« VOA Special English 笑いと心臓の関係 | Main | 喘息や花粉症と月経不順の関係 »

May 28, 2005

月経周期で女性の脳内化学質に変化

Menstrual Cycle May Change Women's Brains

新研究によると、女性ホルモン変化で本質的に脳内化学物質バランスを変化させ、女性月経周期に関連する一部の気分のむらを誘発するのかもしれない。

この研究は、海馬と呼ばれる脳領域にある細胞が、月経周期間中にさまざまな段階で脳内化学物質ギャバに対して特異タイプの受容体を産出している。  これらの変化が女性の不安、うつまた発作の病気に掛かりやすいことに影響を与えているかもしれない。
エストロゲンとプロゲステロンの両方は神経細胞活動に影響を及ぼすが、発作活動また不安増大における変化のメカニズムはまだ知られていない。と研究者は記述している。

彼らが言うには、それらの研究は月経時に一部の女性が経験する重度な不安な又月経前に起こる月経前不快気分障害として知られている月経前のうつに新たな分子基盤を提供するかもしれない。これが月経周期期間中に多くのてんかん患者の女性が多くの発作に罹患する理由を明らかにしてくれるかもしれない。

この研究の成果は自然神経科学誌に発表される。

前回の研究がてんかん患者女性の78&%は生理前に発作がよく起こることを示していた。ホルモン変化の誘引で起こるてんかん患者女性の発作は月経時に伴う発作と呼ばれている。これは、女性の月経周期時期の間プロゲステロン ホルモン濃度低下の時に発症する。

さらに、この機関中にPMDD女性の約5%は常に重度な不安またうつ病を経験するがこの変化の原因は明らかになってはいない。

悪い気分の生物学的基準

この研究で、研究者は、月経周期時期中にプロゲステロン濃度が低下時、マイスがギャバ作用を阻害する多くの特定タイプの受容体を産出したことを解明した。

このことで、ギャバの一般的作用、鎮静効果の飛躍的減少の原因で発作また不安のリスクを高めた。

月経周期時期の間プロゲストテロン濃度は高くて、エストロゲン濃度は低い。研究者は反対も当てはまることを解明した。月経期間中では、マイスは発作又は不安にかかりにくくなる。
だから、研究者の言うことには、これらギャバ受容体変化が、月経時に伴う発作またPMDを持つ女性にみられる発作リスクや不安度の原因であるかもしれない。

単語帳
*Menstrual Cycle :月経周期 *Hormonal changes :ホルモンの変化
*alter :変える *trigger :誘因になる
*mood swings :気分のむら *hippocampus :海馬
*GABA :ギャバ、gamma-aminobutyric acid、γ[ガンマ]アミノ酪酸
*susceptibility :感染しやすいこと *anxiety :不安
*depression:うつ *seizures :発作
*progesterone :プロゲステロン
*molecular basis for :~の分子基盤
*premenstrual dysphoric disorder – PMDD :月経前不快気分障害
*epilepsy :てんかん *Neuroscience :神経科学
*catamenial seizures :月経時に伴う発作 *reverse :逆

|

« VOA Special English 笑いと心臓の関係 | Main | 喘息や花粉症と月経不順の関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/4315708

Listed below are links to weblogs that reference 月経周期で女性の脳内化学質に変化:

« VOA Special English 笑いと心臓の関係 | Main | 喘息や花粉症と月経不順の関係 »