March 23, 2019

神経膠腫(グリオーマ )治療に対する鼻腔内ペリリルアルコール:分子メカニズムおよび臨床開発

Intranasal Perillyl Alcohol for Glioma Therapy: Molecular Mechanisms and Clinical Development
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6321279/
神経膠腫(グリオーマ )治療に対する鼻腔内ペリリルアルコール:分子メカニズムおよび臨床開発
intranasal 鼻腔内
perillyl alcohol ペリリルアルコール
Glioma: :神経膠腫(グリオーマ )
PUBMEDより
Int J Mol Sci. 2018 Dec; 19(12): 3905.
Published online 2018 Dec 6. doi: 10.3390/ijms19123905
Thomas C. Chen,1,* Clovis O. da Fonseca,2 and Axel H. Schönthal3,*
Abstract
要旨
Intracranial malignancies, such as primary brain cancers and brain-localized metastases derived from peripheral cancers, are particularly difficult to treat with therapeutic agents, because the blood-brain barrier (BBB) effectively minimizes brain entry of the vast majority of agents arriving from the systemic circulation.Intranasal administration of cancer drugs has the potential to reach the brain via direct nose-to-brain transport, thereby circumventing the obstacle posed by the BBB.
血液脳関門(BBB)は体循環から到来する大半の薬剤の侵入を最小にするので、原発性脳腫瘍および脳に限局している転移などの頭蓋内悪性腫瘍は特に治療薬で治療するのが難しい。抗がん剤の鼻腔内投与は鼻から脳への直接輸送を介して脳に到達する可能性があり、それによって、血液脳関門(BBB)によってもたらされる障害を回避する。
intracranial 頭蓋内
malignancies 悪性腫瘍
primary brain cancer 原発性脳腫瘍
metastases 転移
peripheral cancer 末梢性がん
therapeutic agents 治療薬
blood-brain barrier (BBB) 血液脳関門(BBB)
systemic circulation 体循環
cancer drug 抗がん剤
However, in the field of cancer therapy, there is a paucity of studies reporting positive results with this type of approach. A remarkable exception is the natural compound perillyl alcohol (POH). Its potent anticancer activity was convincingly established in preclinical studies, but it nonetheless failed in subsequent clinical trials, where it was given orally and displayed hard-to-tolerate gastrointestinal side effects.
しかしながら、がん治療の分野において、この種のアプローチで肯定的結果を報告する研究は不足している。注目すべき例外は、天然化合物ペリリルアルコール(POH)です。その強力な抗がん作用は前臨床試験で説得力をもって確立されたが、それにもかかわらず、それはその後の臨床試験では失敗した。それは経口投与されて、耐えられないほどの胃腸の副作用を示した。
Intriguingly, when switched to intranasal delivery, POH yielded highly promising activity in recurrent glioma patients and was well tolerated. As of 2018, POH is the only intranasally delivered compound in the field of cancer therapy (outside of cancer pain) that has advanced to active clinical trials. In the following, we will introduce this compound, summarize its molecular mechanisms of action, and present the latest data on its clinical evaluation as an intranasally administered agent for glioma.
興味深いことに、鼻腔内投与に切り替えたときに、ペリリルアルコール(POH)は再発性神経膠腫患者において極めて有望な活性をもたらし、そして十分に許容された。2018年現在、ペリリルアルコール(POH)は積極的に臨床試験へと進んでいるがん治療(がん疼痛以外)の分野で鼻腔内投与される唯一の化合物です。以下では、私たちはこの化合物を紹介し、その分子作用機構を要約し、神経膠腫の鼻腔内投与薬としての臨床評価に関する最新のデータを提示します。
recurrent glioma patients 再発性神経膠腫患者
molecular mechanisms of action 分子作用機構
Keywords: intranasal, perillyl alcohol, temozolomide
キーワード:鼻腔内、ペリリルアルコール、テモゾロミド
用語
ペリリルアルコール(POH)は紫蘇精油に5.4%含まれています。
紫蘇精油
学名:Perilla frutescens
科名:シソ科
抽出部位:葉と花穂
(―) Perillaldehyde (―) ペリルアルデヒド(86.8%)
Perilly alcohol ペリリルアルコール(5.4%)
Linalool リナロール(1.6%)
Second edition Essential Oil Safetyより
神経膠腫(グリオーマ)
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/glioma/tumor/glioma.html
脳腫瘍は、最新の病理学的分類によると100種類以上あります2)。脳腫瘍は大きく良性と悪性に分けられ、そのいずれであるかによって治療戦略が変わってきます。
良性脳腫瘍の場合は、手術の果たす役割が大きく、完全に摘出できれば完治が期待できます。一方、悪性脳腫瘍の場合は手術だけではなく、放射線治療と化学療法も重要です。
脳と脊髄には神経細胞と神経線維以外に、それらを支持する神経膠細胞があり、この神経膠細胞から発生する腫瘍を総称して神経膠腫(グリオーマ )といいます。
脳腫瘍とは
http://team.tokyo-med.ac.jp/nou/neuro/disease01.html
脳腫瘍とは文字通り「脳および髄膜に発生した新生物(できもの、腫瘍)」のことです。頭蓋骨の下には、脳を覆っている髄膜(硬膜、くも膜、軟膜)があり、その髄膜で覆われているのが脳です。脳腫瘍とは頭蓋骨の中に発生した新生物をすべて含んだ名称です。
]
 脳腫瘍は頭蓋骨の中のどの細胞から発生したかによって、7つの群に大きく分けられ、さらにその腫瘍を構成している細胞群の配列、細胞の形、増殖能力などによって更に細分類され、現在は133種類の脳腫瘍がWHO(World Health Organization:世界保健機構)によって登録されています。
 脳腫瘍には頭蓋内の細胞から発生した「原発性脳腫瘍」と、脳以外の身体の部分で発生したがんが脳に転移した「転移性脳腫瘍」があります。一般に脳腫瘍と言った場合は「原発性脳腫瘍」を示すことが多い様です。

 脳腫瘍には良性と悪性があり、前述のWHO脳腫瘍分類にて明確に定義されています。一般に脳実質内から発生する腫瘍(髄内腫瘍)は悪性のものが多く、髄膜、末梢神経、血管などから発生する腫瘍(髄外腫瘍)は良性のものが多いという傾向があります。
テモゾロミド
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A2%E3%82%BE%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%83%89
テモゾロミド(Temozolomide)は経口投与可能な抗がん剤である。商品名テモダール。アルキル化剤に属し、初発・再発の星状細胞腫(膠芽腫等)の悪性度の高い脳腫瘍の治療に用いられるほか、海外では悪性黒色腫の治療にも用いられる。 また承認外用法として乏突起神経膠腫の治療に、旧来の忍容性の低いPCV療法(プロカルバジン、ロムスチン、ビンクリスチン)の代わりに用いられている国もある。
お知らせ
三上杏平先生精油化学講座:「植物の二次代謝とその代謝物の薬理効果」(2019年4月13日・土)のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2019/03/2019413-e73b.html

|

March 16, 2019

病気はどのように発症するかの理解(2)

UNDERSTANDING HOW DISEASE MANIFESTS

HTTPS://WORLDOFSUGARART.COM/HOW-DISEASE-MANIFESTS/

病気はどのように発症するかの理解(2)

Let’s now look at the Mental Plane in more detail. Most people believe their thoughts are created in the brain. That assumption, a belief never having been proven true by Science, would be mistaken. The brain is an analytical transfer point from the Mental Plane into the Physical Plane. Just as a computer transfers the Internet’s information, analyzes its data while passing it to the person using it, so does the brain transfer thoughts created on the Mental Plane by the Higher Self (soul) and Lower Self (human), making it possible for these ethereal thoughtforms to eventually affect the Physical Plane.

ここで、メンタル(精神)プレーンをさらに詳しく見てみましょう。多くの人々は、彼らの思考は脳で生まれていると信じています。科学によって真実あると決して証明されなかった信念、その仮定は誤っているでしょう。脳はメンタル(精神)プレーンからフィジカル(肉体)プレーンへの分析的転送点です。コンピュータがインターネット情報をちょうど転送し、それを使用するに人に渡しながら、そのデータを分析するのと同じように、高次元自己(魂)および低次元自己(人間)によってメンタル(精神)プレーン上に思考も転送され、これらのエーテル体思考形態が最終的にフィジカル(肉体)プレーンに影響を与えることを可能にします。

ethereal エーテル
thoughtforms 思考形態

In the denser, 3rd dimension, things progress slowly in their formation. Contrastingly, in lighter higher frequency dimensional reality, thoughts instantly grab etheric material and form instantly what one has in mind. In the lighter, Mental Plane, there is no concept of space or time, just existence and awareness. That is precisely why the mind in fear can want things to happen NOW, even though any sensible person would know it will takes some time to manifest. Therefore, Ego in fear is often impatient, not trusting or having faith that what is for the greatest good will occur if it is meant to be. Any individual who is extremely mental in their approach in life, will often be impatient because they exist on a plane of existence where there is no waiting for things to occur if they are simply thought.

3次元、高密度おいては、物事がそれらの形成においてゆっくりと進行します。対照的に、より軽い高周波次元的な現実においては、思考は速やかにエーテル素材を掴み、人が心に思っていることを即座に形づくります。より軽い、メンタルプレーンでは、空間や時間の概念はなくて、存在と意識だけがあります。賢明な人なら誰でもそれが現れるのに時間がかかることを知っていても、恐れの心が今すぐに物事を起こしたいと思うのはそのためです。それゆえ、恐れの自我はせっかちであることが多くて、それがあることを意図するならば、
最大の善のために何が起こるだろことを信頼されることも信じることもない。人生における彼らのアプローチにおいて極めて精神的である個人は、彼らが単純な思考であるならば物事が起こることを待てない存在のプレーン上に存在しているために焦ることが多いのです。

higher frequency 高周波
dimensional reality 次元的な現実
etheric materialエーテル素材

Now back to the main point here….all physical illness stems from the Mind, in another dimension, dreaming fear of some kind. Not any one expression of fear is like another. Each have their own specific vibrational frequency. Other than genetic illnesses that are programmed for the individual to go through to experience a very specific reflection of an ancient fear, it is the fear’s frequency that aligns and ultimately adhere’s to the part of the physical body of a similar vibration.

さてここで重要な点に戻ります。全ての身体的病気は、別の次元において、ある種の恐れを夢見て、心から生じています。恐れのどんな表現も他の表現と異なることはありません。それぞれがそれぞれの固有の振動数を有しています。古代の恐れの極めて具体的に反映する経験をするように個人にプログラムされている遺伝的疾患以外に、それには同じ振動の身体の部位に提携し、付着する恐れの周波数があります。

So for instance, if one has diabetes, one needs to understand that fearful and negative thoughts like, the “sweetness of my life is gone”, will eventually position themselves near the pancreas organ which has to do with processing sugars in the blood stream. Thoughts are things, also called “thoughtforms”. If a negative thought is chosen often enough, it will eventually precipitate into the physical plane as a form of dis-ease. To improve this type of physical illness, one needs to balance the fear with positive thoughts such as, “Life is sweet and I find joy in everything I do!”

それで、例えば、糖尿病を患っている場合、「私の人生の甘味がなくなった」とのような恐ろしくネガティブな考えが、血流の糖処理と関係する膵臓器官の近くに結局それらが位置することを理解する必要があります。また、思考は「思考形態」と呼ばれる物であります。ネガティブな思考がいつも選択しているならば、それは、不快のある形としてフィジカル(肉体)プレーンに結局沈殿するでしょう。このタイプの身体的病気を改善するために、「人生は甘くて、私がしていることの全てには喜びがあります」などの恐れと前向きな考えとのバランスをとる必要があります。

Each organ and system of the body vibrates at a specific frequency. So do each and every thought. It is this, “like attracts like” that in time can cause physical illness stemming from negative thoughts of fear. Fear slows down vibratory rate. Hence, if a fearful thoughtform adheres to a particular organ or system of the body, it will slow down the rejuvenative process of that area and eventually reduce the body’s functionality.

身体の各器官およびシステムは特定の周波数に振動します。だから、それぞれおよびあらゆる思考もそうなります。時間的経過とともに、恐れのネガティブな思考から生じる身体的病気を引き起こすことになるのは、「似たものは似たものを引き寄せる」これです。恐れは振動速度を遅くします。したがって、恐れの思考形態が身体の特定の臓器やシステムに固着すると、その領域の若返りのプロセスが遅くなり、最終的に身体の機能が低下します。

Like attracts like:似たものは似たものを引き寄せ

Another example can be given. If one is continually thinking, and therefore emotionally feeling, that they are about to be attacked, the skin, the protective wall around the consciousness is negatively impacted. This fear of being attacked can originate from a past life mental pattern, or could be a new fear from the soul’s present physicalization.

別の例があります。人が継続的に考えていて、それで、彼らが感情的に攻撃されようとしていると感じるならば、意識の周りの防護壁、皮膚は悪影響を受けます。攻撃されることへのこの恐れは、過去性の精神的パターン生じることもあり、または魂の現在の身体化からの新たな恐れがあることもあります。

To offset, psoriasis, hives, rashes or any other skin irritation, the mental belief that one cannot handle what is coming at them needs to change. A doctor can prescribe a salve which will help protect the skin, but if the chronic fearful view of life keeps occurring, no ointment will heal the skin eruptions completely, and the disease will remain chronic. A true healing must come from a change in the consciousness, a greater awareness of what mind is creating. There needs to be an acknowledgment how one’s health is being negatively affected with fearful, insecure thoughts of not being able to handle what life is offering up.For such skin conditions, an affirmation such as “I lovingly protect myself with thoughts of joy and peace” will dissipate the negative thoughtforms if brought to mind often enough.

乾癬、じんましん、発疹、またはその他の皮膚炎を相殺するために、何が起きても対処できないという精神的信念を変える必要があります。医師は皮膚を保護するに役に立つ軟膏を処方することができますが、人生の慢性的恐れの見方が引き続き起こるのならば、軟膏が完全に皮膚発疹を治癒させることはなくて、病気は慢性的であろう。真の癒しは、心が何を生み出しているかの大きな気づき、意識の変化からもたらされなければなりません。人生が提示している何かを処理できない恐れがあり、不安定な思考によって健康がどのように悪影響を受けているかについての認識が必要です。そのような皮膚症状に対して、「私は喜びと安らぎの思考で自分自身を愛こめて守ります」とのようなアファーメーションは、頻繁に思い出すならばネガティブな思考形態を消すでしょう。

psoriasis乾癬
hives じんましん
rash 発疹
skin irritation 皮膚炎
salve 軟膏

Positive thoughts can literally break up the negative thoughtforms that adhere to the Emotional Body which surrounds the Physical Body. Every feeling or emotion not expressed is held and contained within the Emotional Body. That is why someone of a mental polarity, who refuses to admit their internal aspect, later in life will experience a multitude of physical illness. The freer and more cleared the Emotional Body is as one progresses in life, the healthier one will be. It is a direct proportion axiom.Simply stated, if a person acknowledges the fears that he or she holds inside, any fear chosen along the way will have less power over that individual’s health. When love and light is shed on fear, its darkness vanishes,

ポジティブな思考は肉体・エーテル体を取り巻いている感情体・アストラル体に付着しているネガティブな思考形態を文字通り粉砕することができます。表現されていないあらゆる感情または情動は感情体・アストラル体内に保持され、包含されています。彼らの内面的側面を認めることを拒否する精神的極性のある人は人生の後半で身体的病気を経験するのはそのためです。感情体をより自由に、より綺麗にすることは人生において一つの進歩であって、より健康な人になるでしょう。それは正比例公理です。簡単に言うと、ある人が彼または彼女が自分の持っている恐れを認めるならば、これまでに選択したどんな恐れもその個人の健康に対して支配することは少ないだろう。愛と光が恐れに放なされると、その闇は消えます、

direct proportion 正比例
axiom.公理

There is a woman who recently passed into Spirit. She was a leader in understanding the direct correlation between the mind in fear and how it causes physical illnesses. Louise Hay has many books on the subject, but a quick reference book listing many diseases and their cause can be quite helpful in understanding serious and even minor illnesses that most people experience at some point in their life. The book is entitled, “Heal Your Body – the Mental Causes of Physical Illness and the Way to Overcome Them.”

最近スピリットに成った女性がいます。彼女は恐れの心とそれが身体的病気を引き起こす方法との直接的相関関係を理解するリーダーでした。ルイーズ・L. ヘイ, Louise L. Hayはこの問題に関する多くの著作がありますが、多くの疾患とそれらの原因をリストしたクイックリファレンスブックは、人生のある時点で多くの人々が経験する重篤または軽い病気でさえも理解するのに非常に役立ちます。本は、「あなたの体を癒す - 身体的な気の精神的な原因とそれらを克服する方法」と題されています。

It is not enough to understand how negative thoughts cause a specific disease.One needs to learn to balance those thoughts will positivity. Hay provides positive affirmations which are most powerful in melting the stored negative feelings from their locked positions in the Physical Body.

ネガティブな思考がどのように特定疾患を引き起こすかを理解することでは十分ではないです。 人はそれらの思考の意志積極性のバランスをとることを学ぶ必要があります。ヘイは肉体に固定化された位置から保存されたネガティブな感情を和らげることにおいて最も強力である明確なアファメーションを提供します。

It is a shame more doctors are not open to this more enlightened view of how all disease manifests. Then they would be able to call themselves not only “doctors”, but also “healers”, helping patients learn how to take charge of their thoughts to offset the illness caused by their mind in a continual state of fear.

すべての病気がどのように発病するというこのより賢明な見方に、より多くの医師が寛容ではないことは残念です。そうすれば、彼らは自分たちを「医師」だけでなく「ヒーラー」とも呼ぶことができ、絶え間ない恐れの状態の中で彼らの心によって引き起こされた病気を相殺するそれらの思考を患者がどう考えられるかを学ぶのを助けます。

One last important point needs to be made here. On the Earth at the present time, there is much fearful, negative judgment against anyone who may have a mental illness. It almost cannot be spoken of in some circles. Since all disease of the physical body is caused by negative thoughts of fear from the Mental Plane, then one can say truly that anyone who is diseased, is mentally ill to some degree.

ここで最後に重要な点を1つ指摘する必要があります。現時点で地球上では、精神病を患っているかもしれない全ての人に対しして最も恐れがあるネガティブな判断が多くあります。一部のサークルでは、ほとんど話されていません。肉体の全ての病気はメンタル(精神)プレーンから恐れのネガティブな思考によって引き起こされるので、病気にかかっただれもがある程度精神的に病気であると本当に言うことができます。

When one loses a complete grip on reality, society says the person is mentally ill or insane. However, fear is an illusion of the Mind and never reflects reality. Therefore, anytime a person chooses fear, they are experiencing a form of mental illness, not seeing reality clearly. Once the medical profession and the cultures of the world stop judging mental illness as shameful, worse than physical illness, the sooner mankind will rise above all disease and finally take charge of that ever present, undermining ego. And the sooner mankind accepts the fact that the mind in fear causes illness of any kind, the sooner the great judgment and stigma of being mentally ill will vanish from the human psyche.

人が完全に現実を把握することを失うと、社会はその人が精神的に病気であるか、または正気でないと言います。しかし、恐れは心の錯覚であって、現実を反映していないです。それゆえ、どんなときでも人が恐れを選択すると、彼らは、現実を詳しく見ていなくて、ある形の精神疾患を経験しています。医療専門家や世界の文化が精神疾患を身体的疾患よりも恥ずべき悪いものと判断するのをやめると、より速く人類は全ての病気を克服して、ついにエゴを損なって、今まで存在していた恐れを支配下におくだろう。そして、より速く人類は恐れの心があらゆる種類の病気を引き起こす事実を受け入れれば、すぐに精神的病気であることの大きな判断および汚名が人間の精神から消えるだろう。

関連ブログ
病気はどのように発症するかの理解(1)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2019/02/post-5360.html

お知らせ
三上杏平先生精油化学講座:「植物の二次代謝とその代謝物の薬理効果」(2019年4月13日・土)のお知らせ
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/2019/03/2019413-e73b.html

|

March 04, 2019

三上杏平先生精油化学講座:「植物の二次代謝とその代謝物の薬理効果」(2019年4月13日・土)のお知らせ

いつも精油をご愛用頂きありがとうございます。

三上先生の講座を今年も行います。

講義中に解らないことがあれば自由に質問をすることができます。先生から詳しく説明いただけます。

講座:植物の二次代謝とその代謝物の薬理効果

講義内容

植物の二次代謝の主流はシキミ酸系列で産生される「フェニルプロパノイドとフ ラボノイド」に「メバロン酸系列のテルペノイド」について検証してみます。

今回は共に主系列の産生物からなる「フェニルプロパノイド系からエストラゴー ル(メチルチャビコール)の筋肉弛緩作用と問題点、クマリンの発がん性物質他」とメバロン酸系列からのテルペン類(特にモノテルペン類代表のリモネン、ゲラニオール他など で研究されている「抗ガン作用」などについて報告です。

日時:2019413日(土) 1300分〜1700分(1300分より受付)

場所:フォーラム507号室 渋谷

https://www.forum-8.co.jp/access/


渋谷駅から徒歩5
150-0043
東京都渋谷区道玄坂2丁目10−7
電話: 03-3780-0008

定員:20

受講料:10,000円(銀行振り込み)

三上杏平先生
ハーブ&アロマアドバイザー、ナードジャパンアロマテラピー協会顧問(前会長)アロマセラピー界における精油化学研究の第一人物。精油の化学・機能性を解りやすく丁寧に教えてくれます。

◆お問い合わせ・申込について◆

お申し込みの際は下記の内容をご記入の上

こちらのメールでご返信くださいますようお願い申し上げます。

(1)
名前とふりがな
(2)
住所
(3)
当日連絡が取れる電話番号
(4)
ご職業

フィトアロマ研究所
小島宛
E-mail: phytoaroma@smile.odn.ne.jp

TEL/FAX:045-621-2710

尚、518日(土)に三上先生のラベンダー精油の講座を企画しています。後日、詳細をお知らせします。

みなさまのご参加お待ちしております。


 

|

February 11, 2019

意義ある情動への匂いの影響

Effects of odor on emotion, with implications

意義ある情動への匂いの影響

PUBMEDより

Front Syst Neurosci. 2013; 7: 66.

Frontiers in Systems Neuroscience

システム神経科学のフロンティア

Mikiko Kadohisa

MRC Cognition and Brain Sciences Unit, Department of Experimental Psychology, University of Oxford Oxford, UK.

英国医学研究協議会認知脳科学部門、オックスフォード大学実験心理学部,英国

Abstract

要旨

The sense of smell is found widely in the animal kingdom. Human and animal studies show that odor perception is modulated by experience and/or physiological state (such as hunger), and that some odors can arouse emotion, and can lead to the recall of emotional memories.

嗅覚は動物界に広くみられます。ヒトおよび動物の研究は、匂いの知覚は経験および/または生理学的状態(例えば空腹など)によって調節され、および幾つかの匂いは情動を喚起することができ、情動的記憶の想起につながることを示しています。

odor perception 匂いの知覚

Further, odors can influence psychological and physiological states. Individual odorants are mapped via gene-specified receptors to corresponding glomeruli in the olfactory bulb, which directly projects to the piriform cortex and the amygdala without a thalamic relay.

さらに、匂いは心理的、生理的状態に影響を与えることができます。個々の匂い物質は視床中継なしで梨状皮質および扁桃核に直接投射する嗅球の糸球体に対応する特異遺伝子受容体を介してマッピングされます。

gene-specified receptors 特異遺伝子受容体
glomeruli function 糸球体機能
olfactory bulb 嗅球
piriform cortex 梨状皮質
thalamic relay 視床中継

The odors to which a glomerulus responds reflect the chemical structure of the odorant. The piriform cortex and the amygdala both project to the orbitofrontal cortex (OFC) which with the amygdala is involved in emotion and associative learning, and to the entorhinal/hippocampal system which is involved in long-term memory including episodic memory.

糸球体が反応する匂いは匂いの化学構造に反映します。梨状皮質および扁桃核の両方は、扁桃体が有する情動および関連学習に関与する眼窩前頭皮質(OFC)へ、およびエピソード記憶を含む長期記憶に関与する海馬/嗅内システムへ投射されます。

orbitofrontal cortex  眼窩前頭皮質
long-term memory  長期記憶
episodic memory.エピソード記憶
entorhinal 嗅内

Evidence that some odors can modulate emotion and cognition is described, and the possible implications for the treatment of psychological problems, for example in reducing the effects of stress, are considered.

いくつかの匂いが情動および認知を調節できる証拠は記述されていて、心理的問題に対する治療の関与の可能性は、例えばストレスの影響低減、考慮されます。

possible implication 関与の可能性

Keywords: odor, emotion, amygdala, hippocampus, prefrontal cortex

キーワード:匂い、情動、扁桃核、海馬、前頭前皮質

用語

システム神経科学
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E7%A7%91%E5%AD%A6

システム神経科学(しすてむしんけいかがく、英: Systems neuroscience)は神経科学の下位分野で、覚醒し、行動する正常な生物の神経回路や神経システムの機能を研究する。システム神経科学は、神経細胞が結合してニューラル・ネットワークを作った時にどのようにふるまうのか (例えば、視覚や自発運動など) を研究する様々な分野の総称である。この分野では、神経科学者は異なる神経回路がどのようにして感覚情報を分析し、外的環境を認識し、意思決定を行い、運動を実行するかを研究している。システム神経科学に関心がある研究者は脳に対する分子神経科学や細胞神経科学的なアプローチと、行動神経科学や認知神経科学のおもな守備範囲である言語や、記憶、自己認識のような高次精神活動の間にある大きな溝に着目している。

眼窩前頭皮質を調べたときにみつけた記事
アロマと嗅覚、そしてストレス
https://www.toho-u.ac.jp/sci/bio/column/035599.html

眼窩前頭皮質への経路は香りの認知に関する弁別に関与しています。扁桃体への経路は匂い刺激に対する情動的反応に関係していると考えられています。また、内側嗅皮質への経路は嗅覚性記憶に関係しています。

entorhinal 嗅内を調べていたときに見つけた記事
嗅内野
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E5%97%85%E5%86%85%E9%87%8E

嗅内野は内側側頭葉記憶システムの構成要素として宣言的記憶機能に関わる。皮質と海馬の間に見られる入出力のほとんどは嗅内野を介して行われる。嗅内野はオブジェクト情報と空間情報の両方に関わるが、現在のところ、空間情報処理やナビゲーションに関わる神経メカニズムについての研究が進んでいる。嗅内野はまたアルツハイマー病の病変が初期の段階から観察される領域として知られている。

エピソード記憶
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E8%A8%98%E6%86%B6

エピソード記憶(エピソードきおく、episodic memory)とは、宣言的記憶の一部であり、イベント(事象)の記憶である。エピソード記憶には、時間や場所、そのときの感情が含まれる(感情は記憶の質に影響する)。自伝的記憶はエピソード記憶の一部である。エピソード記憶は意味記憶(事実と概念に関する記憶)と相互に関連している。エピソード記憶は物語にたとえることができる(Tulving, 1972)。

お知らせ

精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売中2月14日(水)まで
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

February 08, 2019

病気はどのように発症するかの理解(1)

UNDERSTANDING HOW DISEASE MANIFESTS

HTTPS://WORLDOFSUGARART.COM/HOW-DISEASE-MANIFESTS/

病気はどのように発症するかの理解

There is a fundamental truth in respect to the health of a human being, that all physical illness stems from the mind previously choosing fear. Some of these fears are ancient, a soul trait, and are therefore held within the Emotional Body of an individual’s soul. That can be one reason why the medical fraternity has difficulty understanding the mental causes for most physical illnesses. The cause of a disease can be literally from mind’s choices made during other lifetimes, with the soul now working through a specific fear in the current incarnation. Therefore, the original cause of why a person is experiencing a physical illness, can be quite elusive. But rest assured that consciousness and the reflective mirror that the physical body provides, is powerfully affected by negative thoughts created on the Mental Plane, where any idea or belief is possible, especially those that are illusory in nature and fear-based.

人間の健康に関してはすべての身体的病気は前世に恐れを選んでいた心から生じているという基本的な真実があります。これらの恐れの幾つかは古代にある魂の特性であって、それゆえ、個人の魂の情動体に保持されています。それは、医師会が何故身体的疾患に対しての精神的原因を理解するのが難しい理由の1つです。病気の原因は文字通り過去性の間になされた心の選択からであって、魂が現在の転生ので、特定の恐れ通して働きます。したがって、何故人が身体的病気を経験する根本の原因はまったくとらえどころのないものです。しかし、身体が提供する意識や反射鏡は、どんな考えや信念は特に本質的に幻想的で恐れに基づくものは可能になるメンタルプレーン上に作られたネガティブな思考よって強力に影響を受けます。

a soul trait 魂の特性
Emotional Body 情動体
medical fraternity 医師会
reflective mirror 反射鏡

As has been stated many times, doctors tend to ”doctor up” a person’s malady, rather than heal the original mental cause. That is because the effort to control the mind choosing fear is much more involved than just putting a cast on a broken leg, bandaging up a wound, or prescribing a drug like insulin. To really heal the situation, the patient and medical practitioner, need to address the emotional cause stemming from fearful thoughts created on the Mental Plane.

何度も述べたように、医師は元々の心の原因を癒すのではなく、人の病気を“手抜きする” 傾向があります。それは、恐れを選択する心を制御する努力は、単に骨折した足にギプスをすること、創傷の包帯またはインスリンのような薬を処方するよりもっとよりはるかに複雑になるからです。状況を本当に癒すために、患者と開業医はメンタルプレーン上に作られた恐れの思考から生じる情動的原因に取り組む必要があります。

doctor up ;不正をする
cast ギプス

One may say, “My disease is genetic, and therefore, it is out of my control.” This, in a way, is “victim mentality”.For any problematic genetic issue is there as a soul lesson to work through in the physical plane, and not just there as an accidental occurrence, or, “a mistake of nature”. The Universe is not so careless. The One Mind is in charge of reality more than that. Man’s view from his ego’s prospective, often thinks limitedly though.For he often can not imagine a force which plans everything down to the genetic and molecular level throughout the Animal, Plant and Rock Kingdoms. That ultimate level of creative power is beyond his ken.

「私の病気は遺伝的なものなので、私の手の届かないところにあります」と言う人もいるかもしれません。ある意味、これは「被害者意識」です。どんな問題ある遺伝子的問題につぃては、偶発事件または“自然の間違い”としてだけでなくて、フィジカル・プレーンおいて取り組むべき魂のレッスンです。宇宙はそれほどいいかげんでないです。一つの心はそれ以上に現実に責任を負っています。人間の自我の予測からの人間の見解は限定的に考えることが多いです。彼にとっては、動物、植物および岩の王国の至るところで遺伝子および分子レベルまであらゆるものを計画しているフォースを想像できないのです。創造力の究極なレベルは彼の考えの範囲を超えています。

genetic issue 遺伝的な問題
accidental occurrence偶発事件

What humanity fails to understand yet is that the genetic matrix that is created for each person’s incarnation is a planned sequence of events as well as a blueprint for a unique physical form that the soul wishes to manifest on its earthly journey in order to provide the most challenge to its consciousness. The programmed helix can offer up physical abilities or even certain limitations to test the self. It is these planned life structures and guidelines which are there to take advantage of the incarnation in order to achieve the most growth on the soul level.

人類がまだ理解していないことは、一人ひとりの転生のためにつくられる遺伝マトリックスが計画された一連の出来事であると同時に魂がその意識に対して最も挑戦を提供するために地上の旅に現れることを望むユニークな身体的形態のためのブループリントである。プログラムされた螺旋は身体能力または自己をテストするめにある種の限界さえも供えます。魂のレベルで最も成長を成し遂げるために転生を利用するためのプログラムされた人生構造およびガイドラインです。

Helix 螺旋

The DNA helix is akin to the programming technicians do now with “1’s” and “0’s” in the Computer Age.Biological mechanism, for instance, the human form, is programmed through the genetic matrix by those in the Higher Realms, which includes also input from the soul. The Spiritual Hierarchy has been programming biological entities for billions of years. They are quite adept at creating a multi-dimensional vehicle for the incarnating spirit.

DNA螺旋は、コンピューター時代の今日「1」と「0」を用いて行うプログラミング技術に似ています。生物学的メカニズム、例えば、人間の形態は、魂からの入力を含む、高次元領域の人々によって遺伝子マトリックスを通してプログラムされています。スピリチュアル・ハイアラーキーは何十億年もの間生命体をプログラムしてきました。それらは転生するスピリットために多次元の乗り物を作ることに非常に熟達しています。

Higher Realms 高次元領域
Spiritual Hierarchy スピリチュアル・ハイアラーキー
biological entities 生命体

A soul is an advanced consciousness that is ancient and wishes to work through certain mental and emotional issues during the human experience. That living unfoldment perfectly set for each person “seems unplanned, because it is all planned.” Within the planning there is of course a person’s free will which is always allowed in order to learn to make life-affirming choices within the prepared environment. And as well, the soul chooses what family or set of circumstances that it feels will challenge its most vulnerable areas in its consciousness.

魂は古代からある高度な意識であって、人間の経験の間に特定の精神的および情動的問題を通して働くことを望んでいます。それは全て計画されているために、生活展開が各人のために完全に設定されているそのことは計画されていないようである。計画の中には、用意された環境内で人生を肯定的に捉える選択を学ぶために常に許可されている人の自由意志がもちろんあります。そして同様に、魂は、自分の意識の最も脆弱な領域に挑戦するように感じられる家族または状況のセットを選択します。

life-affirming  人生を肯定している

Notice the six pointed star that the human being is standing upon. This ancient glyph, once called in history, the “Star of David”, symbolizes a proper flow of the communication pathways amongst the Mind, Heart and Body of the Higher and Lower Selves. This well-known glyph represents the soul and its physical manifestation, both working together in tandem represented by two triangles overlapping. This state of awareness that the symbol represents is a self-actualized human being.

人間が立っている六芒星に注目してください。かつて歴史の中で「ダビデの星」と呼ばれた古代のグリフは、高次元の自己および低次元の自己の心、ハートおよび体の間のコミュニケーション経路の適切な流れを象徴しています。この有名なグリフは魂とその体の顕現表していて、2つの三角形が重なっていることによって表される縦一列になって一緒に働きます。シンボルが表すというこの認識の状態は、自己実現型の人間です。

six pointed star 六芒星
Glyph:グリフ、絵文字
self-actualized 自己実現の

There is also one other truism about physicalization. No one is given a challenge that it cannot face and rise above. For it would be a waste of the soul’s time and energy, if any one life lesson was beyond the Lower Self’s grasp or level of achievement. So like any grade of school, a student is not given a task past its possible understanding.So is the way the loving Universe works, giving each and every conscious being what is its most perfect challenge in order to transcend the Self and the grip of fear.

また、身体的表現についてのもう一つの真実もあります。誰もそれに立ち向かうことおよび突破ができないという挑戦を与えられません。人生の教訓が低次元自己の支配または達成のレベルを超えるどちらかであったならば、それは魂の時間とエネルギーの浪費になります。どの小学校と同じように、生徒には可能な理解を超えた課題が与えられていません。愛する宇宙がするやり方の方法でもあり、それは一人ひとりの意識を、自己および恐れの支配を乗り越えるための最も完璧な課題であるということです。

physicalization 身体的表現
life lesson 人生の教訓
rise above. 〜を突破する

For it is not Heart or feelings which choose fear, the cause of all dis-ease. It is the mind and its mercurial thoughts which can imagine anything, often that which will not come to pass. When mind is in fear, it is immediately taking the consciousness out of what is called the “Eternal Now”. For thoughts of fear grow from often only an imagined future threat. Therefore, mind in fear takes itself out of the present moment and shifts to that which is not happening, a dream of the future that is negative or pessimistic.

それは、全ての不快の原因である恐れを選択するハートまたは感情ではありません。それは起こることがないことが多い何かを想像することができる心および気まぐれ思考であります。心が恐れているとき、それはすぐに「永遠の今」と呼ばれることから意識を取り除いています。想像上の未来の脅威から生まれることが多いからです。したがって、恐れの心それ自身は現時点から抜け出して、起こっていないことにシフトしていて、それは、否定的または悲観的である未来の夢です。
Eternal Now 永遠の今

Meditative practices are meant to quiet that part of the mind which was created from thoughts of fear, eons ago on the soul level, the Human Ego. Ego judges things as good or bad, always weighing their value.Furthermore, this mentally separated self, is either choosing to fearfully repress the feminine aspect of feelings, thinking they are shameful, telling each person’s inner Eve to swallow rage, the symbolic red apple.Or, ego controls emotions which will only store a past negative experience, not allowing it to resolve, or free itself from the Emotional Body. Thus, those held emotions are not of the present, locking the consciousness into a state of denial.

瞑想の実践は、大昔に魂のレベル、人間のエゴについての恐れの思考から生まれた心のその部分を静めることを意味します。自我は物事を常に良いか悪いかを判断し、それらの価値を常にはかりにかけます。さらに、この精神的に分離された自己は、恥ずかしいことであると思いながら、感情の女性的側面を恐れて抑圧を選択するか、それぞれ人の内なるイブに怒りの象徴的赤いリンゴを飲み込むように伝えるか、あるは、自我が過去のネガティブな経験を保存するだけで、それを解決すること、または感情体からそれ自身を解放すること許さないことで、情動をコントロールします。したがって、これらの保存された情動は現在のものでなくて、意識を否定の意識を否定の状態に固定します。

eons ago 大昔

Fear of the past or future is time consciousness. Time does not exist. It is simply an illusion of the Mind locked in denial from the past, or imagining either positive or negative reality in the future. The past no longer exists and the future is in a continual flux of change depending upon the free will choices of all Spirits at any one moment. The only thing that really exists is the present moment, not those time period illusions created from the Mental Plane.

過去や未来の恐れは時間意識です。時間は存在していないです。それは単に過去からの否定に閉じ込められた、あるいは未来における肯定的または否定的な現実を想像するという心の幻想です。過去はもはや存在していなくて、未来はどの時点においても全てのスピリットの自由意思選択に応じて絶えず変化の流れの中にあります。本当に存在している唯一のものは現在の瞬間であり、メンタルプレーンから作られたそれらの時間幻想ではありません。

六芒星
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E8%8A%92%E6%98%9F

六芒星(ろくぼうせい、りくぼうせい)とは、星型多角形の一種で、六本の線分が交差する図形である。六角形の各辺を延長することでできる。六角星、六線星、星型六角形、ヘキサグラム (hexagram) ともいう。また、六芒星中にある六角形を抜いた形を六光星と呼ぶ[要出典]。

ユダヤ教がなにか教義の上からこの図形を神聖なものとして見ているというような事実はないが、17世紀以降、伝統的にユダヤ人を表わす記号として定着している。このため、ユダヤ人の国であるイスラエルの国旗にはダビデの星と呼ばれる青色の六芒星が描かれている。
日本でも、同様の「籠目」という文様がある。竹編みの籠の編み目を図案化したもので、魔除けとしてこの図形を用いることがあった。現在でも使用されている例として、伊勢神宮周辺にある石灯籠に籠目が刻まれている。家紋としては籠目紋といい、「籠目」、「丸に籠目」などが使用されている。江戸時代には、小宮氏、曲淵氏などが用いた。

お知らせ

精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売中2月14日(水)まで
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

February 03, 2019

インフルエンザ拡散を防ぐための精油-ティスランド・インスティテュートブログより

Essential oils to prevent the spread of flu - Tisserand Institute

インフルエンザ拡散を防ぐための精油 ティスランド・インスティテュートブログより

https://tisserandinstitute.org/essential-oils-flu/

下記の記事は上記のTisserand Instituteのブログ記事の一部の項目を訳したものです。

Aromatic treatments suggested for home users

ホームユーザーにおすすめのアロマトリートメント

Influenza particles can spread by airborne droplets, close contact with an infected person, and contact with objects contaminated with the virus (Tesini 2018). Influenza particles can remain viable on objects for up to 48 hours (CDC), so effective sterilization of objects is an important step in preventing the spread of influenza. Current CDC guidelines suggest disinfecting objects with chlorine, hydrogen peroxide, soap, and alcohols (CDC). Ethanol is effective against most clinically relevant viruses, including influenza (Kampf 2017). Hydrogen peroxide has been shown to be effective against influenza and norovirus, when used on solid surfaces (Goyal et al. 2014). However, the efficacy of using these substances on porous surfaces is unclear. The development of chemicals that would be universal surface disinfectants is key to killing viruses in all settings. The use of essential oils to kill bacteria is established (Nazzaro et al 2013, Vasconcelos et al 2018), and evidence for their use to kill viruses is mounting. There is evidence that diffusion of essential oils is effective in eliminating airborne bacteria and viruses, but the safety of this practice must be explored.

インフルエンザ粒子は空中を浮遊する飛沫、感染者との密接な接触、ウイルスに汚染された対象物に接触によってより伝播することになります(Tesini 2018).。インフルエンザ粒子は、最大48時間(米国疾病予防センターCDC)対象物上で生存し続けることができるので、対象物の効果的な殺菌はインフルエンザの拡大を防ぐための重要なステップです。現在のCDCガイドラインは塩素、過酸化水素、石鹸、アルコール(CDC)で対象物を消毒することを提案しています。エタノールはインフルエンザを含む最も臨床的に関連するウイルスに対して有効です(Kampf 2017)。過酸化水素は固体表面上で使用された場合、インフルエンザおよびノロウイルスに対して有効であることが示されています(Goyal et al。2014)。しかしながら、多孔質面上にこれらの多孔質表面上にこれらの物質を使用することの有効性は不明である。普遍的な表面消毒剤になるだろう化学物質開発はあらゆる状況でウイルスを殺すための鍵です。細菌を殺すための精油使用は確立されていて(Nazzaroら2013、Vasconcelosら2018)、そしてウィルスを殺すための精油使用の証拠が増えている。精油の拡散が空中浮遊細菌やウイルスを除去するのに効果的であるという証拠があります、しかしこの実践の安全性は探求しなければならない。

influenza particle インフルエンザ粒子
airborne droplet 空中を浮遊する飛沫
viable 生きていける
CDC「Centers for Disease Control and Prevention」米国疾病予防管理センター
chlorine 塩素
hydrogen peroxide 過酸化水素
porous surface:多孔質面; 多孔面
surface disinfectants 表面消毒剤
airborne bacteria  空中浮遊細菌

Based on the in vitro study, nebulizing blue mallee (Eucalyptus polybractea) essential oil or tea tree (Melaleuca alternifolia) essential oils for 15 seconds is a fast and effective method to eliminate airborne influenza droplets within 15 minutes (Usachev et al 2013).These essential oils are considered safe for use with most people, and do not contain chemical constituents that are membrane irritants.However, most home users own diffusers with moderate output, rather than a commercial nebulizer. This may limit implementation of this method of killing airborne influenza. To increase efficacy, users could use a consumer nebulizer in a confined space, such as a closed bedroom. Following each treatment, the room should be aired out by opening a window to allow residual essential oils to leave, and to get fresh air into the room.

試験管内での研究に基づいて、15秒間ユーカリ・ブルーマリー(Eucalyptus polybractea)またはティートリー(Melaleuca alternifolia)精油を噴霧することは、15分以内に空中を浮遊するインフルエンザの飛沫を除去するための迅速かつ効果的な方法です(Usachev et al 2013)。これらの精油は多くの人々にとって安全に使用できると考えられていて、粘膜刺激がある化学成分は含まれていないです。しかし、ほとんどのホームユーザーは、市販のネブライザーよりむしろ中程度出力のディフューザーを所有しています。これは空中を浮遊するインフルエンザを殺すこの方法実施を制限するかもしれない。有効性を高めるために、使用者は閉め切った寝室のような狭い空間で消費者用ネブライザーを使用することができる。それぞれのトリートメント後に、窓を開けて外気を取り入れて、残留精油が外に出ていくようにして、部屋に新鮮な空気を取り入れるべきである。

Nebulizer:ネブライザー; 噴霧器
membrane irritants :粘膜刺激

Passive diffusion of bergamot (Citrus bergamia) or blue gum (Eucalyptus globulus) essential oils for 10 minutes, or cinnamon (Cinnamomum zeylanicum) essential oil for 30 minutes, was enough to reduce influenza activity in cell culture. Blend #2, a commercial germ blend containing cinnamon bark, clove bud (Syzygium aromaticum), sweet orange (Citrus sinensis), blue gum, and rosemary (Rosmarinus officinalis) oils, effectively reduced influenza activity at multiple time points in cell culture (Table 5) (Wu et al 2010).This adds support for the practice of diffusing germ blends to sanitize rooms. Clove bud and cinnamon leaf oils are high in eugenol, which also showed extensive anti-influenza activity in mid-late stages of the influenza life cycle. Because cinnamon bark oil contains trans-cinnamaldehyde, an irritant and sensitizer, it is advisable not to use it in diffuser blends for an extended time period. However, diffusing for 30 minutes in an empty room, followed by airing out the room would be a reasonable practice.For the home user, an inhaler containing anti-influenza essential oils would be another option. Inhalers are great for on-the-go use, and eliminate the need to consider other people’s health conditions.
10分間ベルガモット(Citrus bergamia)

またはユーカリ・グロブルス(Eucalyptus globulus)精油または30分間シナモン(Cinnamomum zeylanicum)精油の受動拡散は細胞培養においてインフルエンザの活性を減少させるに十分であった。ブレンド#2、シナモンバーク、クローブ(Syzygium aromaticum),スイートオレンジ(Citrus sinensis), ユーカリ・グロブルスおよびローズマリー(Rosmarinus officinalis)精油を含有している市販の細菌ブレンドは効果的に細胞培養で複数の時点でインフルエンザ活性を減少させた(Wu et al 2010)。これは部屋を消毒するために細菌ブレンドを拡散させる実践にたいしてサポートを付け加えます。クローブおよびシナモンリーフ精油はオイゲノールを多く含んでおり、それはインフルエンザのライフサイクルの中期後期段階でも広範囲な抗インフルエンザ作用を示した。シナモンバーク精油は、刺激物および感作物質であるtrans-シンナムアルデヒドを含有しているため、長期間ディフューザーブレンドにそれを使用しないことをお勧めします。しかし、空き部屋で30分間拡散し、続いて部屋の空気を外に出すことは妥当な方法です。ホームユーザーにとって、抗インフルエンザ精油を含有している吸入器は別の選択となるだろう。吸入器は、外出先での使用に最適で、他の人の健康状態を考慮する必要がなくなります。


trans-cinnamaldehyde :trans-シンナムアルデヒド
irritant 刺激物
sensitizer,;感作物質


上記記事の全項目をお知らせします。

Essential oils to prevent the spread of flu

インフルエンザ拡散を防ぐための精油

Influenza overview and history of pandemics

インフルエンザの概要とパンデミックの歴史

Antiviral drugs

抗ウイルス薬

The biology of influenza

インフルエンザの生物学

Figure 2. Influenza life cycle

図2.インフルエンザのライフサイクル

Figure 3. Autophagy

図3.オートファジー

Aromatic compounds with antiviral activity

抗ウイルス活性を有する芳香族化合物

Prevention of migration, and early stages of IAV life cycle in a host cell

宿主細胞における遊走の防止およびインフルエンザA 型ウイルスIAVライフサイクルの初期段階

Table 3: Essential oils and influenza viruses. For full table click on image.

表3:精油とインフルエンザウイルス テーブル全体を見るには画像をクリックしてください。

Middle stage of IAV life cycle in a host cell

宿主細胞におけるインフルエンザA 型ウイルスIAVライフサイクルの中期段階

Table 4: Essential oil constituents and influenza viruses. For full table click on image.

表4:精油成分とインフルエンザウイルス テーブル全体を見るには画像をクリックしてください。

Figure 4. Understanding influenza infection. CDC

図4.インフルエンザ感染を理解する米国疾病予防管理センター
CDC

Late stage of IAV life cycle in a host cell

宿主細胞におけるインフルエンザA 型ウイルスIAVライフサイクルの後期

Aromatic treatments suggested for home users

ホームユーザーにおすすめのアロマトリートメント

Conclusions

結論

お知らせ

精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売中2月14日(水)まで

http://phytoaroma.ocnk.net/

|

February 01, 2019

精油・キャリアオイル定価の2割引価格で販売(2月1日・金〜2月14日・木)

お客様へ

精油・キャリアオイルをご愛用頂きありがとうございます。

海外旅行の仕事から英国ITECのアロマセラピー国際資格が取得できる学校に勤めたのは1995年1月31日で、この日からアロマセラピーに縁をしました。

2005年1月31日まで勤務していて、それからフィトアロマ研究所で精油の輸入販売をすることになりました。皆様に支えられて、ここまでアロマセラピーの仕事を継続することができました。ありがとうございます。

これまでの皆様のご支援に感謝を込めて、2月1日(金)より2月14日(木)まで精油・キャリアオイルを定価の20%引きにさせていただきます。ウエッブサイト掲載価格は20%引きになっています。

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

いつもありがとうございます。

小島 秀元
フィトアロマ研究所
231-0836
横浜市中区根岸町3-136
TEL/FAX: 045-621-2710
E-mail: phytoaroma@smile.odn.ne.jp
http://phytoaroma.ocnk.net/(ショップ)
http://aromahonjin.way-nifty.com/blog/(ブログ)

|

January 30, 2019

気温が上がるにつれて、花の香りは少なくなります。Science dailyより

As temperatures rise, flowers emit less scent

https://www.sciencedaily.com/releases/2016/06/160606082121.htm

気温が上がるにつれて、花の香りは少なくなります。

The diverse and delicious fragrances of flowers brighten our days and inspire poetry. The more practical reason that flowers produce scent is to attract pollinating insects to the flowers' reproductive organs, thereby ensuring the continued existence of plant species. To do this, flowers assemble a mixture of dozens, and sometimes hundreds, of volatile substances from several biochemical groups.

花の多様で美味しそうな香りは私たちの時代を明るくし、詩情を鼓舞します。花は香りを生成するより実用的理由は花粉媒介昆虫を花の生殖官に引き寄せることで、それによって植物種の存続を確実にすることです。これを行うために、花はいくつかの生化学的グループからの揮発性物質の数十や時には数百の混合物を集めます。

pollinating insects 花粉媒介昆虫
reproductive organs生殖官
continued existence 存続
volatile substances 揮発性物質
biochemical 生化学的な

Scientists have known for some time that increasing temperatures associated with global climate change have a negative effect on plant growth. Expanding on this research, a Hebrew University of Jerusalem PhD student has shown that increases in ambient temperature also lead to a decrease in the production of floral scents.

科学者は、地球規模の気候変動に関係する気温の上昇が植物の成長に悪影響を及ぼすことをしばらく前から知っていました。この研究を拡張して、ヘブライ大学エルサレム博士課程の学生は、周囲温度の上昇も花の香りの減少をもたらすことを示した。

global climate change 地球規模の気候変動
ambient temperature 周囲温度

"Increases in temperature associated with the changing global climate are interfering with plant-pollinator mutualism, an interaction facilitated mainly by floral color and scent," Alon Can'ani explained in his research.

地球規模の気候変動に関係する気温の上昇は、花の色および香りによって主に促進されている相互作用、植物・花粉媒介者の共生に干渉をしていると、Alon Can'aniは彼の研究で説明した。

pollinator 花粉媒介者
mutualism 共生

At the Hebrew University's Robert H. Smith Faculty of Agriculture, Food and Environment, Can'ani studies control mechanisms that allow plants to regulate their production of smell, is researching strategies to overcome the decrease in production of beneficial volatile substances, a process that requires a huge energy investment from plants.

ブライ大学のロバート・H・スミス農環境食物環境学部では、植物が香りの生成を調節すること可能にする制御メカニズムを研究して、植物から莫大なエネルギー投資を必要とするプロセス、有益な揮発性物質産生の減少を克服するための戦略を研究しています。

During his work in the laboratory of Prof. Alexander Vainstein, in the Robert H. Smith Institute of Plant Sciences and Genetics in the Faculty of Agriculture, Can'ani discovered that Petunia plants grown at elevated temperature conditions are significantly defected in production and emission of scent compounds.

農業学部Robert H. Smith植物遺伝学研究所のAlexander Vainstein教授の研究室での研究中に、Can'aniは高温条件で栽培されたペチュニア植物は香りの化合物の生成および放出に大いに欠陥があることを発見した。

petunia ペチュニア

"In my study, I show that increasing ambient temperature leads to a decrease in phenylpropanoid-based floral scent production in two Petunia×hybrida varieties, P720 and Blue Spark, acclimated at 22/16 or 28/22 °C (day/night)," Can'ani said.

「私の研究では、周囲温度が上昇すると、22/16または28/22℃(昼夜)で順応している2種類のペチュニア×交配種、P720およびBlue Sparkでフェニルプロパノイドベースの花の香りの生成が減少することを示していますと」Can'aniは述べた。、

phenylpropanoid フェニルプロパノイド
hybrid varieties 交配種

This was linked to arrested expression and activity of proteins that facilitate biosynthesis of the compounds.Can'ani was awarded the Smith Vision Prize for his body of research, which included projects aimed at finding novel strategies that plants use in order to regulate, or fine-tune, the process of scent emission.

これは化合物の生合成を促進するタンパク質の発現および活性の停止に関連していた。Can'aniは、植物が香りの放出のプロセスを調整、または微調整するために新たな戦略を発見することを目的としたプロジェクトを含む、彼の研究機関に対するスミスビジョン賞を受賞しました。

biosynthesis 生合成

Can'ani also demonstrated an approach to bypass this adverse effect, by expressing the Arabidopsis thaliana PAP1 gene, which boosts the production of scent regardless of the ambient temperature. This research was published in Plant, Cell & Environment.

また、Can'aniは、周囲温度にかかわらず香りの生成を拡大するシロイヌナズナPAP1遺伝子発現によってこの有害作用を回避するためのアプローチを示しました。この研究は植物、細胞&環境に掲載されました。

Arabidopsis thaliana シロイヌナズナ

Can'ani also characterized the first gene (called PH4) that functions as a direct regulator of scent emission. When he manipulated the expression of this gene to a halt, Petunia flowers ceased to emit scent, but continued to produce it. Interestingly, this gene apparently serves as a switch between two crucial floral traits -- color and scent. This research was published in New Phytologist.

また、Can'aniは香り放出を直接に調整するもとして機能する最初の遺伝子(PH4と呼ばれる)も特徴付けました。彼がこの遺伝子発現の停止を操作したときに、ペチュニアの花は香りの放出を停止したが、産生し続けた。興味深いことに、この遺伝子は明らかに2つの重要な花の形質―色と香りの間のスイッチとして機能します。この研究は新植物学者に掲載されました。

floral traits 花の形質
Phytologist:植物学者

Currently, Can'ani is investigating a process called glycosylation, in which flowers conjugate a sugar molecule onto the scent compounds, thus rendering the scent non-volatile.

現在、Can'aniはグリコシル化と呼ばれるプロセスを調査しています。このプロセスでは、花が香りの化合物に糖分子を結合させ、香りを不揮発性にします。

glycosylation グリコシル化

用語

シロイヌナズナのPAP1遺伝子を過剰発現に関する論文発表
http://www.ibrc.or.jp/in-the-news/outputs/20141002

フラボノイドの転写制御因子として有名なシロイヌナズナのPAP1遺伝子を過剰発現させたタバコでは農業害虫であるハスモンヨトウへの食害抵抗性が付与されていることがわかりました。PAP1過剰発現植物は、色、香り、酸化や乾燥ストレス抵抗性などを示すことが報告されていますが、今回、耐虫性にも関与するという基礎的知見が得られたことで、植物の害虫防御機構の解明にもつながる成果です。

グリコシル化
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%AB%E5%8C%96

グリコシル化 (Glycosylation)は、タンパク質もしくは脂質へ糖類が付加する反応である。糖鎖付加(とうさふか)とも言う

グリコシル化と花の香りについて調べたときに見つけた記事

ユリの香りの抑制法
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/naro-se/news-no-18.pdf

花の香りは,香りの素となる物質からいくつもの段階を経て作られています。それらの段階の一つ一つには酵素が関わっています。その酵素の働きを抑える薬剤を花に与えると,香り成分が生成されないので,花の香りを抑えることができます。花の香り成分は主に,生成経路の異なる芳香族化合物,テルペノイドなどに分けられます。それら経路のいくつかの段階については,酵素の働きを阻害する薬剤が分かっています。その中から,芳香族化合物の生成を抑えるフェニルアラニンアンモニアリアーゼ阻害剤の効果を検討したところ,テルペノイドの生成も抑えることが明らかになりました。ユリの香り成分の大部分は,芳香族化合物とテルペノイドで構成されていますので,この薬剤の水溶液(香り抑制剤)で処理することにより香り成分量を全体的に抑えることができます。

精油・キャリアオイルのご用命は下記にて
http://phytoaroma.ocnk.net/

|

January 28, 2019

ザクロ種子油主要成分プニカ酸の抗糖尿病作用の作用機序

Punicic acid: A potential compound of pomegranate seed oil in Type 2 diabetes mellitus management.

プニカ酸:2型糖尿病管理におけるザクロ種子油の可能性を有する化合物

punicic acid プニカ酸
type 2 diabetes mellitus 2型糖尿病

PUBMEDより

J Cell Physiol. 2019 Mar;234(3):2112-2120. doi: 10.1002/jcp.27556. Epub 2018 Oct 14.

Khajebishak Y1, Payahoo L1,2, Alivand M3, Alipour B4.

Author information

Abstract

要旨

Diabetes is one of the most prevalent diseases in the worldwide. Type 2 diabetes mellitus (T2DM), the most common form of the disease, has become a serious threat to public health and is a growing burden on global economies. Due to the unexpected adverse effects of antidiabetic medicines, the use of nutraceuticals as a complementary therapy has drawn extensive attention by investigators.

糖尿病は世界中で最も蔓延している病気の一つです。病気の最も一般的な形態である2型糖尿病(T2DM)は公衆衛生にとって深刻な脅威となっており、世界経済に対しての負担が増大している。抗糖尿病薬の予期せぬ副作用のために、補完療法としての機能性食品の使用は研究者達によって大きな注目を集めてきた。

antidiabetic medication 抗糖尿病薬
nutraceuticals  機能性食品

In this issue, a novel nutraceutical, Punicic acid (PA)-the main ingredient of pomegranate seed oil (PSO) that has potential therapeutic effects in T2DM-has been investigated. PA is a peroxisome proliferator-activated receptor gamma agonist, and unlike synthetic ligands, such as thiazolidinediones, it has no side effects. PA exerts antidiabetic effects via various mechanisms, such as reducing inflammatory cytokines, modulating glucose homeostasis, and antioxidant properties.

この号では、2型糖尿病(T2DM)において潜在的治療作用を有するザクロ種子油主要成分の新規の機能性食品プニカ酸(PA)は調査された。プニカ酸(PA)はペルオキシソーム増殖剤応答性受容体γ(ガンマ)アゴニストであり、チアゾリジンジオンのような合成リガンドとは異なり、プニカ酸(PA)には副作用はありません。プニカ酸(PA)は、炎症性サイトカイン減少、グルコース恒常性の調節、および抗酸化特性などの様々なメカニズムを介して抗糖尿病作用を発揮する

peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR
agonist:アゴニスト、作動薬、
synthetic ligands 合成リガンド
thiazolidinediones チアゾリジン・2型糖尿病治療薬
antidiabetic effects 抗糖尿病作用
inflammatory cytokines  炎症性サイトカイン
glucose homeostasis グルコース恒常性

In this review, we discussed the potential therapeutic effects of PSO and PA and represented the related mechanisms involved in the management of T2DM.

このレビューでは、ザクロ種子油(PSO)とプニカ酸(PA)の潜在的な治療作用を議論し、2型糖尿病(T2DM)管理に関与する関連メカニズムを表した。

KEYWORDS:

キーワード

diabetes mellitus (DM); inflammatory cytokines; nutraceuticals; punicic acid (PA); thiazolidinediones (TZDs)

糖尿病(DM)、炎症性サイトカイン、機能性食品、プニカ酸(PA)、チアゾリジン(TZDs)

用語

ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体の多様な生体制御作用
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/41/11/41_11_746/_pdf

核内受容体の一つであるペルオキシソーム増殖剤応答性受容体 (peroxisome proliferator-activated receptors;PPARs) は, 発見当初リガンドが不明な, いわゆるオーファン受容体であった. しかし, PPARsが高脂血症改善剤やインスリン抵抗性改善剤の作用機序の中心的役割を果たし,長鎖脂肪酸とその誘導体などもリガンドとして, 糖・脂質代謝を制御する機能分子となることが判明して以来, 広範な研究の進展を見せている. そして現在では, PPARsは生活習慣病発症を研究する, 食品・栄養学, 内分泌・代謝, さらには血管機能や炎症などの循環器系や発がんの研究領域にも関わる, 多機能で主導的な役割を有する重要な受容体として位置づけられるようになってきた. 本稿では, PPARsの構造と生理機能, リガンドと薬理機能, さらにヒトゲノム解析と疾患などについて解説する.

リガンド
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89

リガンド(ligand; ライガンド)とは、特定の受容体(receptor; レセプター)に特異的に結合する物質のことである。

リガンドが対象物質と結合する部位は決まっており、選択的または特異的に高い親和性を発揮する。例えば、酵素タンパク質とその基質、ホルモンや神経伝達物質などのシグナル物質とその受容体などが顕著な例である。リガンドの代わりにはたらく薬物がアゴニスト、リガンドのはたらきを弱める薬物はアンタゴニストである。

チアゾリジン薬の作用機序
https://kanri.nkdesk.com/drags/teikou.php

PPARγ(核内受容体型転写因子で脂肪、肝臓、血管壁などに存在して、脂肪細胞分化、脂肪酸の取り込みなどの役割を果たす。)に結合することにより、大型脂肪細胞(TNF-αを分泌)の分化誘導を促進して、インスリン感受性の高い小型脂肪細胞(アディポネクチンとPPARαを分泌)を増やす。

お知らせ

ザクロシードCO2 30ml(オーガニック)
http://phytoaroma.ocnk.net/product/521

|

January 24, 2019

身体の匂い受容体は病気を嗅ぎ分けることができるだろう。Science dailyより 

Smell receptors in the body could help sniff out disease

https://www.sciencedaily.com/releases/2018/07/180712100214.htm

身体の匂い受容体は病気を嗅ぎ分けることができるだろう。

Olfactory cells found throughout the body may help or harm depending on location

身体のいたるところにみられる嗅覚細胞は部位によって助けになるか害を及ぼすことがあります。

A review of more than 200 studies reveals that olfactory receptors -- proteins that bind to odors that aid the sense of smell -- perform a wide range of mostly unknown functions outside the nose. The function of extra-nasal olfactory receptors has the potential to be used in the diagnosis and treatment of health conditions such as cancer. The article is published in the July issue of Physiological Reviews.

200以上の研究のレビューは、嗅覚を補助する匂いに結合するタンパク質―嗅覚受容体は、鼻の外で主に未知の機能を幅広く実行することを明らかにしています鼻以外の嗅覚受容体はがんなどの健康状態の診断および治療に使用される可能性がある。この記事は、Physiological Reviewsの7月号に掲載されています。

Olfactory, or smell, receptors were originally thought to be only in the sensory nerve cells (neurons) of nasal cavity tissues. However, more recent and extensive study suggests that the receptors "occur in nearly the entire human body, [and] they appear to be substantially more functionally important than previously suggested," researchers from Ruhr-University Bochum in Germany wrote.In addition to the receptors playing a major role in the sense of smell, "several essential physiological and pathophysiological processes have been described as targeted by human [olfactory receptors], including path finding, cell growth, [cell death], migration and secretion."

嗅覚、または匂い、受容体は鼻腔組織の感覚神経細胞(ニューロンにのみ)あると考えられていた。しかし、より最新の広範囲な研究は、受容体がほぼ人体の全てには存在して、そのことは以前に示唆されたよりも実質的により機能的に重要であるようだと示唆していることを、ドイツのルール大学ボーフムの研究者が書いた。嗅覚において重要な役割を果たす受容体に加えて、経絡探索、細胞増殖、[細胞死]、遊走および分泌を含む、いくつかの必須の生理学的および病態生理学的プロセスはヒト[嗅覚受容体]によって標的化されると記載されている。

sensory nerve cells感覚神経細胞
nasal cavity tissues 鼻腔組織
extensive study 広範囲な研究
path finding, 経絡探索
migration 遊走
secretion 分泌
pathophysiological 病態生理学的

The research team summarized the location and purpose of certain types of olfactory receptors, including those that may be beneficial to general health:

研究チームは、健康全般に有益である可能性があるものを含む、ある種の嗅覚受容体の位置と目的をまとめました。

Receptors present in heart muscle cells may be a metabolic regulator of heart function.

心筋細胞に存在する受容体は心臓機能の代謝調節器である可能性があります。

Receptors activated in the immune system have been seen to promote the death of certain types of leukemia cells.

免疫系で活性化する受容体はある種の白血病細胞死を促進することが見られた。

Smell receptors in the liver reduce the spread of liver cancer cells.

肝臓の嗅覚受容体は肝臓がん細胞の拡散を減少させます。

Receptors in the skin increase the regeneration of skin cells and help speed wound healing.

皮膚の受容体は皮膚細胞の再生を増加させ、創傷治癒を早めるのに役立ちます。

leukemia cells 白血病細胞

The review also reveals ways in which olfactory receptors may affect the development of disease, including:

また、レビューは嗅覚受容体が病気の発症に影響を与える可能性がある方法を明らかにしています。下記のものがあります。

Receptors concentrated in the prostate tissue, especially in men with prostate cancer, contribute to the reduction or progression of the disease.

特に前立腺がんの男性において、前立腺組織に集中している受容体は疾患の軽減または進行に寄与します。

Receptors in the colon may reduce the growth of colon cancer cells.

結腸の受容体は結腸がん細胞の増殖を軽減する可能性があります。

Receptors in the digestive tract may cause chronic diarrhea or constipation but may also contribute to better digestion.

prostate tissue 前立腺組織
colon 結腸

The existence of olfactory receptors outside the nose -- either positive or negative -- plays an important role in disease progression and physiological function but is not yet fully understood. Their role as a possible biomarker for disease requires more research, the authors said. Study "must be expanded to develop promising clinical strategies in the future," the researchers wrote.

鼻の外の嗅覚受容体の存在は、ポジティブまたはネガティブのどちらであれ、疾患進行および生理学的機能において重要な役割を果たすが、まだ完全には理解されていない。病気に対する可能性あるバイオマーカーとしてのそれらの役割は、さらなる研究が必要だと著者は述べた。研究は「将来有望な臨床戦略を開発するために拡大されなければならない」と研究者は書いた。

disease progression 疾患進行
physiological function 生理機能

|

«カンナビノイド2型(CB2) 受容体活性化はパーキンソン病のロテノンモデルにおける酸化ストレスおよびドーパミン作動性神経変性に関連する神経炎症に対して保護する。