三上杏平先生キャリアオイル講座:「キャリアオイルの概論と皮膚吸収による代謝・機能(PG)について」(2018年12月8日・土)のお知らせ

三上先生講座は9月から初めて今回で3回目になります。キャリアオイルのことを勉強します。

講義中に解らないことがあれば自由に質問をすることができます。先生から詳しく説明いただけます。

三上杏平先生キャリアオイル講座:「キャリアオイルの概論と皮膚吸収による代謝・機能(PG)

講義内容

(1)キャリアオイル製造の簡単な説明

(2)キャリアオイルと脂肪族の構造式など説明

(3) キャリアオイルの皮膚吸収メカニズム

(4)オメガ3系とオメガ6系とは

(5)代謝後の機能:プロスタグランジン類とは

(6)プロスタグランジン類の機能について

日時:2018年12月8日(土) 13:00〜17:00(13:00より受付)

会場:アットビジネスセンター池袋駅前 本館 802号室
池袋東口 徒歩30秒
目印は薬サンドラックの看板
https://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/honkan.html

所在地: 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目3−5 池袋伊藤ビル
電話:03-6869-9876

受講料:10,000円(銀行振り込み)

三上杏平先生
ハーブ&アロマアドバイザー、ナードジャパンアロマテラピー協会顧問(前会長)アロマセラピー界における精油化学研究の第一人物。精油の化学・機能性を解りやすく丁寧に教えてくれます。マイ・キャリアオイル・バイブル(牧歌舎)の著書があります。

◆お問い合わせ・申込について◆

お申し込みの際は下記の内容をご記入の上

こちらのメールでご返信くださいますようお願い申し上げます。

(1)名前とふりがな
(2)住所
(3)当日連絡が取れる電話番号
(4)ご職業

フィトアロマ研究所
小島宛
E-mail: phytoaroma@smile.odn.ne.jp

TEl/FAX:045-621-2710

みなさまのご参加お待ちしております。

いつもありがとうございます。

|

November 19, 2018

マウスにおける視床下部オレキシン神経細胞によって媒介されるリナロールの香り誘発鎮痛作用

Odour-induced analgesia mediated by hypo...

» Continue reading

|

November 04, 2018

三上杏平先生精油化学講座:アロマテラピーのための精油の化学入門で精油にも関係する薬物動態学

三上杏平先生精油化学講座:アロマテラピーのための精油の化学入門で精油の薬物動態学...

» Continue reading

|

November 02, 2018

樹木が互いにどのょうにコミュニケーションしているだけでなく、人間の情動にどのように反応するのかを見ていきたい。

相互接続性樹木研究プロジェクト・ハートマス研究所 Interconnectivi...

» Continue reading

|

October 29, 2018

抗しわ治療のためのクスリウコン(Curcuma xanthorrhiza)主要成分キサントリゾールの使用

クスリウコンのキサントリゾールのことを調べていたときに見つけた記事です。クスリウ...

» Continue reading

|

October 22, 2018

クスリウコン精油主要成分キサントリゾールのアルツハイマー病への効果(細胞実験)

The antioxidant xanthorrhizol prevents a...

» Continue reading

|

October 15, 2018

ゲラニオールのパーキンソン病に対する効果(細胞実験)

Geraniol Protects Against the Protein an...

» Continue reading

|

October 11, 2018

ゲラニオールの抗腫瘍効果:がんのホールマーク(特徴)経路の調節(レビュー)

The antitumor effects of geraniol: Modul...

» Continue reading

|

October 04, 2018

がん患者の治療におけるブラッククミンの治療的役割の可能性に関する考察:アポトーシスの関与: - ブラッククミンおよびがん

Review on the Potential Therapeutic Role...

» Continue reading

|

October 01, 2018

三上杏平先生精油化学講座:アロマテラピーのための精油の化学入門(2018年11月3日・土)のお知らせ

アロマテラピーのための精油の化学入門 講義内容 (1)有機化学物質の結合の基本(...

» Continue reading

|

«ジャスミンサンバックの花をウォーター・ディステレーション、溶剤抽出およびアンフルラージュ法で抽出したらアンフルラージュ法の香りが生花に最も近かった。