« びんぼうゆすりが肥満解消の道 | Main | 海草が乳がんリスクを軽減するかもしれない »

February 04, 2005

腸内細菌をペットにしよう

今や、巷ではペットの大流行。その中で人気があるのは、お犬様、おにゃんこ様です。ペットの飼い方の本、お食事、お洋服、病院、等至れりつくせりの情報です。ペットを飼うには飼い主にそれなりのメリットがあるはずです。それは、今はやりの癒しです。人間様同士で癒しを求めるには難しい時代なのかもしれません。

突然、腸内細菌をペットにするなんてばかのこと言ってるじゃーんと思うかもしれません。飼い方によっては飼い主にメリットとデメリットがありますが、強調して言えることは,正しい飼い方をすれば、メリットのほうのが多いです。美と健康をもたらしてくれます。住んでいるところは、腸ですので四季はございませんのでお洋服の心配はりませんし、
小屋等も必要ありません。特に心配していいただきたのはお食事です。

ペットの健康を考えたペットフードが沢山でまわってます。オーガニック製のフード、コレステロールのつかないものとかいろいろあります。飼い主はペットの健康状態によりペットフードの選択をし、ときにはサプリメントを与えたりしてます。ペットのためならなんでもいたしますの時代です。
腸内細菌のお食事は飼い主様の日常の食事がえさになります。飼い主は腸内細菌のことは考えず口当たりの良いもの、甘いもの、アルコール、脂っぽいものなど、その時の気分によって食べるものも変わります。ストレスなどを受ると、やけ食いとかやけ酒とかでいろんなものを食べます。最近は朝食抜きが多いです。飼い主が同じペットのお様、おにゃんこ様に注ぐ愛情を腸内細菌ペットにも注いで頂き、食事に注意してもらいたいものです。


腸内細菌ペットの特徴を書いてみたいです。

ペットの種類は善玉菌と悪玉菌になり、それぞれにブランド名のついた菌が沢山います。飼い主の管理が悪いと、善と悪のバランスがくずれ仁義なき戦いが起こり、悪が勝利収めます。世の中に悪が栄えるとろくなことが起きないです。そのシッペ返しは飼い主に及びます。便秘になったり、肌のつや悪くるくなったり、花粉症にも影響を与えます。
飼い主が身をもって実感できる特徴があります。

ペットを飼っている人にとって喜びのひとつとして、お犬様、おにゃんこ様が褒められることです。なんとすてきな犬だとか、かわいいおねこちゃんとか、どのブランドの種類のお犬様とか、褒められると飼い主は得意げに、お犬様、おやにゃんこ様のことを語ります。腸内細菌ペットは飼い主の健康、容姿に変化をもたらします。まわりから、最近やせたのではないかしら、若くなったみたいと言われたら、すかさず語ってください。私、最近、どこどのブランドの腸内細菌をペットにしてるの、それでこんなに美しくなったのて。

これから、このペットが住んでる腸、ペットの種類、ペットのえさ、ペットから受ける恩恵、なぜ仁義なき戦いがおこるのか、ペットにとって何が一番必要なのか、勉強しながら、もろものことを考えてみたいです。

新規記事作成の時、本文の欄に記入する時はっちゃんと枠に入れて書いてるのですが、出来上がったのを見ると
ちゃんとレイアウトができてないのです。萩焼きみたいです。萩焼は釜を開けてみない作品の出来具合がわからない
と聞きました。偶然性を楽しむそうでです。わたし、レイアウトもそのような感じです。

本の紹介
健康長寿のための食生活―腸...岩波アクティブ新書
 腸内細菌と機能性食品 光岡 知足 

|

« びんぼうゆすりが肥満解消の道 | Main | 海草が乳がんリスクを軽減するかもしれない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/2807928

Listed below are links to weblogs that reference 腸内細菌をペットにしよう:

« びんぼうゆすりが肥満解消の道 | Main | 海草が乳がんリスクを軽減するかもしれない »