« ハードデスク領域少なし | Main | 英会話の心理 »

March 09, 2005

美味しい食を求めて、食はぶらぶら歩きにあり

おっさんの食感

リカバリーは何とか出来たのですが、インストールでつまずき、先へ進むことが出来なく、昨日はパソコンが使えなく、お休みしました。今日、インストールのする方が着ていただき、使えるようになりました。ありがとうございました。

おっさんの食について、書いてみます。食べることは大変すきです。昼食の時間は自分にとっての自由時間になります。その時間を有効にすごすには、美味しい食事を食べることです。時間と行ける場所は限られていますが、その範囲で最大限美味しい食事を提供してくれるところを歩き、探します。普通、男性はどこでも食べらればいいという考えの人が多いと思います。私、同じお金を支払うなら、少し遠くても、美味しいところがよい。

探し方としては、自分の予算を決めて、その範囲の店を探し、昼食にコーヒーがついているのかなどチェックしながら探します。店はチェーン店の店か、またオーナーシェフいて料理してるのか、一軒家の店か、ビルに入ってるのかによっても値段、料理の質もか変ると思います。

チェーン店は材料が一括仕入れで味が均一になってしまうと思う、そのかわり、だれでも作りやすいように事前に調理してる場合が多いと思う。

高級ビルなどに入っているお店は家賃もたかいので、その分値段も高くなってしまう。

出来れば、オーナーシェフが経営してるレストランには入れればよいと思います。シェフが材料を吟味しているので、そのシェフの個性の味を楽しむことができます。そんな、レストランを見つけられば、最高です。

少し、余分にお金があったときには、夜は高くてなかなか行けないようなお店のランチを楽しむ手があります。材料も作る人も夜も昼も同じです。昼ですばらしい味を確認できた夜も行って見ましょう。

今や、レストランで雑誌の載らないレストランを探すに苦労する時代です。どこの、お店でも、最近は雑誌の切り抜きを入り口の置いてある店が増えてきました。ラーメン店なども多いです。雑誌を見て、お店を探すのもいいかもしれませんが、それは記者の舌にあったのか、雑誌のコンセプトにあった店なのか、雑誌社は誰かに聞いて取材に行ったのかもしれません。

それならば、自分で店の感じ、値段、料理のサンプル、人の入り具合、女性が多いのか、いろんなことを考え、選んで入ってみると面白い。自分で、判断して選んだ店が値段にあったおいしさか、検証できます。また、はずれもありす。歩きながら、お店を選ぶのに迷っていると、迷い道に入ってしまうかもれない、そこを抜け出したら、すばらしい
お店に出会うかもしれない。ぶらぶら歩きながらのお店を選ぶのも楽しみです。慣れてくれば感が働くかもしれません。美味しいお店でしたら、女性ばっかりのレストランでも、1人でも入っていきます。こんなことを考えるのはおっさんアロマ本人だけかもしれません。だって、美味いものは食べたいです。

限られた予算、時間範囲以内でのレストランにしか行けないかもしれませんが、最大限食を楽しみたいです。食べておいしいと、自分でも出来ないかと思います。オーナーシェフのお店に行ったとき、美味しい食事を食べたときなど、作り方など聞いたりして、自分で料理し、レパトーリを広げました。味わったことのない、料理を作るのは難しいです。料理を作る奥様は食べあるきで、レパートリを増やす必要があると思います。


|

« ハードデスク領域少なし | Main | 英会話の心理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美味しい食を求めて、食はぶらぶら歩きにあり:

« ハードデスク領域少なし | Main | 英会話の心理 »