« 新生児の体重と肥満の関係 | Main | 加工食用肉とガンとの関係 »

April 21, 2005

妊娠ホルモン乳がん阻止

Baby hormone stops breast cancer     

妊娠予兆のホルモンは乳がん予防にある方法を与えることが出来ると、専門家が明らかにした。

20歳までに子供ができると、女性の将来乳がんリスクを半減されることは既によく知られてます。

フィラデルフィア、Fox Chase Cancer Centerの米国科学者はこの保護は結局のところ妊娠中に胎盤から作られるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)よるものであるとことを示した。

ラットの研究で、癌化に対して早い回復力をもたらす乳腺細胞DNAをhCGがどの様に変化させるのかを明らかにした。

女性が妊娠満期になるまで乳腺細胞は十分成熟してないからによるものです。彼らはアメリカがん研究
年次総会で報告しました。

研究は確認しました 授与された保護はhCGホルモンに特有ものであり、他の女性ホルモンには見つけることが出来ないです。

将来、子供の欲しくない女性又は子供の出来ない女性、この学問使用による同じ予防法を提供することが可能になるかもしれないです。研究者は期待してます。

それらの実験で、Dr Irma Russoと仲間はhCGを毎日注入
で処理した処女ラット、エストロゲンとプロゲストロンで処理された処女ラット、処理されてない処女ラットと妊娠ラットを比較した。

臨床試験

妊娠ラットとhCG処理ラットだけが乳がんに反して保護してくれる恒久的な遺伝子変化を起こした。

Dr Russoは述べた。このホルモンは女性の乳がん予防には有益かもしれない。

米国、カルフォルニア大学、医学部、Dr Leslie Bernsteinは結果としてhCGを注入された女性が乳がんリスクを軽減したかどうかを既に考察していた。

米国では、90年だ半ばに減量計画の一環として、一部の女性にとってはhCG投入を求めるのが流行した。

Dr Bernsteinは乳がんの女性744人と乳がんなしの同世代、同人種と妊娠歴(なしから多くの過去の妊娠)の女性744人を考察した。

我々はhCG投入で全体的に乳がんリスク軽減は極めて小幅であった。しかし妊娠満期を経験しなかった女性の場合は、リスク軽減はさらに強かった。

ところで、女性が極めて肥満の場合はこの保護はみられなかった。と彼女は言った。

予防手立てとして間違いなくもっと追跡する価値があります。少しも被害を起こさないようです。

もし女性が妊娠しないいで乳腺細胞を変化させる方法があるならばー全て女性が妊娠したい或いは若くして子供が欲しいとは限らないーほんとにすばらしいと彼女は言った。

しかし、Dr Sarah Rawlings of Breakthrough Breast Cancerは警告をした。これが女性乳がん予防に使用される前にさらなる研究が必要です。

乳がんケアー、Laura Trapaniと英国がん研究、Stephen Duffy教授はこの懸念を繰り返した。

単語帳
*heralds :到来を告げる 
*HCG =human chorionic gonadotropin :ヒト絨毛性ゴナドトロピン性腺刺激ホルモン
*placenta :胎盤 *full-term pregnancy :妊娠満期 *breast cell :乳腺細胞
*cancerous change *癌化 *Human trials :臨床試験 *injection :注入

 

|

« 新生児の体重と肥満の関係 | Main | 加工食用肉とガンとの関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/3789114

Listed below are links to weblogs that reference 妊娠ホルモン乳がん阻止:

« 新生児の体重と肥満の関係 | Main | 加工食用肉とガンとの関係 »