« 愛の天使が舞い降りてこない | Main | オリーブ油の健康効果 »

March 01, 2005

脳の領域に第六感存在

Brain Region May Act as 'Sixth' Sense

脳の領域、危険を予知し、早期警戒警報発令、危険回避行動開始

脳の第六感の存在証拠を示す研究によると、脳の部位が危険を感知し、早期警戒警報を発令し、人間の逃避を手助けしてくれる。

研究によると、研究者は、前帯状回皮質(ACC)として知られてる脳の領域が環境の微細な変化を感知し、人々はそれにまったくそれに気づくことなく、この情報を利用し、行動を調整することを発見しました。以前の研究によると、脳の前頭部に位置する前帯状回皮質(ACC)の活動は、人々が間違いを犯した後や厳しい決断するときに脳の前頭部に位置する前帯状回皮質(ACC)の活動が活発になります。

セント ルイスワシンントン大学の新研究 Joshua Brown, PhD,が語るには、すでに厳しい決断を下す前に、脳の領域は間違いを犯す時期を事実上認識し、学ぶことができる。その結果、前帯状回皮質(ACC)は早期警戒システムとして働きます。それは、私たちの行動が悪い結果を導くような時、事前に警報を出し習得させてくれます。そして、私たちは慎重になり、間違いを回避できます。

研究者によると、近年ACCの研究が盛んになってきました。なぜならば、ACCが複雑で挑戦的な課題の脳内処理において重要な役割を演じます。、

この研究で、ACCの役割が間違いを感知する以上、または間違いを起こす可能性がる争い状態を感知する以上のことをするのかを考察した。この理論を試験するため、研究者は健康な若者にコンピュターの画面に一連の合図を映し出し、その反応を見る実験を行った。

実験参加者は、画面上に点滅した(青と白)矢の方向次第で、キボード上の2つ内1つのボタンを瞬時に押さなければいけない。混乱を助長するため、研究者は時々、2番目に大きい青い矢を画面に入れ込んだ。青い矢が表示されたときには、実験参加者はギアを切り替え、反対側のボタンを押します。

研究者の考えによると、最終的に競争傾向に到達するようにした。左か右のボタンを押させ、同時に脳内で両方が
活発に動き、混乱状態を作り出した。

研究者はいくつもの実験の間中、大きな矢が点滅するまえに遅延時間を調節させ、実験参加者が究極的に約50%間違ったキイを押すようにした。

参加者の実験中脳内活動を詳しく調べてみると、結果的にまさに大きい矢に関係する青い色が現れると、十分にACC内の活動が活気づけられた。この効果は十分強化された。

研究者によると、この実験で明らかになったことは、ACCが青合図の重要性を学習し、それに応じて、少なくとも潜在意識レベルで行動を調節し始めます。

Brownが語るには、脳のこの領域はあなたがかならずしも、意識的にそれを認識しなくとも、どうにかして物事を解決してくれるみたいです。この仕組みが存在することは理にかなってます。なぜならば、かならずしも、早急の調整が必要だと自認識していない場合でさえも、日常生活において脳が環境の微細な変化を捉え、行動を調節する多くの状況が存在します。環境の微細な変化の感知と調整の脳力は、それが潜在意識レベルで起きてもさえも、事実上力強いです。

精神障害に新しい糸口

ACCの異状はまた、統合失調症、強迫性障害などの多くの重度な精神障害と関連してます。研究者によると、
この発見はこれらの障害に関しての新しい糸口を提供するかもしれません。

Brown氏よると、統合失調症でACC構造の損傷がいかにして早期警戒システムの破壊を導き、そのため、脳が不適切な行動を先取りし、制御することが出来なくなると研究の結果は示唆してます 一方、強迫性障害の個人におては、ACCが差し迫った問題がない時さえ、差し迫った問題だと警戒警報を出してしまう。

単語帳
*brain region :脳の領域 *part of the brain :脳の部位 *anterior cingulated cortex :前帯状回皮質  
*subtle :微妙な、とらえがたい *brain's processing :脳の処理 *likelihood :可能性、見込み
*experiment :実験 *cue :合図 *flash :ぱっとつく、光る *scan :詳しく調べる 
*subconscious :潜在意識の figure out :解決する *eventually :いつかは、結局  
be consciously aware of  :意識的に認識する

New Clue for Mental Disorders?
*schizophrenia :統合失調症 *obsessive-compulsive disorder :強迫性障害 *clue :糸口
*impairment :損傷 *preempt :先取りする *imminen :差し迫った

Washington University in St. Louis これクリックすると図表もあり、詳しい内容が分かります。

考えたこと
これを読んで、日常生活において、意識しなくて、見たもの、聞いたもの、触れたもの、匂い、味わったもの、これらが脳の領域で記憶されて、いざと言うとき、無意識的に行動を起こさせ、危険を避けている。

一般的に、潜在意識の中にあることがらは、夢に現れてくるといわれてます。潜在意識のことが、第六感と結びついているとは初めて知りました。

脳が意識した事柄と無意識の事柄と両方を記憶して、何かのとき判断材料に使用し、行動を起こさせている。意識してることは自分でも分かるので、ある行動をしたとき納得が出来ます。しかし、よく何でそんな行動をしたのかと人は考えにくい事柄が起こります。

これは、知らず知らずに潜在意識にインプットしておいた情報が、微細な環境の変化に対応して、行動を起こしたのかもしれません。もし、この考えが正しければ、どんな内容のものが、潜在意識にインプトされるかにより、その人の行動に影響与えます。以前読んだサブミナルマインドと結びつくような気がしました。

ワシントン大学のこのレポート最初に出てくるのは、今回のアジアの津波のとき、オーストラリア原住民アボロジーは野生動物と一緒に高台に逃げたと記述してます。自然と共に生きてるアボロジーは自然の微細な環境変化に対応できなければ、滅んでしまいます。種族が永続的に栄えるためには、微細な環境変化を感知する力、第六感が発達したのだと思います。

現代日本社会においては、自然と共に生きていく環境ではないです。自然ではない、コンピュター、経済、機械等人間が作り出した環境の中に生きてます。環境の微細な変化はどんなもなのでしょうか、またどんな危険を回避する第六感が育つのでしょうか。人は 共に生きていく事柄により、第六感の内容も違ってくるのでしょうか。第六感の発達してる人は、人と同じ行動をしないため、危険から回避されてます。 

思うに、仕事を百八十度違う職につくかたがいます。以前、英国の男性アロマセラピストにお会いしたとき、何で
男性でセラピストになったんですかと聞いたら、内なる声がしたと言ってました。この内なる声も第六感に入るかもしれません。これからよりよく生きていくために、仕事を変えろという、知らせかもしれません。耳を澄ませば、内なる
声が聞こえるでしょうか。

日本語の表現が相変わらずよくないのです。正確な内容は原文で確認してください。

本の紹介
脳の話岩波新書
サブミナルマインド 下條 信輔・中公新書・1996. 入門書. 絶版みたいです。図書館で

|

« 愛の天使が舞い降りてこない | Main | オリーブ油の健康効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/3130942

Listed below are links to weblogs that reference 脳の領域に第六感存在:

« 愛の天使が舞い降りてこない | Main | オリーブ油の健康効果 »