January 15, 2022

“低周波電磁場の生体影響”太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)より

What sunspots are whispering about covid-19?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8016555/

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

Biological effects of ELF electromagnetic fields

低周波電磁場の生体影響

Modern life is not conceived without electricity with its power lines and appliances, without telecommunication devices. A byproduct of this technical revolution is an ever-growing number of sources of artificial electromagnetic fields, both in ELF and radio frequency range, and this circumstance, as already mentioned, elicits public health concerns [15].

現代の生活は、送電線や電化製品、通信機器などの電気なしには考えられません。この技術革命の副産物として,低周波ELFと無線周波数帯域の両方の人工電磁場の発生源が増え続けており,この状況は,すでに述べたように,公衆衛生上の懸念を引き起こしている[15]。

power lines 送電線
radio-frequency range 無線周波数帯域

The scope of interactions of electromagnetic fields (EMF) with living matter is rich and diverse, requiring simultaneously an unbiased, open-minded, careful and cautious approach when studying the influence of EMF on biological processes.

電磁場と生体との相互作用の範囲は豊富で多様であり、電磁場が生体プロセスに及ぼす影響を研究する際には、偏りのない、開かれた、注意深い、慎重なアプローチが同時に必要とされる。

Electromagnetic Field, EMF :電磁場EMF

Despite a large body of literature devoted to biological effects of ELF magnetic fields (in contrast to ELF electric fields, magnetic fields easily can penetrate biological tissues), no coherent picture has emerged so far regarding the plausibility of such effects, or regarding the interaction mechanisms.

超低周波ELF電場とは異なり、磁場は生体組織を容易に透過するため、ELF磁場の生物学的影響に関する数多くの文献があるにもかかわらず、その影響の妥当性や相互作用メカニズムに関する首尾一貫した見解は今のところ得られていない。

ELF magnetic fields 超低周波磁場

Epidemiological studies that have focused on the potential health hazards of EMFs are largely controversial. About half of the studies found such effects, but the other half failed to find them [19]. The reason for these conflicting results is unclear.

電磁場EMFの潜在的な健康被害に焦点を当てた疫学的研究は、主に議論の余地があります。研究の約半分はそのような効果を発見したが、残りの半分はそれらを見つけることができませんでした [19].これらの矛盾する結果の理由は不明です。

Nonetheless, ample and compelling evidence had been accumulated indicating that ELF electromagnetic fields has important effects on cell functioning [20], [21], [22], [23], [17], [24], [25]. The nature of these effects is not entirely clear. The problem is that such effects are observed for very weak magnetic fields, so weak that any such effect is expected to be masked by thermal noise [26].

それにもかかわらず、超低周波ELF電磁場が細胞機能に重要な影響を及ぼすことを示す十分かつ説得力のある証拠が蓄積されていた [20], [21], [22], [23], [17], [24], [25]. これらの効果の性質は完全には明らかにされていない。問題は、このような効果が非常に弱い磁場に対して観測されることであり、そのような効果は熱雑音によって隠されてと予想されるほど弱いのである[26]。

compelling evidence:説得力のある証拠
very weak magnetic fields 微弱磁場
thermal noise 熱雑音

熱雑音(ねつざつおん、英: thermal noise)は、抵抗体内の自由電子の不規則な熱振動(ブラウン運動[1])によって生じる雑音のことをいう。ウィキペディアより

Perhaps, the extreme sensitivity of living organisms to weak electromagnetic fields is not completely unexpected from the point of view of evolutionary biology,
since life arose and evolved on Earth with the constant presence of natural ELF electromagnetic fields, especially Schumann resonances [27], [28].

おそらく、自然な超低周波ELF電磁場、特にシューマン共振が常時存在する地球上に生命が誕生して、進化したのだから、弱電磁場に対する生物の極端な感受性は進化生物学の観点から完全に予期しなかったわけではない[27], [28]。

Remarkably, there is a striking similarity between natural ELF signals and human brain electroencephalograms [29]. Amazingly, many species exhibit, irrespective of the size and complexity of their brain, essentially similar lowfrequency electrical activity [30], and it is possible that the dominant frequencies of brain waves may be an evolutionary result of the presence and influence of the resonant ELF electromagnetic background of Schumann [31].

自然の超低周波ELF信号とヒト脳の脳波との間には顕著な類似性がある[29]。驚くべきことに,多くの生物種が,脳の大きさや複雑さに関係なく,本質的に類似した低周波の電気活動を示しており[30],脳波の支配的な周波数は,シューマンの共振した超低周波ELF電磁背景の存在と影響による進化的な結果である可能性がある[31]。

electroencephalogram 脳波
lowfrequency 低周波

An interesting hypothesis is that ELF background fields played an important role in the evolution of biological systems and are used by them as a means of stochastic synchronization for various biorhythms [28]. The Schumann resonance frequencies are mainly controlled by the Earth’s radius, which has remained constant over billions of years. Therefore, these frequencies can play a special role for the regulatory pathways of living organisms, the Schumann resonances providing a synchronization reference signal, a Zeitgeber (time giver) [12].

興味深い仮説は、超低周波ELF背景磁場が生物系の進化に重要な役割を果たし、様々なバイオリズムの確率共振の手段として生物系に利用されていることである[28]。シューマン共振周波数は、主に地球の半径によって制御されており、その半径は数十億年の間、一定である。したがって、これらの周波数は生物の調節経路にとって特別な役割を果たすことができ、シューマン共振は同期の基準信号、Zeitgeber(同調因子)を提供する[12]。

background field 背景磁場
stochastic synchronization確率共振

確率共鳴(かくりつきょうめい、英語: Stochastic Resonance)とは、信号に雑音(ノイズ)を加えることで、ある確率の下で、信号が強まり、反応が向上する現象。確率共振(かくりつきょうしん)と訳されることもある。

Earth’s radius 地球半径
地球半径(ちきゅうはんけい、英: Earth radius)とは、天文学において地球の赤道における半径を長さの単位として用いる場合の数値である。ウィキペディアより

Zeitgeber 同調因子 (生体の固有リズムを外界に合わせる光などの)

This hypothesis, while attractive, has a serious drawback: it remains a mystery how living cells can detect a Schumann resonance signal that is so weak (the magnetic component is only several pT) compared to the ubiquitous thermal noise.

この仮説は魅力的でこの仮説は魅力的ではあるが、重大な欠点がある。それは、それは、どこにでもある熱雑音に比べて非常に弱い(磁気成分はわずか数pT)シューマン共振信号を、生きた細胞がどのように検出できるのかが謎であることである。それは、ユビキタス(どこにでもある)熱雑音と比較して、生きている細胞が、非常に弱い(磁気成分は数ポイントpTに過ぎない)シューマン共鳴信号を検出する方法は謎のままです。

Ubiquitous :ユビキタス(いたるところに存在する(遍在)という意味)

The clue maybe is provided by spatially and temporally coherent interactions of Schumann resonances with a large ensemble of components of the system [32]. For example, the human body contains about 1014 cells and 1010 cortical neurons.

その手がかりは、シューマン共振とシステムの構成要素の大きなアンサンブルとの空間的・時間的にコヒーレントな相互作用によってもたらされるのかもしれない[32]。例えば、人体には約1014個の細胞、1010個の皮質ニューロンが存在する。

cortical neuron皮質ニューロン

If the ELF electromagnetic fields, and in particular the Schumann resonances, really play a regulatory role in biological processes, then the effect of solar activity on living organisms will not look so mysterious, since solar activity changes the geomagnetic field and can lead to geomagnetic storms, as well as to changes in the parameters of the ionosphere, and, consequently, to a change in the parameters of Schumann resonances and ELF radiation background.

もし、超低周波ELF電磁場、特にシューマン共振が本当に生物学的プロセスにおいて調節的役割を果たすのであれば、太陽活動が生物に及ぼす影響もそれほど不思議なことではなくなります。なぜなら、太陽活動が地球磁場を変化させ、磁気嵐を引き起こし、電離層のパラメータが変化して、その結果としてシューマン共振や超低周波ELF放射バックグラウンドのパラメータが変化する可能性があるからです。

geomagnetic field 地球磁場
geomagnetic storm磁気嵐
地球磁場の水平成分が大きく減少する現象で、太陽のフレア(太陽面爆発現象)によって作り出される荷電粒子(プラズマ)が地球近傍までやってくると起こる。Webilio辞書より

There are some indications that abrupt changes in geomagnetic and solar activity, as well as geomagnetic storms, can act as stressors that alter the regulatory processes of organisms, blood pressure, immune, neurological, cardiac and some other important life-supporting processes in living organisms [33].

There are studies that indicate that geomagnetic disturbances can exacerbate existing diseases, can lead to cardiac arrhythmias, cardiovascular disease, a significant increase in hospitalization rates for mental disorders, depression, suicide attempts, homicide and traffic accidents (see [33] and references therein).

地磁気活動と太陽活動の急激な変化、ならびに磁気嵐は、生物、血圧、免疫、神経学的、心臓の調節プロセスおよび生物における他の重要な生命維持プロセスを変化させるストレス要因として作用する可能性があるといういくつかの示唆がある。地磁気の乱れが既存の病気を悪化させ、心不整脈、心血管系疾患、精神障害、うつ病、自殺未遂、殺人、交通事故の入院率の著しい上昇につながる可能性があることを示す研究がある([33]とその中の参考文献を参照されたい)

geomagnetic activity 地磁気活動
geomagnetic disturbances :地磁気擾乱.

There are several hypotheses that could explain this strange connection between solar activity and geomagnetic disturbances and mental health.According to the visceral theory of sleep [34], the same cortical neurons that process exteroceptive information in the waking state switch to processing information from various internal organs during sleep. At the same time, a violation of the switching process, when visceral information is mistakenly interpreted by the brain as exteroceptive, can manifest itself as a mental disorder [35].If these hypotheses are correct, and if geomagnetic disturbances can influence the brain’s switching mechanisms, then the unexpected link between solar activity and mental disorders could be explained.

太陽活動や地磁気擾乱.とメンタルヘルスとの間にこの奇妙な関係を説明しうる仮説はいくつかある。睡眠の内臓理論 [34] によれば、覚醒状態で外受容情報を処理するのと同じ皮質ニューロンが、睡眠中に様々な内臓からの情報処理に切り替わる。同時に、内臓情報が外受容情報として間違って脳によって判断されると、スイッチング過程の妨害は精神障害として現れることもある[35]。これらの仮説が正しく、地磁気擾乱が脳のスイッチング機構に影響を与えるとすれば、太陽活動と精神障害との間の予期せぬ関連性を説明することができるだろう。

geomagnetic disturbances 地磁気じょう乱
cortical neuron 皮質ニューロン
exteroceptive 外受容の
visceral theory  内臓理論



関連文献

確率共振を調べたときに見つけた

ゆらぎによってヒトの脳を活性化する
「協調と制御」領域 山本 義春 要旨
https://www.jst.go.jp/kisoken/presto/complete/kyotyo/pdf/researcher/2001_08_yamamoto.pdf

本研究では、ヒト脳における「確率共振」現象を利用した脳機能活性化、具体的には、 主として視覚認知機能と循環制御機能の向上について検討した。確率共振とは、非線形 システムへのごく微弱な入力に対する信号検出力が適度な強度のノイズ存在下で向上す るというものである。ステレオスコープを用いて一方の眼に信号を、もう一方の眼にノ イズをそれぞれ分離入力した結果、ある程度のノイズ存在下で視覚認知能力が最大とな り、視覚-運動関連対および視覚関連対の位相同期度の向上も脳波において観察された。 また、経皮的な前庭電気刺激によるノイズ印加によって健常成人の起立刺激に対する心 拍数の応答および、自律神経疾患、パーキンソン病患者に対する心拍数、体動応答性の 改善がみられた。

新年精油セット割引セールは1月20日までです。

https://phytoaroma.ocnk.net/product-list/54

|

January 07, 2022

太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)

What sunspots are whispering about covid-19?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8016555/

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

Abstract

要旨

Several studies point to the antimicrobial effects of ELF electromagnetic fields. Such fields have accompanied life from the very beginning, and it is possible that they played a significant role in its emergence and evolution. However, the literature on the biological effects of ELF electromagnetic fields is controversial, and we still lack an understanding of the complex mechanisms that make such effects, observed in many experiments, possible. The Covid-19 pandemic has shown how fragile we are in the face of powerful processes operating in the biosphere. We believe that understanding the role of ELF electromagnetic fields in regulating the biosphere is important in our fight against Covid-19, and research in this direction should be intensified.

いくつかの研究は超低周波(ELF)電磁場の抗菌効果を指摘している。このような電磁場は最初から生命に伴っていて、その出現と進化に重要な役割を果たした可能性がある。しかし、ELF電磁場の生物学的効果に関する文献には賛否両論があり、多くの実験で観察されるこのような効果を可能にしている複雑なメカニズムについては、まだ理解が不足しているのが現状です。新型コロナウイルス感染症(COVID 19)のパンデミックは、生物圏で働く強力なプロセスの前では、人間がいかにもろい存在であるかを示している。生物圏の調節におけるELF電磁場の役割を理解することは、新型コロナウイルス感染症との闘いにおいて重要であり、この方向での研究を強化すべきであると考えている。

ELF(extremely low frequency, 3Hz–300Hz):超低周波ELF
Electromagnetic Field, EMF:電磁場EMF
antimicrobial effects 抗菌作用

biosphere 生物圏
生物圏(せいぶつけん、英: biosphere)とは、生物が存在する領域のことで、一般的には、生物が存在するその領域全体および含まれる構成要素(生物・非生物)の相互作用の総体を指す。より狭義の意味に用いて、その空間に含まれる生物(生物相・生物量・生物群集)のみを指すこともある。ウィキペディアより

Keywords: Covid-19 pandemic, Biological effects of ELF electromagnetic fields, Schumann resonances

キーワード
新型コロナウイルス感染症(COVID 19)のパンデミック、ELF電磁場の抗菌効果、シューマン共振

Introduction

序論

The covid-2019 pandemic is an extraordinary event in the history of our civilization. Billions of people have never been restricted in their homes before.

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)のパンデミックは、私たちの文明の歴史の中で異常な出来事です。何十億人もの人々が以前自宅に制限されたことがありません。

Self-isolation is conducive to esoteric reflection, and we begun to ruminate about Gaia.

自己隔離は深遠な内省を助長し、私たちはガイア(地球全体)について考え始めた。

Esoteric 深遠な、秘儀の
Reflection 内省
Gaia ガイア(地球全体)

Life on earth, once arisen, never completely disappeared, although it survived at least five major extinctions. Isn’t that a small (or big) miracle?

地球上の生命は、一度発生すると完全に消滅することはなかったが、少なくとも5回の大絶滅を乗り越えてきた。それは小さな(あるいは大きな)奇跡ではないだろうか。

Gaia hypothesis suggests that Nature’s mercy is neither an accident nor a benevolent deity’s work, but instead is the inevitable result of interactions between organisms and their environment [1]. In poetic terms, the Earth with its ecosystem is a gigantic organism that harmonizes itself with the help of many invisible feedbacks.

ガイア仮説は、自然がなすがままは偶然でも慈悲深い神の仕業でもなく、生物とその環境の相互作用の必然的な結果であるとするものである[1]。詩的な表現をすれば、生態系を持つ地球は、目に見えない多くのフィードバックの助けを借りて調和している巨大な生命体である。

Gaia hypothesis ガイア仮説
ガイア理論またはガイア仮説とは、生物は地球と相互に関係し合い、自身の生存に適した環境を維持するための自己制御システムを作り上げているとする仮説。また、そのシステムをある種の「巨大な生命体」と見なす仮説である。 ウィキペディアより

Nature’s mercy 自然がなすがまま
Deity(多神教)の神
deity’s work, 神の仕事

organism 生命体
有機体、生命体:動物、植物、細菌、原生生物など、(小)器官が集まって生命を維持している生物。

ecosystem生態系;

Unfortunately, human activity causes environmental degradation, which in its destructive effect on the ecosystem rapidly approaches the level of the asteroid impact that end the dinosaur era.

残念ながら、人間活動は環境悪化を引き起こし、生態系への破壊的な影響は恐竜時代を終わらせた小惑星衝突のレベルに急速に近づきます。

asteroid impact 小惑星衝突

We better stop the destabilization of Gaia, because otherwise either we succeed in this reckless enterprise and destroy the ecosystem and our own existence, or Gaia recognizes our malicious character and invisible feedbacks eliminate us, as a destabilizing element. However, in order to harmonize with Gaia, we must improve our understanding of these invisible feedbacks.

私たちはガイアの不安定化を食い止めなければならない。なぜなら、私たちがこの無謀な事業に成功し、生態系と私たち自身の存在を破壊するか、あるいはガイアが私たちの悪意ある性格を認識し、見えないフィードバックが不安定化要因として、私たちを排除するかのどちらかだからである。しかし、ガイアと調和するためには、この目に見えないフィードバックに対する理解を深めなければならない。

Solar activity and pandemics

太陽活動とパンデミック

At first glance (and at the second too) there can be no connection between pandemics and solar activity. However, this is exactly what Alexander Chizhevsky discovered [2] many years ago.

パンデミックと太陽活動には、一見すると(そして二度目も)何の関係もないように見える。しかし、これはまさに何年も前にアレキサンダー・チゼフスキーが発見したことである[2]。

solar activity. 太陽活動
Alexander Chizhevskyアレクサンドル・チジェフスキー
「地球上のあらゆる生物の発達は太陽宇宙因子の直接的影響下に進んだものであり、人類もその例外ではない」 - アレクサンドル・チジェフスキー ( 1897 - 1964年)

Independently, Hope-Simpson observed the same correlation between influenza pandemics and sunspot maximums [3]. Hoyle and Wickramasinghe confirmed these findings [4] indicating that the two phenomena have kept in step over some 17 solar cycles.

また、ホープ・シンプソンもインフルエンザの流行と太陽黒点極大期に同じ相関を観測している[3]。ホイルとウィクラマシンゲはこの発見を確認し[4]、この2つの現象は17回ほどの太陽周期の間に歩調を合わせてきたことを示した。

Interestingly, the previous two Corona virus epidemics, the severe acute respiratory syndrome SARS-CoV and the Middle-East respiratory syndrome MERS-CoV both occurred at double peaks in the sunspot cycle [5].

興味深いことに、過去2回のコロナウイルスによる流行、重症急性呼吸器症候群SARS-CoVと中東呼吸器症候群MERS-CoVは、共に太陽黒点周期の二重ピークで発生している[5]。

double peaks 二重ピーク
sunspot cycle太陽黒点周期

A more general result states that most pandemics in the past occurred near the sunspot extrema (maxima or minima) [6], [7]. In a sense, the present covid-19 pandemic was predicted based on this idea [8], [9].

より一般的な結果として,過去のパンデミックの多くは,太陽黒点の極大値(最大値または最小値)付近で発生している[6], [7].いわば、今回の新型コロナウイルス感染症covid-19のパンデミックは、この考えに基づいて予測されたものである[8], [9]。

Of course, such an outlandish idea should be taken with a grain of salt, and not everybody believes in it [10]. However, we think this strange idea cannot be dismissed easily. The correlation in the data is so obvious that different people have noticed it. We already mentioned Chizhevsky and Hope-Simpson. It seems that the first person who linked the sunspot cycle to the malaria epidemics, as early as in 1881, was C. Meldrum [11]. In 1936, Gill noted that the association of malaria epidemics with the epochs of maximum and minimum of sunspots is extremely close [11].

もちろん、このような突飛な考えは疑ってかかるべきで、誰もがそれを信じるわけではないです。[10]。しかし、私たちは、この突飛な考えを簡単に片づけることはできないと思う。データ上の相関は非常に明白であり、様々な人々がそれに気づいている。我々はすでにチジェフスキーとホープ・シンプソンについて言及した。1881年という早い時期に、太陽黒点周期とマラリアの流行を結びつけた最初の人は、C. メルドラムだったようだ[11]。1936年にはギルが、マラリアの流行と黒点の最大・最小のエポックとの関連性が極めて高いことを指摘している[11]。

Solar activity can affect biological organisms in various ways. Of particular interest is the influence mediated by geomagnetic and extra-low frequency (ELF) electromagnetic fields [12], [13].

太陽活動は生物に様々な影響を与える。特に興味深いのは、地磁気や超低周波(ELF)電磁場を介した影響である [12], [13]。

Geomagnetic  地磁気
extra-low-frequency  超低周波
geomagnetic 地磁気の.

The Schumann resonance with base frequency of about 8 Hz is a global electromagnetic resonance excited by natural lightning activity within the Earth-ionosphere waveguide [14]. Life evolved on Earth under the constant presence of Schumann resonances, and thus, we cannot exclude that ELF electromagnetic fields played a role in biological evolution.

基本周波数が約8Hzのシューマン共振は、VLF帯大地-電離圏導波管伝搬内の自然現象の雷活動によって励起される地球規模の電磁共振である[14]。生物はシューマン共振が常に存在する地球上で進化してきたため、超低周波ELF電磁場が生物進化に一役買った可能性は否定できない。

Schumann resonance シューマン共振
earth-ionosphere waveguide VLF帯大地-電離圏導波管伝搬
lightning activity 雷活動

Human activity has become a source of widespread electromagnetic pollution, which raises concerns about the possible dangerous health effects [15]. Although studies on the possible biological effects of ELF and other artificial electromagnetic fields remain largely controversial, there is a growing evidence that ELF fields cause numerous types of changes in cells [16], [17], [18].

人間の活動は広範な電磁波汚染の原因となっており、危険な健康影響の可能性が懸念されている[15]。超低周波ELFやその他の人工的電磁場の可能な生物学的効果に関する研究は、依然として大きな議論を呼んでいるが、超低周波ELF場が細胞に多くの種類の変化を引き起こすという証拠が増えている[16], [17], [18].

electromagnetic pollution  電磁気的汚染

|

December 27, 2021

揮発性テルペンー植物間コミュニケーションのメディエーター

Volatile terpenes – mediators of plant-to-plant communication

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/tpj.15453

揮発性テルペンー植物間コミュニケーションのメディエーター

plant-to-plant communication 植物間コミュニケーション

SUMMARY

まとめ

Plants interact with other organisms employing volatile organic compounds (VOCs). The largest group of plant-released VOCs are terpenes, comprised of isoprene, monoterpenes, and sesquiterpenes. Mono- and sesquiterpenes are well-known communication compounds in plant–insect interactions, whereas the smallest, most commonly emitted terpene, isoprene, is rather assigned a function in combating abiotic stresses.

植物は、揮発性有機化合物(VOC)を用いることで他の生物と相互作用します。植物が放出するVOCの最大のグループは、イソプレン、モノテルペン、およびセスキテルペンで構成されるテルペンです。モノとセスキテルペンは植物と昆虫との相互作用においてよく知られた通信化合物であるのに対し、最も小さく、最も一般的に放出されるテルペン、イソプレンは、むしろ非生物的ストレスと戦う機能を割り当てられている。

VOC:Volatile Organic Compounds 揮発性有機化合物(VOCs)
sesquiterpenes セスキテルペン
plant–insect interactions植物-昆虫相互作用

Recently, it has become evident that different volatile terpenes also act as plant-to-plant signaling cues. Upon being perceived, specific volatile terpenes can sensitize distinct signaling pathways in receiver plant cells, which in turn trigger plant innate immune responses. This vastly extends the range of action of volatile terpenes, which not only protect plants from various biotic and abiotic stresses, but also convey information about environmental constraints within and between plants. As a result, plant–insect and plant–pathogen interactions, which are believed to influence each other through phytohormone crosstalk, are likely equally sensitive to reciprocal regulation via volatile terpene cues.

近年、異なる揮発性テルペンが植物間のシグナリングの手掛かりとしても機能することが明らかになってきた。認識されると、特定の揮発性テルペンは、受容体植物細胞の異なるシグナル伝達経路を感作することができ、植物の自然免疫応答を引き起こす。これは、様々な生物的および非生物的ストレスから植物を保護するだけでなく、植物内および植物間の環境制約に関する情報を伝える揮発性テルペンの作用範囲を大幅に拡張します。その結果、植物ホルモンクロス(交差)トークを通じて互いに影響を与える植物-昆虫と植物病原体の相互作用は、揮発性テルペンの手がかりを介して相互調節に等しく敏感である可能性が高い。

Here, we review the current knowledge of terpenes as volatile semiochemicals and discuss why and how volatile terpenes make good signaling cues. We discuss how volatile terpenes may be perceived by plants, what are possible downstream signaling events in receiver plants, and how responses to different terpene cues might interact to orchestrate the net plant response to multiple stresses.

ここでは、揮発性セミオケミカル(体外分泌情報伝達化学物質)としてテルペンに関する現在の知識をレビューし、どのようにして揮発性テルペンが優れたシグナル伝達の手掛かりになるのかを議論します。揮発性テルペンが植物にどのように認識されるのか、受信側の植物ではどのような下流シグナル伝達が考えられるのか、また、異なるテルペンの手掛かりに対する反応がどのように相互作用して、複数のストレスに対する植物の正味の反応を組織化するのかについて議論する

Finally, we discuss how the signal can be further transmitted to the community level leading to a mutually beneficial community-scale response or distinct signaling with near kin.

最後に、群落レベルに信号を送信する方法について話し合い、相互に有益な群落規模の応答または近くの同族植物との明確なシグナル伝達を導きます。

semiochemicalセミオケミカル(体外分泌情報伝達化学物質)フェロモン、カイロモン、アロモン等
downstream signaling events 下流シグナル伝達
community 群落

INTRODUCTION
序論

Plants are known to detect their neighbors by various cues, such as ratios of red:far red light or ethylene in the air (Binder, 2020; Devlin, 2016). However, to not only detect, but also identify the neighbor, more detailed information is needed. Such information can be transmitted by volatile organic compounds (VOCs) both above- and belowground.

植物は、赤:遠赤色光の比率や空気中のエチレンなど、さまざまな手がかりで近隣の植物を検知することが知られている。しかし、検出するだけでなく、その近隣の植物を特定するためには、より詳細な情報が必要です。このような情報は、地上と地下の両方の揮発性有機化合物(VOC)によって送信することができます。

far red light 遠赤色光

Plants release a high diversity of various VOCs such as terpenes, fatty acid derivatives, amino acid derivatives, and phenylpropanoid/benzenoid compounds. Volatile terpenes are the most diverse group of VOCs comprising the C5 compound isoprene, C10 monoterpenes, C15 sesquiterpenes, and also C11 and C16 homoterpenes and some C20 diterpenes (Rosenkranz and Schnitzler, 2016).Terpenes can protect plants from various abiotic and biotic stresses (Loreto and Schnitzler, 2010; Unsicker et al., 2009).

植物はテルペン、脂肪酸誘導体、アミノ酸誘導体、フェニルプロパノイド/ベンゼノイド化合物などの様々な多様性高い揮発性有機化合物(VOCs)を放出します。揮発性テルペンは、C5化合物イソプレン、C10モノテルペン、C15セスキテルペン、およびC11およびC16ホモテルペンおよびいくつかのC20ディテルペン(Rosenkranz and Schnitzler, 2016).を含むVOCの最も多様なグループである。テルペンは、様々な非生物的および生物的ストレスから植物を保護することができます(Loreto and Schnitzler, 2010; Unsicker et al., 2009).

fatty acid derivatives,  脂肪酸誘導体  
amino acid derivatives, アミノ酸誘導体
phenylpropanoidフェニルプロパノイド
abiotic 非生物的ストレス
biotic stresses 生物的ストレス

Moreover, they are important communication and interaction signals between plants and other organisms, including insects, fungi, and bacteria (Huang et al., 2003; Huang et al., 2012; Nieuwenhuizen et al., 2009; Schulz-Bohm et al., 2017). Different environmental constraints, such as herbivore feeding style (Simon et al., 2015), pathogen infection (Delaney et al., 2015), or belowground microbial communities (Kong et al., 2021), can induce very specific emission patterns from plants.

さらに、昆虫、真菌、細菌を含む植物と他の生物との間の重要なコミュニケーションおよび相互作用伝達シグナルである(Huang et al., 2003; Huang et al., 2012; Nieuwenhuizen et al., 2009; Schulz-Bohm et al., 2017). 異なる環境制約は、例えば、捕食者の摂食様式(Simon et al.、2015)、病原体感染(Delaney et al.、2015)、または地下の微生物群集(Kong et al., 2021),など、植物からの非常に特異的な放出パターンを誘導することができる。

herbivore 捕食者
microbial communities 微生物群集

関連記事

植物における「匂い受容体候補」の発見鼻がない植物が匂いを嗅ぐ仕組みの一端を解明
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z0508_00082.html

植物は、匂いを感じて防御体制をとったり、自分の生育を調節したりすることが知られていましたが、鼻も神経もない植物がどのように匂いを感知するか知られていませんでした。東京大学大学院農学生命科学研究科の東原和成教授らの研究グループは、モデル植物としてタバコを用いて実験したところ、葉の細胞の核内で遺伝子の転写を制御するのに関わっているタンパク質が匂いセンサーとなっていることを見出しました。

|

December 20, 2021

脳内における匂いとストレス応答:化学と神経薬理学の関係のレビューPUBMEDより

Molecules. 2021 May; 26(9): 2571.

Smell and Stress Response in the Brain: Review of the Connection between Chemistry and Neuropharmacology

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8124235/

脳内における匂いとストレス応答:化学と神経薬理学の関係のレビュー

Abstract


要旨

The stress response in the brain is not fully understood, although stress is one of the risk factors for developing mental disorders.On the other hand, the stimulation of the olfactory system can influence stress levels, and a certain smell has been empirically known to have a stress-suppressing effect, indeed. In this review, we first outline what stress is and previous studies on stress-responsive biomarkers (stress markers) in the brain. Subsequently, we confirm the olfactory system and review previous studies on the relationship between smell and stress response by species, such as humans, rats, and mice. Numerous studies demonstrated the stress-suppressing effects of aroma.

ストレスは精神障害発症の危険因子の一つであるが、脳のストレス応答は完全には理解されていないです。一方で、嗅覚系の刺激がストレスレベルに影響を与えることもあり、ある匂いには確かにストレスの抑制効果があることが経験的に知られている。このレビューでは、まず、ストレスとは何か、脳内のストレス応答性バイオマーカー(ストレスマーカー)に関する先行研究を概説する。続いて、嗅覚システムを確認し、嗅覚とストレス応答の関係について、ヒト、ラット、マウスなどの種ごとに先行研究をレビューします。香りのストレス抑制効果は多くの研究で実証されています。

mental disorders 精神障害
a stress-suppressing effect ストレス抑制効果

There are also investigations showing the effects of odor that induce stress in experimental animals.

In addition, we introduce recent studies on the effects of aroma of coffee beans and essential oils, such as lavender, cypress, α-pinene, and thyme linalool on the behavior and the expression of stress marker candidates in the brain. The transfer of volatile components into the brain is also discussed while using the results of thyme linalool as an example. These studies may provide a good opportunity to connect chemical research at the molecular level with neuropharmacological approaches in the future.

また、実験動物にストレスを誘発する匂いの効果を示した研究もあります。また、コーヒー豆の香りや、ラベンダー、ヒノキ、α-ピネン、タイム・リナロールなどの精油が、行動や脳内のストレスマーカー候補の発現に及ぼす影響についての最近の研究を紹介します。また、タイム・リナロールの結果を例に挙げながら、揮発性成分の脳内への移行についても考察しています。これらの研究は、今後、分子レベルでの化学研究と神経薬理学的アプローチを結びつける良い機会になるかもしれません。

Keywords: stress; smell; aroma; olfaction; brain; anxiety; fatigue; human; rat; mouse

キーワード:ストレス、匂い、香り、嗅覚、脳、不安、疲労、ヒト、ラット、マウス

|

November 15, 2021

脳の免疫系細胞ミクログリア上のカンナビノイド2型受容体(CB2R):自制心の守護者PUBMEDより

ミクログリアは脳の健康を維持する鍵で、アルツハイマー病によってできる脳のリン酸化されたtauタンパクを異物として認識・貪食する グリア細胞の一種です。ところがミクログリアが炎症で活性化するとtauタンパクの貪食機能が損なわれて、ミクログリア上にカンナビノイド2型受容体(CB2R)が発現します。この受容体が活性化すると炎症が軽減されます。精油の化学成分であるセスキテルペンのβ-カリオフィレンはこのカンナビノイド2型受容体(CB2R)を活性化します。アルツハイマー病では嗅内野や海馬にtauタンパクが多く発現します。β-カリオフィレン香りは鼻腔の嗅球から嗅内野や海馬に流れていきます。

CB2 Receptor in Microglia: The Guardian of Self-Control

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7792761/

ミクログリアのカンナビノイド2型受容体(CB2R):自制心の守護者


PUBMEDより

Int J Mol Sci. 2021 Jan; 22(1): 19.

Published online 2020 Dec 22. doi: 10.3390/ijms22010019

Abstract

要旨

Microglia are key to maintaining the homeostasis of the brain. These immune cells of the brain can be our biggest ally in fighting infections, but can worsen pathology or hinder recovery when uncontrolled. Thus, understanding how microglia contribute to neuroinflammatory processes and how their activity can be controlled is of great importance.

ミクログリアは、脳の恒常性を維持するための鍵です。脳のこれらの免疫細胞は、感染症と戦う上で私たちの最大の味方になることができますが、制御されてない場合に病理を悪化させたり、回復を妨げたりする可能性があります。したがって、ミクログリアが神経炎症プロセスにどのように寄与し、その活性を制御できるかを理解することは非常に重要です。

Microglia:ミクログリア
AD 脳の 老人斑に集まるミクログリアは、神経細胞外に放出されたアミロイド β を異物として認識・貪食する グリア細胞の一種です。

Neuroinflammatory:神経炎症

It is known that activation of endocannabinoid system, and especially the cannabinoid type 2 receptor (CB2R), decreases inflammation. Alongside its non-psychoactive effect, it makes the CB2R receptor a perfect target for treating diseases accompanied by neuroinflammation including neurodegenerative diseases.

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)、および特にカンナビノイド2型受容体(CB2R)の活性化は炎症を減少させることが知られている。その非精神活性効果と並んで、CB2R受容体は神経変性疾患を含む神経炎症を伴う疾患を治療するための完璧な標的となる。

However, the exact mechanisms by which CB2R regulates microglial activity are not yet understood. Here, we review the current knowledge on the roles of microglial CB2R from in vitro and in vivo studies. We look into CB2R function under physiological and pathological conditions and focus on four different disease models representing chronic and acute inflammation.

しかし、カンナビノイド2型受容体(CB2R)がミクログリア活性を調節する正確なメカニズムはまだ理解されていない。ここでは、インビトロおよびインビボ研究から、ミクログリアCB2Rの役割に関する現在の知識を検討する。生理学的および病理学的状態下でのCB2R機能を調べ、慢性および急性炎症を表す4つの異なる疾患モデルに焦点を当てています。

We highlight open questions and controversies and provide an update on the latest discoveries that were enabled by the development of novel technologies. Also, we discuss the recent findings on the role of microglia CB2R in cognition and its role in neuron-microglia communication.

私たちは未解決の問題や論争点に焦点を当て、新しい技術の開発によって可能になった最新の発見について紹介します。また、認知力におけるミクログリアのCB2Rの役割と、神経細胞とミクログリアのコミュニケーションにおける役割について、最近の知見を紹介しています。

Keywords: cannabinoid receptor 2; endocannabinoid system; microglia; neuroinflammation; neuron–microglia-communication.

キーワード:カンナビノイド2型受容体、エンド・カンナビノイド・システム、ミクログリア、神経炎症、ニューロン-ミクログリア-コミュニケーション

関連記事

Cannabinoid CB2 receptors in the mouse brain: relevance for Alzheimer’s disease

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29793509/

マウス脳におけるカンナビノイド2型受容体:アルツハイマー病との関連性PUBMEDより

CB2R protein were dramatically increased in different pathological conditions. Observations made in Alzheimer’s disease (AD), multiple sclerosis, Down’s syndrome, and immunodeficiency virus-induced encephalitis confirmed that the presence of CB2R is greatly enhanced in areas of neuroinflammation, predominantly in microglial cells (see [6], for a review).

カンナビノイド2型受容体(CB2R)タンパク質は、異なる病理条件において劇的に増加した。アルツハイマー病(AD)、多発性硬化症、ダウン症、および免疫不全ウイルス誘発脳炎における観察は、CB2 Rの存在が、主にミクログリア細胞において、神経炎症の領域において大きく増強されることを確認した(6]を参照)。

用語

ミクログリアとアルツハイマー病との関係を調べていたときに見つけました。

https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf/Act_neu_210105.pdf

ミクログリアの機能低下が認知症の病態進行の鍵となる

アルツハイマー病(AD)は認知症の主要な原因となる神経変性疾患であり、脳の病巣におけるアミロイド β(Aβ)*2・タウ蛋白質*3の異常蓄積が神経変性につながる病理変化として知られて います。AD 脳の老人斑*2に集まるミクログリアは、Aβ の除去や神経炎症* 4に寄与し、AD の病 態進行に関与することが示唆されています。近年、ミクログリアは加齢や神経変性疾患において 共通した活性化状態(Disease-associated microglia: DAM)を認め、認知症の病態における役割 について注目されていますが、神経変性の程度とミクログリアの反応性が相関するかはわかっていません。

小膠細胞
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%86%A0%E7%B4%B0%E8%83%9E

小膠細胞(しょうこうさいぼう、英: Microglia)またはそのまま英語でミクログリアは、脳脊髄中に存在するグリア細胞の一種。中枢神経系における細胞の約 5%から20%を占めている[1]。Hortega細胞とも呼ばれる。他のグリア細胞は外胚葉由来であるのに対し、ミクログリアは中胚葉由来であり、造血幹細胞から分化する。
マクロファージ様の神経食現象を有し、神経組織が炎症や変性などの傷害を受けるとミクログリアが活性化し、病変の修復に関与する。Fc受容体・補体受容体・MHCの発現、IL-1の分泌を行い、中枢神経系の免疫細胞としての役割を有する可能性が示唆されている。
神経炎症[編集]
ミクログリアの活性化は炎症性サイトカインを放出し細胞傷害を惹起する。それは脳内の炎症であり、神経変性や中枢神経系の炎症応答を引き起こす[19]。重症の慢性疲労症候群(CFS)では、脳内ミクログリアの活性化による神経炎症が起こっていた[2]。神経因性疼痛の病態としてミクログリアの活性化が引き起こされる。

抑制化[編集]
ミクログリアはカンナビノイド1受容体(CB1R)とカンナビノイド2受容体(CB2R)を発現し[22]、CB2Rの刺激はミクログリアの活性化を抑制させる[23]。

タウ・タンパク質とアルツハイマー病

https://www.abcam.co.jp/neuroscience/tau-in-alzheimers-disease-1

アルツハイマー病患者の脳では、異常にリン酸化された神経軸策内のタウ・タンパク質が樹状突起スパインへ転移し、神経変性が引き起こされています。

機能
タウ・タンパク質(Tau protein)は中枢神経系および末梢神経系の神経細胞(ニューロン)やグリア細胞に発現しているタンパク質で、微小管結合タンパク質(Microtubule-associated protein; MAP)の一種として発見され、微小管の重合や安定化を調節しています2,3。また微小管以外にもさまざまなタンパク質と結合しており、生後の脳の成熟、軸策輸送およびそのシグナル伝達の調節、熱ストレスに対する細胞応答、成体での神経発生など、脳神経系で起こるさまざまな現象に関わっています。このタウ・タンパク質の異常は、アルツハイマー病などの神経変性疾患の原因となると考えられています1,4。


お知らせ

カンナビノイド受容体2(CB2)の受容体を活性化するβ-カリオフィレン含精油

メリッサ(ブルガリア)3ml・精油(バイオレットボトル充填)
https://phytoaroma.ocnk.net/product/563

イランイラン・コンプリート10ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/538

フランキンセンス(インド)CO2 5ml・精油(バイオレットボトル充填)
https://phytoaroma.ocnk.net/product/600

クローブ10ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/507

ブラックペパー5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/65

|

November 05, 2021

カンナビノイドシステムの調節:アルツハイマー型認知症治療の新たな視点PUBMEDより

Modulation of the Cannabinoid System: A New Perspective for the Treatment of the Alzheimer's Disease

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29962346/

カンナビノイドシステムの調節:アルツハイマー型認知症治療の新たな視点PUBMEDより

Abstract

要旨

The pathogenesis of Alzheimer's disease (AD) is somewhat complex and has yet to be fully understood. As the effectiveness of the therapy currently available for AD has proved to be limited, the need for new drugs has become increasingly urgent. The modulation of the endogenous cannabinoid system (ECBS) is one of the potential therapeutic approaches that is attracting a growing amount of interest. The ECBS consists of endogenous compounds and receptors.

アルツハイマー病(AD)の病因はやや複合的で、まだ完全には解明されていない。現在、アルツハイマー型認知症の治療に使用されている薬の効果は限定的であることがわかっており、新薬の必要性がますます高まっている。内因性カンナビノイドシステム(ECBS)の調節は、可能性のある治療法の一つとして注目されています。ECBSは、内因性化合物と受容体から構成されています。

endogenous cannabinoid system (ECBS):内因性カンナビノイドシステム

The receptors CB1 and CB2 have already been well characterized: CB1 receptors, which are abundant in the brain, particularly in the hippocampus, basal ganglia and cerebellum, regulate memory function and cognition. It has been suggested that the activation of CB1 receptors reduces intracellular Ca concentrations, inhibits glutamate release and enhances neurotrophin expression and
neurogenesis.
カンナビノイド受容体1(CB1)およびカンナビノイド受容体2(CB2)の受容体はすでによく特徴付けられている:CB1受容体は、脳、特に海馬、大脳基底核、小脳に多く存在し、記憶機能や認知を司っている。CB1受容体の活性化は、細胞内のCa濃度を低下させ、グルタミン酸の放出を抑制し、ニューロトロフィン(神経栄養因子)の発現や神経新生を促進することが示唆されている。

basal ganglia :大脳基底核管
cerebellum  : 小脳
intracellular Ca concentrations: 細胞内Ca濃度,
neurotrophin :ニューロトロフィン(神経栄養因子の一群)

CB2 receptors are expressed, though to a lesser extent, in the central nervous system, particularly in the microglia and immune system cells involved in the release of cytokines.CB2 receptors have been shown to be upregulated in neuritic plaque-associated microglia in the hippocampus and entorhinal cortex of patients, which suggests that these receptors play a role in the inflammatory pathology of AD.

カンナビノイド受容体2(CB2)受容体は、中枢神経系、特にサイトカインの放出に関与するミクログリアや免疫系細胞に、程度は低いものの発現している。CB2受容体は、患者の海馬や嗅内皮質の老人性プラークに関連するミクログリア(小膠細胞)で発現量が増加していることが示されていて、そことは、これらの受容体がアルツハイマー病(AD)の炎症性病理学において役割を果たしていることを示唆している。

Microglia:ミクログリアまたは小膠細胞(しょうこうさいぼう)・脳脊髄中に存在するグリア細胞の一種。
neuritic plaques:老人性プラークまたは神経突起斑
entorhinal cortex  嗅内皮質

The role of the ECBS in AD is supported by cellular and animal models. By contrast, few clinical studies designed to investigate therapies aimed at reducing behaviour disturbances, especially night-time agitation, eating behaviour and aggressiveness, have yielded positive results. In this review, we will describe how the manipulation of the ECBS offers a potential approach to the treatment of AD.

アルツハイマー病(AD)における内因性カンナビノイドシステムECBSの役割は、細胞および動物モデルによって支持されています。対照的に、行動障害、特に夜間の焦燥性興奮、食行動、攻撃性を減らすことを目的とした治療法を調査するために設計された臨床試験はほとんど肯定的な結果をもたらしています。本レビューでは、ECBSの操作がADの治療に対する潜在的なアプローチをどのように提供するかを説明する。

behaviour disturbances 行動障害
agitation焦燥性興奮

Keywords: Alzheimer's disease; CB1 receptors; CB2 receptors; dementia; endocannabinoid system; new therapeutic approach.

キーワード アルツハイマー病、CB1受容体、CB2受容体、認知症、エンドカンナビノイドシステム、新しい治療法.のアプローチ
.
お知らせ

カンナビノイド受容体2(CB2)の受容体を活性化するβ-カリオフィレン含精油

メリッサ(ブルガリア)3ml・精油(バイオレットボトル充填)

https://phytoaroma.ocnk.net/product/563

イランイラン・コンプリート10ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/538

フランキンセンス(インド)CO2 5ml・精油(バイオレットボトル充填)
https://phytoaroma.ocnk.net/product/600

クローブ10ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/507

ブラックペパー5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/65

|

October 27, 2021

植物の自然免疫におけるプロテアーゼの欠かせない役割PUBMEDより

Indispensable Role of Proteases in Plant Innate Immunity https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5855851/

植物の自然免疫におけるプロテアーゼの欠かせない役割

Plant defense is achieved mainly through the induction of microbe-associated molecular patterns (MAMP)-triggered immunity (MTI), effector-triggered immunity (ETI), systemic acquired resistance (SAR),induced systemic resistance (ISR), and RNA silencing. Plant immunity is a highly complex phenomenon with its own unique features that have emerged as a result of the arms race between plants and pathogens.

植物の防御は、主に微生物関連分子パターン(MAMP)誘導免疫(MTI)、エフェクタ誘発免疫(ETI)、全身獲得抵抗性(SAR)、誘導全身抵抗(ISR)、およびRNAサイレンシングの誘導によって達成される。植物免疫は、植物と病原体の間の軍拡競争の結果として出現した独自の特徴を持つ非常に複雑な現象です。

microbe-associated molecular patterns (MAMP)-病原微生物関連分子パターン
triggered immunity (MTI), 誘導免疫(MTI)
effector-triggered immunity (ETI),エフェクター誘導免疫(ETI)
systemic acquired resistance (SAR) 全身獲得抵抗性(SAR)
induced systemic resistance (ISR) 全身誘導抵抗性(ISR)
RNA silencing RNA サイレンシング

However, the regulation of these processes is the same for all living organisms, including plants, and is controlled by proteases. Different families of plant proteases are involved in every type of immunity: some of the proteases that are covered in this review participate in MTI, affecting stomatal closure and callose deposition. A large number of proteases act in the apoplast, contributing to ETI by managing extracellular defense.

しかし、これらのプロセスの制御は、植物を含むすべての生物に共通しており、プロテアーゼによって制御されている。植物のプロテアーゼは、さまざまな種類の免疫に関与している。この総説で取り上げたプロテアーゼのいくつかは、微生物関連分子パターン誘導性免疫(MTI)に関与し、気孔閉鎖やカロースの沈着に影響を与える。また、多くのプロテアーゼがアポプラストで作用し、細胞外防御を管理することでエフェクター誘導免疫(ETI)に貢献している。

stomatal closure 気孔閉鎖
callose deposition カロース沈着
apoplastアポプラスト(植物体内において細胞膜より内側を除いた、水溶液(アポプラスト液)で満たされた空間の総体である。)
MAMP-triggered immunity:MTI:微生物関連分子パターン誘導性免疫
MAMP :Microbe-associated molecular pattern微生物関連分子パターン

A vast majority of the endogenous proteases discussed in this review are associated with the programmed cell death (PCD) of the infected cells and exhibit caspase-like activities. The synthesis of signal molecules, such as salicylic acid, jasmonic acid, and ethylene, and their signaling pathways, are regulated by endogenous proteases that affect the induction of pathogenesis-related genes and SAR or ISR establishment. A number of proteases are associated with herbivore defense.

この総説で取り上げた内因性プロテアーゼの大部分は、感染細胞のプログラム細胞死(PCD)に関連しており、カスパーゼ様活性を示す。サリチル酸、ジャスモン酸、エチレンなどのシグナル分子の合成やそれらのシグナル伝達経路は、感染特異的タンパク質の誘導や全身獲得抵抗性(SAR)または全身誘導抵抗性(ISR)の確立に影響を与える内因性プロテアーゼによって制御される。多くのプロテアーゼが捕食者の防御に関連している。

endogenous proteases 内在性プロテアーゼ
programmed cell death (PCD) プログラム細胞死
caspase-like activities カスパーゼ様活性
pathogenesis-related genes感染特異的タンパク質(植物が病原体に感染した際に、植物体内で生成されるタンパク質の総称[1]。PRタンパク質ともいう。)

In this review, we summarize the data concerning identified plant endogenous proteases, their effect on plant-pathogen interactions, their subcellular localization, and their functional properties, if available, and we attribute a role in the different types and stages of innate immunity for each of the proteases covered.

この総説では、同定された植物の内因性プロテアーゼに関するデータ、植物と病原体の相互作用への影響、細胞内での局在、機能的特性(可能であれば)をまとめ、自然免疫の様々な種類と段階における役割を、取り上げたプロテアーゼごとに説明している。

Keywords: plant proteases, plant immunity, MTI, ETI, SAR, ISR, RNA silencing

キーワード:植物のプロテアーゼ、植物免疫、誘導免疫(MTI)、エフェクター誘導免疫(ETI)、全身誘導抵抗性(ISR)、RNA サイレンシング

用語

植物の自然免疫研究の最前線植物免疫の活性化機構と病原菌の感染戦略

https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=1322

植物は,微生物の種類を識別する能力をもち,病原菌に対しては感染を阻止するための防御反応を誘導し,共生菌に対しては,菌の侵入を受け入れるための共生反応を誘導する.このような微生物の識別は,植物の細胞表面あるいは細胞内に存在する受容体を介して行われる.植物の病原菌認識受容体の構造や働きは,動物の自然免疫で働く受容体と酷似していることから,病原菌に対する植物の防御応答は,植物免疫と呼ばれている.一方,病原菌は,エフェクターと総称される分子を獲得し,その働きにより植物の免疫反応を阻止し,感染を成立させている.そこで,ここでは植物免疫の誘導機構と,エフェクターによる病原菌の感染戦略に関して,最近の知見を紹介する.

Key words:?植物; 免疫; 受容体; 病原; エフェクター

デンジャーシグナル認識にもとづく植物の免疫制
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjphytopath/81/4/81_322/_pdf

はじめに

植物は,いわゆる抗原抗体反応に代表される獲得免疫や 全身をパトロールする免疫に専門化した細胞を持たない. その代わりに,個々の細胞が生来のゲノム上にコードされ た一群の免疫センサーに依存して防御応答を誘導する自然 免疫のみに依拠している.植物の免疫システムは,互いに 関連・依存し合う二つのクラスの免疫センサーが病原体の 侵入・感染を認識して防御応答を誘導する二段構えの仕組 みになっている(Chisholm et al., 2006; Jones and Dangl, 2006). 自然免疫は動物の免疫システムにおいても重要な役割を 担っており,植物免疫に関する研究は,動植物を問わず自 然免疫の普遍的な枠組みや制御原理を理解する上で大きく 貢献してきている(Ronald and Beutler, 2010). 植物が微生物を認識して最初に誘導する防御応答はパ ターン誘導性免疫(Pattern-triggered immunity: PTI)と呼ば れる.細胞表面のパターン認識受容体(PRR)と呼ばれる 免疫センサーで,微生物に特有の分子(Microbe-associated molecul ar patterns: MAMPs)や植物細胞の破砕成分など内 生のダメージ・デンジャーシグナル因子(Damage/Dangerassociated molecular patterns: DAMPs)を察知することで誘 導される.PTI は,植物がその種に適応していない病原菌 種に対してあらゆる系統の感染を防いで全く宿主とならな い抵抗性(非宿主抵抗性)や,適応型の病原体に対して感 染や病徴を最小限に食い止めて被害の拡大を防ぐ抵抗性(基 礎抵抗性)において中心的な役割を果たしている.しかし, 宿主に適応した病原体は,エフェクターと総称される,一 連の感染促進因子(タンパク質や毒素)を宿主細胞内に注 入して PTI を阻害することで感染を成立させる.これに対 して,特定のエフェクター(非病原性因子)に対応する抵 抗性遺伝子を有する宿主では,エフェクターの認識に基づ き激しい防御応答が誘導されて強く病原体の感染を抑制する。

|

October 25, 2021

コロナウイルス病の治療のためのエピガロカテキンガレートEGCG、緑茶ポリフェノールの治療可能性PUBMEDより

Therapeutic Potential of EGCG, a Green Tea Polyphenol, for Treatment of Coronavirus Diseases

コロナウイルス病の治療のためのエピガロカテキンガレートEGCG、緑茶ポリフェノールの治療可能性PUBMEDより

EGCG・Epigallocatechin gallate:エピガロカテキンガレート

Life (Basel) 2021 Mar 4;11(3):197.

Abstract

要旨

Epigallocatechin gallate (EGCG) is a major catechin found in green tea, and there is mounting evidence that EGCG is potentially useful for the treatment of coronavirus diseases, including coronavirus disease 2019 (COVID-19).

エピガロカテキンガレート(EGCG)は、緑茶に含まれる主要なカテキンであり、新型コロナウイルス感染症2019(COVID-19)を含むコロナウイルス疾患の治療にEGCGが潜在的に有用であるという証拠が増えている。

Coronaviruses encode polyproteins that are cleaved by 3CL protease (the main protease) for maturation. Therefore, 3CL protease is regarded as the main target of antivirals against coronaviruses. EGCG is a major constituent of brewed green tea, and several studies have reported that EGCG inhibits the enzymatic activity of the coronavirus 3CL protease. Moreover, EGCG has been reported to regulate other potential targets, such as RNA-dependent RNA polymerase and the viral spike protein.

コロナウイルスはポリタンパク質をコード化しており、3CLプロテアーゼ(メインプロテアーゼ)によって切断されて成熟します。そのため、3CLプロテアーゼは、コロナウイルスに対する抗ウイルス剤の主要な標的とされています。EGCGは、淹れたてのお茶の主要成分であり、コロナウイルスの3CLプロテアーゼの酵素活性を阻害することがいくつかの研究で報告されている。さらに、EGCGは、RNA依存性RNAポリメラーゼやウイルスのスパイクタンパク質など、他の潜在的な標的を制御することも報告されている。

3CL protease:3CLプロテアーゼ
コロナウイルスのタンパク質分解酵素(メインプロテアーゼ、別名3CLプロテアーゼ)
RNA-dependent RNA polymerase  RNA依存性RNAポリメラーゼ

Finally, recent studies have demonstrated that EGCG treatment interferes with the replication of coronavirus. In addition, the bioavailability of EGCG and future research prospects are discussed.

最後に、最近の研究では、EGCG治療がコロナウイルスの複製を妨げることが実証されています。また、EGCGのバイオアベイラビリティと今後の研究の見通しについても議論する。

Keywords: COVID-19; EGCG; SARS-CoV-2; coronavirus; green tea

キーワード:コロナウイルス感染症(COVID-19)、エピガロカテキンガレート(EGCG)

用語

カテキンのいろは
https://www.catechin-society.com/iroha.html

カテキンは、主にお茶に含まれるポリフェノールの一種で、お茶に特有の苦渋味成分のもととなる物質です。ポリフェノールはほとんどの植物に含まれる色素や苦渋味の成分で、ゴマのセサミン、タマネギのケルセチン、ウコンのクルクミン、ブルーベリーのアントシアニンなども同じ仲間です。抗酸化作用を持っている赤ワインやココアなどと同様、その機能性や健康効果が期待されています。

カテキンは、ポリフェノールの中のフラボノイド、その中でもフラバノールという種類に入ります。緑茶中には、(-)エピカテキン、(-)エピガロカテキン、(-)エピカテキンガレート、(-)エピガロカテキンガレートなどの約4種類のカテキンが含まれています。その中でも(-)エピガロカテキンガレートが一番多く、含まれるカテキンの50〜60%を占めています。(-)エピガロカテキンガレートは、カテキンの中でも抗酸化作用をはじめとし、広範な生理活性を持っています。
(-)エピガロカテキン、(-)エピカテキンガレート、(-)エピガロカテキンガレートの3種類は、お茶に特徴的なカテキンですが、(-)エピカテキンは、お茶以外にリンゴ、ブラックベリー、ソラマメ、サクランボ、ブドウ、ナシ、キイチゴ、チョコレートなどのポリフェノールにも含まれています。また、ソラマメ、ブドウ、アンズ、イチゴなどのポリフェノールには(+)カテキンという種類のカテキンが含まれています。

RNA依存性RNAポリメラーゼ
https://ja.wikipedia.org/wiki/RNA%E4%BE%9D%E5%AD%98%E6%80%A7RNA%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BC

RNA依存性RNAポリメラーゼ (英語:RNA-dependent RNA polymerase,RdRp・RDR)、 またはRNA複製酵素[注 1]とはRNAを鋳型にRNAを複製を合成する酵素である。RNAを鋳型とする点で、DNAを鋳型としてRNAの転写を行う典型的なRNAポリメラーゼ(DNA依存性RNAポリメラーゼ)と対照的である。
RNA依存性RNAポリメラーゼ (RdRp) はRNAのゲノムを保有し、かつ増殖ステップにDNAが関わらないウイルスにおいて必須のタンパク質である[3][4]

ポリタンパク質のことを調べていたときに見つけました。

SARSウイルスの巧みな戦略―プロテアーゼの特殊な基質認識―
https://www.amed.go.jp/news/release_20161122.html

SARSコロナウイルスはヒトの細胞に感染すると、自己複製のために必要なさまざまなタンパク質を合成します。その中には2種類の巨大なポリタンパク質があり、それぞれ1本のポリペプチド鎖(アミノ酸がペプチド結合でつながったもの)の中に複数のさまざまな酵素類を含んでいます。それら酵素の一つ、プロテアーゼ[2]はペプチド結合(-NH-CO-)の切断を通じて、さまざまなタンパク質のN末端[3]やC末端[3]を正しく形成する重要な働きをしています。この反応に関わる主要な3CLプロテアーゼはポリタンパク質の一部のため、自己の持つ酵素活性により切り出されて成熟型(活性型)となります。この作用を「自己プロセシング」と呼びます。自己プロセシングを機能させるために、3CLプロテアーゼは基質のポリタンパク質の中で自己のN末端側とC末端側の切断点付近のアミノ酸配列を厳密に認識しています。これまでの研究から、3CLプロテアーゼの基質認識メカニズムは全ての基質に対して同じであり、N末端側の切断部位の解析結果で、全てのメカニズムが説明できると考えられていました。

グリーンティー精油を紹介します。

グリーンティー(緑茶)Abs3ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/322

グリーンティー5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/589

|

October 21, 2021

断食6日:塗油の期待

先日、お客様とお話したときに断食をしたあとに塗油して栄養を吸収するのだと話しました。その時にどこに出ていたかを連絡しますとお伝えしたがそのままになっていしまった。改めて断食と塗油の関係を調べてみたときに見つけた記事です。塗油するために断食をすることが解りました。新しいことをやるためには断食が必要だとわかりました。断捨離と似ていますね。

スパイクナード精油を販売にあたり精油のことを調べていたらキリストの足に塗油した精油だと知りました。香油を塗布することの意義は何であるのかに興味を覚えました。それからいろんなことを調べてまだ興味をもっています。Christの意味が(塗油された人)であることを知りました。

断食6日:塗油の期待

Fasting Day 6: Expecting Anointing, Part Two

https://www.shadesofgrace.org/2011/01/18/fasting-day-6-expecting-anointing-part-2/

断食6日:塗油の期待

“The LORD is my shepherd, I lack nothing… You anoint my head with oil; my cup overflows.”
Psalm 23:1,5

主は私の羊飼いです。私には欠けているものはない・・
私の頭に油をそそいでくださいます。
私の杯は、あふれています。
詩篇 23:1,5

As I stated in Part One of this post, fasting prepares us for new anointing?for new things, new growth and expansion through the Holy Spirit. Anointing means to rub, pour or sprinkle on an oil; to consecrate or make sacred; to dedicate to the service of God.

この記事の第1部で述べたように、断食は、聖霊を通して新しい事、新しい塗油、新たな成長および展開に対する新塗油のための私たちの備えです。塗油は、油をこすったり、注いだり、振りかけることを意味します。清たり、神聖にすること。神の奉仕に専念すること。

The Bible speaks of three occasions of anointing.
聖書は、3つの塗油の事について語っています。

1.An anointing of respect or hospitality. A person was anointed to signify respect and hospitality. This was also a way to welcome guests into a home. (Mk 14:8; 16:1; Luke 7:46)

1.尊敬やおもてなしの塗油。人は尊敬とおもてなしを表すために塗油された。
これはまた、家にゲストを歓迎する方法でした。(Mk 14:8; 16:1;ルカ 7:46)

2.An anointing for service, for priests (Ex. 28:41), prophets (1 Ki. 19:16) and Kings (1 Sam. 10:1).

祭司(28:41)、預言者(1キ19:16)、王(1サム10:1)に対しての奉仕のための塗油

3.An anointing for medicinal purposes (I Sam. 1:6; Lk. 10:34; Jas. 5:14 & Rev. 3:18).

薬用のための塗油(I Sam. 1:6;Lk. 10:34;ジャス5:14&レヴ3:18)。

As you are fasting, shedding the old wineskin and preparing for new anointing, I believe you can expect the Spirit of God to:

あなたが断食し、新たな塗油のために古いワイン用皮袋を変えて準備しているので、私はあなたが神の霊を期待できると信じています:

The Spirit of the god 神の霊

Bring healing where it is needed

必要なところに癒しがもたらされる

The Anointed One

塗油された人

Jesus Christ, “the anointed one,” is the summation of all three types of anointing referenced above.

イエス・キリストは,「塗油された人」であり,上記で参照された3種類の塗油をすべて合わせ持っています。

Scripture speaks of how “God anointed Jesus of Nazareth with the Holy Spirit and power, and how he went around doing good and healing all who were under the power of the devil, because God was with him” (Acts 10:38).

聖書は、「神は、聖霊と力でナザレのイエスに塗油をされて、神はイエスといたために悪魔の力の下にいたすべての人々に良いことをして癒しまわったことを語っています。(使徒10:38)。

holy spirit 聖霊

Jesus said, “The Spirit of the Lord is on me, because he has anointed me to proclaim good news to the poor. He has sent me to proclaim freedom for the prisoners and recovery of sight for the blind, to set the oppressed free, to proclaim the year of the Lord’s favor” (Luke 4:18-19).

イエスは言いました、「主の御霊は私の上にあります。なぜならば、貧しい人々に福音を宣言するため私に塗油したのです。主は私を遣わされて、囚人のための自由、盲人のための視力回復、主の恩寵の年を宣言された。(ルカ 4:18-19).

Lord’s favor” 主の恩寵

The Spirit of the Lord 主の御霊

good news 福音  良き知らせの事を福音と呼ぶそうです。


Notice that “anointing” includes:
spiritual power
healing
freedom for prisoners
release for the oppressed
sight where it has not existed before
proclaiming the Lord’s favor

「塗油」には次のものが含まれていることに注意してください。
霊的な力
治癒
囚人のための自由
抑圧された人々のための解放
以前には存在しなかった光景
主の好意を宣言する

考えたこと

翻訳にあたり調べていたときに見つけたのは下記の記事です。塗油は霊肉の強壮に効能ありとことに興味を持ちました。調べてみると霊肉一致の言葉に出会い、意味は、霊魂も肉体も、ともに大切であるとするキリスト教の思想であることを知った。これ読んで思い出したのは日本ホリスティック医学協会の考え方で人間の「からだ」とは、肉体・精神・心・霊魂の総体であり、すなわち人間そのものを指します。キャリアオイルと精油をブレンドした芳香油を使用するアロマセラピーマッサージは霊性の強壮に役に立つのではないかと思いました。尚、聖油oleum(油) sanctum(神聖な)で、オリーブ油の学名はOlea(油性の) europaea(ヨーロッパの)です。

オリーブ由の主成分オレイン酸は学名のOlea(油性の)の由来です。リモネンはCitrus limonからです。植物の学名と化学成分名とは関係があります。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「聖油」の解説

https://kotobank.jp/word/%E8%81%96%E6%B2%B9-86547

聖油せいゆ
oleum sanctum

キリスト教会で,祭式のために用いる祝別された純粋のオリーブ油。塗油は古来病気の治療,予防,霊肉の強壮に効能あり,恩恵分与の表徴とみなされた。カトリック教会では次の3種を区別する。 (1) 病者用聖油 病者の塗油の秘跡などに用いる。 (2) 洗礼志願者用聖油 洗礼に先立ち志願者に塗る。司祭叙階,祭壇祝別にも用いる。 (3) 聖香油 芳香油 (バルサム) を加えたもので,sacrum chrismaと呼ばれ,洗礼用聖水の祝別,堅信などに用いる。聖香油は6世紀以来,皇帝や王の戴冠用にも用いられた。そのため彼らはある意味で聖職者階級に属するとみなされ,典礼上の特権を受け,彼らが教会行政に介入する口実ともなった。

精油のおしらせ。

スパイクナードOG5ml・精油(バイオレットボトル充填)
https://phytoaroma.ocnk.net/product/16

新発売精油

コーヒーCO25ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/436

ヘナリーフ5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/364

|

October 18, 2021

COVID-19パンデミックに対する中医薬"達原飲"の揮発性成分の重要な役割

下記の文献を翻訳しているときに、調べていてもDayuan-Yinの漢字名が解りませんでした。知り合いの小暮 晃子医師(外科認定医、漢方専門医、国際中医師)にお尋ねして教えてもらいました。Dayuan-Yinは達原飲であることが解りました。達原飲で調べたら、達原飲の内容(蒼朮、陳皮、厚朴、霍香、草果、麻黄、羌活、生姜、檳榔子)は寒湿阻肺症(寒と湿が結びついたことにより、肺機 能が低下)のための処方でした。今、訳している“武漢の新型コロナウイルス感染症COVID-19を寒・湿の観点から理解すること/臨床的証拠とメカニズム”よると新型コロナウイルス感染症は寒・湿の観点から考えると治療法が見つかるようです。体質が寒・湿にならないことが免疫を高めることにつながるのかと思います。寒は体を冷やさないことが大切なのかも知れない。自分の体質を知ることが大切だと思いました。漢方を知ることは大事なことだと思いました。

The Important Role of Volatile Components From a Traditional Chinese Medicine Dayuan-Yin Against the COVID-19 Pandemic

COVID-19パンデミックに対する中医薬"達原飲"の揮発性成分の重要な役割

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2020.583651/full

College of Pharmacy, Chengdu University of Traditional Chinese Medicine, Chengdu, China

成都中医薬大学薬学部、成都、中国

Aromatic Chinese herbs have been used to prevent plagues since ancient times. Traditional Chinese medicine has unique advantages in the prevention and treatment of epidemic diseases. According to the traditional Chinese medicine treatment plan in the National COVID-19 Diagnosis and Treatment Plan (Trial Seventh Edition) of the National Health Commission, Chinese patent medicines or prescriptions rich in aromatic Chinese herbs are selected for prevention and treatment during the period of medical observation, clinical treatment, and recovery of confirmed COVID-19 patients. Some local health committees or traditional Chinese medicine administrations recommend a variety of other ways of using traditional aromatic Chinese herbs to prevent and cure COVID-19. These involve external fumigation, use of moxibustion, and wearing of sachet. The efficacy of aromatic Chinese herbs plays a decisive role in the prevention and treatment of COVID-19.

芳香性漢方薬は、古代から疫病の予防に用いられてきました。中国伝統医学は、疫病の予防と治療において独自の利点を持っています。国家衛生委員会の「全国新型コロナウイルス感染症COVID-19診断治療計画(試行第7版)」の中で伝統中国医学の治療計画によると、COVID-19が確定した患者の医学的観察、臨床治療、回復の期間中の予防と治療のために、中国の売薬や芳香性漢方薬を多く含む処方が選択されている。地方の衛生委員会や中国伝統医学管理機関の中には、COVID-19の予防と治療のために伝統的芳香性漢方薬を使用する様々な他の方法を推奨しているところもある。これらの方法には、外部燻蒸、お灸の使用、匂い袋の着用などが含まれる。COVID-19の予防と治療には、芳香性漢方薬の効能が決定的な役割を果たします。

The unique properties, chemical composition, and mechanism of action of aromatic Chinese herbs are worthy of extensive and in-depth experimental and clinical research. The findings are expected to provide a reference for follow-up treatment of novel coronavirus and the development of corresponding drugs. In 2003, Dayuan-Yin produced excellent results in the treatment of the SARS virus. Individually, 112 confirmed cases were administered this drug between January and April 2003, and more than 93.7% of the patients showed noticeable mitigation of the symptoms, as well as recovery. Dayuan-Yin also was selected as one of the nationally recommended prescriptions for the COVID-19. Based on the national recommendation of Dayuan-Yin prescription, this review discusses the role of volatile components in the prevention and treatment of COVID-19, and speculates the possible mechanism of action, so as to provide a basis for the prevention and treatment of COVID-19.

芳香性漢方薬のユニークな特性、化学組成、作用機序は、広範かつ詳細な実験的・臨床的研究に値する。その成果は、新型コロナウイルスのフォローアップ治療や対応する医薬品の開発の参考になると期待されています。2003年、SARSウイルスの治療においては素晴らしい結果を出した。2003年1月から4月までの間に確認された112名の患者に投与したところ、93.7%以上の患者が症状の軽減と回復を示しました。また、「COVID-19」の全国推奨処方にも「達原飲」が選ばれました。本レビューでは、全国的に推奨されている達原飲Dayuan-Yin処方に基づいて、COVID-19の予防と治療における揮発性成分の役割を議論し、考えられる作用機序を推測し、COVID-19の予防と治療のための基礎を提供する。

Introduction

序論

When the new coronavirus infection broke out in Wuhan, China, in December 2019, WHO announced that it was PHEIC, which is named “COVID-19” (Wu et al., 2020). By mid-August 2020, more than 21,815,000 patients had been diagnosed with the disease worldwide, while 772,856 infected persons died. At present, the coronavirus has spread to 188 countries, with the US, Brazil, and India having a total of about 11,444,806 infected cases as of August 18, 2020 (Johns Hopkins University & Medicine, J.H.U, 2020). The situation is deteriorating every day, although the number of new cases in China has declined significantly since mid-March 2020. It is known that COVID-19 is harmful to different organs of the human body. Many governments have launched a joint prevention and control plan to prevent the spread of the COVID-19 pandemic.

2019年12月に中国の武漢で新型コロナウイルス感染症が発生した際、WHOは「新型コロナウイルス感染症COVID-19」と命名された「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」PHEICであると発表した(Wu et al.2020)。2020年8月中旬までに、全世界で21,815,000人以上の患者が診断され、772,856人の感染者が死亡しました。現在、コロナウイルスは188カ国に広がっており、アメリカ、ブラジル、インドでは2020年8月18日時点で約11,444,806人の感染者が発生しています(Johns Hopkins University & Medicine, J.H.U, 2020)。中国では2020年3月中旬以降、新規感染者数が大幅に減少していますが、状況は日々悪化しています。COVID-19は人体のさまざまな臓器に有害であることが知られています。多くの政府がCOVID-19のパンデミックの拡大を防ぐために、共同で予防・制御計画を立ち上げています。

PHEIC: Public Health Emergency of International Concern):国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態

Despite extensive and global scientific efforts, there is little drug has had a significant clinical effect on COVID-19 (Cao B. et al., 2020). Interestingly, Traditional Chinese medicine (TCM) plays an important role in the prevention, treatment, and rehabilitation of COVID-19 (Ren et al., 2020). According to the latest data from the State Administration of traditional Chinese medicine, Dayuan-Yin, a cocktail of aromatic Chinese herbs, has a significant therapeutic effect on COVID-19 (Ruan et al., 2020). In 2003, Dayuan-Yin produced excellent results in the treatment of the SARS virus.

大規模かつ世界的な科学的努力にもかかわらず、COVID-19に対して有意な臨床効果を発揮した薬剤はほとんどありません(Cao B. et al., 2020)。興味深いことに、中国伝統医学(TCM)はCOVID-19の予防、治療、リハビリに重要な役割を果たしています(Ren et al.
国家中医薬管理局の最新データによると、芳香性漢方薬のカクテルであるDayuan-Yinには、COVID-19に対する有意な治療効果があるとされています(Ruan et al.、2020)。2003年、Dayuan-YinはSARSウイルスの治療に優れた結果をもたらしました。

State Administration of Traditional Chinese Medicine :国家中医薬管理局

A total of 112 confirmed cases were individually administered Dayuan-Yin between January and April 2003,with more than 93.7% of the patients showing noticeable reduction in symptoms, as well as recovery (Li H. et al., 2020).As a result of this excellent therapeutic outcome, the TCM treatment plan in the National COVID-19 Diagnosis and Treatment Plan (Trial Seventh Edition) of the National Health Commission issued by the People’s Republic of China, has recommended Dayuan-Yin for normal COVID-19 patients (General Office of the National., Health Commission of the people’s Republic of China. et al., 2020). It has been used clinically in improving symptoms of lung condition for a long time, with the results showing that the prescription shortened the course of the disease by reducing the clinical symptoms and improving prognosis of patients.

2003年1月から4月の間に、確認された症例合計112名の患者には達原飲が個別に投与され、93.7%以上の患者が顕著な症状の軽減と回復を示しました(Li H. et al., 2020)。この優れた治療成果を受けて、中華人民共和国が発行した国家衛生委員会の「全国COVID-19診断治療計画(試行7版)」の中医学治療計画では、正常なCOVID-19患者に達原飲を推奨しています(中華人民共和国衛生委員会国家総室.他、2020年)。肺疾患の症状改善に臨床的に長期間使用されており、処方によって臨床症状が軽減され、患者の予後が改善されることで病気の経過が短縮されるという結果が得られています。

Thus, it is worthy of clinical application (Ruan et al., 2020; Wang W. et al., 2020). At present, the TCM has adopted Dayuan-Yin for the treatment of COVID-19, and it has achieved good curative effect (Wang B. et al., 2020; Li D. et al., 2020). The bioactive components of Dayuan-Yin remain unknown. This is probably due to the fact that the TCM decoction has nine herbal components derived from several prescriptions in a classic TCM fashion. The complex constituents of Dayuan-Yin make it hard to carry out a detailed study on its bioactive components in a short time.

したがって、臨床応用に値する。(Ruan et al., 2020; Wang W. et al., 2020)現在、中国伝統医学TCMは、COVID-19の治療に達原飲を採用しており、良好な治癒効果を達成している。(Wang B. et al., 2020; Li D. et al., 2020).達原飲の生理活性成分は不明のままである。
これはおそらく、中国伝統医学TCMの煎じ薬は古典的TCMの方法で幾つかの処方箋から由来する9つの薬草成分を有しているという事実によるものです。達原飲の複合体成分は短時間でその生理活性成分に関する詳細な研究を行うことは困難である。

Decoction:煎じ薬
complex component 複合体成分

These are Atractylodes lancea (Thunb.) DC., Citrus × aurantium L., Magnolia officinalis Rehder & E.H.Wilson, Pogostemon cablin (Blanco) Benth., Lanxangia tsao-ko (Crevost & Lemari?) M.F.Newman & Skornick., Ephedra sinica Stapf, Hansenia weberbaueriana (Fedde ex H.Wolff) Pimenov & Kljuykov, Zingiber officinale Roscoe, and Areca catechu L. in Dayuan-Yin.These plants are present in Dayuan-Yin in the ratio of 15: 10: 10: 10: 6: 6: 10: 10: 10. (General Office of the National., Health Commission of the people’s Republic of China. et al., 2020) (Figure 1). Eight of them are aromatic Chinese herbs.

これらは、達原飲のソウジュツ(蒼朮)、チンピ(陳皮)、コウボク(厚朴)、カッコウ(霍香)・パチョリ、ソウカ(草果)、マオウ(麻黄)、キョウカツ(羌活)、ショウガ(生姜)、ビンロウジ(檳榔子)です。これらの植物は、達原飲に15:10:10:10:6:6:10:10の割合で含有されています。(中華人民共和国衛生委員会国家総局、他、2020年)(図1)。そのうち8種類が芳香性漢方薬です。

Atractylodes lancea (Thunb.) DC:ソウジュツ(蒼朮)キク科 根茎
Citrus × aurantium L   チンピ(陳皮) ミカン科 果皮
Magnolia officinalis Rehder & E.H.Wilson, コウボク(厚朴)、モクレン科、樹皮
Pogostemon cablin パチョリ シソ科 全草
漢方ではパチョリの全草を乾燥させたものを霍香(カッコウ)と呼び霍香正気散などの漢方薬に用いる
Lanxangia tsao-ko  ソウカ(草果)ショウガ科 乾燥果実
ソウカの成熟果実を乾燥したものがカルダモン類生薬「草果」である
Ephedra sinica Stapf マオウ(麻黄)マオウ科 地上部の茎
Hansenia weberbaueriana キョウカツ(羌活)
Zingiber officinale Roscoe ショウガ(生姜)ショウガ科 根茎
Areca catechu L.  ビンロウジ(檳榔子) ヤシ科 種子

Air pollution is a major environmental problem affecting global respiratory health (Guan et al., 2016). Moreover, aromatic Chinese herbs can be used for air disinfection (Sun and Liang, 2015). It is one of the reasons why aromatic Chinese medicine have been successfully used as key TCM for prevention of epidemics since ancient times (Luo et al., 2020). Volatile components are the main active components of aromatic Chinese herbs (Chen and Wang, 1994). It is supposed that the volatile components which are essential active ingredients in Dayuan-Yin may play a vital role in treating COVID-19 patients.

大気汚染は、世界の呼吸器系の健康に影響を与える主要な環境問題です(Guan et al.、2016)。さらに、芳香性漢方薬は空気殺菌に使用することができます(Sun and Liang, 2015)。これは、芳香性漢方薬が古来より疫病予防のための重要なTCMとして成功してきた理由の1つです(Luo et al. 揮発性成分は、芳香性漢方薬の主な活性成分である(Chen and Wang, 1994)。Dayuan-Yinに含まれる必須の有効成分である揮発性成分は、COVID-19患者の治療に重要な役割を果たしていると考えられます。


関連サイト

小暮 晃子先生のサイトです
ようこそ!漢方吉祥へ
https://www.kampokissho.jp/
『漢方ファン・漢方サポーターを増やしたい!』

日本には、日本伝統医学である漢方(Kampo)があります。Kampo Kissho(漢方 吉祥)では、現代に合わせて発展を続ける漢方医学の現状や考え方を正しくお伝えしていきます。

関連文献

達原飲と解り、調べていたら下記のサイトを見つけ

緊急寄稿 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の役割(渡辺賢治ほか)

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14426

読んでみてリファレンスの“COVID-19 感染症に対する漢方治療の考え方”が気になり
調べたら達原飲の処方と同じものを見つけた。

https://www.kansensho.or.jp/uploads/files/news/gakkai/covid19_kanpou_0319.pdf

エキス剤の場合

(2)寒湿阻肺症(寒と湿が結びついたことにより、肺機 能が低下)

臨床症状:微熱、身熱不揚(つよい熱感があるが体表 部には甚だしい熱がない)或いは熱はない、空咳、痰 が少ない、倦怠感、胸が苦しい、胃の膨満感と不快感、 或いは吐き気がする、下痢便。舌質は淡紅、舌苔は白 または白膩、脈は濡。

推奨処方:蒼朮 15g、陳皮 10g、厚朴 10g、?香 10g、 草果 6g、生麻黄 6g、羌活 10g、生姜 10g、檳榔 10g。

精油のお知らせ

蒼朮(ソウジュツ)5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/296

陳皮5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/413

厚朴(コウボク)5ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/607

パチュリー10ml・精油
https://phytoaroma.ocnk.net/product/113

ジンジャーCO2有機5ml・精油(バイオレットボトル充填)
https://phytoaroma.ocnk.net/product/571

|

«フランスの生産者達は、EUのラベル表示計画がラベンダー畑を破壊するかもしれないと語る。