April 04, 2024

パワーアニマルとスピリットヘルパー

パワーアニマルとスピリットヘルパー

Power Animals and Spirit Helpers

https://www.roelcrabbe.com/power-animals-and-spirit-helpers/

Spirit Guides, Power Animals, and Spirit Helpers: Allies of the Shaman

スピリットガイド、パワーアニマル、スピリットヘルパー: シャーマンの朋友

The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes.

本当の発見の航海とは、新しい風景を求めることではなく、新しい目を持つことにある

Marcel Proust

Marcel Proust マルセルル・プルースト

フランスの小説家。20世紀フランス文学を代表する作家の1人で、19世紀のバルザックに比すべき存在

Shamanic traditions are based on an Animistic view on the world: the perception that everything is alive and has a soul. Not only animals, but the stones, wind, and trees are alive and animated. The shaman is one who talks with nature, to help live a balanced life that honors the deep interconnectedness that is the foundation of the planet.

シャーマニズムの伝統は、アニミズムの世界観、つまり、すべてのものは生きていて、魂を持っているという認識に基づいています。動物だけでなく、石や風や木々も生き生きとしています。シャーマンは、地球の基盤である深い相互関係を尊重するバランスの取れた生活を送るために、自然と対話する人です。

Apart from a deep connection to nature and the elements, the shaman also has a living relationship with the forces of the dream world and the 3 shamanic worlds that he or she enters through the trance journey. These forces are usually called the “spirits.”

自然や自然との深いつながりとは別に、シャーマンは、催眠(トランス)状態の旅を通して入る夢の世界や3つのシャーマニズムの世界のパワーと生きた関係を持っています。これらのパワーは通常「スピリット・精霊」と呼ばれます。

3 shamanic worlds:3つのシャーマニズムの世界

Upper World=天上界Middle World =中層界 Lower World=地下界

神道:高天原、葦原中国、根の国・黄泉の国

This living, powerful soul dimension of existence is the field in which the shaman operates. They listen with the ears of the heart to the dimensions of the soul and learn to work together with these unseen forces.

この生きた、力強い魂の存在の次元は、シャーマンが活動する分野である。彼らは心の耳で魂の次元に耳を傾け、これらの目に見えないパワーと一緒にワークすることを学びます。

The core component of shamanism is this spiritual communication that makes it possible for the shaman to work together with the spirit helpers to gain power, guidance and bring healing to the community. The shamanic journey, shamanic healing, and rituals are all founded upon the personal relationship of the shaman with the spirit world.It is this cooperation between people and the reality of the “helping spirits” that define shamanism.

シャーマニズムの核となる要素は、シャーマンがスピリットヘルパーと協力してパワーと導きを獲得し、コミュニティに癒しをもたらすことを可能にするこのスピリチュアルなコミュニケーションです。シャーマンの旅、シャーマニズムの癒し、儀式はすべて、シャーマンとスピリットの世界との個人的な関係に基づいています。この人々の協力と「ヘルピング・スピリット」の現実こそが、シャーマニズムを特徴づけるのです。

When the shamanic practitioner, through their work, begins to tune into shamanic reality, also called Non-Ordinary Reality (NOR), they become increasingly aware of this reality of the soul. The openness leads them to a personal and direct experience of this soul dimension in which they can experience the presence of the spiritual beings who offer guidance.

シャーマニズムの実践者が、そのワークを通して、非日常的な現実(NOR)とも呼ばれるシャーマニズムの現実に同調し始めると、彼らはますますこの魂の現実に気づくようになります。開放性は、彼らをこの魂の次元の個人的で直接的な経験に導き、そこで彼らはガイダンスを提供するスピリチュアルな存在の存在を体験することができます。

Non-Ordinary Reality (NOR) 非日常的な現実

The helping spirits are essential within shamanic work and it is often said: ‘No spirits, no shaman’. All traditions recognize spiritual forces that play a helping role and support people. We have the forces of nature that are honored worldwide, but also Christianity and the other major religions speak of angels and other unseen beings who communicate with people.

ヘルピング・スピリットはシャーマニズムのワークに不可欠であり、しばしば「スピリットもシャーマンもいない」と言われます。すべての伝統は、人々を助ける役割を果たし、人々を支えるスピリチュアルなパワーを認めています。私たちには世界中で尊敬されている自然のパワーがありますが、キリスト教やその他の主要な宗教も、天使や人々とコミュニケーションをとる他の目に見えない存在について語っています。

Spirit Helper

スピリットヘルパー

The term spirit helpers, very generally describes the beings that the shaman cooperates with.They can present themselves to the shaman in any form imaginable. As ancestral beings in human or other form, power-animals, nature beings, but also more formless beings as the wind or ‘light beings’. In essence, spirits do not have a form, but communicate with the shaman through these forms. The essence is not so much in the outer form but in the relationship with the practitioner.

スピリットヘルパーという用語は、ごく一般的にシャーマンが協力する存在を表す。彼らは、想像しうるあらゆる形でシャーマンの前に姿を現すことができる。人間や他の姿をした祖先の存在、パワーアニマル、自然の存在、また風や「光の存在」のような形のない存在などである。本質的には、スピリットは形を持っていないが、これらの形を通してシャーマンとコミュニケーションをとる。本質は外側の形ではなく、実践者との関係にある。

Spirit helpers can help the shaman in many ways, as guides, teachers or healers. The shamanicpractitioner has a long-term relationship with some, but sometimes a spirit helper only comes once to offer guidance or support. They guide through the landscape of the 3 shamanic worlds and often also have the function of counselor or teacher.

スピリットヘルパーは、ガイド、ティーチャー 、またはヒーラーとして、多くの方法でシャーマンを助けることができます。シャーマニズムの実践者は、ある人たちと長期的な関係を持っていますが、時には、スピリットへルパーが一度だけ、指導や支援を申し出に来ることもあります。彼らは3つのシャーマニズム世界の風景を案内し、しばしばカウンセラーやティーチャー の機能も持っています。

For example, someone who works with shamanic healing will usually have healing teachers in the other worlds who support and guide him on the path of healing.

例えば、シャーマニック・ヒーリングに働きかける人は、通常、他の世界にヒーリングのティーチャー がいて、ヒーリングの道を歩む彼をサポートし、導いてくれます。

Power Animals & Ancestral spirits

パワーアニマルおよび先祖のスピリット

Power Animal

パワーアニマル

Power animals are non-physical entities that show themselves to the shaman or Western practitioner during the shamanic trance. Certainly, in the shamanic journey to the Lower world, power animals usually occupy a central place as a guide for the shamanic journeyer, but they are also active in the middle and upper world. The relationship with a power animal is always one of support and guidance for the shaman.

パワーアニマルは、シャーマンのトランス状態にあるシャーマンや西洋の施術者に姿を現す非物質的な存在です。確かに、地下界へのシャーマニズムの旅では、パワーアニマルは通常、シャーマニズムの旅人のガイドとして中心的な場所を占めていますが、中層界や天上世界でも活躍しています。パワーアニマルとの関係は、常にシャーマンを支え、導くものです。

Every power animal has its qualities. For example, Bear will have a different role in shamanic work compared to Snake or Squirrel. But two different practitioners with the same power animal can also have their own and different contact with this power animal. After all, it is always the relationship between the practitioner and the power animal that determines the bond and cooperation between them. This bond is always direct, personal, and unique.

すべてのパワーアニマルにはその資質があります。例えば、クマは蛇やリスとはシャーマニズムのワークで異なる役割を担います。しかし、同じパワーアニマルを持つ2人の異なる実践者が、このパワーアニマルと異なる接触を持つこともあります。結局のところ、彼らの間の絆と協力を決定するのは、常に施術者とパワーアニマルの関係です。この絆は、常に直接的で、個人的で、ユニークです。

The connection with animals as protectors and guides is inherently part of human history. Think of the endless myths in which animals guide and help the hero, or come to teach. Many traditions worldwide see animals as wise teachers with whom we have a strong bond in spirit.

保護者やガイドとしての動物とのつながりは、本質的に人類の歴史の一部です。動物が主人公を導き、助けたり、教えに来たりするという果てしない神話を考えてみてください。世界中の多くの伝統では、動物は私たちがスピリチュアル的に強い絆で結ばれている賢明なティーチャー と見なされています。

Depending on different traditions, and the landscape in which shamanic cultures live, the shaman will work with the spirits of the land, the elements or power animals.

さまざまな伝統や、シャーマン文化が住む風景によって、シャーマンは土地のスピリットやエレメント、パワーアニマルと協働する。

Many traditions also have a stong relationship with Ancestral helpers and teachers. This can be ancestors from the bloodline, the shamanic lineage, or ancestors in general. Depending on the tradition, ancestral beings can also be the elements, nature spirits, animals or the formless.

また、多くの伝統は、先祖代々のヘルパーやティーチャー と強い関係を築いています。これは、血統の祖先、シャーマンの血統、または一般的な祖先である可能性があります。伝統によっては、先祖代々の存在は、エレメント、自然のスピリット・精霊、動物、または形のないものにもなり得ます。

They can work with the shaman, or, in some traditions, work through the shaman’s body. But whatever form the helping spirits may take on, they are the helpers for the shaman, bringing guidance, healing, teachings, and power to the community.

彼らはシャーマンに働きかけることもできるし、ある伝統ではシャーマンの体を通してワークすることもある。しかし、ヘルパースピリットがどのような形をとるにせよ、彼らはシャーマンの助け手であり、共同体に導き、癒し、教え、そして パワーをもたらします。

When we start reconnecting with our spirithelpers, we get access to direct empowerment, guidance and healing. For most people, this reconnection feels like a deep homecoming to a soul-filled reality that is so powerful, and yet deeply familiar.

スピリットヘルパーとのつながりを取り戻すと、直接的なエンパワーメント、ガイダンス、ヒーリングにアクセスできるようになります。ほとんどの人にとって、この再接続は、とてもパワフルでありながら深く馴染みのある、魂に満ちた現実への深い帰郷のように感じられます。

I believe that these times we are living in, are an invitation to step back into that power.

私たちが生きているこの時代は、そのパワーに再び足を踏み入れるための招待状だと思います。

| | Comments (0)

April 03, 2024

極性とセクシュアリティの原理・ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(7)

December 21, 2013にヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(1-4)をブログに紹介しました。それから時が経ちましたがやっと7に到達しました。
関連ブログに1〜6のリファレンスを紹介しています。

Cosmic LAWS - GOD's Orderより
http://www.puramaryam.de/lawhermes.html

宇宙の法則―神の指令

The seven Cosmic Laws of Hermes Trismegistos = Thot
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(7)

(Hermetic Laws)
ヘルメスの法則

7. The Principle of Polarity and Sexuality

極性とセクシュアリティの原理

Everything has a pair of poles. Everything has a pair of contrasting aspects. Like and unlike are the same.

すべてのものには一対の極がある。すべてのものには一対の対照的な側面がある。似ているものと似ていないものは同じである。

Contrasts are the same by their nature. GOD'S TRUTH IS ONE. 」

対照的なものは、それは本質的に同じである。神の真理は一つである。

Only in the low-vibrating worlds, like in the 3. dimension, the aspects have different signs marking them as "contrasts", and thus have different vibrational frequencies. The human brain is three-dimensionally oriented; for that reason the ONE-NESS or SAME-NESS appears PARADOX to the polaric mind. But each PARADOXON should be brought together - in the middle - , only this way we can approach TRUTH. Or else our truths are only half truths. We cannot understand TRUTH - only grasp it with the HEART!

3次元のような低波動の世界においてのみ、アスペクトは「対照的」であることを示す異なる符号を持ち、したがって異なる波動数を持つ。人間の脳は3次元に向いている。そのため、極性的な心には、「ワンネス」または「セイムネス」がパラドックスに見える。しかし、それぞれのパラドックス(逆説)は、真ん中に集められなければならない。そうでなければ、私たちの真実は半分の真実にすぎない。私たちは真実を理解することはできない!

In the 3rd dimension we should learn to recognize the ONE-NESS OF ALL - by LEARNING UNCONDITIONAL LOVE ans LIVING this LOVE = THAT is our GOAL IN LIVE-on-Earth! When we are living in UNCONDITIONAL LOVE, we are living in NON-POLARITY.

3次元の世界では、私たちは無条件の愛を学び、この愛を生きることによって、「すべてのものはひとつである」ということを認識することを学ぶべきです!私たちが無条件の愛に生きているとき、私たちは無極性に生きているのです。


Do not judge or evaluate others. Do not raise yourself above others. Accept the other opinion. Everyone is right. Everything is justified. Everything is well.

他人を裁いたり評価したりしないこと。他者より自分を高めてはならない。他の意見を受け入れなさい。誰もが正しい。すべては正当である。すべては正しい。

Sexuality is in everything. Both sexual aspects is ONENESS at the same time.

セクシュアリティはすべての中にある。両方の性的側面は同時にワンネスである。

Sexuality manifests itself in everything. Everything has male and female elements. Everything is male and female in ONE. Sexuality strives for ONE-NESS. But actually sexuality IS ONE-NESS or UNITY, as you can see with TAO. The NON-POLARIC UNITY consists of the male and the female aspect. you also cannot divide SEA and WAVES - both is ONE - and ONE is not without the other.

セクシュアリティはすべてのものの中に現れている。すべてのものには男性と女性の要素がある。すべては男性であり、女性である。セクシュアリティはワンネスを目指す。しかし実際には、タオ(道)を見ればわかるように、セクシュアリティはワンネス、すなわちユニティ(ひとつ)なのだ。また、海と波を分けることもできない。

You yourself are male and female at the same time. Live your male and your female aspect equally. Be balanced - be in your middle - BE ONE.

あなた自身は男性であり、同時に女性でもある。男性としての側面と女性としての側面を同等に生きなさい。バランスを保つこと、自分の真ん中にいること、ひとつであること

関連ブログ

December 21, 2013
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(1-4)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2013/12/71-4-71c9.html

1. The Principle of SPIRIT ( MIND)  スピリット(心)の原理
2. The Principle of Cause and Effect = KARMA 原因と結果=カルマの原理
3. The Principle of Correspondence or Analogy 照応または類似の原理
4. The Principle of Resonance or Attraction 共鳴または引き寄せの法則

April 26, 2016
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(5)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/04/75-942a.html

5. The Principle of Harmony and Balance 調和とバランスの法則

May 10, 2016
ヘルメス・トリスメギス・トートの7つの宇宙の法則(6)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2016/05/76-ee44.html

6. The Principle of Rhythm or Vibration リズムまたは波動の原則

| | Comments (0)

April 02, 2024

性行為に関連した体液中のSARS-CoV-2のウイルス排出・シェディング

シェディングについて興味をもち、調べた文献を紹介します。

インフルエンザウイルスのライフサイクル

ウイルス→侵入(Entry)→複製(Replication)→潜伏(Latency)

→排出・シェディング(Shedding)→ウイルス粒子が環境中に放出→二次感染

ウイルスの排出とは、感染した宿主からウイルス粒子が環境中に放出され、他の人にウイルスを感染させる可能性があることを指します。

Viral shedding of SARS-CoV-2 in body fluids associated with sexual activity: a systematic review and meta-analysis

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38387982/#:~:text=Results%3A%20The%20combined%20proportion%20of,%25)%20in%20faeces%2Frectal%20swabs.

性行為に関連した体液中のSARS-CoV-2のウイルス排出:系統的レビューとメタ解析

Abstract

要旨

Objective To identify and summarise the evidence on the severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) RNA detection and persistence in body fluids associated with sexual activity (saliva, semen, vaginal secretion, urine and faeces/rectal secretion).

目的 性行為に関連した体液(唾液、精液、膣分泌液、尿、糞便/直腸分泌液)における重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)RNAの検出および持続性に関するエビデンスを特定し、要約すること。

Eligibility All studies that reported detection of SARS-CoV-2 in saliva, semen, vaginal secretion, urine and faeces/rectal swabs.

対象:唾液、精液、膣分泌液、尿、糞便/直腸のぬぐい液におけるSARS-CoV-2の検出を報告したすべての研究。

English:swab
綿棒、ぬぐい液、ふき取り。綿棒状の検体採取キットをいう場合もある。

Information sources The WHO COVID-19 database from inception to 20 April 2022.

情報源 WHO COVID-19データベースの開始時から2022年4月20日まで。

Risk of bias assessment The National Institutes of Health tools.

バイアスリスク評価 米国国立衛生研究所(National Institutes of Health)のツール。

Synthesis of results The proportion of patients with positive results for SARS-CoV-2 and the proportion of patients with a viral duration/persistence of at least 14 days in each fluid was calculated using fixed or random effects models.

結果の統合 SARS-CoV-2陽性の患者の割合、および各液におけるウイルス持続期間/持続性が14日以上の患者の割合を、固定効果モデルまたはランダム効果モデルを用いて算出した。

Included studies A total of 182 studies with 10 023 participants.

組み入れられた研究 合計182の研究、10,023人の参加者。

Results The combined proportion of individuals with detection of SARS-CoV-2 was 82.6% (95% CI: 68.8% to 91.0%) in saliva, 1.6% (95% CI: 0.9% to 2.6%) in semen, 2.7% (95% CI: 1.8% to 4.0%) in vaginal secretion, 3.8% (95% CI: 1.9% to 7.6%) in urine and 31.8% (95% CI: 26.4% to 37.7%) in faeces/rectal swabs. The maximum viral persistence for faeces/rectal secretions was 210 days, followed by semen 121 days, saliva 112 days, urine 77 days and vaginal secretions 13 days. Culturable SARS-CoV-2 was positive for saliva and faeces.

結果 SARS-CoV-2が検出された患者の割合は、唾液で82.6%(95%CI:68.8%〜91.0%)、精液で1.6%(95%CI:0.9%〜2.6%)、膣分泌液で2.7%(95%CI:1.8%〜4.0%)、尿で3.8%(95%CI:1.9%〜7.6%)、糞便/直腸スワブで31.8%(95%CI:26.4%〜37.7%)であった。糞便/直腸分泌液の最大ウイルス残存期間は210日、次いで精液121日、唾液112日、尿77日、膣分泌液13日であった。培養可能なSARS-CoV-2は唾液と糞便で陽性であった。

Limitations Scarcity of longitudinal studies with follow-up until negative results.

限界 陰性になるまで追跡調査した縦断的研究は少ない。

Interpretation SARS-CoV-2 RNA was detected in all fluids associated with sexual activity but was rare in semen and vaginal secretions. Ongoing droplet precautions and awareness of the potential risk of contact with faecal matter/rectal mucosa are needed.

解釈 SARS-CoV-2 RNAは性行為に関連するすべての体液から検出されたが、精液と膣分泌液ではまれであった。継続的な飛沫予防策と、糞便/直腸粘膜との接触の潜在的リスクに対する認識が必要である。

用語

ウイルス排出(viral shedding)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%8E%92%E5%87%BA#:~:text=%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%8E%92%E5%87%BA%20(%E8%8B%B1%3A%20viral%20shedding,%E9%9B%A2%E3%82%8C%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82

インフルエンザウイルスのライフサイクル。
侵入→複製→潜伏→排出

ウイルス排出 (英: viral shedding)は、宿主細胞の感染中に複製が成功した後のウイルス子孫の圧出と放出のことである。複製が完了し、宿主細胞がウイルスの子孫を作るためのすべての資源を使い果たすと、ウイルスはいくつかの方法で細胞から離れ始めることがある[1]。

この用語は、単一の細胞からの脱落、体のある部分から体の別の部分への排出[2]、およびウイルスが他の体に感染する可能性のある環境への体からの排出を指すために使用される[3]。

ウイルス性疾患のある人は、ウイルスを排出していると感染性をもつ。したがって、感染者が時間の経過とともにウイルスを放出する速度は非常に重要である

この状況での伝染性は最大15日間続く可能性があることから、ウイルス性疾患が局所的な人口の多くに感染した場合には、ウイルスの拡散を防ぐために適切な検疫予防措置をとる必要がある。

関連文献

*ワクチン接種後の体臭の変化Science daily yより

Body odor changes following vaccination
https://www.sciencedaily.com/releases/2014/04/140402211946.htm

Date:  April 2, 2014

Source: Monell Chemical Senses Center

出典:米国 モネル化学感覚センター

Summary:概要

New research reveals that immunization can trigger a distinct change in body odor. This is the first demonstration of a bodily odor change due to immune activation. "This work provides further evidence that it is possible to use odors to 'eavesdrop' on the immune system, suggesting that non-invasive disease detection may be possible even before the onset of observable symptoms," one of the researchers said.

新たな研究により、予防接種によって体臭が明らかに変化することが明らかになった。これは、免疫活性化による体臭の変化を初めて実証したものである。この研究は、匂いを使って免疫システムを "傍受 "することが可能であるというさらなる証拠を提供するものであり、観察可能な症状が現れる前であっても、非侵襲的な病気の検出が可能であることを示唆しています」と研究者の一人は述べている。

| | Comments (0)

March 24, 2024

第4回お話とメディスンカードの感想と第5回のお知らせ

参加者さんの感想をお知らせします。

A さん

先日も素敵な会をありがとうございました。

2回目の参加でしたが、歩くWikipediaである先生のお話はどれも面白く、宗教の話からミネラル、脳、解剖学的要素までくるくる変わっていくのに最終的には世界の本質に着地したときには鳥肌ものでした。

ちょうど私も今ミトコンドリアについて調べていたのでそのあたりのシンクロにも感動でした。

メディスンカードは、今回はヘビでしたが、しっかり前回から繋がっていたことに驚き、継続参加を誓った瞬間でした。

お後のお茶会にも参加できたのでより有意義な時間となり、素晴らしい土曜日の午後となりました(仕事サボって良かった笑)

常日頃から先人の叡智に頭がさがる思いで仕事をしていますが、お話会に参加するとよりその思いが強くなり励みにもなります。

私は英語が全然できないので小島先生が和訳してくれて要点を教えてくれるのは本当にありがたいです、今後ともよろしくお願いします。

また楽しみにしております。

Bさん

前回に引き続き参加させていたものです。

ちょうどこちらの講習会の日の午前中は

有機野菜の畑の学校初日でした。

そして午後にこちらにお邪魔させていただいたのですが

メディスンカードを引くと、亀の図柄で、マザーアース「大地と繋がると自信がもてるようになるというメッセージを頂いたのでとても嬉しくなってしまいました。

本当に楽しくて有意義な時間を有難うございました。

Cさん

色んなヒントを頂けたと思います。

印象に残っているお話は、ミネラルと身体の関係などで、健康を保つには、野菜や果物、海藻などミネラルを沢山含む食品を意識的に摂ることが大切だなとその理由が理解できました。
頭痛にはマグネシウムを取ればよいなど具体的に教えて頂き、とても良かったです。

ワクチンの話も興味深かったです。

メディスンカードはまさにそうだなという印象のカードでした。

興味深い話が沢山でしたが、トータル的なテーマが見えなかったので、何か伝えたいテーマが定まっているとわかりやすいなと感じました。

この度は、貴重なお話をありがとうございました!


第5回お話とメディスンカードの会をお知らせします。

日 時 : 2024年4月6日(土)10:30〜12:30
受付:   10時15分

場 所 :かながわ県民センター 602号室
     〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目24
JR・私鉄「横浜駅」西口・北西口を出て、徒歩およそ5分

地図
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/cnt/f5681/access.html

話者:フィトアロマ研究所 小島 秀元 語り部 アロマコージ ヒデマロ

お問い合わせ・申し込みは下記のフィトアロマ研究所ウエッブ よりお願いします。
https://phytoaroma.ocnk.net/

今後の予定
5月11日(土)、6月15日(土)

いつもありがとうございます。

| | Comments (0)

March 09, 2024

COVID-19ワクチンメッセンジャーRNAの経胎盤感染:ワクチン接種後の胎盤、母体、および臍帯血分析による証拠

COVID-19ワクチンメッセンジャーRNAの経胎盤感染:ワクチン接種後の胎盤、母体、および臍帯血分析による証拠

Transplacental transmission of the COVID-19 vaccine messenger RNA: evidence from placental, maternal, and cord blood analyses postvaccination

https://www.ajog.org/article/S0002-9378(24)00063-2/pdf?fbclid=IwAR2rU8x1wsSfPVR7ZDrKezh71w_4LzLtxDnB-mEMsW4PQVA1ajuZGq4G3uA

Transplacental transmission 経胎盤感染 (胎盤を介して病原体が胎児に感染)
Placental 胎盤(子宮内にあって、胎児と臍帯(さいたい)?によってつながり、母体との物質交換を仲介する海綿状・盤状の器官。胎児の娩出(べんしゅつ)?のあと脱落する。)

cord blood 臍帯血(お母さんと赤ちゃんを結ぶへその緒を「さい帯」と言い、そのさい帯と胎盤の中に含まれる血液を「さい帯血」と言います。)

CONCLUSION: Our findings suggest that the vaccine mRNA is not localized to the injection site and can spread systemically to the placenta and umbilical cord blood. The detection of the spike protein in the placental tissue indicates the bioactivity of the vaccine mRNA that reach the placenta. Notably, the vaccine mRNA was largely fragmented in the umbilical cord blood and, to a lesser extent, in the placenta. These 2 cases demonstrate the ability of the COVID-19 vaccine mRNA to penetrate the fetal-placental barrier and to reach the intrauterine environment

結論:我々の知見は、ワクチンmRNAは注射部位に局在せず、胎盤および臍帯血に全身的に転移する可能性があることを示唆している。胎盤組織におけるスパイクタンパク質の検出は、胎盤に到達したワクチンmRNAの生物活性を示す。特筆すべきことに、ワクチンmRNAは臍帯血中ではほとんど断片化されており、胎盤中ではより少ない程度であった。これらの2症例は、COVID-19ワクチンmRNAが胎児-胎盤関門を通過し、子宮内環境に到達する能力を示している。

American Journal of Obstetrics & Gynecology MONTH 2024
米国産婦人科学会(ACOG)

関連文献
*胎盤関門における薬物透過
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dmpk1986/15/4/15_4_403/_pdf/-char/ja#:~:text=%E8%83%8E%E7%9B%A4%E3%81%AF%E6%AF%8D%E4%BD%93%20%E3%81%A8%E8%83%8E%E5%85%90,%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%EF%BC%8E

胎盤関門における薬物透過 宇都ロ 直 樹 Naoki UTOGUCHI 胎盤 は母体 と胎児 を隔ててお り,母体一胎児間の栄養 輸送,ガス交換 ,ホルモン産生な ど様 々な機能 を有 して い る.母体血 と胎 児血 は混 じり合 うことな く,胎盤は母 体一 胎児間の物質透過 の関門 として機能 してお り,これ は胎盤関門 と呼ばれている.この胎盤関門機能 は トロホブラストが担 っていると考えられている.薬物の胎児毒性 や催奇性の点か ら,胎盤関門におけ る 薬物移行の研究は重要 である.

*胎盤はウイルス感染に特化した防御機構を持つことが明らかに 〜胎児の胎内ウイルス感染のメカニズム解明に向けて期待〜
https://www.ncchd.go.jp/press/2023/0419.html

プレスリリースのポイント

本研究では、ヒト胎盤にはウイルス防御に重要な自然免疫系受容体である二本鎖RNA受容体が発現しており、他の自然免疫系受容体の発現は認められないことを初めて見出しました。

また二本鎖RNAにより、胎盤の細胞では抗ウイルス作用を持つサイトカインであるインターフェロン(IFN)が産生され、また細胞死が誘導されることを明らかにしました。
こうしたIFN産生は血球細胞などでも認められますが、細胞死※3は胎盤に特徴的です。

以上の結果は、胎盤がウイルスに特化した防御機構を持っていることを示唆しています。


*哺乳類の胎盤形成にはウイルスが関与しており、その遺伝子は順次置き換わることができる

https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2015/20151005-1.html

発表者
今川 和彦(東京大学大学院農学生命科学研究科 実験動物資源科学・附属牧場 教授)

発表のポイント

◆哺乳類のゲノムには、過去に感染した内在性レトロウイルス遺伝子の断片が多く存在している(全ゲノムの8%)。それらの内在性レトロウイルス遺伝子は哺乳類の胎盤獲得に働いているだけではなく、機能性の高いウイルス遺伝子と順次置き換わることができる。

◆哺乳類は胎盤・栄養膜細胞の細胞融合を促進させるために内在性レトロウイルスの機能を活用していること、さらに、もっと良い機能を持つ内在性レトロウイルスが入り込んだ場合、それを積極的に活用している。進化途上で同じ機能を別の新しいウイルス遺伝子が担うことから機能をバトンタッチするという「Baton pass仮説」を提唱した。

◆胎盤形成を含む妊娠の成立には内在性レトロウイルス遺伝子の機能が必須であるから、胎盤形成と胎盤機能の解析には、いままでの機能遺伝子の評価だけではなく、内在性レトロウイルス遺伝子発現とその機能を評価する必要がある

| | Comments (0)

March 05, 2024

ミトコンドリアとウイルス感染: 進歩と新たな前線(自然免疫の要ミトコンドリア)

コロナウイルス感染予防においてワクチン接種が提唱されているが宿主であるヒトの免力アップに関しての報道は少ない。コロナウイルスはコウモリと共生していたのがヒトに感染したと言われています。ヒトゲノムには過去に感染したレトロウイルスに由来する内在性レトロウイルス(HERV)が9%存在していると読んだことがあります。これがウイルスに感染したときに働くと言われています。今回の記事でウイルス感染防御の要ははミトコンドリアが元気であるかによって決まってくるみたいです。現代はウイルスや菌を目の敵にして薬剤で攻撃することしか考えていないです。ウイルスや菌も殺されたくないので変化していきます。抗生物質が効かなくなっています。宿主である人が感染しても発症しない体を作るためのワクチン研究にお金を沢山投入するのでなくウイルスに負けない人作りにお金を投入しよう。

Mitochondria and Viral Infection: Advances and Emerging Battlefronts

ミトコンドリアとウイルス感染: 進歩と新たな前線

https://journals.asm.org/doi/10.1128/mbio.02096-21

ABSTRACT

要旨

Mitochondria are dynamic organelles vital for energy production with now appreciated roles in immune defense. During microbial infection, mitochondria serve as signaling hubs to induce immune responses to counteract invading pathogens like viruses. Mitochondrial functions are central to a variety of antiviral responses including apoptosis and type I interferon signaling (IFN-I). While apoptosis and IFN-I mediated by mitochondrial antiviral signaling (MAVS) are well-established defenses, new dimensions of mitochondrial biology are emerging as battlefronts during viral infection.

ミトコンドリアはエネルギー生産に不可欠なダイナミックな細胞小器官であり、現在では免疫防御における役割も高く評価されている。微生物感染の際、ミトコンドリアはウイルスのような侵入病原体に対抗するための免疫応答を誘導するシグナル伝達ハブとして機能する。ミトコンドリアの機能は、アポトーシス(プログラム細胞死)やI型インターフェロンシグナル(IFN-I)を含む様々な抗ウイルス応答の中心的役割を担っている。ミトコンドリア抗ウイルスシグナル(MAVS)を介したアポトーシスとIFN-Iは確立された防御であるが、ミトコンドリア生物学の新たな次元がウイルス感染時の前線として発現しつつある。

organelles 細胞小器官
細胞小器官(さいぼうしょうきかん、英: organelle)とは、細胞の内部で特に分化した形態や機能を持つ構造の総称である。ウイキペディアより

type I interferon I型インターフェロン
ウイルスやバクテリアの感染により細胞が一過的に産生するサイトカイン.IFN-α,β,ωが含まれる.抗ウイルス作用,細胞増殖抑制作用をはじめとする多面的な生物作用をもたらす.実験医学増刊 Vol.28 No.12より

mitochondrial antiviral signaling (MAVS):ミトコンドリア抗ウイルスシグナルを調べていたときにMAVSは下記の別称であった。

IPS-1
IPS-1(アイピーエスワン)とはミトコンドリア外膜上の膜蛋白質であり、細胞質内でウイルス由来のRNAを認識するRIG-IやMDA5分子からシグナルを受け取り、抗ウイルス作用を示すI型インターフェロンの産生を促す、ヒトの自然免疫系で働く分子。別称として、MAVS(マブス), Cardif(カーディフ),Visa(ビザ)がある。ウイキペディアより

Increasingly, it has become apparent that mitochondria serve as reservoirs for distinct cues that trigger immune responses and that alterations in mitochondrial morphology may also tip infection outcomes. Furthermore, new data are foreshadowing pivotal roles for classic, homeostatic facets of this organelle as host-virus interfaces, namely, the tricarboxylic acid (TCA) cycle and electron transport chain (ETC) complexes like respiratory supercomplexes. Underscoring the importance of “housekeeping” mitochondrial activities in viral infection is the growing list of viral-encoded inhibitors including mimics derived from cellular genes that antagonize these functions.

ますます、ミトコンドリアが免疫反応を引き起こす明確な手がかりの貯蔵庫として機能し、ミトコンドリアの形態が変化することで感染の結果も左右される可能性があることが明らかになりつつある。さらに、新しいデータは、宿主とウイルスのインターフェイス(接点)
として、この細胞小器官の古典的で恒常的な側面、すなわち、トリカルボン酸(TCA)回路や、呼吸超複雑体のような電子輸送鎖(ETC)複合体が極めて重要な役割を果たすことを予感させている。ウイルス感染における "ハウスキーピング "ミトコンドリア活性の重要性を強調しているのは、これらの機能に拮抗する細胞遺伝子由来の模倣体を含む、ウイルスにコードされた阻害剤のリストの増加である。

distinct cues ;明確な手がかり

トリカルボン酸(TCA)回路
ミトコンドリア内の代謝経路。ATP生成過程。生物体内で、有機物が燃焼して二酸化炭素と水になる代謝回路。

respiratory supercomplexes 呼吸超複合体

electron transport chain (ETC) 電子伝達系

housekeeping genes ハウスキーピング遺伝子
In molecular biology, housekeeping genes are typically constitutive genes that are required for the maintenance of basic cellular function, and are expressed in all cells of an organism under normal and patho-physiological conditions.[1][2][3][4] Wikipedia

分子生物学では、ハウスキーピング遺伝子は通常、基本的な細胞機能の維持に必要な構成遺伝子であり、正常および病態生理学的条件下で生物のすべての細胞で発現します。ウイキペディアより」

For example, virologs for ETC factors and several enzymes from the TCA cycle have been recently identified in DNA virus genomes and serve to pinpoint new vulnerabilities during infection. Here, we highlight recent advances for known antiviral functions associated with mitochondria as well as where the next battlegrounds may be based on viral effectors. Collectively, new methodology and mechanistic insights over the coming years will strengthen our understanding of how an ancient molecular truce continues to defend cells against viruses.

例えば、電子伝達系ETC因子やトリカルボン酸(TCA)回路のいくつかの酵素のウイルス学が最近DNAウイルスゲノムで同定され、感染時の新たな脆弱性を突き止めるのに役立っている。ここでは、ミトコンドリアに関連する既知の抗ウイルス機能に関する最近の進歩に焦点を当てるとともに、ウイルスエフェクターに基づく次の戦いの場がどこにあるかも紹介する。今後数年間の新たな方法論とメカニズムに関する洞察を総合すると、古代の分子的休戦協定がいかにしてウイルスから細胞を守り続けているかについての理解が深まるであろう。

*生化学では、エフェクター分子(英: effector molecule)とは、タンパク質に選択的に結合してその生理活性を制御する小分子である。このように、エフェクター分子は、酵素活性、遺伝子発現、細胞シグナル伝達等を増減させるリガンドとして働く。エフェクター分子はまた、一部のmRNA分子(リボスイッチ)を直接制御することもできる

用語
ミトコンドリア外膜上でのウイルス免疫制御機構

https://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/10/82-02-06.pdf

はじめに

真核細胞内では核をはじめ,ゴルジ体,小胞体,ミトコンドリア,リソソーム,ペルオキシソーム等の様々な細胞小器官(オルガネラ)が独自の機能を有し,それぞれに生体運営に関わっている.なかでもミトコンドリアは,細胞内におけるエネルギー工場とも呼ばれ,その特有の構造及び機能の両面から今日に至るまで研究対象となってきた.ミトコンドリアは,好気性細菌の一種,α-プロテオバクテリアが真核細胞の前身となる細胞に感染し,その後の進化の過程で共生する選択肢をとり,現在では細胞の生存に不可欠のオルガネラとして獲得されたものと考えられている(細胞内共生説).ミトコンドリア内に独自の DNA が存在し,他のオルガネラとは異なる二重膜構造になっていることはその名残とも考えられている.ミトコンドリアの細胞内における主な生理的役割は,アデノシン三リン酸(ATP)の産生である.ところが,ミトコンドリアの役割は細胞内のエネルギー代謝にとどまらず,細胞死(アポトーシス),老化,神経変性疾患,発がん等の様々な現象とも密接に関連していることが知られるようになってきた。さらに近年の研究から,ウイルスに対する細胞内自然免疫応答とも関係していることが次第に明らかになってきた1)本稿では,細胞内における抗ウイルス自然免疫機構,特にミトコンドリア外膜上での負の制御機構に関して概説する.
1ウイルス自然免疫とミトコンドリア

ATP(アデノシン三リン酸)
https://nitta-monitoring.com/sanitary/atp/adenosine-triphosphate/

ATPとは、すべての植物、動物および微生物の細胞内に存在するエネルギー分子です。ATPは、細胞の増殖、筋肉の収縮、植物の光合成、菌類の呼吸および酵母菌の発酵などの代謝過程にエネルギーを供給するためにすべての生物が使用する化合物です。食物、細菌、かび、その他の微生物を含むすべての有機物(生物または生物の痕跡)にはATPが含まれています。

| | Comments (0)

January 15, 2024

リスクのある健常人における新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチンの安全性プロファイルと実際の既知の副作用Medical Newsより

The safety profile and the actual known adverse effects of COVID-19 vaccines in at-risk and healthy individuals

https://www.news-medical.net/news/20230207/The-safety-profile-and-the-actual-known-adverse-effects-of-COVID-19-vaccines-in-at-risk-and-healthy-individuals.aspx

リスクのある健常人における新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチンの安全性プロファイルと実際の既知の副作用 Medical Newsより

Tarun Sai Lomte
By Tarun Sai LomteFeb 7 2023
Reviewed by Danielle Ellis, B.Sc.

In a recent study published in Pathogens, researchers discussed the safety of coronavirus disease 2019 (COVID-19) vaccines in healthy people and patients with autoimmunity or cardiac issues.

「Pathogens・病原体」誌に掲載された最近の研究で、研究者らは健康な人と自己免疫や心臓に問題のある患者における新型コロナウイルス感染症2019(COVID-19)ワクチンの安全性について論じた。

Study: Safety of COVID-19 Vaccines in Patients with Autoimmune Diseases, in Patients with Cardiac Issues, and in the Healthy Population.

研究結果 :新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチンの自己免疫疾患患者、心臓疾患患者および健康母集団における安全性。

Background

背景

The COVID-19 pandemic has been a serious global public health challenge. Several vaccines against severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) have been developed worldwide. According to the World Health Organization, more than 300 vaccines are under various preclinical and clinical development phases. Importantly, vaccines cannot effectively inhibit transmission due to the high variability of the virus, impeding the herd immunity goal.

新型コロナウイルス感染症COVID-19のパンデミックは、世界的な公衆衛生上の重大な課題となっている。重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対するワクチンは世界中でいくつか開発されている。世界保健機関(WHO)によると、300以上のワクチンがさまざまな前臨床および臨床開発段階にある。重要なことは、ウイルスのばらつきが大きいため、ワクチンは新型コロナウイルスSARS-CoV-2の感染を効果的に抑制できず、集団免疫の目標を妨げていることである。

herd immunity 集団免疫

Moreover, there is evidence of reduced effectiveness against the Omicron variant, even after a fourth dose. Several individuals develop inflammatory cardiomyopathy, thrombosis, neurologic problems, and other rare conditions after COVID-19 vaccination. These events may increase with the administration of repeated vaccine boosters. As such, researchers in the present study reviewed the safety of COVID-19 vaccines, especially in people with autoimmunity and cardiac issues.

さらに、4回目の接種後でさえ、オミクロン変異株に対する有効性が低下した証拠がある。新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチン接種後に炎症性心筋症、血栓症、神経障害、その他のまれな症状を発症する人が何人かいる。これらの事象は、ワクチンブースターを繰り返し接種することによって増加する可能性がある。このようなことから、本研究の研究者らは、特に自己免疫と心臓の問題を有する人々における新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチンの安全性を検討した。

COVID-19 vaccination in autoimmune and healthy individuals

自己免疫患者と健常人における新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチン接種

Clinical evidence indicates an increase in autoimmunity symptoms following COVID-19 vaccination. A meta-analysis reported neurologic manifestations after the first SARS-CoV-2 vaccine dose in some patient subsets and also noted that more than half of these events occurred in individuals with a history of autoimmunity. mRNA and virus-vectored vaccines were reported to trigger multiple sclerosis (MS)-like episodes.

新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチン接種後に自己免疫症状が増加することを示す臨床的証拠がある。メタアナリシスでは、いくつかの患者サブセットで新型コロナウイルスSARS-CoV-2ワクチン初回接種後の神経学的症状が報告されており、また、これらの事象の半数以上が自己免疫の既往のある人で発生していることが指摘されている。mRNAワクチンやウイルスベクターワクチンは多発性硬化症(MS)様のエピソードを誘発することが報告されている。

multiple sclerosis (MS) :多発性硬化症(MS)

Another study reported adverse events after vaccination with Pfizer/AstraZeneca’s vaccine in MS patients from Germany and the United Kingdom (UK). One research team observed rheumatoid arthritis (RA) flares developing 12 hours after the second vaccine dose in a 55-year-old individual, while another team identified new-onset RA within four weeks of vaccination.

別の研究では、ドイツと英国の多発性硬化症(MS)患者において、ファイザー/アストラゼネカのワクチン接種後の有害事象が報告された。ある研究チームでは、55歳の患者において2回目のワクチン接種後12時間で関節リウマチ(RA)の再燃が観察され、別の研究チームではワクチン接種後4週間以内に関節リウマチ(RA)が新たに発症したことが確認された。

rheumatoid arthritis (RA):関節リウマチ(RA)

Myocarditis and pericarditis risk after COVID-19 infection or vaccination

新型コロナウイルスCOVID-19感染またはワクチン接種後の心筋炎および心膜炎リスク

An increase in myocarditis/pericarditis incidence was initially reported after the introduction of COVID-19 vaccines, with approximately one in every 33,300 individuals at risk of cardiac inflammation. Moreover, the risk of myocarditis/pericarditis was further elevated among military personnel in the United States (US).

新型コロナウイルスCOVID-19ワクチンの導入後、心筋炎/心膜炎の発生率の増加が最初に報告され、約33,300人に1人が心筋炎のリスクにさらされた。さらに、心筋炎/心膜炎のリスクは、米国(US)の軍人の間でさらに上昇した。

Myocarditis 心筋炎
Pericarditis 心膜炎

An Israeli study found no evidence of a higher risk of myocarditis/pericarditis after COVID-19 in non-vaccinated people. This contradicted the evidence from a study that reported an elevated incidence in hospitalized COVID-19 patients. An Italian study reported excess cases of myocarditis/pericarditis in young vaccinated individuals, with up to 12 cases per 100,000 people, while a US study estimated one myocarditis case in 6250 vaccinated subjects.

イスラエルの研究では、ワクチン未接種者における新型コロナウイルス感染症COVID-19後の心筋炎/心膜炎のリスクが高いという証拠は見つかりませんでした。これは、COVID-19の入院患者の発生率が高いと報告した研究のエビデンスと矛盾しています。イタリアの研究では、ワクチン接種を受けた若年者における心筋炎/心膜炎の過剰症例が報告され、10万人あたり最大12例が報告されましたが、米国の研究では、ワクチン接種を受けた被験者6250人のうち1人の心筋炎症例が推定されました。

In addition, vaccine booster-associated myocarditis/pericarditis in males was reported in US universities, requiring hospitalization. Overall, data on myocarditis development post-COVID-19 vaccination can not be ignored since the frequency of vaccine-associated myocarditis is not lower than that with COVID-19.

さらに、米国の大学では、男性におけるワクチンブースターに関連した心筋炎/心膜炎が報告されており、入院が必要であった。全体として、新型コロナウイル感染症COVID-19ワクチン接種後の心筋炎発症に関するデータは、ワクチン関連心筋炎の頻度が新型コロナウイル感染症COVID-19と比較して低くないことから無視できない。

Safety of COVID-19 vaccines in individuals with autoimmunity and myocarditis history

自己免疫と心筋炎の既往のある人における新型コロナウイルスCOVID-19ワクチンの安全性

Recently, a study revealed elevated blood troponin T levels after COVID-19 vaccination in all tested subjects with systemic lupus erythematosus (SLE), implying heart damage. Although the biomarker levels declined with time, the fact that all subjects exhibited higher levels is concerning, calling for caution in administering vaccines to these at-risk individuals with a history of myocarditis.

最近、全身性エリテマトーデス(SLE)を有する全被験者において、新型コロナウイルス感染症COVID-19ワクチン接種後に血中トロポニンT値が上昇したことが明らかになった。バイオマーカー値は時間の経過とともに低下したが、すべての被験者が高い値を示したという事実は問題であり、心筋炎の既往歴のあるこれらのリスクのある人へのワクチン投与には注意が必要である。

troponin T トロポニンT
トロポニンTは,心筋の構造蛋白であるが,一部が細胞質にも存在するため心筋梗塞発症早期(3〜6時間後)から2〜3週後まで有意の上昇が持続する。

systemic lupus erythematosus (SLE) 全身性エリテマトーデス(SLE)

Notably, nearly half the SLE patients had been using immunosuppressants and immunomodulators at vaccination, which could have affected the inflammatory response to mRNA vaccines. SLE patients mount a lower antibody response than healthy patients after SARS-CoV-2 vaccination, even without immunosuppressants. It was suggested that autoreactive T cells show reduced activation following vaccination.

注目すべきは、全身性エリテマトーデス(SLE)患者の半数近くがワクチン接種時に免疫抑制剤や免疫調節剤を使用していたことで、mRNAワクチンに対する炎症反応に影響を与えた可能性がある。SLE患者はSARS-CoV-2ワクチン接種後、免疫抑制剤なしでも健常者より低い抗体反応を示した。ワクチン接種後、自己反応性T細胞の活性化が低下することが示唆された。

The constitutional domain of the British Isles Lupus Assessment Group (BILAG) index was significantly increased in SLE patients after receiving COVID-19 vaccines. Although no patient required a change of therapy, the researchers proposed regular surveillance of autoimmune patients. The risk/benefit ratio of continued administration of vaccines may need revision, given the increase in BILAG index, cardiac damage biomarkers, and the fact that COVID-19-induced myocarditis is not more common and riskier than vaccine-induced myocarditis.

British Isles Lupus Assessment Group(BILAG)・BICLAは、全体的な全身性エリテマトーデス(SLE)疾患活動性を複合的に評価する指標・インデックスの体質領域は、COVID-19ワクチン接種後のSLE患者で有意に増加した。療法の変更を必要とする患者はいなかったが、研究者らは自己免疫患者の定期的なサーベイランスを提案した。BILAG指数の上昇、心臓障害バイオマーカー、COVID-19誘発心筋炎がワクチン誘発心筋炎より一般的でリスクが高いわけではないという事実を考慮すると、ワクチン継続投与のリスク/ベネフィット比は見直しが必要かもしれない。

BICLAは、全体的な全身性エリテマトーデス(SLE)疾患活動性を複合的に評価する指標

Autoimmunity post-vaccination

ワクチン接種後の自己免疫

There is evidence of the onset of autoimmune disorders after SARS-CoV-2 infection or vaccination. The viral spike protein’s cellular receptor, angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2), is targeted by autoantibodies during COVID-19. It is yet to be ascertained whether vaccination also triggers similar autoantibody responses.
新型コロナウイルスSARS-CoV-2感染またはワクチン接種後に自己免疫疾患が発症する証拠がある。ウイルスのスパイクタンパク質の細胞受容体であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)は、新型コロナウイルス感染症COVID-19の際に自己抗体の標的となった。ワクチン接種が同様の自己抗体反応を引き起こすかどうかはまだ確認されていない。
autoimmune disorders 自己免疫疾患
angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2):アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)
Moreover, in silico findings suggest a potential cross-reactivity between the viral spike and human proteins, albeit some studies contradict this finding. Reports indicate myocardial inflammation in individuals with vaccine-related myocarditis and lymphocyte infiltrate, suggesting an autoimmune-like attack.

さらに、インシリコの所見では、ウイルスのスパイクとヒトのタンパク質との間に交差反応性がある可能性が示唆されているが、この所見と矛盾する研究もある。ワクチン関連心筋炎患者の心筋炎症とリンパ球浸潤が報告されており、自己免疫様攻撃を示唆している。

in silico:インシリコ
《シリコン内で、の意》コンピューターによる数値計算やシミュレーションによって、生体分子や薬物などの動態などを予測・再現する手法。

cross-reactivity  交差反応性

Conclusion

結論

Taken together, the authors discussed COVID-19 vaccine safety and associated adverse events. The scientific community must determine whether the existing nucleic acid-based vaccines should be continued for at-risk individuals with autoimmunity when the long-term effects of vaccination are unclear (in these sub-populations). The development of COVID-19 vaccines using conventional technologies may be desirable for older adults and at-risk individuals.

以上、COVID-19ワクチンの安全性と関連有害事象について考察した。科学界は、ワクチン接種の長期的効果が不明である場合(これらの亜集団において)、自己免疫を有するリスクのある個体に対して既存の核酸ベースのワクチンを継続すべきかどうかを決定しなければならない。従来の技術を用いた新型コロナウイルルス感染症COVID-19ワクチンの開発は、高齢者やリスクのある人には望ましいかもしれない。
adverse events 有害事象

関連文献

Temporary mild damage to heart muscle cells after Covid-19 booster vaccination
https://www.unibas.ch/en/News-Events/News/Uni-Research/Temporary-mild-damage-to-heart-muscle-cells-after-Covid-19-booster-vaccination.html

新型コロナウイルス感染症Covid-19ブースターワクチン接種後の心筋細胞への一時的な軽度の損傷

COVID-19 mRNA Vaccine Induced Troponinemia - Is the Vaccine a Cardiac Stressor?
https://clinmedjournals.org/articles/ijcc/international-journal-of-clinical-cardiology-ijcc-8-232.php?jid=ijcc

新型コロナウイルス感染症COVID-19 mRNAワクチンによるトロポニン血症 - ワクチンは心臓ストレッサーか?

Potential antigenic cross-reactivity between SARS-CoV-2 and human tissue with a possible link to an increase in autoimmune diseases
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7246018/

新型コロナウイルスSARS-CoV-2とヒト組織との抗原性交差反応性の可能性と自己免疫疾患の増加との関連性

Vaccine-induced autoimmunity: the role of molecular mimicry and immune crossreaction
https://www.nature.com/articles/cmi2017151

ワクチンによる自己免疫:分子模倣と免疫交差反応の役割

immune crossreaction 免疫交差反応

用語

交差免疫って何?[内科、アレルギー科]

https://hara-kodomo.com/blog/2020/09/23/%E4%BA%A4%E5%B7%AE%E5%85%8D%E7%96%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%95%EF%BC%9F%E5%86%85%E7%A7%91%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E7%A7%91/

新型コロナウイルス関連のニュースの中に時折出てくる「交差免疫」という言葉、今回はこれについて少しご紹介したいと思います。

人間の免疫系には「交差免疫」もしくは「交差反応」と言われるものがあります。先日、「新型コロナウイルスに対しても、交差免疫がある」という論文が発表されました。これからさらに検証がされていくでしょうが、端的に言うと、過去に感染した旧型のコロナウイルスに対する免疫が、新型コロナウイルスに対しても有効に働くというようなことです。

ウイルスや細菌が体の中に入ると、それが抗原となり抗体ができます。例えば、ある抗原Aのタンパク質と構造的に似たような別の抗原Bがあった場合、Aに対する抗体がBに対しても作用する場合があるのです。

胃腸炎を引き起こすロタウイルスは全部で8種類あると言われていますが、ワクチンは1価、もしくは5価です。しかしワクチンに入っていない型でも交差的に抗体が働くことで、完全に発症を防げないまでも重篤化を防ぐことが出来ます。


これは免疫が良い方に作用した場合ですが、逆もあります。アレルギーにおける交差反応です。このブログでも何度か紹介していますが、一番日本人に身近なのは「スギ花粉」の交差反応です。スギ花粉に対してアレルギーを持っている場合、スギ花粉とタンパク質の構造が似ている「シラカバ」や「ハンノキ」に対してもアレルギーが発症します。

さらにそれが「バラ科」の植物に広がってしまうというのが、まさに交差反応なのです。日本で新型コロナウイルスの重症者が少ない理由は、まだ確定的に分かったわけではありませんが、日本では冬にコロナウイルスが流行するため、春先に新型コロナウイルスが入ってきたとき、免疫が残っていて作用したことが理由なのではないかという説もあります。

ただし新型コロナウイルスに関しては、抗体があることで免疫系が暴走し、症状が重くなる「抗体増強反応」があると言われているため、必ずしも抗体があることが有利に働くかは分かりません。
今世界中でワクチンの開発が進んでいますが、そのワクチンでできる抗体が本当に有効で、抗体増強反応のリスクはないのか、きちんと実証を重ねていかなければならないでしょう
いつもありがとうございます。

| | Comments (0)

January 03, 2024

植物の根は光を感知:光は葉の光受容体で検知され、光は維管束を通って根の赤/遠赤の波長の光を感知する光受容体に届きます。

1月4日(木)12時より1月8日(月)限定精油・植物油割引販売
https://phytoaroma.ocnk.net/

植物の根は暗闇の中で光を見る

Plant roots in the dark see light

https://www.sciencedaily.com/releases/2016/11/161103124913.htm

Date: November 3, 2016
Source: Max Planck Institute for Chemical Ecology

情報源:マックスプランク化学生態学研究所

Summary:
概要


Light transmitted from the shoot to the roots activates photoreceptors in the roots and triggers light-dependent growth responses in plants, scientists have discovered.

シュート(茎とその上の葉)から根に伝わった光は、根の光受容体を活性化し、植物の光依存的な成長反応を引き起こすことが科学者によって発見された。

Shoot :シュート(シュート(英: Shoot)とは、茎とその上にできる多数の葉からなる単位であり、維管束植物の地上部をなす主要器官である[1]。苗条[1][2][3](びょうじょう[2])、芽条[1](がじょう)、葉条[3](ようじょう)、枝条[4](しじょう)とも呼ばれる。普通、シュートという語が用いられる[3]。ウイキペディアより
Photoreceptors:光受容体

FULL STORY

記事全文

Light is not only a source of energy, but also an important signal which regulates many light-dependent growth processes in a plant in order to adapt it to its environment in the best possible way. Light is first detected by photoreceptors in the shoot of a plant. Physiological processes in the plant are mediated by light signaling molecules. For more than three decades, scientists have been speculating whether roots are also able to perceive light. However, this hypothesis could never be proved until this new study was published. "Physicists from Korea and biologists from Jena teamed and combined knowledge from both disciplines in order to find out, whether plant vascular bundles could act as light optical fibers and transmit light from the shoot to the roots," Sang-Gyu Kim, one of the first authors of the study and co-initiator of the project, describes the successful cooperation.

光はエネルギー源であるだけでなく、植物を環境に最適に適応させるために、光に依存する多くの成長過程を制御する重要な信号でもある。光はまず植物のシュート(茎とその上の葉)にある光受容体によって検出される。植物の生理学的プロセスは、光信号分子によって媒介される。30年以上前から、科学者たちは根も光を感知できるのではないかと推測してきた。しかし、この新しい研究が発表されるまで、この仮説が証明されることはなかった。「韓国の物理学者とイエナの生物学者がチームを組み、植物の維管束・維管束が光ファイバーとして機能し、光をシュート(茎とその上の葉)から根に伝えることができるかどうかを調べるために、両分野の知識を組み合わせたのです」と、この研究の筆頭著者の一人であり、プロジェクトの共同発起人のSang-Gyu Kim氏は、この協力の成功について述べている。

plant vascular bundles :植物の維管束・いかんそく

Previous studies had shown that a special photoreceptor in plants which detects light of the wavelength red/far-red is surprisingly also expressed in the roots.

これまでの研究で、赤/遠赤の波長の光を感知する植物の特殊な光受容体が、意外にも根にも発現していることがわかっていました。

However, it remained unclear how this root photoreceptor was activated. In an interdisciplinary effort, molecular biologists and optical physicists developed a highly sensitive optical detector along with the idea to compare plants with "blind" and "sighted" roots.

しかし、この根の光受容体がどのようにして活性化されるのかは不明のままであった。分子生物学者と光物理学者は、学際的な取り組みとして、「盲目」の根と「視力」のある根を持つ植物を比較するというアイデアとともに、高感度の光検出器を開発した。

They used plants of the thale cress Arabidopsis thaliana, a model organism in plant research, which were genetically modified in a way that the photoreceptor was only silenced in their roots, but not in their shoots.

彼らは、植物研究のモデル生物であるセイヨウアブラナ科の植物を使用した。この植物は、光受容体が根の中でだけ不活性化され、芽の中では不活性化されないように遺伝子操作されたものである。

thale cress:シロイヌナズナ◇アブラナ科の一年草

Arabidopsis thaliana シロイヌナズナ

Hence, these plants had "blind" roots. The scientists grew these modified plants along with control plants; their roots were in the dark soil and their shoots exposed to light, just like in nature.

したがって、これらの植物は「盲目」の根を持っていた。科学者たちは、これらの改変植物を対照植物と一緒に育てた。根は暗い土の中にあり、芽は自然界と同じように光にさらされていた。

The optical detector system was used to measure light which was transmitted in the stem down to the roots.

光検出器システムを使い、茎から根に伝わる光を測定した。

"With this approach, we could show clearly and without ambiguity that light is transmitted into the roots via vascular bundles. Even if the intensity of the transmitted light was low, it was sufficient to activate the photoreceptors, trigger downstream light signaling, and influence growth in the control plants," Chung-Mo Park, the leader of the project at Seoul National University, explains.

「この方法により、光が維管束を経由して根に透過することを、曖昧さなく明確に示すことができた。たとえ透過光の強度が低くても、光受容体を活性化し、下流の光シグナル伝達を引き起こし、対照植物の成長に影響を与えるには十分でした」と、ソウル大学のプロジェクトリーダー、Chung-Mo Park氏は説明する。

"These results are crucial for further research projects. Our work proves that roots are able to perceive light, even though they are usually found belowground. Photoreception in the roots triggers a signaling chain which influences plant growth, especially the root architecture," says Ian Baldwin, leader of the study at the Max Planck Institute for Chemical Ecology in Jena.

「これらの結果は、今後の研究プロジェクトにとって極めて重要である。私たちの研究は、根は通常地下にあるにもかかわらず、光を感知できることを証明しています。根における光受容は、植物の成長、特に根の構造に影響を与える信号伝達の連鎖を引き起こします」と、イエナのマックス・プランク化学生態学研究所の研究リーダー、イアン・ボールドウィンは述べている。

He already looks into the future: "There are more photoreceptors in the roots. Until now, it has remained largely unknown what their responsibilities in the roots are and how they interact with light signals which are transmitted from the shoots."

彼はすでに将来を見据えている: 「根にはもっと多くの光受容体があります。これまで、根における光受容体の役割や、シュート(茎とその上の葉)から伝達される光信号との相互作用については、ほとんど解明されていませんでした」。

It is of major importance for ecological research to show the relevance of this study for plants growing in their natural habitat. To find out, the scientists want to perform experiments with another plant species, the coyote tobacco Nicotiana attenuata, a model plant in ecology, which is adapted to an extremely strong exposition to light. The researchers propose that the newly found sensory modality of roots is enhancing the ecological performance of plants in nature, by allowing for a better timing of resource allocations for growth, reproduction and defense.

生態学的研究にとって、この研究が自然の生息地で生育している植物に関連することを示すことは非常に重要である。それを明らかにするために、科学者たちは、生態学のモデル植物であり、非常に強い光に適応するコヨーテタバコNicotiana attenuataという別の植物種で実験を行いたいと考えている。研究者たちは、新たに発見された根の感覚モダリティが、成長、繁殖、防御のための資源配分をより良いタイミングで行うことを可能にすることで、自然界における植物の生態学的パフォーマンスを高めていると提案している。

関連文献

Trends in Plant Science

Multiple Routes of Light Signaling during Root Photomorphogenesis

根の光形態形成における光信号の複数の経路

https://www.cell.com/trends/plant-science/fulltext/S1360-1385(17)30132-2?rss=yes#:~:text=Photoreceptors%20expressed%20in%20the%20roots,via%20auxin%20and%20cytokinin%20signaling

Although the roots are embedded in the soil, they undergo photomorphogenesis when the shoots are exposed to light. There are three major routes of light signaling from the shoots to the roots: transmission of mobile signaling messengers, direct sensing of light by the roots, and light channeling through the plant body.

根は土の中に埋もれているが、シュート(茎とその上の葉)が光を浴びると光形態形成を行う。シュートから根への光信号伝達には、移動性信号伝達物質の伝達、根による光の直接感知、植物体を介した光チャネリングの3つの主要ルートがある。

Photomorphogenesis:光形態形成
光形態形成(ひかりけいたいけいせい、英: Photomorphogenesis)は、植物の光応答の一種である。光によって植物の生長や分化などの形態を制御するものを指す。高等植物では、光受容体の一種であるフィトクロムを介するタイプ、(紫外-)青色受容体を介するタイプが知られている。青色光反応(青色光応答、紫外-青色光反応、紫外-青色光応答)における光形態形成には、胚軸の伸長抑制、子葉展開、子葉開閉、色素生合成などが知られている。ウイキペディアより

Phytohormones, photosynthetic compounds, mobile proteins, and RNA molecules are translocated from the shoots to the roots for balanced root/shoot growth and development.

植物ホルモン、光合成化合物、モバイルタンパク質、およびRNA分子は、シュート(茎とその上の葉)から根に移動し、根とシュート(茎とその上の葉)のバランスのとれた成長と発達を実現する。

Photoreceptors expressed in the roots directly perceive soil-penetrating light to regulate root growth, development, and tropic responses mostly via auxin and cytokinin signaling.
Recent breakthroughs identify a distinct route of light signaling during root photomorphogenesis in which the red and far-red light-sensing photoreceptor, phyB, perceives stem-piped light to trigger morphogenic responses in the roots.

根に発現する光受容体は、土壌を透過する光を直接感知し、主にオーキシンとサイトカイニン信号伝達を介して根の成長、発達、光屈性反応を制御する。最近の画期的な研究により、根の光形態形成における光信号の明確な経路が明らかにされ、赤色および遠赤色の光を感知する光受容体フィトクロムB(phyB)が、根の形態形成応答の引き金となる茎管の光を感知することがわかった。

tropic responses 光屈性反応
auxin オーキシン(オーキシンとは、主に植物の成長を促す作用を持つ植物ホルモンの一群)ウイキペディアより
cytokininサイトカイニンをもつ化合物一群の総称とされる。
phyB:Phytochrome B (phyB) フィトクロムB(phyB)は赤・遠赤色光受容体である。
stem 茎(篩管・導管)

Plants dynamically adjust their architecture to optimize growth and performance under fluctuating light environments, a process termed photomorphogenesis. A variety of photomorphogenic responses have been studied extensively in the shoots, where diverse photoreceptors and signaling molecules have been functionally characterized. Notably, accumulating evidence demonstrates that the underground roots also undergo photomorphogenesis, raising the question of how roots perceive and respond to aboveground light. Recent findings indicate that root photomorphogenesis is mediated by multiple signaling routes, including shoot-to-root transmission of mobile signaling molecules, direct sensing of light by the roots, and light channeling through the plant body.

植物は、変動する光環境のもとで、成長とパフォーマンスを最適化するために、その構造をダイナミックに調整する。様々な光形態形成反応は、シュート(茎とその上の葉)において広く研究されており、多様な光受容体や信号伝達分子の機能的特徴が明らかにされている。注目すべきは、地下の根でも光形態形成が起こっていることを示す証拠が蓄積されつつあることで、根が地上部の光をどのように感知し、反応しているのかという疑問が投げかけられている。最近の知見によると、根の光形態形成は、移動性信号分子のシュート(茎とその上の葉)から根への伝達、根による光の直接感知、植物体を介した光チャネリングなど、複数のシグナル伝達経路によって媒介されている。

In this review we discuss recent advances in how light signals are transmitted to the roots to trigger photomorphogenic responses.

この総説では、光信号が根に伝達され、光形態形成反応を引き起こす仕組みに関する最近の進歩について論じる。

Keywords

キーワード

root photomorphogenesis、mobile signals、photoreceptors、stem-piped light

根の光形態形成、モバイル信号、光受容体、茎管光

いつもありがとうございます。

| | Comments (0)

January 01, 2024

1月4日より限定精油・植物油割引販売と今年の干支・甲辰こうしん(きのえ・たつ)のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はフィトアロマ研究所の精油、キャリアオイルをご愛用いただきありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします。

新年の限定された精油・キャリアオイル3割引割引セールお知らせ

1月4日12時より限定された精油・キャリアオイルの3割引きセールを行います。
期間は1月4日(木)より1月8日(月)までです。

今年の干支甲辰こうしん(きのえ・たつ)について

下記は干支の活学・人間学講和を読んで思いついたこと

現在は旧来の筋道を通して行っていなかった結果、世の中は混乱の年でになっています。今年の干支は鎧を付けた草木の芽が芽を出す年になっています。鎧で思い出したことはライヒが「筋肉の鎧で自分の感情を発散させなくて体の中に閉じ込めて自分を守っている。鎧を破って自分のやりたいことをするのには断固として抵抗や妨害があっての前に進んでく意思が必要です。

宿命とは鎧になかにいて鎧を破ろうとしない、運命とは命を運ぶための障害や困難を破り自分の意志で運んでいく。そのためには、大祓祝詞の秦上で速󠄁川(はやかは)の瀨(せ)に坐(ま)す瀨(せ)織(おり)津比賣(つひめ)と云(い)ふ神(かみ) 大海原(おほうなばら)に持(も)ち出(い)でなむ 、これで心も体も祓えて軽くなり自分をやりたいことの芽が育つかもしれない。

下記にて「大祓詞」小野善一郎先生の秦上が聞けます。
「大祓詞」小野善一郎(2021年9月版)日本に伝わる大切な祝詞
https://www.youtube.com/watch?v=4x9jLct6czo

今年の干支甲辰こうしん(きのえ・たつ)について

下記は干支の活学・人間学講和 安岡正篤著  プレジデント社 2011年5月第23版発行より

甲辰 昭和39年

いついなる場合にも喜びの心を

先哲の教えに、「人間はいかなる場合にも喜神を含まなければならない」ということがございます。「喜神」とは「喜ぶ心」であります。言うまでもなく我々の心の働きにはいろいろあって、その最も奥深い本質的な心、これは神に通ずるが故に「神」と申すのであります。人間はいかなる境地にあっても、心の奥底に喜びの心をもたなければならぬ。これを展開しますと、感謝、あるいは報恩という気持ちになるでしょう。
新しい年を迎えて世界の国々を見渡した時、しみじみとこの日本の平和な新年に喜びを感ぜざるを得ないのです。

がしかし、この平和と繁栄も決して手放しに喜ばれるものではない。実体はまことに変調で、しかもその変調の変調でさることを一般人はそれほど意識しないということは、さらに不安なことであり、かつ危ないことであります。ここに日本の現代社会の大いに反省しなければならない弱点です。

旧体制を破り創造を伸ばすべし

本年の干支は甲辰こうしん(きのえ・たつ)です。

甲の意味
甲はよろいで、鱗―よろいをつけた草木の芽が、その殻を破って頭をすこし出したという象形文字で、
これは旧体制が破れて、革新の動きが始まることを意味している。

辰の意味
辰という字は、これは説文学上から言うと会意文字で、理想に向かって辛抱強く、かつ慎重に、いろいろの抵抗や妨害と闘いながら歩を進めてゆくという意味であります。

甲辰の意義
だから甲辰の意味するところは、ちょうど春になって、新芽が古い殻から頭を出すのであるが、まだ余寒が厳しくて、勢いよくその芽を伸ばすことができないようと同じように、旧体制の殻を破って、革新の歩を進めなければならぬのであるが、そこにはいろいろの抵抗や妨害があるために、その困難と闘う努力をしながら、慎重に伸びてゆかなければならぬということであります。

昨年の干支は癸卯・きぼう(みずのと・う)で、この干支の意味するところは、筋道を通さなければ、物事が紛糾して始末がつかなくなり、場合によっては、ご破算にもってゆかねばならぬようなことになるということでありました。
昨年において筋道を通すことを怠り、収拾すべからずゆきづまりに到達しておるとすれば、あるいは到達すればするほど、今年の甲辰は、どうしてもその殻を破って、また、その殻が破れて、それだけになお難しくなる。去年の成績が悪ければ悪いほど、今年は妨害の方が強いから、芽の伸び方が苦しい

義は東洋政治学の根本信条

とにかく、今年そうゆう意味で因循姑息・事なかれ主義でやってまいりました今までの旧体制が否でも応でも破れて、新しい動きが出てくる。この機運に乗じて、進んで積極的に旧体制を破り、そうして新しい革新の行動を起こさなければならない、ということを明確に考えることですあります。したがって、来年にかけてのこの一、二年は、日本にとってすこぶる多事多難であります。

義は東洋政治学の根本信条を読んで思ったこと

現在は甲辰 昭和39年の頃と同じ政治状況です。これからは日本にとって多事多難とかいてありました。この多事多難を乗り越えるためには、ヒトは現在では心の喜びをもたらせない物、思考、感情、ヒト付き合いなど祓い、多事多難でも生きて生けるようにしましょう。心の喜びを満たすもの以外は祓いましょう。令和6年から7年に向かって太陽フレアが増大すると言われています。その結果、干ばつなどが起こり、小麦の収量に影響を与えるようです。また、太陽フレアの増大でウイルスの変異が活発になるようです。太陽フレアの増大は大気にプラスイオン増大で健康影響するようです。低気圧はプラスイオンを増大させて脳内セルトニン低下をまねき頭痛を招くと言われています。

その都度思いついたことを書いているので、あいかわらずまとまりない文章をお読み頂きありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 




| | Comments (0)

December 30, 2023

ヒト内在性レトロウイルスRエンベロープタンパク質の新型コロナウイルスSARS-CoV-2に対する抗ウイルス活性

新型コロナウイルスに感染するすると体内に眠っていたヒト内在性レトロウイルスが眠りからさめて抗ウイルス活性を示し、体内におけるコロナウイルスの複製を抑制する。ヒト内在性レトロウイルスはヒトの遺伝子組み込まれていて、胚発生だけでなく、癌、炎症、ウイルス感染などの病気の発現においても重要である。ウイルスを攻撃するとウイルスも生きるために変化していきます。ウイルスの変化が人の進化に役立ったのかと思います。古代にはウイルスと共生した実績があるのに現代は攻撃することだけになったのでしょうか。ヒトも今のやり方から変化する必要もあるのかもしれない。それで、ウイルスや細菌との共生する道を見つかるかもしれない。ウイルスは体内に共生して私たちを守ってくれます。

Antiviral activity of the human endogenous retrovirus‐R envelope protein against SARS‐CoV‐2
https://www.embopress.org/doi/full/10.15252/embr.202255900

ヒト内在性レトロウイルスRエンベロープタンパク質の新型コロナウイルスSARS-CoV-2に対する抗ウイルス活性

Abstract

要旨

Coronavirus‐induced disease‐19 (COVID‐19), caused by SARS‐CoV‐2, is still a major global health challenge. Human endogenous retroviruses (HERVs) represent retroviral elements that were integrated into the ancestral human genome. HERVs are important in embryonic development as well as in the manifestation of diseases, including cancer, inflammation, and viral infections.

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)によって引き起こされるコロナウイルス誘発性疾患-19新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、依然として世界的な健康上の大きな課題である。ヒト内在性レトロウイルス(HERVs)は、祖先のヒト遺伝子に組み込まれたレトロウイルス因子である。HERVは、胚発生だけでなく、癌、炎症、ウイルス感染などの病気の発現においても重要である。

Human endogenous retroviruses (HERVs):ヒト内在性レトロウイルス

Here, we analyze the expression of several HERVs in SARS‐CoV‐2‐infected cells and observe increased activity of HERV‐E, HERV‐V, HERV‐FRD, HERV‐MER34, HERV‐W, and HERV‐K‐HML2. In contrast, the HERV‐R envelope is downregulated in cell‐based models and PBMCs of COVID‐19 patients. Overexpression of HERV‐R inhibits SARS‐CoV‐2 replication, suggesting its antiviral activity.

ここでは、新型コロナウイルスSARS-CoV-2感染細胞におけるいくつかのヒト内在性レトロウイルスHERVの発現を解析し、HERV-E、HERV-V、HERV-FRD、HERV-MER34、HERV-W、HERV-K-HML2の活性の増加を観察した。対照的に、ヒト内在性レトロウイルス(HERV)-Rエンベロープは、細胞ベースモデルや新型コロナウイルス感染症COVID-19患者のヒト末梢血単核細胞(PBMC)では下方制御されている。HERV-Rの過剰発現は新型コロナウイルスSARS-CoV-2の複製を阻害し、その抗ウイルス活性を示唆する。

HERV‐R envelope
HERVヒト内在性レトロウイルス
R envelope :Rエンベロープ
envelopeエンベロープ

PBMC( Peripheral Blood Mononuclear Cells:ヒト末梢血単核細胞(PBMC)とは、末梢血から分離された単球やリンパ球を含む単核球(単核細胞)で、リンパ球、単球、樹状細胞など多様な細胞から構成されており、免疫系の重要な要素として働きます。
Downregulated 下方制御する

Further analyses demonstrate the role of the extracellular signal‐regulated kinase (ERK) in regulating HERV‐R antiviral activity. Lastly, our data indicate that the crosstalk between ERK and p38 MAPK controls the synthesis of the HERV‐R envelope protein, which in turn modulates SARS‐CoV‐2 replication.

さらなる解析により、ヒト内在性レトロウイルス(HERV)-Rの抗ウイルス活性を制御する細胞外シグナル制御キナーゼ(ERK)の役割が示された。最後に、我々のデータは、細胞外シグナル制御キナーゼ(ERK)とP38 MAPKシグナル伝達経路間のクロストークがヒト内在性レトロウイルスHERV-Rエンベロープタンパク質の合成を制御し、それが新型コロナウイルスSARS-CoV-2の複製を調節することを示している。

*動物組織では,種々の増殖因子によって活性化されるERK MAPキナーゼ経路が細胞増殖の制御に中心的な役割を果たすことが知られている.
p38 MAPK  P38 MAPKシグナル伝達経路
サイトカインおよびストレスに対する細胞応答を制御する

These findings suggest the role of the HERV‐R envelope as a prosurvival host factor against SARS‐CoV‐2 and illustrate a possible advantage of integration and evolutionary maintenance of retroviral elements in the human genome.

これらの知見は、ヒト内在性レトロウイルスHERV-Rエンベロープが新型コロナウイル新型コロナウイルスSARS-CoV-2に対する生存促進宿主因子としての役割を示唆し、ヒト遺伝子におけるレトロウイルス因子の統合と進化的維持の可能な利点を示している。

prosurvival 生存促進
host factor 宿主因子

用語

宿主因子
https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/1587.html
ウイルス複製に関与する宿主細胞由来のタンパク質.発現ベクター導入実験やsiRNAを用いたノックダウン実験などの細胞生物学的手法により,さまざまな宿主タンパク質がウイルス複製に正負に関与していることが明らかとなってきている.

ウイルス病原性の実態─その時,宿主で何が起きているのか
実験医学 2010年11月号 Vol.28 No.18
https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758100656/

代謝異常から免疫過剰応答まで,インフルエンザ,C型肝炎,SARS,AIDSの重症化に関わる分子機構

《企画者のことば》
ウイルスは宿主と同様にゲノムをもち,宿主システムを利用しながら自らの遺伝情報を子孫ウイルスに伝えて地球上でサバイバルを続けている.ウイルスが侵入した宿主細胞では両者の相互作用からさまざまなシグナル伝達系が動き出し,それらがインテグレートされた形での生命現象を感染現象と考えることができる.このシグナルバランスが破綻し,ウイルスと宿主の攻防において,ウイルスの力が宿主の防御力より強くなったとき,病原性が発現し感染症が発症する.感染現象および病原性発現機構を真に理解するには,ウイルスゲノムの複製や転写などの増殖機構,宿主域やトロピズム(指向性)といったウイルス側からのアプローチとともに,ウイルスに対する生命体の応答をシステムとして理解する“宿主システム”からのアプローチが不可欠である.

“宿主に感染したウイルスは,いかにしてその病原性を発揮するのでしょうか? 脂質・エネルギー代謝や免疫過剰応答,治療効果予測にかかわるSNPの同定まで,ウイルス疾患の発症・重症化のメカニズムを解き明かす!”

これを読んで浮かんできたこと

ウイルスに負けない宿主の防御力を高めるのどうした生活すれば良いのかの情報はあまりない。ウイルス疾患の発症・重症化のメカニズムがわかればその対策はあるはずだ。ヒト内在性ウイルスが最初に抗ウイルス作用の発揮したコロナウイルス複製の抑制しくれている。その援護射撃には何が必要なのかの情報は少なかった。海外の情報だと炎症を起こす肉類、乳製品、甘いものを控えることが大切だと言いわれていました。ところが日本では肉類の消費が増えた報道があった。

| | Comments (0)

«ヒトの進化と神経発達ける遺伝子に組み込まれているレトロウイルス因子PUBMEDより