« 妊娠ホルモン乳がん阻止 | Main | ルックスと健康ための毎日の食品 »

April 21, 2005

加工食用肉とガンとの関係

Processed meat cancer risk link

多量のホットドック、ソーセージや他の加工食用肉を食べるとすい臓がん発症危険性を増大させます。と研究者は述べてます。

食用肉はこれまで潜在性がん発生原因として列挙されてました。しかし、結果は相反していました。

ところで、ハワイ大学の研究者はむしろ肉の脂肪又はコレステロール水準よりも肉の調理方法に関係してると示唆してます。

英国がん専門家はこの関係を確認するには十分な証拠が必要であると述べた。

ハワイチームの研究はアメリカがん研究協会年次総会に提出された。

食用肉調理の関係

科学者はハワイとロスアンゼルスで他民族的コホート研究では不可欠である190,545人々を研究した。

治験者は平均7年間の追跡調査をされた。そして食事、喫煙習慣、すい臓ガンの家族歴や民族性に関して質もされた。

研究者はすい臓ガンの482事例を記録した。

最も多くの加工食用肉を摂食した人々は最も少なく摂食した人々に比べて病気発症危険性が67%増大した。

食用肉を少量食べる人に比べて、同様に沢山の豚肉や赤みの肉を食べる人々はすい臓ガンの危険性を約50%まで増大させた。

鶏肉、魚又は乳製品に関連しての危険性の増大はなかった。

この研究を指導したハワイ大学ガン研究センター、Dr Ute Nothlings,は述べた。この結果は食用肉そのもの脂肪又はコレステロール含有量より、むしろ発癌物質は食用肉の調理に関係してたと、この結果は示唆してます。

加工食用肉のガン発症危険性増大は加工食用肉調理中に起こる化学反応に起因してるのかもしれません。

そのような反応はたとえば複素環式アミン又は多環式芳香族炭化水素のような発癌化学物質を作り出すだろうと彼らは発言した。

英国ガン研究所疫学部副所長、Tim Key教授は述べた。加工食用肉とすい臓ガンの危険な関係に興味深い観点をこの研究は提供しました。

しかし、研究の重要なことはこれから2つの間の明確な連関を立証しなければならいことです。

加工食用肉がすい臓ガンに影響を及ぼすか否かを確立するためのさらなる研究が必要となります

喫煙は依然として唯一すい臓ガンの要因として確認済みのものである。シリアル、果物や野菜の豊富な食事は全体的に健康効果があります。そして多分たとえば腸ガンのような一部の一般的なガンに
たいして予防効果があります。

単語帳
*processed meats :加工食用肉 *pancreatic cancer :すい臓ガン *Multiethnic :多民族の 
*Cohort Study :コホート研究 *ethnicity :民族性 *poultry :鶏肉 
*carcinogenic substance :発癌物質 *heterocyclic amine :複素環式アミン 
*polycyclic aromatic hydrocarbons:多環式芳香族炭化水素 *Epidemiology :疫学

|

« 妊娠ホルモン乳がん阻止 | Main | ルックスと健康ための毎日の食品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/3801248

Listed below are links to weblogs that reference 加工食用肉とガンとの関係:

« 妊娠ホルモン乳がん阻止 | Main | ルックスと健康ための毎日の食品 »