2.12.1 is only modestly more resistant than BA.2 in individuals who were vaccinated and boosted, BA.4/5 was at least four times more resistant than its predecessor.

その結果、ワクチン接種とブースター接種を受けた人では、BA.2.12.1がBA.2よりもわずかながら耐性を持つのに対し、BA.4/5はその前の型の少なくとも4倍以上の耐性を持つことが判明したのである。

In addition, the scientists tested the ability of 19 monoclonal antibody treatments to neutralize the variants and found that only one of the available antibody treatments remained highly effective against both BA.2.12.1 and BA.4/5.

さらに、科学者は19種類のモノクローナル抗体による中和能を調べたところ、BA.2.12.1とBA.4/5の両方に対して高い有効性を維持する抗体治療法は1つだけであることが判明しました。

"Our study suggests that as these highly transmissible subvariants continue to expand around the globe, they will lead to more breakthrough infections in people who are vaccinated and boosted with currently available mRNA vaccines," Ho says. Though the current study suggests that the new variants may cause more infections in vaccinated individuals, the vaccines continue to provide good protection against severe disease.

「今回の研究は、これらの感染力の高い派生型が世界中で拡大し続ける中で、現在利用可能なmRNAワクチンを接種してブーストした人々にも、より多くのブレイクスルー感染が起こることを示唆しています」とHoは述べています。今回の研究では、新しい派生型がワクチン接種者に多くの感染症を引き起こす可能性が示唆されましたが、ワクチンは引き続き重症化に対する優れた予防効果を発揮しています。

ブレイクスルー感染(Breakthrough infection)とは、ワクチンを接種した患者が、そのワクチンが予防する筈のものと同じ病原体に感染してしまう事を指す

"Efforts in the United States to develop new vaccine boosters aimed at BA.4/5 may improve protection against infection and severe disease," Ho says. "In the current environment, though, we may need to look toward developing new vaccines and treatments that can anticipate ongoing evolution of the SARS-CoV-2 virus."

「米国では、BA.4/5を対象とした新しいワクチン追加接種の開発に取り組んでおり、感染症や重症化に対する防御力を向上させることができるかもしれません」とHoは述べています。「しかし、現在の環境では、SARS-CoV-2ウイルスの継続的な進化を予測できる新しいワクチンや治療法の開発を検討する必要があるかもしれません」と述べている。

vaccine boosters ワクチン追加接種

|

July 12, 2022

序論:神経疾患の治療としてGABA作動性システムおよびナトリウムチャネルを標的とする精油およびその成分PUBMEDより

Essential Oils and Their Constituents Targeting the GABAergic System and Sodium Channels as Treatment of Neurological Diseases

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6099651/

神経疾患の治療としてGABA作動性システムおよびナトリウムチャネルを標的とする精油およびその成分

1.Introduction

序論

Essential oils (EOs) are concentrated hydrophobic liquid containing volatile aroma compounds which are extracted from herbs, flowers, and other plant parts. Oil is “essential” in the sense that it contains the “essence of” the plant’s fragrance. They are recommended for or encouraged to be applied as a complementary therapy for people with anxiety, pain, bipolar disorder, attention deficit hyperactivity disorder, and depression [1,2]. EOs can be absorbed into the body by oral administration, inhalation, diffusers, baths, and massages. Many studies show that EOs were effective in reducing pain, anxiety, and stress symptoms in animal models and humans with different CNS disorders [1,2]. EO constituents belong mainly to two chemical groups: terpenoids (monoterpenes and sesquiterpenes) and some phenylpropanoid derivatives. Terpenoid group compounds are usually fairly hydrophobic with molecular weights below 300 Daltons [3].

精油は、ハーブや花などの植物から抽出された、揮発性の香気成分を含む濃縮疎水性液体である。精油は、植物の香りの「エッセンス」を含んでいるという意味で、「本質的」である。不安、痛み、双極性障害、注意欠陥多動性障害、うつ病の人々への補完療法として適用が推奨または奨励されています[1,2]。精油は、経口投与、吸入、ディフューザー、入浴、マッサージによって体内に吸収されることができます。多くの研究が、精油が異なる中枢神経障害を有する動物モデルやヒトにおいて、痛み、不安、ストレス症状の軽減に有効であることを示しました[1,2]。精油の成分は主に2つの化学グループに属します:テルペノイド(モノテルペンおよびセスキテルペン)およびいくつかのフェニルプロパノイド誘導体です。テルペノイドグループの化合物は通常、分子量が300ダルトン以下のかなり疎水性のものです[3]。

hydrophobic liquid  疎水性液体
attention deficit hyperactivity disorder ADHD:注意欠如・多動症
bipolar disorder 双極性障害(躁うつ病)
Daltons:ダルトン(原子質量単位)

Activation of the γ-aminobutyric acid (GABA) receptor system and the blockade of neuronal voltage-gated sodium channels (Na+ channels) are essential for the overall balance between neuronal excitation and inhibition which is vital for normal brain function and critical for the central nervous system (CNS) disorders. It has been suggested that EO constituents could exert their biological activities through modulating the GABAergic system and inhibiting Na+ channels [4,5]. GABA is the major inhibitory neurotransmitter in the CNS and the GABA receptor system exerts a major inhibitory function in the brain. The dysfunction or deficiency of the GABAergic system has been implicated in epilepsy, pain, and anxiety [6]. Neuronal voltage-gated Na+ channels mediate the propagation of action potentials along axons, and thus, are thought to be important targets of antiseizure drugs. Local anesthetics and analgesics prevent the transmission of nerve impulses via their binding to Na+ channels. Two main types of Na+ currents, termed tetrodotoxin (TTX)-sensitive and TTX-resistant, have been identified in the dorsal root ganglion [7,8]. Studies on Na+ channels have demonstrated a greater involvement of Nav1.7, a predominant subtype of TTX-sensitive sodium channels expressed principally in peripheral neurons [8], in inflammatory pain [9,10] and in pain sensation [11,12].

γ-アミノ酪酸(GABA)受容体システムの活性化および神経細胞の電位依存性ナトリウムチャネル(Na+チャネル)の遮断は、神経細胞の興奮と抑制の全体的なバランスに不可欠であり、正常な脳機能にとって不可欠であり、中枢神経系(CNS)障害にとって重要である。精油成分は、GABA作動性システムを調節し、ナトリウムチャネルを阻害することによって生物学的活性を発揮することが示唆されています[4,5]。GABAは中枢神経系における主要な抑制性神経伝達物質であり、GABA受容体システムは脳内において主要な抑制機能を発揮している。GABA作動性システムの機能不全または欠損は、てんかん、疼痛、不安症に関与していると言われています[6]。神経細胞の電位依存性ナトリウムチャネルは、軸索に沿った活動電位の伝搬を媒介するため、抗けいれん薬の重要な標的であると考えられています。局所麻酔薬や鎮痛剤は、Na+チャネルに結合することにより、神経インパルスの伝達を妨げます。後根神経節にはテトロドトキシン(TTX)感受性とTTX耐性と呼ばれる2種類のNa+電流が同定されています[7,8].Na+チャネルの研究では、主に末梢神経に発現するTTX感受性Na+チャネルの主要なサブタイプであるNav1.7が、炎症性疼痛や痛覚に大きく関与することが示されています[8]。

voltage-gated sodium channels 電位依存性ナトリウムチャンネル
action potentials 活動電位
axons 軸索
antiseizure drugs.抗けいれん薬
Local anesthetics 局所麻酔剤
tetrodotoxin (TTX)-sensitive テトロドトキシン感受性
dorsal root ganglion:後根神経節(こうこんしんけいせつ)

Recently, many studies have addressed the potential of natural EOs for treatment of anxiety, convulsion, and pain in humans and in rodents or fish neuropathic models, and the mechanisms underlying the pharmacological profile. The main constituents of EOs were isolated and chemically elucidated. Recent studies indicate that many EOs and their constituents exert pharmacological properties through interactions with the GABAergic system and voltage-gated Na+ channels. An increasing number of studies show that: (1) many EOs used for the treatment of anxiety affect the function of the GABAergic system [13,14,15,16]; (2) many EOs with antinociceptive and anticonvulsant properties inhibit the function of neuronal voltage-gated Na+ channels [17]; (3) some EOs affect the function of both the GABAergic system and voltage-gated Na+ channels [4,18].

最近、多くの研究が、ヒト、げっ歯類や魚類の神経障害モデルにおける不安、痙攣、痛みの治療に対する天然精油の可能性と、その薬理学的プロファイルの基礎となるメカニズムについて取り上げています。精油の主成分は単離され、化学的に解明されました。最近の研究では、多くの精油とその成分は、GABA作動性システムおよび電位依存性Na+チャネルとの相互作用を通じて薬理学的特性を発揮することが示されている。また、以下のような研究結果も増えています。(1)不安の治療に使用される多くの精油は、GABA作動性システムの機能に影響を与える[13,14,15,16]、(2)抗侵害受容および抗痙攣特性を持つ多くの精油は、神経細胞の電位依存性ナトリウムチャンネルの機能を阻害する[17]、(3) いくつかの精油はGABA作動性システムの機能と電位依存性ナトリウムチャンネルとの両方の機能に影響する[4,18]。

This review summarizes the beneficial effects of EOs and their constituents targeting the GABAergic system and neuronal voltage-gated Na+ channels for CNS disorders, in particular with respect to their antinociceptive, anticonvulsant, anxiolytic, and sedative effects.

本総説論文では、GABA作動システムと神経細胞電位依存性ナトリウムチャンネルを標的とした精油とその成分の中枢神経疾患に対する有益な効果、特に抗侵害受容作用、抗痙攣作用、抗不安作用、鎮静作用についてまとめています。

関連記事
フェニルプロパノイド
https://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%89
phenylpropanoid

ベンゼン環(C6)に直鎖状プロパン(C3)が結合したC6-C3単位を基本骨格とする天然芳香族化合物であり、シキミ酸経路によって生合成される。各種ケイヒ酸誘導体が生成し狭義のフェニルプロパノイドとされているのもは、芳香を有する物が多く、ケイヒアルデヒドやアネトール、オイゲノールなど香料や芳香性健胃薬などの原料になっている。また、C3部分でラクトン環を形成したクマリン類、C6-C3単位2-4個が結合したリグナン類、C6-C3化合物からβ酸化によって生成したバニリンや安息香酸などのC6-C1化合物も広義のフェニルプロパノイドに属する。(2006.10.17 掲載)

イオンチャンネル
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB#.E9.85.B8.E6.84.9F.E5.8F.97.E6.80.A7.E3.82.A4.E3.82.AA.E3.83.B3.E3.83.81.E3.83.A3.E3.83.8D.E3.83.AB.E3.81.A8.E4.B8.8A.E7.9A.AE.E5.9E.8B.E3.83.8A.E3.83.88.E3.83.AA.E3.82.A6.E3.83.A0.E3.83.81.E3.83.A3.E3.83.8D.E3.83.AB


ナトリウムチャネルは高い選択性を持ってナトリウムイオンを透過させるイオンチャネルである。ナトリウムチャネルとしては、電位依存性ナトリウムチャネル(Navチャネル)、および上皮性ナトリウムチャネル(ENaC)が知られているが、これらは分子構造が全く異なっているため、本項目では電位依存性ナトリウムチャネルについてのみ記述する。電位依存性ナトリウムチャネルはホジキン(Alan Lloyd Hodgkin)とハクスレー(Andrew Fielding Huxley)によるイカの巨大軸索を用いた研究によりその存在が予測され、1984年に沼博士らによって遺伝子が同定された。Navチャネルは細胞外に量が最も多い陽イオンであるナトリウムイオンを透過させることで、大きな内向き電流を生じ脱分極を効率よくもたらすことができる。中枢神経や末梢神経、骨格筋、心筋、内分泌細胞等に存在し、電位依存性カリウムチャネルと膜電位を介して機能的に共役することで、活動電位の開始および伝搬に本質的な役割を担っている。

神経因性疼痛治療薬としての 電位依存性ナトリウムチャネル遮断薬の探索研究

https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/140/5/140_201/_pdf

要約:電位依存性ナトリウムチャネルは,神経細胞の 興奮や伝達を担っており,痛みの神経伝達に深く関与 することが知られている.現在までに 9 種類(Nav1.1 〜Nav1.9)の電位依存性ナトリウムチャネルが報告されているが,その中で Nav1.7,Nav1.3,Nav1.8の3つ のサブタイプは神経障害性疼痛との関連性を示唆する 報告が多い.現在,臨床ではメキシレチン,リドカイ ンなどの電位依存性ナトリウムチャネル遮断薬が処方 されている.これら既存の治療薬は,サブタイプ非選 択的な薬剤であることから Nav1.7,Nav1.3,Nav1.8 の いずれにも作用することで鎮痛効果を示すと考えられ る.

テトロドトキシン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3#:~:text=%E3%83%86%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%B0%E3%82%84%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%B0,%E6%AD%BB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%82

テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式C11H17N3O8 で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤[1]として医療に用いられる[2]。分子量は319.27。名称はフグ科に由来する

後根神経節における電位依存性 Na チャネルの機能解析 ~痛覚伝達における役割~
https://www.hiroshima-u.ac.jp/system/files/4331/report2004_24.pdf

2.痛みとは 痛みは外部からの侵害的要因や体内の病的状態に対する警告反応としての役割を持ち,免疫系 と並ぶ重要な生体防御機構である.しかし,痛み は「不快な感覚性・情動性の体験であり,それに は組織損傷を伴うものと,そのような損傷がある ように表現されるものがある」(国際疼痛学会に よる)と定義されるように,非常に複雑なもので あり,それ自身が身体に有害な病態をもたらすと いう二面性を持つ. 皮膚感覚を受容する一次知覚神経はその細胞 体を後根神経節(dorsal root ganglion, 以下 DRG)に 持ち,末梢・中枢の両側に軸索を伸ばす,感覚情 報の伝達に最初にかかわっている神経である.一 次知覚神経は伝導速度,軸索線維の太さおよび髄 鞘の有無などにより,Aβ線維,Aδ線維,C 線維の三 種類に分類され,これらはそれぞれに異なる感覚 を伝えている. 通常,触,圧覚などの非侵害性刺激は有髄の太 い Aβ線維を介して伝達されるのに対し,痛みな どの侵害性の刺激は有髄の細い Aδ線維と無髄の 細い C 線維を介して伝達される.さらに Aδ線維 は鋭く識別性の高い一次痛を,C 線維は焼け付く ような,鈍く持続的な二次痛を伝達すると考えら れており,慢性痛など臨床的に問題になる痛み重要であるのはC線維である1), 2)(図 1).

3.電位依存性ナトリウムチャネルと痛み 神経細胞の情報伝達の基本である活動電位は 細胞膜のイオンチャネルを介したイオンの移動 により生じる.電位依存性ナトリウムチャネル (以下,Na チャネル)はその名のとおり,電位に 依存して開口し,Na イオンを選択的に透過させる イオンチャネルである.神経細胞,骨格筋細胞, 心筋細胞といった興奮性細胞に発現し,電位依存 性カリウムチャネルと共に活動電位の発生および伝播を担う膜機能分子である.

GABA受容体とナトリウムチャンネルに関する薬を調べていた時に見つけた。

HOME ガイドライン がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010年版)
2章 背景知識 4 薬理学的知識 3 鎮痛補助薬 3. 各鎮痛補助薬の特徴
https://www.jspm.ne.jp/guidelines/pain/2010/chapter02/02_04_03_03.php

3. 各鎮痛補助薬の特徴 - 日本緩和医療学会
2章 背景知識 
4 薬理学的知識 3鎮痛補助薬
各鎮痛補助薬の特徴
2.抗けいれん薬
[作用機序・特徴] 主な作用機序として、
•神経細胞膜のNa+チャネルに作用し、Na+チャネルを阻害することにより、神経の興奮を抑制する。
•GABA受容体に作用し、過剰な神経興奮を抑制する。
•興奮性神経の前シナプスに存在する電位依存性Ca2+チャネルのα2δサブユニットに結合し、Ca2+流入を抑制し、神経興奮を抑えるなどが考えられる。さらに、ベンゾジアピン系で抗けいれん薬としても使用されるクロナゼパムは、GABAニューロンの作用を特異的に増強する。
抗けいれん薬は、薬物相互作用を来す薬剤が多く、多剤併用に注意を要する。ガバペンチンは肝臓での代謝をほとんど受けないため、薬物相互作用の影響を受けにくいという利点がある。





|

July 06, 2022

匂い刺激中の脳幹を介するスニッフィングと呼吸の調節(ラット培養脳幹実験)

GABA作動性ニューロンは中枢神経系(CNS)の主要な抑制性神経伝達物質として機能する。GABA作動性ニューロンは、海馬、視床、基底核、視床下部、脳幹に存在することを知りました。これらの脳部位が香りと関係あるのかを調べたのが下記の文献を訳していた時に脳幹と呼吸の事をしりました。

脳幹について調べていたら呼吸と関係があること知り、それには随意呼吸(大脳皮質)、情動呼吸(偏桃体)、代謝性呼吸(脳幹)がりあり、さらに調べて見つけたのが関連記事・呼吸機能と健康の「感情の変化に伴って呼吸が変化し、呼吸の変化に伴って感情も変化する。」を読んで思いつきました。精油の香りを嗅ぎながら自分の意志で行う随意呼吸で深呼吸すれば、匂いは嗅覚→臭球→梨状皮質→偏桃体(情動)に繋がっているので香りによって呼吸が変われば情動も変わるのではないかと思いました

Brainstem-mediated sniffing and respiratory modulation during odor stimulation

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S156990481630129X

匂い刺激中の脳幹を介するスニッフィングと呼吸の調節

Abstract

概要

The trigeminal and olfactory systems interact during sensory processing of odor. Here, we investigate odor-evoked modulations of brainstem respiratory networks in a decerebrated perfused brainstem preparation of rat with intact olfactory bulbs. Intranasal application of non-trigeminal odors (rose) did not evoke respiratory modulation in absence of cortico-limbic circuits.

三叉神経系と嗅覚系は、匂いの感覚処理において相互に作用している。本研究では、嗅球を有するラットの除脳灌流培養脳幹を用いて、匂いによる脳幹呼吸ネットワークの調節を調べた。非三叉神経系の匂い(ローズ)の鼻腔内投与は、皮質辺縁系回路の非存在下では呼吸調節を誘発しなかった。

brainstem preparation 培養脳幹
cortico-limbic circuits. 辺縁皮質回路
respiratory modulation 呼吸調節

Conversely, trigeminal odors such as menthol or lavender evoked robust respiratory modulations via direct activation of preserved brainstem circuits. Trigeminal odors consistently triggered short phrenic nerve bursts (fictive sniff), and the strong trigeminal odor menthol also triggered a slowing of phrenic nerve frequency.Phrenic and vagal nerve recordings reveal that fictive sniffs transiently interrupted odor evoked tonic postinspiratory vagal discharge. This motor pattern is significantly different from normal (eupneic) respiratory activity. This motor pattern is significantly different from normal (eupneic) respiratory activity.

逆に、メントールやラベンダーなどの三叉神経系の匂いは、保存されている脳幹回路の直接活性化を介して、強固な呼吸調節を誘発した。三叉神経系の匂いは一貫して短い横隔神経破裂(架空の匂いを嗅ぐ)を誘発し、強い三叉神経系の匂いであるメントールも横隔神経周波数の低下を誘発した。横隔および迷走神経の記録は、架空の匂いを嗅ぐと、吸気後の迷走神経の緊張性放電が一過性に中断されることが明らかになった。この運動パターンは、普通の正常呼吸活動とは大きく異なる。

phrenic nerve bursts 横隔神経破裂
eupneic respiratory 正常呼吸

In conclusion, we show for the first time the direct involvement of brainstem circuits in primary odor processing to evoke protective sniffs and respiratory modulation in the complete absence of forebrain commands.

結論として、我々は、前脳からの指令が全くない状態で、保護的な嗅覚と呼吸調節を誘発するために、一次的な匂い処理に脳幹回路が直接関与することを初めて明らかにした。

Forebrain 前脳

Keywords: Behavior; Brainstem; Trigeminal.

キーワード: 行動;脳幹;三叉神経

関連記事

呼吸機能と健康
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsop/40/2/40_01/_pdf/-char/ja

本間 生夫 東京有明医療大学

 呼吸機能は生きていくために必要な機能であり、呼吸運動調節により、適切な換気が行われて いる。エネルギー代謝に必要な酸素を取り入れ、産生される二酸化炭素の量を調節し、体の酸・ 塩基平衡を一定に保っている。この代謝性呼吸のほかに行動性呼吸があり、種々の内的・外的環 境に適応した呼吸を生み出している。代謝性呼吸の中枢は延髄・橋の脳幹にあり、行動性呼吸の 中枢は随意呼吸を司る大脳皮質運動野と情動を司る大脳辺縁系に存在する。大脳辺縁系内の扁桃 体は感情を作りだす第一次中枢であるが、ここでも呼吸リズムが作りだされており、感情の変化に伴って呼吸が変化し、呼吸の変化に伴って感情も変化する。呼吸運動は呼吸筋の収縮により成立するが、この呼吸筋の動きを調節することにより、感情をコントロールすることが出来る。また、 呼吸筋を柔らかくすることで、機能的残気量を下げることが出来、慢性呼吸器疾患の患者さんや 高齢者の肺機能を改善することが出来る。呼吸筋ストレッチ体操は呼吸困難の軽減、肺機能の改善、 気分の安定に効果をあげている。
  
キーワード:呼吸筋、情動呼吸、シクソトロピー、呼吸法

辺縁皮質
https://www.wdic.org/w/SCI/%E8%BE%BA%E7%B8%81%E7%9A%AE%E8%B3%AA#:~:text=%E8%BE%BA%E7%B8%81%E7%9A%AE%E8%B3%AA%E3%81%AF%E3%80%81%E6%89%81%E6%A1%83%E4%BD%93,%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A4%A7%E8%84%B3%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%82

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)

読み:へんえん・ひしつ

大脳皮質のうち、大脳旧皮質と大脳古皮質をあわせて辺縁皮質という。

概要
辺縁皮質は、扁桃体や海馬、帯状回などと共に大脳辺縁系を構成し、情動や欲求、本能、そして自律系の機能を受け持っている。わかりやすく言うと、食欲や性欲といった動物としての本能的な欲望、快感や怒りなどの情動に関連する。動物としての基本的な処理をする大脳といえる。

特徴
大脳皮質は発生学的に次のように分けられる。
大脳旧皮質 、大脳古皮質

実際の部位としては、次のようなものがある。

扁桃体 (情動)、海馬 (長期)記憶)、帯状回 (動機付け)

|

June 28, 2022

神経疾患の治療としてGABA作動性システムおよびナトリウムチャネルを標的とする精油およびその成分PUBMEDより

Essential Oils and Their Constituents Targeting the GABAergic System and Sodium Channels as Treatment of Neurological Diseases

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6099651/

Abstract

要旨

Essential oils and the constituents in them exhibit different pharmacological activities, such as antinociceptive, anxiolytic-like, and anticonvulsant effects. They are widely applied as a complementary therapy for people with anxiety, insomnia, convulsion, pain, and cognitive deficit symptoms through inhalation, oral administration, and aromatherapy. Recent studies show that essential oils are emerging as a promising source for modulation of the GABAergic system and sodium ion channels.

精油および精油に含まれる成分は、抗侵害受容作用、抗不安様作用、抗けいれん作用などの異なる薬理活性を示す。精油は、吸入、経口投与、アロマセラピーなどを通じて、不安、不眠、痙攣、痛み、認知障害などの症状に対する補完療法として広く応用されています。最近の研究では、精油がGABA作動性システムやナトリウムイオンチャネルの調節に有望であることが明らかになってきている。

antinociceptive action 抗侵害受容作用
Nociceptive pain(侵害受容性疼痛): 侵害刺激や炎症によって活性化された発痛物質が侵害受容器を活性化することによって引き起こされる痛み
Anxiolytic-like effect抗不安様作用
anticonvulsant effects. 抗けいれん作用
cognitive deficit. 認知障害
GABAergic system GABA作動性システム
sodium ion channels. ナトリウムチャネル

This review summarizes the recent findings regarding the pharmacological properties of essential oils and compounds from the oils and the mechanisms underlying their effects. Specifically, the review focuses on the essential oils and their constituents targeting the GABAergic system and sodium channels, and their antinociceptive, anxiolytic, and anticonvulsant properties. Some constituents target transient receptor potential (TRP) channels to exert analgesic effects. Some components could interact with multiple therapeutic target proteins, for example, inhibit the function of sodium channels and, at the same time, activate GABAA receptors. The review concentrates on perspective compounds that could be better candidates for new drug development in the control of pain and anxiety syndromes.

総説論文は、精油および精油由来の化合物の薬理学的特性およびその作用機序に関する最近の知見をまとめたものである。特に、GABA作動性システムとナトリウムチャネルを標的とする精油とその成分、および抗侵害受容性、抗不安性、抗痙攣性の作用に焦点を当てた。成分によっては、一過性受容体電位(TRP)チャンネルを標的として鎮痛作用を発揮するものもある。また、ナトリウムチャネルの機能を阻害すると同時にGABAA受容体を活性化するなど、複数の治療標的タンパク質と相互作用する成分もある。本総説では、疼痛および不安症候群の制御における新薬開発のためのより良い候補となり得る観点からの化合物に焦点を当てる。

Keywords: essential oils, terpenes, GABA receptor, sodium channel, transient receptor potential (TRP) channel, pain, epilepsy, analgesics, anticonvulsant, anxiolytic, antinociception, CNS, sensory neurons

キーワード:精油、テルペン類、GABA受容体、ナトリウムチャネル、一過性受容体電位(TRP)チャネル、疼痛、てんかん、鎮痛、抗けいれん、抗不安、中枢神経CNS、感覚ニューロン


GABA受容体が脳のどこにあるかを調べていたときに見つけました。

GABA Receptor

GABA受容体

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK526124/

Introduction

序論

Gamma-aminobutyric acid (GABA) is an amino acid that functions as the primary inhibitory neurotransmitter for the central nervous system (CNS). It functions to reduce neuronal excitability by inhibiting nerve transmission. GABAergic neurons are located when the hippocampus, thalamus, basal ganglia, hypothalamus, and brainstem. The balance between inhibitory neuronal transmission via GABA and excitatory neuronal transmission via glutamate is essential for proper cell membrane stability and neurologic function.


ガンマアミノ酪酸(GABA)は、アミノ酸の一種で、中枢神経系(CNS)の主要な抑制性神経伝達物質として機能する。神経伝達を抑制することで、神経細胞の興奮を抑える働きがあります。
GABA作動性ニューロンは、海馬、視床、基底核、視床下部、脳幹に存在する。GABAを介した抑制性神経伝達とグルタミン酸を介した興奮性神経伝達のバランスは、細胞膜の安定性と神経機能の適正化に不可欠である。

Gamma-aminobutyric acid (GABA) : ガンマアミノ酪酸(GABA

|

June 24, 2022

精油とテルペンの摂取および塗布の経路に関連する効果について

The Effects of Essential Oils and Terpenes in Relation to Their Routes of Intake and Application

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7084246/

精油とテルペンの摂取および塗布の経路に関連する効果について

Sachiko Koyama 1,* and Thomas Heinbockel 2,*
小山幸子1,とトーマス・ヘインボッケル2,

1 Department of Biology, Indiana University, Bloomington, IN 47405, USA
インディアナ大学ブルーミントン校、生物学部

2 Department of Anatomy, College of Medicine, Howard University, Washington, DC 20059, USA
ハワード大学、ワシントンD.C 医学部解剖学科

Abstract:

要旨

Essential oils have been used in multiple ways, i.e., inhaling, topically applying on the skin, and drinking. Thus, there are three major routes of intake or application involved: the olfactory system, the skin, and the gastro-intestinal system. Understanding these routes is important for clarifying the mechanisms of action of essential oils.

精油は、吸入、皮膚への局所塗布、飲用など、さまざまな方法で使用されてきました。つまり、嗅覚系、皮膚、消化器系という3つの主要な摂取・塗布経路が関与しています。これらの経路を理解することは、精油の作用機序を明らかにする上で重要である。

the mechanisms of action 作用機序

Here we summarize the three systems involved, and the effects of essential oils and their constituents at the cellular and systems level. Many factors affect the rate of uptake of each chemical constituent included in essential oils. It is important to determine how much of each constituent is included in an essential oil and to use single chemical compounds to precisely test their effects.

ここでは、関連する3つのシステム、および 精油とその成分の効果を細胞およびシステムレベルで要約します。多くの要因は、精油に含まれる各化学成分の取り込み速度に影響を与えます。 精油に含まれる各成分どの程度含まれるかいるかを決定し、単体の化学成分を使用して その効果を正確に検証することが重要です。

Studies have shown synergistic influences of the constituents, which affect the mechanisms of action of the essential oil constituents. For the skin and digestive system, the chemical components of essential oils can directly activate gamma aminobutyric acid (GABA) receptors and transient receptor potential channels (TRP) channels, whereas in the olfactory system, chemical components activate olfactory receptors. Here, GABA receptors and TRP channels could play a role, mostly when the signals are transferred to the olfactory bulb and the brain.

研究では、精油成分の作用機序に影響を与える成分の相乗効果を示しています。皮膚および消化器系では、精油の化学成分はガンマアミノ酪酸(GABA)受容体および一過性受容体電位チャネル(TRP)チャネルを直接活性化することができるが、嗅覚系では化学成分が嗅覚受容体を活性化する。ここで、GABA受容体およびTRPチャネルは、主に信号が嗅球および脳に伝達されるときに役割を果たすことができる。

transient receptor potential channels (TRP) channels:一過性受容体電位チャネル(TRP)チャネル
transient receptor 一過性受容体
gamma aminobutyric acid (GABA):ガンマアミノ酪酸(GABA)受容体

Keywords: olfactory system; skin; gastro-intestine system; essential oils; oil constituents;

キーワード: 嗅覚系、皮膚、消化管系、精油、精油成分;

用語

GABA - 脳科学辞典
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/GABA

GABAとは、主に脳幹よりも吻側の中枢神経系の抑制性シナプス伝達を担うアミノ酸である。イオンチャネル型のGABAA受容体、GABAC受容体、ならびにGタンパク質共役型受容体であるGABAB受容体に作用することで、神経細胞の活動性を低下させる。

関連文献

温度感受性TRPチャンネル Science of Kampo Medicine 漢方医学 Vol.37 No.3 2013より

http://tenaca-nips-2016.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20161004145432-C9A0307CDC5BFFBE368042C37301506118242A368CDD5986EDA4A983ED7B8D92.pdf

TRP チャネルの機能
TRP チャネルは細胞膜に存在するイオンチャネル型受容体の1 つであり,ヒトでは 6 つのサブファミリー,27 チャネルで構成される膨大なチャネル群です(図 1)1)1997 年に温度感受性TRP チャネルが発見されてから2),16年の間に9つのTRPチャネルが温度感受性であることがわかってきました 3)

ヒトの身体は外部の環境温度に応じて意識的に,あるいは無意識的に体温調節を行いながら深部体温を維持しています.環境温度の感知は,ヒトのみならず鳥類などの恒温動物をはじめ両生類,爬虫類,魚類などの変温動物,さらに無脊椎動物や単細胞生物など,多くの生物の生存にとって重要な機能の 1 つです.温度感受性Transient Receptor Potential(TRP)チャネルは,温度のみならず多くの化学的・物理的刺激を感受するセンサーとして多様な生体機能に関わっている.最近ではTRPチャネルが遺伝子疾患や消化器疾患,大腸がん,肺疾患などに関与していることが報告され注目を集めている.また,TRPV1チャネルは血管拡張や血流増加,腸管運動促進作用に関与することが明らかになってきた.ここではTRPV1チャネルの発見者でTRPチャネル研究の第一人者である富永真琴先生に,TRPチャネル研究の経緯と生体における機能について解説していただいた.

下記は精油成分と関係する温度感受性TRPチャネルチャンネルより紹介します。

1温度感受性TRPチャネルの性質と主な発現部位,関連疾患より

受容体 TRPV1 活性化温度閾値 43℃<
発現部位:感覚神経・脳
ほかの活性化刺激:カプサイシン・酸、カンフル・アリシン・脂質、2-APB・
NO・バニロトキシン、レシニフェラトキシン
関連疾患:直腸過敏症,炎症性腸疾患(IBD),過敏性腸症候群(IBS)
機能的ディスペプシア(FD),食道炎,胃食道逆流症(GERD)
炎症性膀胱痛,膀胱機能異常(過活動膀胱や神経因性膀胱)
肺疾患(咳発作や気管支喘息

受容体 TRPV3 、活性化温度閾値32-39℃<
発現部位:皮膚・感覚神経・脳 脊髄・胃・大腸
ほかの活性化刺激:2-APB・サイモール(タイム)・メントール、オイゲノール(クローブ)・カンフル、カルバクロール(オレガノ)・不飽和脂肪酸
関連疾患:結腸直腸がん,Olmsted症候群、温度感覚異常、発毛異常(マウス)

受容体 TRPM8 活性化温度閾値<25-28℃
発現部位:感覚神経・前立腺
ほかの活性化刺激:メントール(ペパーミント)・イシリン、膜リン脂質
関連疾患:温度感覚異常、痛覚異常

受容体 TRPA1  活性化温度閾値<17℃(?)
発現部位:感覚神経、腸管エンテロクロマフィン、細胞
ほかの活性化刺激:アリルイソチオシアネート・アリシン、シナモアルデヒド(シナモンカッシア)・機械刺激?、2-APB・カルバクロール(オレガノ)・アリシン、
カルシウム・細胞内アルカリ化・H2O2
関連疾患:冷刺激異痛症、家族性一過性仏痛症候群、炎症性疾患、呼吸器疾

その他
TRPV1 は酸の刺激でも活性化します.カプサイシンや熱, 酸は,いずれも痛みを引き起こすことから,TRPV1 の反応性は 痛み刺激を伝える神経が複数の 侵害刺激に反応することをよく 説明します.ほかにも黒胡椒の 辛み成分であるピペリンや,生 姜の辛み成分のジンゲロン,ジ ンゲロールなどもカプサイシン 受容体 TRPV1 に作用します. TRPV 1 活性化は灼熱感をもたらし,交感神経系を介して産熱も引き起こすことから,寒い地 域では,暖をとる意味でトウガ ラシを靴下や下着の中に入れた り,生姜風呂に入って体を温め たりするのです

|

«西洋型食生活はマウスの匂い関する学習および嗅覚記憶を損なうScience dailyより