« ルックスと健康ための毎日の食品 | Main | 睡眠・覚醒体内時計は同様に食欲制御 »

April 23, 2005

脳細胞興奮性による肥満と不眠症の関係

肥満や不眠症予防はストレス軽減生活で脳興奮抑制

Obesity and insomnia linked by excitability of brain cells

睡眠不足(不眠症)と肥満とのつながりの可能性はストレスに敏感ならびにたやすく興奮する脳視床下部領域に属するヒポクレチン/オレキシンの神経細胞に帰着した。Yale School of Medicine研究者は4月号の細胞代謝で報告してます。

もしこれらの神経細胞が日常状況において環境又は精神ストレスによって過度に活性化された場合、それらが過食をもたらす持続した覚醒、不眠症の誘発を裏付けるかもしれない。とYale School of Medicine、Obstetrics,婦人科学&生殖科学と神経生物学、産科学部助教授、指導著者Tamas Horvathは語った。さらにストレスを受けると、低閾値でこれらのヒポクレチン神経細胞は興奮します。

Horvathと共著者、婦人科学&生殖科学助教授、Xiao-Bing Gaoは電気生理学と電子顕微鏡を使用してマウスにおけるヒポクレチン/オレキシン神経細胞を研究した。彼らは 特異的な、以前には表れてなかったヒポクレチン神経細胞上にインプットされた組織を明らかにした。それは興奮性神経接合部がほぼ10倍ほど抑制接触より上回ってます。

ヒポクレチン神経細胞の特異的配線と急性ストレス誘発可塑性は生存には欠かせない覚醒と警戒に管理されており、その関与と密接な相関関係があります。とHorvathは語った。しかし、それは不眠症の根本原因であるかもしれない。そして肥満を含む代謝異常に関連してしてるかもしれない。さらに、不眠は閉経期(更年期の最初の始まり)の特徴である。それは更年期以降の女性において肥満有病率増大をもたらすかもしれない。

前回の研究で睡眠不足と肥満の関連性を証明した。心よい夜の眠りは肥満に役立つことを示唆した。肥満と不眠との神経原理関係性では二つとも別々なものです。過剰に活性化したヒポクレチンシステムの生成物質に関連してます。とHorvathは明らかにした。それ故に、体重や睡眠障害のある人々はむしろ不眠症又は肥満のどちらかを特に薬で治療するよりも、生活のストレス面を軽減したほうが有効であるだろう。

肥満と代謝異常は米国での死亡や病気の大きな要因です。医療制度への最も高い財政負担の一つになってます。


単語帳
*insomnia :不眠症 *excitability:興奮性 *hypocretin :ヒポクレチン *orexin :オレキシン(食欲や睡眠の制御) *hypothalamus :視床下部 *arousal :覚醒 *Obstetrics, :産科学 *Gynecology :婦人科学
*Reproductive Sciences :生殖科学 *Neurobiology :神経生物学 *threshold :閾値 
*electrophysiology :電気生理学 *electron microscopy :電子顕微鏡
*plasticity :可塑性(変形する性質)、*in the control of :~に管理されて *alertness :警戒 
*underlying cause :根本原因 *characteristic of :~の特徴を示して *perimenopause :閉経期
*neurological :神経の *metabolic disorders :代謝異常 *financial burdens :財政負担 *
health care system.:医療制度 

考えたこと
ストレスで脳が興奮して脳内物質ヒポクレチンを多くだして不眠や肥満をもたらす。いかにして日常生活で穏やかに過ごせ、ストレスに強くなる人になることが大切なのかしれない。ストレスに強くなるには物事に対する考え方、捕らえ方を変更するとストレス軽減に役に立つかも知れません。そのために自己研鑽の本が沢山出てます。

脳はブドウ糖を一番消費するところです。ストレスで興奮した脳を鎮めるための食事が大切です。興奮して失われる脳内伝達物質があると思います。脳内伝達物質はアミノ酸から出来てます。そのためには偏食をしないで脳に必要なアミノ酸を供給できる食事をすろことによりすこしはストレスに強い脳になるかも知れません。それが不眠と肥満の予防に役に立つかもしれない。

|

« ルックスと健康ための毎日の食品 | Main | 睡眠・覚醒体内時計は同様に食欲制御 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/3827389

Listed below are links to weblogs that reference 脳細胞興奮性による肥満と不眠症の関係:

« ルックスと健康ための毎日の食品 | Main | 睡眠・覚醒体内時計は同様に食欲制御 »