April 20, 2022

体内の嗅覚受容体は病気を嗅ぎ分けるのに役立つかもしれない。Science dailyより

Smell receptors in the body could help sniff out disease

https://www.sciencedaily.com/releases/2018/07/180712100214.htm

体内の嗅覚受容体は病気を嗅ぎ分けるのに役立つかもしれない

Olfactory cells found throughout the body may help or harm depending on location

体全体にある嗅覚細胞は、場所によって役に立ったり害を及ぼしたりすることがある

Full Story

A review of more than 200 studies reveals that olfactory receptors -- proteins that bind to odors that aid the sense of smell -- perform a wide range of mostly unknown functions outside the nose. The function of extra-nasal olfactory receptors has the potential to be used in the diagnosis and treatment of health conditions such as cancer. The article is published in the July issue of Physiological Reviews.

200以上の研究のレビューでは、嗅覚受容体(嗅覚を助ける匂いに結合するタンパク質)が鼻の外でほとんど未知の幅広い機能を実行することが明らかになりました。鼻腔外の嗅覚受容体の機能は、がんなどの健康状態の診断および治療に使用される可能性がある。この記事は、生理学的レビューの7月号に掲載されています。

Olfactory, or smell, receptors were originally thought to be only in the sensory nerve cells (neurons) of nasal cavity tissues. However, more recent and extensive study suggests that the receptors "occur in nearly the entire human body, [and] they appear to be substantially more functionally important than previously suggested," researchers from Ruhr-University Bochum in Germany wrote. In addition to the receptors playing a major role in the sense of smell, "several essential physiological and pathophysiological processes have been described as targeted by human [olfactory receptors], including path finding, cell growth, [cell death], migration and secretion."

嗅覚、または匂い、受容体はもともと鼻腔組織の感覚神経細胞(ニューロン)にのみ存在すると考えられていました。しかし、より最近の広範な研究は、受容体が「人体のほぼ全域で発生し、以前に示唆されていたよりも機能的にかなり重要であるように見える」ことを示唆していると、ドイツのルール大学ボーフムの研究者は書いている。嗅覚において主要な役割を果たす受容体に加えて、「経路探索、細胞増殖、[細胞死]、[遊走および分泌]を含む、いくつかの重要な生理学的および病態生理学的プロセスがヒト[嗅覚受容体]によって標的とされていると記載されている。

The research team summarized the location and purpose of certain types of olfactory receptors, including those that may be beneficial to general health:

研究チームは 総合的な健康状態に有益と思われるものを含む、ある種の嗅覚受容体の位置と目的についてまとめています。

*Receptors present in heart muscle cells may be a metabolic regulator of heart function.

心筋細胞にある受容体は、心臓機能の代謝調節因子である可能性があります

metabolic regulator 代謝因子

*Receptors activated in the immune system have been seen to promote the death of certain types of leukemia cells.

*免疫系で活性化された受容体は、特定タイプの白血病細胞の細胞死を促進することが分かっている。

*Smell receptors in the liver reduce the spread of liver cancer cells.

肝臓にある嗅覚受容体は、肝臓がん細胞の転移を抑制します。

*Receptors in the skin increase the regeneration of skin cells and help speed wound healing.

*皮膚にある受容体は、皮膚細胞の再生を促進し、創傷治癒を早めます。

The review also reveals ways in which olfactory receptors may affect the development of disease, including:

このレビューでは、嗅覚受容体が病気の発生に影響を与える可能性がある方法も明らかにしています。

*Receptors concentrated in the prostate tissue, especially in men with prostate cancer, contribute to the reduction or progression of the disease.

*前立腺組織に集中する受容体は、特に前立腺癌の男性において、疾患の軽減または進行に寄与する。

*Receptors in the colon may reduce the growth of colon cancer cells.

*大腸にある受容体は、大腸がん細胞の増殖を抑える可能性がある。

*Receptors in the digestive tract may cause chronic diarrhea or constipation but may

消化管にある受容体は、慢性的な下痢や便秘を引き起こす可能性があるが、消化の改善に寄与する可能性もある。

The existence of olfactory receptors outside the nose -- either positive or negative -- plays an important role in disease progression and physiological function but is not yet fully understood. Their role as a possible biomarker for disease requires more research, the authors said. Study "must be expanded to develop promising clinical strategies in the future," the researchers wrote.

鼻以外に存在する嗅覚受容体は、(ポジティブまたはネガティブ)の存在は、疾患の進行や生理機能に重要な役割を果たすが、まだ十分に理解されていない。疾患のバイオマーカーとしての役割は、さらなる研究が必要であると著者らは述べている。研究者らは、「将来、有望な臨床戦略を開発するために、研究を拡大する必要がある」と書いている。

考えたこと

嗅覚受容体は、(ポジティブまたはネガティブ)の存在のことを読んで、Medicine Hands Massage Therapy for People with Cancerに出てくるがん遺伝子のことを思い出し紹介します。
がん遺伝子にもポジティブまたはネガティブがあります。

尚、本にはマッサージによってがんは転移しないと記載されています。

*Proto-oncogene がん原遺伝子

Proto-oncogene、which control growth and tissue repair. The defective version of these genes are known as oncogenes. Their expression results in excessive cell proliferationMutation within control genes also cause failure of cell’s regulatory system that induce apoptosis (programed cell death) when cell senses it cannot repair damage to its own DNA

がん原遺伝子、増殖と組織修復を制御します。これらの遺伝子の欠陥バージョンは、がん遺伝子として知られている。それらの発現は過剰な細胞増殖をもたらす。また、また、制御遺伝子に変異があると、細胞が自身のDNAの損傷を修復できないと判断したときに、アポトーシス(プログラムされた細胞死)を誘導する制御システムに障害が発生します。

oncogene がん遺伝子

*Tumor suppress genes がん抑制遺伝子

Tumor suppress genes normally regulate cell growth in an measured fashion; they stifle tumor growth acting a braking system that halts inappropriate growth. When they are inactivated by mutation, uncontrolled cell cell proliferation is allowed to go unchecked.

がん抑制遺伝子は、通常、細胞増殖を慎重な方法で制御しています。腫瘍抑制遺伝子は、腫瘍の増殖を抑制し、不適切な増殖を停止させるブレーキシステムとして機能します。突然変異によって不活性化されると、無秩序な細胞増殖が許容されるようになる。

|

April 14, 2022

植物生物音響学(植物が発する音波と一致する周波数の音波にのみ反応)

Plant bioacoustics

植物生物音響学


From Wikipedia, the free encyclopedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Plant_bioacoustics

Plant bioacoustics refers to the creation of sound waves by plants. Measured sound emissions by plants as well as differential germination rates, growth rates and behavioral modifications in response to sound are well documented.[1] Plants detect neighbors by means other than well-established communicative signals including volatile chemicals, light detection, direct contact and root signaling.[2][3][4] Because sound waves travel efficiently through soil and can be produced with minimal energy expenditure, plants may use sound as a means for interpreting their environment and surroundings. Preliminary evidence supports that plants create sound in root tips when cell walls break.[5] Because plant roots respond only to sound waves at frequencies which match waves emitted by the plants themselves, it is likely that plants can receive and transduce sound vibrations into signals to elicit behavioral modifications as a form of below ground communication.[6]

植物生物音響学は、植物による音波の生成を指す。植物によって測定された音の放射、ならびに音に応答した異なる発芽率、成長率および行動変化は十分に文書化されている。[1]植物は、揮発性化学物質、光検出、直接接触および根シグナル伝達を含む、十分に確立された通信信号以外の手段によって近隣植物を検出する。[2][3][4]音波は土壌中を効率よく伝わり、最小限のエネルギー消費で生成できるため、植物は環境を解釈する手段として音を使用する可能性がある。予備的証拠は、細胞壁が壊れると植物が根の先端に音を作り出すことを裏付けています。[5] 植物の根は、植物自身が発する音波と一致する周波数の音波にのみ反応するため、植物は音の振動を受信して信号に変換し、地下通信の一形態として行動の変化を誘発することができる可能性が高いです。。[6]

Bioacoustics 生物音響学
germination 発芽

Buzz pollination, or sonication, serves as an example of a behavioral response to specific frequencies of vibrations in plants. Some 2000 plants species, including Dodecatheon and Heliamphora have evolved buzz pollination in which they release pollen from anthers only when vibrated at a certain frequency created exclusively by bee flight muscles. The vibrations cause pollen granules to gain kinetic energy and escape from pores in the anthers.[7]

バズ受粉、または超音波処理は、植物における振動の特定の周波数に対する行動応答の例として役立つ。ドデカテオン(サクラソウ)やヘリアンフォラ(食中植物)を含む約2000種の植物は、ミツバチのミツバチ飛翔筋のみよって作りだされる特定の周波数でのみ葯(やく)から花粉を放出するバズ受粉を進化させました。この振動によって、花粉粒は運動エネルギーを得て、葯の孔から脱出する[7]。

buzz pollination:バズ(振動)受粉.
sonication 超音波処理
Dodecatheonドデカテオン(サクラソウ科)原産北アメリカ西部
Heliamphora ヘリアンフォラ
ヘリアンフォラ属 Heliamphora はサラセニア科に所属する植物の1属である。口が大きく開いた筒状の葉を付ける食虫植物であり、その点でサラセニアによく似るが、蓋がごく小さいのが特徴である。南アメリカ北部にあるギアナ高地のみに分布し、多くの種が知られる。ウィキペディア

anther:葯【やく】

葯【やく】おしべの一部で,ふつう花糸の先端に生じ,花粉形成が行われる袋状の部分。中に花粉を生じる花粉嚢2個からなる葯胞が2個集まって1個の葯ができる。 百科事典マイペディア「葯」の解説

bee flight muscles ミツバチ飛翔筋

Similar to buzz pollination, there's a species of evening primrose that has shown to respond to bee wing beats and sounds of similar frequencies by producing sweeter nectar. Oenothera drummondii (beach evening primrose) is a perennial subshrub native to the Southeastern United States, but has become naturalized on almost every continent.[8] The plant grows among coastal dunes and sandy environments. It has been discovered that O. drummondii flowers produce significantly sweeter nectar within three minutes when exposed to bee wingbeats and artificial sounds containing similar frequencies.[9] A possibility for this behavior is the fact that if the plant can sense when a pollinator is nearby, there is a high probability another pollinator will be in the area momentarily.

バズ(振動)受粉と同様に、ハチの羽音や同じような周波数の音に反応して、より甘い蜜を作ることが分かっている月見草の一種がある。Oenothera drummondii(海岸月見草)は、米国南東部原産の多年生亜低木ですが、ほとんどすべての大陸に帰化しています[8]。この植物は、海岸砂丘や砂地の間で生育します。O. drummondiiの花は、ハチの羽音と同様の周波数を含む人工音にさらされると、3分以内にかなり甘い蜜を作ることが発見された[9]。この行動の可能性としては、受粉媒介者が近くにいることを植物が感知できれば、別の受粉媒介者が瞬間的にその場所にいる可能性が高いということが考えられる

evening primrose 月見草
Oenothera drummondii マツヨイグサ属の花
pollinators 授粉媒介者

In order to increase the chance of pollination, nectar with a higher sugar concentration is produced. It has been hypothesized that the flower serves as the “ear” which contains mechanoreceptors on the plasma membranes of the cells to detect mechanical vibration.[9] A possible mechanism behind this is the activation of mechanoreceptors by sound waves, which causes a flux of Ca2+ into the plant cell causing it to depolarize[10] Because of the specific frequencies produced by the pollinators’ wings, perhaps only a distinct amount of Ca2+ enters the cell, which would ultimately determine the plant hormones and expression of genes involved in the downstream effect.

受粉の機会を増やすために、糖分濃度の高い蜜が作られる。花は「耳」として機能しており、細胞の細胞膜には機械振動を感知する機械受容器が存在する[9]。その背後にあるメカニズムとして、考えられることは音波によって機械受容器が活性化し、植物細胞内にCa2+が流入して細胞が脱分極する[10]。受粉媒介者の羽が発する特定の周波数のため、おそらく明確な量のCa2+だけが細胞に入り、それが最終的に植物ホルモンや下流効果に関わる遺伝子の発現を決定することになるのだろう。

mechanical vibration 機械振動
plasma membranes 原形質膜
mechanoreceptor;機械受容器
機械受容器(きかいじゅようき、mechanoreceptor)は、機械刺激をうけて最終的に求心性インパルスの発生をひきおこす受容器の総称である。触覚・聴覚・重力覚・平衡覚・圧覚・張力覚・振動覚などに関する受容器が該当する。ウィキペディア
depolarize 脱分極
down-stream effect 下流効果

Research has shown that there is a calmodulin-like gene that could be a sensor of Ca2+ concentrations in cells, therefore amounts of Ca2+ in a plant cell could have substantial effects over the response of a stimuli.[11]Due to the hormones and genes expressed in the petals of the flower, the transport of sugar into the nectar was increased by about 20%, giving it a higher concentration than compared to the nectar of flowers that were exposed to higher frequencies or no sound at all.[9]An LDV (Laser Doppler vibrometer) was used to determine if the recordings would result in vibration of the petals. Petal velocity was shown in response to a honey bee and moth sound signal as well as low frequency feedbacks, but not high frequency feedbacks.[9]

研究によると、細胞内のCa2+濃度のセンサーとなり得るカルモジュリン様遺伝子が存在することが分かっており、植物細胞内のCa2+量が刺激に対する反応に大きな影響を与える可能性があることが分かっている。[11]花弁に発現したホルモンと遺伝子により、蜜への糖の輸送が約20%増加し、より高い周波数にさらされたかまったく音が聞こえなかった花の蜜と比較して、より高濃度になった[9]。LDV(レーザードップラー振動計)を使って、録音によって花びらの振動が起こるかどうかを調べました。花弁の速度は、ミツバチと蛾の音信号への応答と低周波のフィードバックが示されたが、高周波のフィードバックは示されなかった[9]。

calmodulin-カルモジュリン

Plants emit audio acoustic emissions between 10?240 Hz as well as ultrasonic acoustic emissions (UAE) within 20?300 kHz. Evidence for plant mechanosensory abilities are shown when roots are subjected to unidirectional 220 Hz sound and subsequently grow in the direction of the vibration source.[6] Using electrograph vibrational detection, structured sound wave emissions were detected along the elongation zone of root tips of corn plants in the form of loud and frequent clicks.When plants are isolated from contact, chemical, and light signal exchange with neighboring plants they are still able to sense their neighbors and detect relatives through alternative mechanisms, among which sound vibrations could play an important role. Furthermore, ultrasonic acoustic emissions (UAE) have been detected in a range of different plants which result from collapsing water columns under high tension.[13] UAE studies show different frequencies of sound emissions based on whether or not drought conditions are present. Whether or not UAE are used by plants as a communication mechanism is not known.[14]

植物は10-240Hzの音声アコースティック・エミッショと20-300kHzの超音波アコースティック・エミッショ(UAE)を放射する。植物の機械受容能力の証拠は、根が一方向性の220Hzの音にさらされ、その後、振動源の方向に成長したときに示される。エレクトロノグラフの振動検出器を用いて、トウモロコシ植物の根先の伸長域 に沿って、大きくて頻繁なクリックの形で構造化された音波放射が検出された。植物が近隣植物との接触、化学、および光信号交換から隔離されているとき、彼らはまだ近隣植物を感知し、代替メカニズムを通して類縁植物を検出することができ、その中で音の振動が重要な役割を果たす可能性があります。さらに、超音波アコースティック・エミッショ(UAE)は、高張力下での導管の水柱崩壊に起因するさまざまな植物の範囲で検出されています[13]。 超音波アコースティック・エミッショ(UAE)は、干ばつ状態が存在するかどうかに基づいて音の放射の周波数が異なることを示している[13]。超音波アコースティック・エミッショ(UAE)が通信メカニズムとして植物によって使用されているかどうかは不明である[1]。14]

ultrasonic acoustic emissions 超音波アコースティックエミッション(UAE)法
mechanosensory 機械受容

エレクトロノグラフ
光の微弱な天体の直接像やスペクトルなどの二次元画像検出を行うための装置。天体画像を光電面に結像させ,光電子に変換して電子像を得る
百科事典マイペディア「エレクトロノグラフ」の解説

vibrational detection 振動検出器
elongation zone 伸長域

Although the explicit mechanisms through which sound emissions are created and detected in plants are not known, there are theories which shed light on possible mechanisms.Mechanical vibrations caused by charged cell membranes and walls is a leading hypothesis for acoustic emission generation. Myosins and other mechanochemical enzymes which use chemical energy in the form of ATP to produce mechanical vibrations in cells may also contribute to sound wave generation in plant cells. These mechanisms may lead to overall nanomechanical oscillations of cytoskeletal components, which can generate both low and high frequency vibrations.[6]

植物で音の放射が生成され、検出される明確なメカニズムはわかっていないが、その可能性を示す理論はある。帯電した細胞膜や細胞壁によって引き起こされる機械的振動は、アコースティックエミッション発生メカニズムの有力な仮説である。ミオシンおよび他のメカノケミカル酵素は、ATPという化学エネルギーを使って細胞に機械的振動を与えるが、植物細胞における音波の発生にも寄与している可能性がある。これらのメカニズムは、 細胞骨格成分の全体的なナノ機械共振器につながり、低周波と高周波の両方の振動を発生させることができる可能性がある[6]。

mechanochemical enzymes:メカノケミカル酵素
nanomechanical oscillations ナノ機械共振器
cytoskeletal component 細胞骨格成分

用語

Bioacoustics 生物音響学を調べていたときに見つけた本。

『生き物と音の事典』のなかの植物に関する項目紹介
http://bacoust.org/?page_id=1423

第8章 昆虫類ほか
8-1 昆虫の発音 高梨琢磨
8-2 昆虫の音と振動の受容器 高梨琢磨
8-33 植物と動物の音や振動による相互作用 山尾 僚
8-34 植物の機械感覚 飯田秀利
8-35 植物のアコースティック・エミッション 蔭山健介

バズ受粉 - ASIANPROFILE.WIKI
https://www.asianprofile.wiki/wiki/Buzz-pollination

バズ受粉または超音波処理は、葯によって多かれ少なかれしっかりと保持されている花粉を放出するために、孤独なミツバチなどの一部のミツバチによって使用される技術です。[1]バズ受粉した植物種の葯は通常管状で、一端にのみ開口部があり、内部の花粉は滑らかにきめがあり、しっかりと付着しています。トマトなどの自家受粉植物では、風が葯の毛穴から花粉を振り落とし、受粉を達成するのに十分な場合があります。ミツバチの訪問も花粉をゆるめる可能性がありますが、これらの植物のより効率的な受粉は、超音波処理を専門とするいくつかの昆虫種によって達成されますまたはバズ受粉。[2]

花粉を放出するために、孤独なミツバチは花をつかんで飛翔筋を急速に動かし、花と葯を振動させて花粉を取り除きます。振動を伴う受粉はバズ受粉と呼ばれます。ミツバチはバズ受粉を行うことができません。[2]世界の花の約9%は、主にバズ受粉を使用して受粉されます。[3]

Oenothera drummondiiを調べていた時に見つけた記事
虫の羽音を聞く植物を発見、「耳」は花、研究
マツヨイグサ
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/011700040/

ハチの羽音を聞いて3分で蜜の糖度が上昇、授粉を有利に

ハダニー氏の研究チームがマツヨイグサ属の花(Oenothera drummondii)を使って実験したところ、花粉を媒介するハチの羽の振動を感じ取ってから数分のうちに、蜜の糖度が一時的に高くなったことがわかった。つまり、花が耳の役割をもち、ハチの羽音の特定の周波数だけを拾って、風などの関係ない音を無視していた

機械受容
https://www.biophys.jp/highschool/C-32.html

「生物で起こる機械信号から化学信号への情報変換」
■背景
 センサー(sensor)という言葉を聞いたことがあると思います。一般に、センサーは、何らかの物理的情報を感知して、別の情報へと変換する要素のことを言います。例えば、カラオケで手にするマイクは音を電気信号に変換する音センサーです。温度計や光量計もそれぞれ温度センサー、光センサーと言えます。 細胞にも様々なセンサーがあり、生体の成長や健康の維持に重要な役割を果たしています。2012年のノーベル化学賞では、ホルモンや神経伝達物資、光、においなどの細胞センサー(Gタンパク質共役受容体)が受賞対象となりました。昨今の研究から、Gタンパク質共役受容体とは限らない新しいタイプの細胞センサーとして、力(ちから)のセンサー(メカノセンサー・mechanosensor, mechanoreceptor)が存在しており(図1)、やはり生命にとって重要な役割を果たしていることが明らかになっています。
 「機械受容」【対応する英語としてはmechanoreception、もしくは(直訳すると「力変換」ですが)メカノトランスダクション・mechanotransduction、あるいは機械的刺激を知覚することからメカノセンシング・mechanosensingなどの言葉が使われます】とは、そのようなメカノセンサーが果たす役割そのもの、つまり機械的(力学的・mechano-)情報を生化学的情報(イオンチャネルの開閉、酵素活性の制御、タンパク質との結合の調整など)に変換すること、あるいはメカノセンサーを使って細胞が自らに負荷された「力」に応答する過程全体を指す言葉です。

カルモジュリン
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%B3

カルモジュリンは148アミノ酸残基、分子量約16.7kDa、酸性のCa2++結合タンパク質であり、それぞれ2つのEFハンドドメインからなるN末側ドメインとC末側ドメインがリンカーでつながったダンベル様構造をしている。カルモジュリンは、酵母、植物、昆虫からヒトまで真核生物に発現しており、特に脊椎動物の中では高い保存性を示す。Ca2+と結合することで、Ca2+バッファーとして働くほか、下流のタンパク質に結合して活性などを調節し、Ca2+センサーとしてCa2+シグナル伝達の中でも非常に重要な役割を果たす。特に脳においては、Ca2+シグナル伝達をコントロールする中心的な役割を担い、神経突起形成、軸索伸展、シナプス形成、シナプス可塑性、記憶・学習など様々な機能に関わる。

アコースティック・エミッションとは
http://web.tuat.ac.jp/~biomtrl/news/aemore/aemore.html

アコースティック・エミッション(acoustic emission, AE)は、材料の亀裂の発生や進展などの破壊に伴って発生する弾性波(振動、音波)で、地震も地球規模のAEと考えることができる。木材が折れる時の「ポキッ」という音もAEであるが、この音が聞こえる前から超音波領域(周波数20kHz以上)でのAEが発生することが知られていた。近年の超音波技法の進歩に伴いAEを用いて破壊の情報を知ろうとする計測の技術が確立された。

|

March 25, 2022

宇宙線フラックス(流速)に及ぼす太陽活動極小期の影響、ウイルスの突然変異および新型コロナウイルス感染症COVID-19などパンデミック

Influence of Solar Minimum on Cosmic Ray Flux, Mutations in viruses and Pandemics like COVID-19

https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3593151

宇宙線フラックス(流速)に及ぼす太陽活動極小期の影響、ウイルスの突然変異および新型コロナウイルス感染症COVID-19などパンデミック

Solar Minimum 太陽活動極小期

Posted: 22 Jun 2020

Abstract

要旨

This interdisciplinary study takes into account the effect of the cosmic ray flux on mutations in viruses that result in virulent forms that lead to the occurrence of pandemics.

この学際的研究は、結果的にパンデミックの発生に結びつく毒性型になったウイルスの突然変異に対する宇宙線フラックス(流速)の影響を考慮に入れます

Solar minimum, the reduction in the activity of the Sun which occurs cyclically every 11 years and deep solar minimum that occurs once in a century or so, results in increased cosmic ray flux to the Earth, which in turn generate mutations in viruses harboured in bats and other nocturnal animals. Almost all the previous pandemics occurred during solar minimum years when the Sun spots were lowest or absent and when the solar activity was at the lowest.

太陽の太陽活動極小期は、11年ごとに周期的に起こる太陽の活動の減少と1世紀に一度発生する極端な太陽活動極小期は、地球への宇宙線フラックス(流速)の増加をもたらし、コウモリや他の夜行性動物に宿っているウイルスに突然変異を生み出す。過去のパンデミックは、ほとんどすべて、太陽黒点が最も少ない、あるいは存在しない、太陽活動が最も低い太陽活動極小期に発生している。

interdisciplinary study 学際的研究
virulent forms  病原型 ?
nocturnal animals 夜行性動物
Sun spot 太陽黒点

This study suggests that the present Covid 19 pandemic is triggered by the mutated viromes in bats from latitudes above 30 degrees N. The increase in cosmic ray flux during the solar minimum of solar cycle 24 has contributed to this. It is improbable that SARS-CoV-2 emerged through laboratory manipulation of a related SARS-CoVlike coronavirus. This study indicates that SARS CoV 2 emerged as a result of biological and astrophysical processes.

この研究は、現在の新型コロナウイルス感染症(Covid 19)パンデミックが北緯30度以北の緯度からのコウモリの突然変異したヴァイローム(ウイルス叢)によって引き起こされることを示唆しています。現在第24太陽周期の太陽活動極小期における宇宙線フラックス(流速)の増加がこれに寄与している。新型コロナウイルスSARS CoV 2.が関連するSARS-CoVようコロナウイルスの実験室操作によって出現した可能性は低い。この研究は、SARSのCoV2が生物学的および天体物理学的プロセスの結果として出現したことを示している。

Viromes:ヴァイローム(ウイルス叢)

Key words: Cosmic Rays, Solar Minimum, Solar cycle, Sun spots, Geomagnetism, Virome, Mutation, Pandemic, Covid 19, SARS CoV 2.

キーワード:宇宙線、太陽活動極小期、太陽周期、太陽黒点、地磁気、ヴァイローム(ウイルス叢)、突然変異, パンデミック, 新型コロナウイルス感染症(covid-19),新型コロナウイルス (SARS CoV 2.)

用語
第25太陽活動周期の開始を確認。極小期は2019年12月だった  2020-09-16

https://sorae.info/astronomy/20200916-the-solar-cycle25-prediction-panel.html

現在の太陽は第24太陽活動周期から次の第25太陽活動周期への移行期にあたるとみられており、活動周期の境目となる「極小期」がいつになるのかが注目されていました。極小期は観測された黒点の数(黒点相対数)をもとに判断されますが、各月の黒点相対数は増減しながら推移していくため、ある月が極小期だったかどうかを判断するには前後6か月間も含めた13か月の移動平均値が最小だったかどうかで判断されます。
発表では、黒点相対数の13か月移動平均値が1.8で底を打った2019年12月が極小期だったとされています。国立天文台太陽観測科学プロジェクトも、三鷹キャンパス(東京都三鷹市)における観測データをもとに算出された黒点相対数の移動平均値が2019年12月に1.52で最小となってからは増加傾向にあるとしており、この月を境に第25太陽活動周期が始まったとみられています。

太陽活動と宇宙線,そして気候変動
https://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/1ry/Kagaku200912.pdf

木々の年輪の中に残された太陽の歴史

黒点にかわる太陽活動の代替指標として広く用いられているのが,樹木年輪に含まれる炭素の同位体・炭素 14 である.炭素 14 は,宇宙線(宇宙
を飛び交う高エネルギーの放射線)と地球大気との相互作用によって作られる放射性の同位体である.太陽の磁場は,太陽と地球の距離のおよそ100 倍の遠方まで広がっており,宇宙線から地球を守る役割を果たしている.ところが,太陽活動が弱くなるとそのバリア機能は低下し,地球に飛来する宇宙線が増える.すると,大気中でたくさんの炭素 14 が作られ,その結果,光合成によって樹木が年輪に取り込む炭素 14 の量も増加する.逆に,太陽活動が活発になると年輪に取り込まれる炭素 14 の量は減少する.したがって,屋久杉などの樹齢の長い木や,地中に埋もれた大昔の木の年輪に含まれる炭素 14 の量を測定してその増減を調べると,過去の太陽活動の推移を知ることができる.

ヒト組織ヴァイローム(ウイルス叢)の網羅的描出―健常人の体内における“隠れた”ウイルス感染の様相―プレスリリース
https://www.amed.go.jp/news/release_20200604.html

東京大学
日本医療研究開発機構

発表者
佐藤 佳(東京大学医科学研究所 感染症国際研究センター システムウイルス学分野准教授)

発表のポイント
健常人547人の51か所(種類)の組織における遺伝子発現データの大規模バイオインフォマティクス解析により、健常人の体内における“隠れた”ウイルス感染の様相を網羅的に明らかにした。

さまざまなウイルスが健常なヒトの体内において不顕性感染しており、ヒトの免疫状態や健康状態に関与している可能性が示唆された。

本研究成果は、ヒトとさまざまなウイルスの共生関係の一端を明らかにしたものであり、本研究の手法は、汎用性が高く、新型コロナウイルス感染症を含めたさまざまなウイルス研究に応用・展開が可能である。

発表概要
東京大学医科学研究所 感染症国際研究センター システムウイルス学分野の佐藤准教授らは、大規模な遺伝子発現データの解析により健常なヒト体内に存在するヴァイローム(ウイルス叢、注1)の様相を網羅的に解明しました。

ヴァイローム(ウイルス叢)とは、ヒト体内に存在するウイルスの総体のことであり、病気を発症していない健常人においても、ヘルペスウイルスをはじめとしたさまざまなウイルスが、さまざまな組織に、病状を示すことなく感染していると考えられています。これまでのウイルス学の研究においては、病気を引き起こすウイルスについて、病気を発症した感染患者に対する解析が中心であったため、健常人において、どのようなウイルスが、体内のどこに、どの程度(不顕性)感染しているのかについては未解明でした。

|

March 24, 2022

COVID 19のための自然療法士のためのガイドライン・インド政府(AYUSH省)

COVID 19のための自然療法士のためのガイドライン

GUIDELINES for NATUROPATHY PRACTITIONERS for COVID 19

https://www.ayush.gov.in/docs/naturopathy-guidelines.pdf

Role of Naturopathy in prophylaxis during Covid-19 pandemic

Covid-19パンデミック中の予防における自然療法の役割

prophylaxis 予防

This guideline document is for Naturopathy practitioners to impart yoga therapy, naturopathy treatment modalities, nutrition, diet and lifestyle approaches to improve immunity in our population. Research has shown that there is a heterogeneity in susceptibility to infections during a flu epidemic. Psychologic stress, Fitness and physical activity,Nutrition, Sleep, comorbid conditions and lifestyle play a vital role in shaping this immune response.

このガイドラインは、自然療法士がヨガ療法、自然療法による治療法、栄養、食事、ライフスタイルのアプローチを伝授し、私たち国民の免疫力を向上させるための文書です。研究により、感染症に対する感受性は不均一性であることが示されています。インフルエンザが流行している時 この免疫反応の形成には、心理的ストレス、フィットネスと身体活動、栄養、睡眠、併存疾患、ライフスタイルが重要な役割を果たします。

heterogeneity不均一性

Naturopathy is a system of lifestyle medicine that works in modulating these factors that improve body's innate healing properties i.e. immunity. This may be useful in this current scenario where we are facing a Covid 19 pandemic. Since elderly population, children and those with co morbid conditions are vulnerable to this infection, naturopathy interventions can be used as an adjunct preventive management.

自然療法は、身体の自然治癒力、すなわち免疫力を向上させるこれらの因子を調整するライフスタイル医学のシステムです。これは、Covid 19の大流行に直面している現在のシナリオに役立つ可能性があります。高齢者、子供、合併症のある人はこの感染症にかかりやすいので、自然療法の介入は補助的な予防管理として使用することができます。

Lifestyle Medicineライフスタイル医学

The impending anxiety and stress of isolation due to COVID-19 disease and lockdown can down regulate immune responses and defenses that can lead them to contract this infection and increase its severity(1)(2). Though isolation, hygiene precautions and social distancing are important for preventing one getting infected, anxiety and stress resulting from these also need to be taken care of Treatment protocols for people with COVID-19 should address both the physiological and psychological needs of the patients and health service providers(3).

COVID-19疾患とロックダウンによる孤立の不安とストレスが差し迫っており、免疫応答と防御を調節し、感染を収縮させ、重症度を高める(1)(2)隔離、衛生上の予防措置、社会的離脱は、これらに起因する感染を防ぐために重要であるが、これらに起因する不安およびストレスはまた、患者と保健サービス提供者の生理学的および心理的ニーズの両方に対処する必要がある人々のための治療プロトコルのサポートをする必要があります(3)。

Prophylaxis and Preventive care

予防および予防処置

Naturopathy system works by improving one's vitality or modulating immunity and can therefore be used as a preventive approach.

Listed below in Table 1 are several measures that can be used to improve  immunity against infections. These measures may be particularly useful in patients with comorbid illness such a diabetes, hypertension, heart disease and elderly who may have increased susceptibility to
Covid-19.

自然療法システムは、自然療法システムは、自分の活力を向上させたり、免疫力を調節したりすることで機能するため、予防的アプローチとして使用できます。 下記の表1に感染症に対する免疫力を向上させるために使用できるいくつかの対策を示 します。これらの措置は、糖尿病、高血圧、心臓病および高齢者のような併存疾患を有する患者に特に有用であり、感受性を高める可能性がある

comorbid illness 併存疾患

リファレンス
(1)
Influence of Psychological Stress on Upper Respiratory Infection—A Meta-Analysis of Prospective Studies.
上気道感染に対する心理的ストレスの影響—前向き研究のメタ分析

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20716708/

Conclusions: The meta-analytical findings confirmed the hypothesis that psychological stress is associated with increased susceptibility to URI, lending support to an emerging appreciation of the potential importance of psychological factors in infectious disease.

結論:メタ分析の知見は、心理的ストレスが上気道感染(URI)に対する感受性の増加に関連しているという仮説を確認し、感染症における心理的要因の潜在的重要性を新たに理解することを支持した。


Social Capital and Sleep Quality in Individuals Who Self-Isolated for 14 Days During the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreak in January 2020 in China.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7111105/

2020年1月に中国で発生したコロナウイルス病2019(COVID-19)の発生時に14日間自己隔離された個人の社会資本と睡眠の質。

Psychological wellbeing and sleep are affected by several factors. Social factors, such as economic burden, family support, social support, and social capital, are also important factors [9]. Recently, several studies have investigated the influence of social factors on mental health

心理的な幸福と睡眠はいくつかの要因の影響を受けます。経済的負担、家族支援、社会支援、社会資本などの社会的要因も重要な要因である[9]。最近、いくつかの研究は、精神的健康に社会的要因の影響を調査しています


Psychological interventions for people affected by the COVID-19 epidemic.
COVID-19パンデミックの影響を受けた人々のための心理的介入。

https://www.thelancet.com/journals/lanpsy/article/PIIS2215-0366(20)30073-0/fulltext

用語

インド生活便利ノート
https://museindia.typepad.jp/bangalorenote/2020/04/ayush.html

◎今こそ古来の叡智を見直そう。インド政府「AYUSH省」サイトが役立つ

先が見えない不透明な日々が続くが、こんなときこそ、古来からの叡智を尊び、心身を整えたいものである。インドには、アーユルヴェーダやヨガを研究、推奨する「AYUSH省」がある。2014年、現在のBJPモディ政権が樹立したあとに発足されたもので、インド中央政府厚生省に属する。近代西洋医学以外の医療政策を統括している部門だ。このサイトでは、同省が提案する健康に関する情報がしばしばアップデートされている。

AYUSHとは、以下の頭文字を表している。
Ayurveda(アーユルヴェーダ/インド5000年の伝承医学)
Yoga & Naturopathy(ヨガ&ナチュロパシー)
Unani(ユナニ医学/古代ギリシャの医学を起源とする印パ亜大陸イスラム文化圏の医学)
Siddha(シッダ医学/南インド、タミル地方に伝わる極めて古い伝統医学で、起源は1万年以上前)
Homeopathy(ホメオパシー/ドイツ起源の自然療法)

いま注目の「ライフスタイル医学」が明かす生活習慣10の秘訣【予防医療の最前線】
https://www.huffingtonpost.jp/yasuhiro-nakamura/lifestyle-medical_a_23415929/

ライフスタイル医学とは?

まずもって「ライフスタイル医学」は、寿命/健康寿命を延ばし、できるだけ長く健康で、病気や障害を最小限にし、生活の質を向上させることを目的に掲げています(※1)。そして主に「慢性疾患」と呼ばれるがんや心臓病、脳卒中、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常症などの生活習慣病を取り扱います。
これらの疾患は、単独で病気を起こすというよりは、いくつかの病気が並存し、相互影響することで徐々に病状が進んでいくという経過の長い病気です。このような疾患の特性上、従来型の診療科ごとに縦割り意識が強い医療提供モデルでは、適切かつ効果的な医療提供が難しいと考えられるようになってきました。そうして登場し発展しつつあるのが、横断的な診療科である「ライフスタイル医学」なのです。

|

March 22, 2022

揮発性テルペン類・植物間コミュニケーションのメディエーター

Volatile terpenes – mediators of plant-to-plant communication

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/tpj.15453?af=R

揮発性テルペン類、植物間コミュニケーションのメディエーター

SUMMARY

概要

Plants interact with other organisms employing volatile organic compounds (VOCs). The largest group of plant-released VOCs are terpenes, comprised of isoprene, monoterpenes, and sesquiterpenes. Mono- and sesquiterpenes are well-known communication compounds in plant–insect interactions, whereas the smallest, most commonly emitted terpene, isoprene, is rather assigned a function in combating abiotic stresses.

植物は、揮発性有機化合物(VOC)を持いて他の生物と相互作用します。植物放出VOCの最大のグループは、イソプレン、モノテルペン、およびセスキテルペンで構成されるテルペンです。モノとセスキテルペンは植物と昆虫の相互作用においてよく知られたコミュニケーション化合物であるのに対し、最も小さく、最も一般的に放出されるテルペン、イソプレンは、むしろ非生物的ストレスと戦う機能を割り当てられている。

volatile organic compounds((VOCs):揮発性有機化合物(VOC)
isoprene イソプレン(炭素数5)
monoterpenes モノテルペン(炭素数10)
sesquiterpenes セスキテルペン(炭素数15)
abiotic stresses 非生物的ストレス(高温・低温、乾燥、塩害)
biotic stresses  生物的ストレス(雑草、病原菌、害虫)
communication compounds コミュニケーション化合物

Recently, it has become evident that different volatile terpenes also act as plant-to-plant signaling cues. Upon being perceived, specific volatile terpenes can sensitize distinct signaling pathways in receiver plant cells, which in turn trigger plant innate immune responses. This vastly extends the range of action of volatile terpenes, which not only protect plants from various biotic and abiotic stresses, but also convey information about environmental constraints within and between plants. As a result, plant–insect and plant–pathogen interactions, which are believed to influence each other through phytohormone crosstalk, are likely equally sensitive to reciprocal regulation via volatile terpene cues.

近年、異なる揮発性テルペンが植物間のシグナル伝達合図としても機能することが明らかになってきた。知覚されると、特定の揮発性テルペンは、受容植物細胞の異なるシグナル伝達経路を感作することができ、植物の自然免疫応答を引き起こす。これは、様々な生物的および不生物的ストレスから植物を防御するだけでなく、植物内および植物間の環境的制約に関する情報を伝える揮発性テルペンの作用範囲を大幅に拡張します。その結果、植物ホルモンクロストークを通じて互いに影響を与える植物-昆虫と植物病原体の相互作用は、揮発性テルペンの合図を介して相互調節に等しく敏感である可能性が高い。

signaling cues シグナル伝達合図
signaling pathways  シグナル伝達経路
innate immune responses自然免疫応答

Here, we review the current knowledge of terpenes as volatile semiochemicals and discuss why and how volatile terpenes make good signaling cues.We discuss how volatile terpenes may be perceived by plants, what are possible downstream signaling events in receiver plants, and how responses to different terpene cues might interact to orchestrate the net plant response to multiple stresses.

ここでは、揮発性信号物質としてのテルペンに関する現在の知見を概観し、揮発性テルペンがなぜ、どのように優れたシグナル伝達の合図となるのかについて議論する。揮発性テルペンが植物にどのように認識されるのか、受容体である植物にどのような下流シグナル伝達現象が起こりうるのか、そして、異なるテルペンの合図に対する反応が、複数のストレスに対する植物の純反応をいかに調和させるかについて議論する。

Semiochemical:情報化学物質または信号物質)

Finally, we discuss how the signal can be further transmitted to the community level leading to a mutually beneficial community-scale response or distinct signaling with near kin.

後に、このシグナルがさらに群集レベルまで伝達され、互いに有益な群集規模の反応や近縁種との明確なシグナル伝達をもたらす可能性についても議論している。

Community :群集

用語
サリチル酸とジャスモン酸シグナルのクロストーク機構の解明

https://bsj.or.jp/jpn/general/bsj-review/BSJ-review_7C_131-141.pdf

はじめに
生物は一生のうちに病原菌による感染,虫害,環境の変化による乾燥,冷害や紫外線等の 多種多様なストレスに曝される。しかし,生物がこうした環境下でも生存,成長を維持でき るのは,多様な環境情報を統合して対応する手段を有しているためである。我々,哺乳類を 含めた動物は逃避によってストレス被害を最小限に留めることができるが,地に根を張って 生きる植物は逃避手段を有していないため,動物とは異なる手段を用いて耐性機構を発揮す るよう進化した。その代表例の一つとして,植物は環境ストレスを認識すると,各種植物ホ ルモンシグナルを活性化させる。特に,植物は寄生菌による感染を受けるとサリチル酸(SA: salicylic acid)と呼ばれる植物固有のホルモンを蓄積し,寄生関係の樹立を阻害する。一方, 腐生菌による感染や虫害に対しては,ジャスモン酸(JA: jasmonic acid)を合成し,JA 依存的 な適応能力を誘導する。現在までに,多くの植物ホルモンシグナルは相互作用することが示 されており,このことは,植物は多様な環境情報に基づき各情報伝達経路のリプログラミン グを行うことを示唆する。SA と JA の相互作用はその代表例であり,本稿では,この複雑な 情報伝達ネットワークの理解に向けた新奇な取り組みの一部を紹介する。

ウイルスに対する植物の自然免疫機構
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/52/12/52_805/_article/-char/ja/

抄録
自然免疫の受容体は,一般に,出会ったことのない病原体に対しても防御反応を誘導できるよう病原微生物に共通の分子パターンを認識する.ところが植物は,それに加えて強毒の病原体の毒性因子だけを特異的に認識する受容体をもち,これらが連携して病原体の毒性をも進化的に制御していることがジグザグモデルとして提唱されている.また,ウイルスに対してはRNAサイレンシングが自然免疫の役割を担い,同様に連携した自然免疫ネットワークを形成している.これらをカルモジュリン様タンパク質についてのわれわれの成果とともに解説する.

|

March 12, 2022

肥満におけるコロナルス感染症COVID-19重症度:高い罹患率と死亡率の関連におけるレプチンおよび炎症性サイトカインの相互作用PUBMEDより

COVID-19 Severity in Obesity: Leptin and Inflammatory Cytokine Interplay in the Link Between High Morbidity and Mortality

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34220807/

肥満におけるコロナルス感染症COVID-19重症度:高い罹患率と死亡率の関連におけるレプチンおよび炎症性サイトカインの相互作用PUBMEDより

Obesity is one of the foremost risk factors in coronavirus infection resulting in severe illness and mortality as the pandemic progresses. Obesity is a well-known predisposed chronic inflammatory condition. The dynamics of obesity and its impacts on immunity may change the disease severity of pneumonia, especially in acute respiratory distress syndrome, a primary cause of death from SARS-CoV-2 infection.

肥満は、コロナウイルス感染症の最大の危険因子、その結果してパンデミックが進行するにつれて重症化や死亡率が上昇する。肥満は慢性証炎症疾患になりやすい傾向があることは良く知られています。肥満の動態と免疫への影響は、肺炎、特に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染による主な死因である急性呼吸窮迫症候群の重症度を変える可能性があります。

Acute Respiratory Distress Syndrome:急性呼吸窮迫症候群
dynamics動態
body fat mass 体脂肪量
adipocytes 脂肪細胞
adipose tissue 脂肪組織
body fat mass 体脂肪量

In immunity, leptin functions as a cytokine and coordinates the host’s innate and adaptive responses by promoting the Th1 type of immune response. Leptin induced the proliferation and functions of antigen-presenting cells, monocytes, and T helper cells, subsequently influencing the pro-inflammatory cytokine secretion by these cells, such as TNF-α, IL-2, or IL-6. Leptin scarcity or resistance is linked with dysregulation of cytokine secretion leading to autoimmune disorders, inflammatory responses, and increased susceptibility towards infectious diseases.

免疫において、レプチンはサイトカインとして機能し、Th1細胞型免疫応答を促進することによって宿主の自然免疫反応と適応反応を調整する。レプチンは 、抗原提示細胞、単球、およびTヘルパー細胞の増殖と機能を誘導し、 その次、腫瘍壊死因子TNF-α、インターロイキン2(IL-2)またはインターロイキン6(IL-6)などのこれらの細胞による炎症性サイトカイン分泌に影響を与える。レプチンの不足またはレプチン抵抗性は、サイトカイン分泌の調節障害と関連していて、このことは自己免疫疾患、炎症反応、および感染症に対する感受性の増加につながる。

antigen-presenting cells 抗原提示細胞

TNF−α 腫瘍壊死因子(免疫細胞の制御、発熱、悪液質、炎症、アポトーシスの誘導、腫瘍発生およびウイルス複製の阻害、敗血症の応答)・ウィキペディアより)

Therefore, leptin activity by leptin long-lasting super active antagonist's dysregulation in patients with obesity might contribute to high mortality rates in these patients during SARS-CoV-2 infection.

したがって、肥満患者におけるレプチン長期持続性超活性アンタゴニスト(遮断薬)調節不全によるレプチンの活性は、SARS-CoV-2感染中のこれらの患者における高い死亡率に寄与する可能性がある。

antagoniste. 同義語:アンタゴニスト、遮断薬、拮抗型阻害薬、阻害薬、インヒビター. 対義語:作動薬(agonist).

This review systematically discusses the interplay mechanism between leptin and inflammatory cytokines and their contribution to the fatal outcomes in COVID-19 patients with obesity.

このレビューは、レプチンと炎症性サイトカインの相互作用メカニズムと肥満患者のCOVID-19患者の致命的な結果への寄与について体系的に議論する。

Keywords: COVID-19, leptin, obesity, inflammation, cytokine, mortality

キーワード:COVID-19、レプチン、肥満、炎症、サイトカイン、死亡率

用語
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構基礎生物学研究

肥満をつかさどる脳内メカニズムを発見

https://www.nibb.ac.jp/press/2017/09/14.html

【発表概要】
 人や動物は、食べ過ぎると脂肪が増えて肥満します。レプチンは脂肪細胞から放出されるホルモンで、脳内の摂食中枢に作用して強力に摂食行動を抑制します。脂肪が増えるにしたがってレプチンの放出量が増えるため、レプチンは適正な体重の維持に働いていると考えられています。しかしながら、肥満状態の人の摂食は必ずしも抑制されていません。その理由は、レプチンが効きにくくなる、「レプチン抵抗性」と呼ばれる現象が起こるからです。レプチン抵抗性が生じるメカニズムはよく分かっておらず、その治療法も見つかっておりません。

5. 獲得免疫「Th1細胞」と「Th2細胞」の働き
http://immubalance.jp/about/immunity-5/

ヘルパーT細胞が持つ2つの顔

ヘルパーT細胞は、抗原の種類によって、Th1細胞になるか、Th2細胞になるかが変わります。

細菌・ウィルス担当のTh1細胞

まずは、Th1細胞の働きから見ていきましょう。

Th1細胞は、細菌やウィルスなどの異物に対して反応します。
敵を退治するためにB細胞へ「どんな敵なのか」を知らせ、抗体(武器)を作るよう指示を出します。B細胞は、作った抗体で敵を退治していきます。一方で、1度作った抗体は記憶しているため、同じ敵が二度と侵入してこさせないように見張ります。(抗原抗体反応)
Th1細胞は、B細胞だけでなく、キラーT細胞やNK細胞、マクロファージなどの細胞を活性化(指示を出す)させて、細菌やウィルスを食べてやっつけたり(貪食作用)、ときには武器(消化酵素など)を用いて破壊したりします。

Th1細胞が指令を出す際に分泌するのが、「IFN-γ(インターフェロンガンマ)」というサイトカイン(生理活性物質)。このサイトカインによる指令がなければ、B細胞やキラーT細胞たちは敵を攻撃することができません。

花粉やダニ、ホコリなどのアレルゲン担当はTh2細胞

一方の「Th2」細胞は、ダニやカビ、花粉などのアレルゲンに反応します。B細胞を活性化させて、抗原を退治するため抗体をつくります。

|

March 09, 2022

エムトークワンmTORC1の過剰活性化に対する牛乳の生涯にわたる影響:胎児期から小児期までの過成長、ニキビ、糖尿病、がん、および神経変性PUBUMEDより

Lifetime Impact of Cow’s Milk on Overactivation of mTORC1: From Fetal to Childhood Overgrowth, Acne, Diabetes, Cancers, and Neurodegeneration

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8000710/

エムトークワンmTORC1の過剰活性化に対する牛乳の生涯にわたる影響:胎児期から小児期までの過成長、ニキビ、糖尿病、がん、および神経変性

要旨

The consumption of cow’s milk is a part of the basic nutritional habits of Western industrialized countries. Recent epidemiological studies associate the intake of cow’s milk with an increased risk of diseases, which are associated with overactivated mechanistic target of rapamycin complex 1 (mTORC1) signaling.

牛乳の摂取は、欧米先進国の基本的な栄養習慣の一部となっています。最近の疫学研究では、牛乳の摂取は、エムトークワン(mTORC1)・酵素・ラパマイシン標的タンパク質複合体1シグナルの過活性化に関連する疾患リスク上昇と関連することが示されている。

mechanistic target of rapamycin complex 1:シソーラスラパマイシン標的タンパク質複合体1

This review presents current epidemiological and translational evidence linking milk consumption to the regulation of mTORC1, the master-switch for eukaryotic cell growth. Epidemiological studies confirm a correlation between cow’s milk consumption and birthweight, body mass index, onset of menarche, linear growth during childhood, acne vulgaris, type 2 diabetes mellitus, prostate cancer, breast cancer, hepatocellular carcinoma, diffuse large B-cell lymphoma, neurodegenerative diseases, and all-cause mortality.

このレビューは、牛乳摂取を真核細胞増殖のマスタースイッチであるmTORC1の調節に結びつける現在の疫学的およびトランスレーショナル証拠を提示する。疫学的研究は、牛乳摂取量と出生体重、ボディマス指数(BMI)、月経のはじまり、小児期の線形成長、前立腺がん、乳がん、肝細胞がん、びまん性大きなB細胞リンパ腫、および全原因死亡率との相関関係を確認する。

eukaryotic cell 真核細胞
body mass index(BMI)ボディマス指数(BMI)
linear growth 線形成長
acne vulgarisにきび (尋常性ざ瘡)
type 2 diabetes mellitus 2型糖尿病
prostate cancer 前立腺がん
hepatocellular carcinoma 肝細胞がん
diffuse large B-cell lymphoma,びまん性大細胞型リンパ腫
all-cause mortality:原因を問わない死亡率

Thus, long-term persistent consumption of cow’s milk increases the risk of mTORC1-driven diseases of civilization. Milk is a highly conserved, lactation genome-controlled signaling system that functions as a maternal-neonatal relay for optimized species-specific activation of mTORC1, the nexus for regulation of eukaryotic cell growth, and control of autophagy. A deeper understanding of milk´s impact on mTORC1 signaling is of critical importance for the prevention of common diseases of civilization.

したがって、牛乳の長期期間の持続的摂取はmTORC1よって引き起こされ文明病のリスクを高める。牛乳は、高度に保存された乳汁分泌ゲノム制御シグナル伝達系であり、真核細胞の増殖制御、およびオートファジーの制御のための連結手段であるmTORC1の最適化された種特異的活性化のための母体新生児リレーとして機能する。mTORC1シグナル伝達に対する牛乳の影響を深く理解することは、文明の一般的な疾患の予防にとって非常に重要である。牛乳がmTORC1シグナルに与える影響をより深く理解することは、一般的な文明病の予防に極めて重要である。

lactation 乳汁分泌
genome-controlled signaling system ゲノム制御シグナル伝達系
maternal-neonatal relay 母体- 新生児リレー
nexusつながり, 結びつき、連結手段.

Keywords: acne vulgaris, amino acids, cancer, diabetes mellitus, growth, milk, milk exosomal microRNAs, mortality, mTORC1, neurodegeneration

キーワード:にきび (尋常性ざ瘡)、アミノ酸、がん、糖尿病、成長、牛乳のエクソソーム・miRNA、死亡率、エムトークワンmTORC1、神経変性


用語

mTORC1栄養シグナル制御の分子基盤解析

大阪大学 微生物病研究所 発癌制御研究分野より

http://math-signal.umin.jp/member/kobo/okada.html

研究概要

真核細胞は、成長因子による刺激、細胞内外からの栄養素や細胞内エネルギーを用いて、その構成素材であるタンパク質、脂質、核酸などを同化あるいは異化することによって成長・増殖・分化し、細胞および個体生命を維持している。こうした生命の基本システムを統御する分子として、免疫抑制や抗がん作用のあるマクロライド系抗生物質Rapamycinの標的として同定されたmTORC1(mechanistic Target Of Rapamycin, Complex 1)が近年注目されている。mTORC1はmTOR キナーゼとRaptorなどの制御因子から構成されるタンパク質複合体である。mTORC1キナーゼは、タンパク質、脂質、核酸などの生合成を促進する多様な因子をリン酸化することによって同化反応を促進し、また、栄養欠乏状態においては、オートファジーやリソソーム生合成を促進することによって異化反応を促進する機能を持つ。

研究紹介|東邦大学理学部 生物分子科学科 大谷研究室
https://www.lab.toho-u.ac.jp/sci/biomol/ohtani/research/index.html

栄養状態を感知するmTORC1と免疫酵母からヒトまで高度に保存された酵素であるTORは、哺乳類では、mTORと呼ばれ、複合体であるmTOR complex (mTORC)1とmTORC2として存在します(図2)。mTORC1は、細胞外の栄養状態やエネルギー状態を感知して成長や増殖、代謝を制御し、mTORC2は細胞の生存や運動を制御します。また、mTORC1は免疫細胞の分化や機能の制御に関わっていることが分かってきました(図2)。

環境変化が免疫に与える影響を分子レベルで探る感染や病気により体中で炎症が起きると、患部では栄養が不足したり酸化状態が亢進したり、細胞内外の環境が変化します。その変化が、免疫反応に及ぼす影響を分子レベルで明らかにするため、mTORC1とシスチン/グルタミン酸トランスポーターという2つの分子に着目して実験動物や培養細胞を用いて研究を行っています(図1)。

栄養状態を感知するmTORC1と免疫

酵母からヒトまで高度に保存された酵素であるTORは、哺乳類では、mTORと呼ばれ、複合体であるmTOR complex (mTORC)1とmTORC2として存在します(図2)。mTORC1は、細胞外の栄養状態やエネルギー状態を感知して成長や増殖、代謝を制御し、mTORC2は細胞の生存や運動を制御します。また、mTORC1は免疫細胞の分化や機能の制御に関わっていることが分かってきました(図2)。

神経ガイダンス因子が、免疫と代謝をつなぐ―免疫・炎症疾患における栄養・代謝の重要性が明らかに―
https://www.amed.go.jp/news/release_20180519.html

昔から、「病は気から」「栄養をつけないと抵抗力が落ちる」と言われてきましたが、代謝と免疫の関係や、どのような仕組みで起こるのかということについては解明されていません。臨床医学研究では、1980年代以降の分子生物学的手法の導入により、免疫調節に関わるシグナル分子を標的にした薬剤が臨床応用されおり、病態解析において、代謝学的な視点は免疫調節や免疫疾患の研究の中でなおざりにされた経緯がありました。しかし、代謝センサーmTOR(エムトール)※4とその関連分子の発見等を契機に、代謝シグナルが免疫・炎症細胞の活性化・分化に重要な役割を果たしていることが明らかになり「免疫代謝(Immunometabolism)」という研究分野が大きな注目を集めています

|

January 29, 2022

新型コロナウイルス感染症-19と5Gを含む無線通信からの 無線周波放射暴露との関連証拠PUBMEDより

Evidence for a connection between coronavirus disease-19 and exposure to radiofrequency radiation from wireless communications including 5G

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8580522/

新型コロナウイルス感染症-19と5Gを含む無線通信からの無線周波放射暴露との関連証拠

radiofrequency radiation 無線周波放射

Coronavirus disease (COVID-19) public health policy has focused on the severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) virus and its effects on human health while environmental factors have been largely ignored.

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の公衆衛生政策は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)ウイルスとその人体への影響に焦点が当てられ、環境要因はほとんど無視されてきた。

In considering the epidemiological triad (agent-host-environment) applicable to all disease, we investigated a possible environmental factor in the COVID-19 pandemic: ambient radiofrequency radiation from wireless communication systems including microwaves and millimeter waves.

あらゆる疾病に適用される(病因-宿主-環境)を考慮し、我々はCOVID-19パンデミックにおける環境要因として、マイクロ波やミリ波を含む無線通信システムからの周辺無線周波数放射を調査した。

SARS-CoV-2, the virus that caused the COVID-19 pandemic, surfaced in Wuhan, China shortly after the implementation of city-wide (fifth generation [5G] of wireless communications radiation [WCR]), and rapidly spread globally, initially demonstrating a statistical correlation to international communities with recently established 5G networks.

COVID-19のパンデミックを引き起こしたウイルスであるSARS-CoV-2は、都市全体(第5世代[5G]の無線通信放射線[WCR])の導入直後に中国の武漢で表面化し、急速に世界的に広がり、当初は、最近確立された5Gネットワークを持つ国際社会との統計的相関を実証しました。

In this study, we examined the peer-reviewed scientific literature on the detrimental bioeffects of WCR and identified several mechanisms by which WCR may have contributed to the COVID-19 pandemic as a toxic environmental cofactor. By crossing boundaries between the disciplines of biophysics and pathophysiology, we present evidence that WCR may:

無線通信放射線WCRの有害な生体作用に関する査読済み科学文献を調査し、WCRが有害な環境補因子としてCOVID-19のパンデミックに寄与したと考えられるいくつかのメカニズムを特定しました。生物物理学と病態生理学の分野の境界を越えて、我々はWCRが以下の可能性があるという証拠を提示します。

(1)cause morphologic changes in erythrocytes including echinocyte and rouleaux formation that can contribute to hypercoagulation;

(1)ウニ状赤血球および連銭形成などの形態変化を引き起こし、凝固能亢進を助長する。

morphologic changes 形態変化
erythrocytes 赤血球
echinocyte  ウニ状赤血球
rouleaux 連銭形成
hypercoagulation 凝固能亢進

(2)impair microcirculation and reduce erythrocyte and hemoglobin levels exacerbating hypoxia;

(2)微小循環を損ない、赤血球やヘモグロビン濃度を低下させて低酸素症を悪化させる。

microcirculation 微小循環
Hypoxia 低酸素症

(3)amplify immune system dysfunction, including immunosuppression, autoimmunity, and hyperinflammation;

免疫抑制、自己免疫、過剰炎症などの免疫系機能不全を増幅する。

immune system dysfunction 免疫系の機能不全
immunosuppression, 免疫抑制
autoimmunity 自己免疫
hyperinflammation 過剰炎症

(4)increase cellular oxidative stress and the production of free radicals resulting in vascular injury and organ damage;

(4)細胞の酸化ストレスを増大させ、フリーラジカルの産生を促し、血管障害や臓器障害を引き起こす。

(5)increase intracellular Ca2+ essential for viral entry, replication, and release, in addition to promoting pro-inflammatory pathways; and

(5)炎症誘発経路の促進に加えて、ウイルスの侵入、複製、および放出に不可欠な細胞内カルシウムイオン(Ca2+)を増加させる。

pro-inflammatory炎症誘発 -

(6)worsen heart arrhythmias and cardiac disorders.

(6)心臓不整脈や心臓疾患を悪化させる。

Relevance for patients: In short, WCR has become a ubiquitous environmental stressor that we propose may have contributed to adverse health outcomes of patients infected with SARS-CoV-2 and increased the severity of the COVID-19 pandemic. Therefore, we recommend that all people, particularly those suffering from SARS-CoV-2 infection, reduce their exposure to WCR as much as reasonably achievable until further research better clarifies the systemic health effects associated with chronic WCR exposure.

患者の関連性:要するに、WCRは、新型コロナウイルスSARS-CoV-2に感染した患者の健康に悪影響を及ぼし、新型コロナウイルス感染症COVID-19パンデミックの重症度を高める可能性があると提案するユビキタス環境ストレス要因となっています。したがって、すべての人、特にSARS-CoV-2感染に苦しんでいる人は、さらなる研究が慢性WCR暴露に関連する全身的な健康への影響をよりよく明らかにするまで、合理的に達成可能な限りWCRへの暴露を減らすことをお勧めします。

Keywords: COVID-19; Coronavirus; coronavirus 2; coronavirus disease-19; electromagnetic fields; electromagnetic stress; environmental factor; microwave; millimeter wave; pandemic; public health; radio frequency; radiofrequency; severe acute respiratory syndrome; wireless.

キーワード: 新型コロナウイルス感染症COVID-19、コロナウイルス、コロナウイル2、コロナウイルス病19、電磁場、電磁ストレス、環境要因、電子レンジ、ミリ波、パンデミック、
公衆衛生、無線周波数、無線周波数、重症急性呼吸器症候群、ワイアレス

精油・キャリアオイル商品のご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

January 26, 2022

結論(天空の出来事:太陽黒点極小期)と(地上の出来事:新型コロナウイルス感染症)は相互に関連 新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?より

What sunspots are whispering about covid-19?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8016555/

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

Concluding remark

結論

Scientific progress has greatly expanded the ability of humankind to cause large-scale changes in the environment. Unfortunately, we do not always understand the subtle feedback loops that operate in the biosphere to predict all consequences of such changes. An amusing example of the unexpected outcome of a large-scale human intervention in nature is provided in [36].

科学的進歩は、人類の能力を大幅に拡大させて、環境に大きな変化を起こした。残念ながら、このような変化のすべての結果を予測するために生物圏で機能する微妙なフィードバックループを常に理解しているわけではありません。人間が自然界に大規模な介入を行った結果、予期せぬ事態が発生したという面白い例があります[36]。

For unknown reasons, fish in the Gulf of Mexico position themselves over buried oil pipelines off the shore of Texas, orienting themselves directly above the buried pipeline at a height of 1?3 m above the seabed and perpendicular to the axis of the pipeline. Presumably they are responding to some electromagnetic stimuli, such as remnant magnetism in pipeline sections, voltage gradient induced by corrosion protection devices, or transient signals induced into the pipeline by remote lightnings or solar wind induced magnetic storms [36].

理由は不明ですが、メキシコ湾の魚はテキサス沖の埋設石油パイプラインの上に位置し、海底から1〜3mの高さでパイプラインの軸に垂直に真上に方向を向いている。おそらく、パイプラインの残留磁気、腐食防止装置による電圧勾配、遠隔地の雷や太陽風による磁気嵐によってパイプラインに誘導される過渡信号など、何らかの電磁的刺激に反応しているのだろう [36]。

perpendicular 垂直
electromagnetic stimuli 磁気刺激
remnant magnetism 残留磁気
voltage gradient 電圧勾配
corrosion protection 腐食防止
transient signals 過渡信号
solar wind:太陽風
太陽風(たいようふう、英: solar wind)は、太陽から吹き出す極めて高温で電離した粒子(プラズマ)のことである。
magnetic storms 磁気嵐

The research of biological effects was intensified at about 1967 as part of an evaluation of the environmental impact of a proposed ELF military antenna (Project Sanguine) [37]. Unfortunately, the presence of military and commercial components in this research makes it politically very sensitive [27]. Nonetheless, in light of the results so far available, it would be too irresponsible to dismiss such effects as being implausible [32].

生物学的影響の研究は、1967年頃に提案されたち超低周波ELF軍事アンテナ(プロジェクトサングイン)の環境影響の評価の一部として強化された[37]。残念ながら、この研究には軍用と商業用の部品が含まれているため、政治的に非常に敏感なものとなっている[27]。それにもかかわらず、これまでに得られている結果に照らして、そのような効果があり得ないとして却下するのは、あまりにも無責任であろう[32]。

Project Sanguineプロジェクトサングイン
Project Sanguineは、1968年に極低周波(ELF)電波を使用して潜水艦と通信するために提案された米国海軍のプロジェクトでした。

On the practical side, if ELF fields cause biological effects, whatever the unknown mechanism of this interaction, we can try to use these effects in our fight against SARS-CoV-2 and similar infections. It is known that bioelectric signals generated by the metabolic activity of cells are in an ELF range, therefore by interfering with these signals by external low intensity ELF electromagnetic fields we can suppress microbial or bacterial activities [38], [39], [40].

実用面では、もし超低周波ELF磁場が生物学的影響を引き起こすなら、この相互作用の未知のメカニズムが何であれ、我々は新型コロナウイルスSARS-CoV-2と同様の感染症に対する戦いでこの効果を利用しようとすることができる。細胞の代謝活動によって生成される生体電気信号は超低周波ELF帯にあることが知られており、したがって、外部からの低強度のELF電磁場によってこれらの信号を妨害することによって、微生物や細菌の活動を抑制することができる[38], [39], [40]。

We believe that under the burden of the Covid-19 pandemic, research in this direction should be intensified. Studies of the antimicrobial effects of ELF electromagnetic fields are not expected to be too expensive. If successful, it promises a non-invasive, inexpensive, safe and fast technique to fight infections [39], [40].

新型コロナウイルス感染症Covid-19の負担の下、この方向での研究を強化すべきと考える。ELF電磁場の抗菌作用の研究は、それほど高価なものではないと思われます。成功すれば、非侵襲的で安価、安全かつ迅速な感染症対策の技術になることが期待される[39], [40].

Is Covid-19 pandemic related to the deepest sunspot minimum for a century we are experiencing now? During sunspot minimum solar magnetic field gets weaker and, as a result, galactic cosmic rays flux entering the earth increases. There are some indications that an increase in the flux of cosmic rays can lead to an increase in lightning activity on earth [41], [42] and thus change the natural ELF electromagnetic background. As noted in [27], changing the electromagnetic background poses a twofold challenge to us: weakening the immune system due to constant stress and more severe illnesses, since electromagnetic fields can stimulate bacterial growth and increase their resistance to antibiotics.

新型コロナウイルス感染症Covid-19のパンデミックは、私たちが今経験している100年来の最も計り知れない太陽黒点極小期 と関係があるのでしょうか? 太陽黒点極小期には太陽磁場が弱くなり、その結果、地球に侵入する銀河宇宙線流束が増加する。宇宙線流束の増加は、地球上の雷活動の増加 [41], [42]につながり、自然のELF電磁波背景を変化させるという指摘がある。「27]で述べたように,電磁波の背景を変えることは,私たちに2つの課題を突きつける。すなわち,電磁波は細菌の増殖を刺激し,抗生物質に対する耐性を高めることになるので,絶え間ないストレスによる免疫システムの弱体化と病気の重篤化である。

sunspot minimum 太陽黒点極小期
galactic cosmic rays 銀河宇宙線
flux流束〔エネルギーや粒子などの流れの大きさの〕

Increased cosmic rays can lead also to appearance of novel virion strains due to induced mutation and genetic recombination events [9], [54], especially if viruses spread even beyond the tropopause (new bacteria have been found in the stratosphere and even on the exterior of the International Space Station, orbiting at a altitude of 400 km) [54].

また、宇宙線の増加は、誘発突然変異および遺伝子組み換え事象による新たなビリオン株の出現にもつながり、特に、特にウイルスが対流圏界面をも超えて拡散する場合(成層圏や高度400kmを周回する国際宇宙ステーションの外壁でも新しい細菌が発見されている)[54]。

Virion ビリオン
ビリオン (ヴィリオン、英: virion) は、細胞外におけるウイルス (virus)の状態であり、完全な粒子構造を持ち、感染性を有するウイルス粒子のことをいう。
induced mutation:誘発突然変異(放射線照射や変異原物質を投与をすることで生じる突然変異。)
genetic recombination events 遺伝子組み換え事象
tropopause 対流圏界面
stratosphere 成層圏

Interestingly, the idea that the flux of galactic cosmic rays can affect the ELF electromagnetic background can be tested using the Forbush effect [43]. During solar flares, the flux of galactic cosmic rays decreases rapidly (over a day or less) due to modification of the near-Earth interplanetary magnetic field. This so-called Forbush decrease is transient and is followed by a gradual recovery over several days [44], [45], [46].

興味深いことに、銀河宇宙線の流束が超低周波ELF電磁背景に影響を与える可能性があるという考えは、フォーブッシュ効果[43]を使用してテストすることができます。太陽フレア発生中、地球近傍の惑星間磁場の変化により、銀河宇宙線流束は急速に(1日以下)減少する。このいわゆるフォーブッシュ減少は一過性であり、数日間にわたって緩やかな回復が続く[44]、[45]、[46]。

Forbush decreaseフォーブッシュ減少
Forbush decrease》地球に降り注ぐ宇宙線の強度が太陽活動による磁気嵐が発生したときに減少すること。フレアで放出された荷電粒子が宇宙線を遮るためと考えられている。コトバより
near-earth 地球近傍
interplanetary magnetic field. 惑星間磁場

Based on the measurements in the Kola peninsula, it was demonstrated that in all ten events of significant Forbush-decreases, the intensity of the ELF-atmospherics decreased (down to their complete disappearance) [43]. It was hypothesized that this phenomenon is caused by a decrease in the intensity of discharges of a special type (sprites and jets) as a result of a decrease in atmospheric ionization at altitudes of 10?30 km during the Forbush decrease in the flux of galactic cosmic rays [43].

ロシアのコラ半島での測定に基づき、フォーブッシュ減少が顕著だった10事象すべてにおいて、超低周波ELF大気圏の強度が減少した(完全に消滅するまで)ことが実証された[43]。
この現象は、銀河宇宙線流速がフォーブッシュ減少した際に、高度10-30kmの大気電離が減少した結果、特殊なタイプの放電(スプライトとジェット)の強度が減少したことに起因すると仮定された[43]。

Kola peninsulaコラ半島、ロシア
atmospheric ionization 大気イオン化

超高層雷放電(ちょうこうそうかみなりほうでん)(スプライトとも言う)は、高度20?100kmの成層圏・中間圏・下部熱圏(下部電離層)にかけて起こる、放電による発光現象である。ウィキペディア

2種類の「超高層雷放電」を同時に撮影…ハワイのジェミニ天文台
https://www.businessinsider.jp/post-230339

雷雨のとき、空に赤や青の稲妻が見えることがある。
レッドスプライト、ブルージェットと呼ばれるこれらの発光現象「超高層雷放電」は、写真に捉えるのが非常に難しい。

Cosmic ray forcing of the climate acts simultaneously and with the same sign throughout the entire globe and operates on all time scales from days to hundreds of millions of years [47]. For this reason, even a relatively small forcing can lead to a large climatic response over time [47]. To unravel the anthropogenic contribution to the current climate change and assess its danger, which is now the subject of much public concern and controversy, we need to understand physical mechanisms underlying the influence of solar and cosmic ray variability on climate and their impact on the biosphere.

気候の宇宙線放射強制力は、地球全体で同時に同じ符号で作用し、数日から数億年までのあらゆる時間スケールで作用する[47]。このため、比較的小さな強制力であっても、時間とともに大きな気候反応を引き起こす可能性がある[47]。現在の気候変動に対する人類の起源と進化の研究に関する寄与を解明し、現在多くの人々の関心と論争の的となっているその危険性を評価するためには、太陽と宇宙線の変動が気候に及ぼす影響と生物圏に及ぼす影響の基礎となる物理的メカニズムを理解することが必要である。

anthropogenic 人類の起源と進化の研究の、または、人類の起源と進化の研究に関する
biosphere. 生物圏

It has recently been shown that bats, like many other animals with highly developed magnetosensory skills, use magnetic field for orientation and can sense even very weak magnetic fields [48], [49], [50]. Perhaps, this magnetoreception is influenced by ELF electromagnetic background [51], [52]. Another source of possible influence is the change in cloudiness due to the increased flux of galactic cosmic rays, as bats have been shown to calibrate their magnetic compasses with sunset cues [53].

最近、高度に発達した磁気感覚能力有する他の多くの動物と同様に、コウモリも方向感覚に磁場を利用し、非常に弱い磁場でも感知できることが明らかになった[48], [49], [50].おそらく、この磁気知覚はELF電磁波背景に影響されている[51], [52]。また,コウモリが日没を手がかりに磁気コンパスを調整することが示されているように,銀河宇宙線流速の増加による曇りの変化も影響源として考えられる [53].

Magnetosensory 磁気感覚

銀河宇宙線がもたらす雲の日傘効果 神戸大学が気候への影響を示す証拠を発見
地球環境地球温暖化神戸大学より

宇宙から飛来する高エネルギー粒子、銀河宇宙線には、雲の生成を誘起して雲量を増加させる効果がある(スベンスマルク効果)。

So, one can imagine the following scenario1. Changes in the ELF electromagnetic background, caused by the increased flux of cosmic rays due to unusually deep sunspot minimum, can cause abnormal movements of the population of bats and affect the time of their arrival and departure. Delayed arrival or departure and longer travel times can increase the population of bats in some areas, thereby increasing competition for limited food supplies, and can also increase the likelihood of interspecies transmission of the virus. Besides, increased level of irradiation increases genetic recombination rates, as was demonstrated in laboratories during the 1950s and 1960s [6]. Finally, under the influence of these circumstances, the new coronavirus successfully recombined and caused the Covid-19 pandemic.

そこで、次のようなシナリオが想像される1 。異常に深い太陽黒点極小期による宇宙線流束の増加によって引き起こされた超低周波ELF電磁波背景の変化は、コウモリ個体数の
異常な動きを引き起こし、その到着と出発の時刻に影響を与える可能性があります。到着や出発が遅れたり、移動時間が長くなると、地域によってはコウモリの個体数が増え、それによって限られた食料をめぐる競争が激化し、ウイルスの種間感染の可能性も高くなる可能性があります。その上、1950年代から1960年代にかけて研究所で実証されたように、照射レベルの増加は遺伝子組換え率を増加させる[6]。最終的に、これらの状況の影響下で、新しいコロナウイルスはうまく組み替えられ、Covid-19のパンデミックを引き起こしたのである

interspecies transmission 種間感染

We end this article with a funny observation from [54]. The Italian word influencia means influence, meaning the influence of the stars in the case of influenza illness. This etiology reflects the belief of our ancestors that events in the sky and events on Earth are interconnected. It may well be that they were right.

最後に、[54]の面白い考察を紹介します。イタリア語のinfluenciaは影響という意味で、インフルエンザの病気の場合、星の影響を意味する。この病因は、天空の出来事と地上の出来事は相互に関連しているという、我々の祖先の信念を反映している。彼らが正しかったということなのだろう。

用語

太陽黒点について調べたときに見つけた。
尚、2019年12月の極小値も前回を下回り、三鷹での観測では黒点相対数が過去最低と出ていました。

太陽でプラズマ爆発現象

国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

https://solarwww.mtk.nao.ac.jp/jp/solarobs.html

太陽活動第24周期は、2008年12月から2019年12月までの11年間継続し、継続期間は平均的な長さでした。一方で活動度は低調で、三鷹での1929年以降の観測では黒点相対数の極大が最も小さく、世界中の観測を集計したSILSOの記録でも108年ぶりに低い極大となった周期でした。 太陽活動第24周期は、2008年12月から2019年12月までの11年間継続し、継続期間は平均的な長さでした。一方で活動度は低調で、三鷹での1929年以降の観測では黒点相対数の極大が最も小さく、世界中の観測を集計したSILSOの記録でも108年ぶりに低い極大となった周期でした。2019年12月の極小値も前回を下回り、三鷹での観測では黒点相対数が過去最低となっています。

|

January 15, 2022

“低周波電磁場の生体影響”太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)より

What sunspots are whispering about covid-19?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8016555/

新型コロナウイルス感染症(COVID 19)について太陽の黒点は何をささやいている?

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

PUBMEDより

Published online 2021 Jan 7.

Biological effects of ELF electromagnetic fields

低周波電磁場の生体影響

Modern life is not conceived without electricity with its power lines and appliances, without telecommunication devices. A byproduct of this technical revolution is an ever-growing number of sources of artificial electromagnetic fields, both in ELF and radio frequency range, and this circumstance, as already mentioned, elicits public health concerns [15].

現代の生活は、送電線や電化製品、通信機器などの電気なしには考えられません。この技術革命の副産物として,低周波ELFと無線周波数帯域の両方の人工電磁場の発生源が増え続けており,この状況は,すでに述べたように,公衆衛生上の懸念を引き起こしている[15]。

power lines 送電線
radio-frequency range 無線周波数帯域

The scope of interactions of electromagnetic fields (EMF) with living matter is rich and diverse, requiring simultaneously an unbiased, open-minded, careful and cautious approach when studying the influence of EMF on biological processes.

電磁場と生体との相互作用の範囲は豊富で多様であり、電磁場が生体プロセスに及ぼす影響を研究する際には、偏りのない、開かれた、注意深い、慎重なアプローチが同時に必要とされる。

Electromagnetic Field, EMF :電磁場EMF

Despite a large body of literature devoted to biological effects of ELF magnetic fields (in contrast to ELF electric fields, magnetic fields easily can penetrate biological tissues), no coherent picture has emerged so far regarding the plausibility of such effects, or regarding the interaction mechanisms.

超低周波ELF電場とは異なり、磁場は生体組織を容易に透過するため、ELF磁場の生物学的影響に関する数多くの文献があるにもかかわらず、その影響の妥当性や相互作用メカニズムに関する首尾一貫した見解は今のところ得られていない。

ELF magnetic fields 超低周波磁場

Epidemiological studies that have focused on the potential health hazards of EMFs are largely controversial. About half of the studies found such effects, but the other half failed to find them [19]. The reason for these conflicting results is unclear.

電磁場EMFの潜在的な健康被害に焦点を当てた疫学的研究は、主に議論の余地があります。研究の約半分はそのような効果を発見したが、残りの半分はそれらを見つけることができませんでした [19].これらの矛盾する結果の理由は不明です。

Nonetheless, ample and compelling evidence had been accumulated indicating that ELF electromagnetic fields has important effects on cell functioning [20], [21], [22], [23], [17], [24], [25]. The nature of these effects is not entirely clear. The problem is that such effects are observed for very weak magnetic fields, so weak that any such effect is expected to be masked by thermal noise [26].

それにもかかわらず、超低周波ELF電磁場が細胞機能に重要な影響を及ぼすことを示す十分かつ説得力のある証拠が蓄積されていた [20], [21], [22], [23], [17], [24], [25]. これらの効果の性質は完全には明らかにされていない。問題は、このような効果が非常に弱い磁場に対して観測されることであり、そのような効果は熱雑音によって隠されてと予想されるほど弱いのである[26]。

compelling evidence:説得力のある証拠
very weak magnetic fields 微弱磁場
thermal noise 熱雑音

熱雑音(ねつざつおん、英: thermal noise)は、抵抗体内の自由電子の不規則な熱振動(ブラウン運動[1])によって生じる雑音のことをいう。ウィキペディアより

Perhaps, the extreme sensitivity of living organisms to weak electromagnetic fields is not completely unexpected from the point of view of evolutionary biology,
since life arose and evolved on Earth with the constant presence of natural ELF electromagnetic fields, especially Schumann resonances [27], [28].

おそらく、自然な超低周波ELF電磁場、特にシューマン共振が常時存在する地球上に生命が誕生して、進化したのだから、弱電磁場に対する生物の極端な感受性は進化生物学の観点から完全に予期しなかったわけではない[27], [28]。

Remarkably, there is a striking similarity between natural ELF signals and human brain electroencephalograms [29]. Amazingly, many species exhibit, irrespective of the size and complexity of their brain, essentially similar lowfrequency electrical activity [30], and it is possible that the dominant frequencies of brain waves may be an evolutionary result of the presence and influence of the resonant ELF electromagnetic background of Schumann [31].

自然の超低周波ELF信号とヒト脳の脳波との間には顕著な類似性がある[29]。驚くべきことに,多くの生物種が,脳の大きさや複雑さに関係なく,本質的に類似した低周波の電気活動を示しており[30],脳波の支配的な周波数は,シューマンの共振した超低周波ELF電磁背景の存在と影響による進化的な結果である可能性がある[31]。

electroencephalogram 脳波
lowfrequency 低周波

An interesting hypothesis is that ELF background fields played an important role in the evolution of biological systems and are used by them as a means of stochastic synchronization for various biorhythms [28]. The Schumann resonance frequencies are mainly controlled by the Earth’s radius, which has remained constant over billions of years. Therefore, these frequencies can play a special role for the regulatory pathways of living organisms, the Schumann resonances providing a synchronization reference signal, a Zeitgeber (time giver) [12].

興味深い仮説は、超低周波ELF背景磁場が生物系の進化に重要な役割を果たし、様々なバイオリズムの確率共振の手段として生物系に利用されていることである[28]。シューマン共振周波数は、主に地球の半径によって制御されており、その半径は数十億年の間、一定である。したがって、これらの周波数は生物の調節経路にとって特別な役割を果たすことができ、シューマン共振は同期の基準信号、Zeitgeber(同調因子)を提供する[12]。

background field 背景磁場
stochastic synchronization確率共振

確率共鳴(かくりつきょうめい、英語: Stochastic Resonance)とは、信号に雑音(ノイズ)を加えることで、ある確率の下で、信号が強まり、反応が向上する現象。確率共振(かくりつきょうしん)と訳されることもある。

Earth’s radius 地球半径
地球半径(ちきゅうはんけい、英: Earth radius)とは、天文学において地球の赤道における半径を長さの単位として用いる場合の数値である。ウィキペディアより

Zeitgeber 同調因子 (生体の固有リズムを外界に合わせる光などの)

This hypothesis, while attractive, has a serious drawback: it remains a mystery how living cells can detect a Schumann resonance signal that is so weak (the magnetic component is only several pT) compared to the ubiquitous thermal noise.

この仮説は魅力的でこの仮説は魅力的ではあるが、重大な欠点がある。それは、それは、どこにでもある熱雑音に比べて非常に弱い(磁気成分はわずか数pT)シューマン共振信号を、生きた細胞がどのように検出できるのかが謎であることである。それは、ユビキタス(どこにでもある)熱雑音と比較して、生きている細胞が、非常に弱い(磁気成分は数ポイントpTに過ぎない)シューマン共鳴信号を検出する方法は謎のままです。

Ubiquitous :ユビキタス(いたるところに存在する(遍在)という意味)

The clue maybe is provided by spatially and temporally coherent interactions of Schumann resonances with a large ensemble of components of the system [32]. For example, the human body contains about 1014 cells and 1010 cortical neurons.

その手がかりは、シューマン共振とシステムの構成要素の大きなアンサンブルとの空間的・時間的にコヒーレントな相互作用によってもたらされるのかもしれない[32]。例えば、人体には約1014個の細胞、1010個の皮質ニューロンが存在する。

cortical neuron皮質ニューロン

If the ELF electromagnetic fields, and in particular the Schumann resonances, really play a regulatory role in biological processes, then the effect of solar activity on living organisms will not look so mysterious, since solar activity changes the geomagnetic field and can lead to geomagnetic storms, as well as to changes in the parameters of the ionosphere, and, consequently, to a change in the parameters of Schumann resonances and ELF radiation background.

もし、超低周波ELF電磁場、特にシューマン共振が本当に生物学的プロセスにおいて調節的役割を果たすのであれば、太陽活動が生物に及ぼす影響もそれほど不思議なことではなくなります。なぜなら、太陽活動が地球磁場を変化させ、磁気嵐を引き起こし、電離層のパラメータが変化して、その結果としてシューマン共振や超低周波ELF放射バックグラウンドのパラメータが変化する可能性があるからです。

geomagnetic field 地球磁場
geomagnetic storm磁気嵐
地球磁場の水平成分が大きく減少する現象で、太陽のフレア(太陽面爆発現象)によって作り出される荷電粒子(プラズマ)が地球近傍までやってくると起こる。Webilio辞書より

There are some indications that abrupt changes in geomagnetic and solar activity, as well as geomagnetic storms, can act as stressors that alter the regulatory processes of organisms, blood pressure, immune, neurological, cardiac and some other important life-supporting processes in living organisms [33].

There are studies that indicate that geomagnetic disturbances can exacerbate existing diseases, can lead to cardiac arrhythmias, cardiovascular disease, a significant increase in hospitalization rates for mental disorders, depression, suicide attempts, homicide and traffic accidents (see [33] and references therein).

地磁気活動と太陽活動の急激な変化、ならびに磁気嵐は、生物、血圧、免疫、神経学的、心臓の調節プロセスおよび生物における他の重要な生命維持プロセスを変化させるストレス要因として作用する可能性があるといういくつかの示唆がある。地磁気の乱れが既存の病気を悪化させ、心不整脈、心血管系疾患、精神障害、うつ病、自殺未遂、殺人、交通事故の入院率の著しい上昇につながる可能性があることを示す研究がある([33]とその中の参考文献を参照されたい)

geomagnetic activity 地磁気活動
geomagnetic disturbances :地磁気擾乱.

There are several hypotheses that could explain this strange connection between solar activity and geomagnetic disturbances and mental health.According to the visceral theory of sleep [34], the same cortical neurons that process exteroceptive information in the waking state switch to processing information from various internal organs during sleep. At the same time, a violation of the switching process, when visceral information is mistakenly interpreted by the brain as exteroceptive, can manifest itself as a mental disorder [35].If these hypotheses are correct, and if geomagnetic disturbances can influence the brain’s switching mechanisms, then the unexpected link between solar activity and mental disorders could be explained.

太陽活動や地磁気擾乱.とメンタルヘルスとの間にこの奇妙な関係を説明しうる仮説はいくつかある。睡眠の内臓理論 [34] によれば、覚醒状態で外受容情報を処理するのと同じ皮質ニューロンが、睡眠中に様々な内臓からの情報処理に切り替わる。同時に、内臓情報が外受容情報として間違って脳によって判断されると、スイッチング過程の妨害は精神障害として現れることもある[35]。これらの仮説が正しく、地磁気擾乱が脳のスイッチング機構に影響を与えるとすれば、太陽活動と精神障害との間の予期せぬ関連性を説明することができるだろう。

geomagnetic disturbances 地磁気じょう乱
cortical neuron 皮質ニューロン
exteroceptive 外受容の
visceral theory  内臓理論



関連文献

確率共振を調べたときに見つけた

ゆらぎによってヒトの脳を活性化する
「協調と制御」領域 山本 義春 要旨
https://www.jst.go.jp/kisoken/presto/complete/kyotyo/pdf/researcher/2001_08_yamamoto.pdf

本研究では、ヒト脳における「確率共振」現象を利用した脳機能活性化、具体的には、 主として視覚認知機能と循環制御機能の向上について検討した。確率共振とは、非線形 システムへのごく微弱な入力に対する信号検出力が適度な強度のノイズ存在下で向上す るというものである。ステレオスコープを用いて一方の眼に信号を、もう一方の眼にノ イズをそれぞれ分離入力した結果、ある程度のノイズ存在下で視覚認知能力が最大とな り、視覚-運動関連対および視覚関連対の位相同期度の向上も脳波において観察された。 また、経皮的な前庭電気刺激によるノイズ印加によって健常成人の起立刺激に対する心 拍数の応答および、自律神経疾患、パーキンソン病患者に対する心拍数、体動応答性の 改善がみられた。

新年精油セット割引セールは1月20日までです。

https://phytoaroma.ocnk.net/product-list/54

|

«太陽の黒点と新型コロナウイルス感染症(COVID 19)