« 葉酸サプリメント高齢者記憶力増強 | Main | 肉食者はベジタリアンより肥満傾向 »

June 27, 2005

英日医薬基礎講座 翻訳の勉強

先月の末から、毎週月曜日の夜に翻訳講座(12回)に行き、基礎講座医学・薬学英語科で主に英日翻訳を勉強しています。海外の記事を訳しているうちに上手に翻訳が出来ないかと思っていたら、医薬の基礎を教えてくれるとこがあるのを知り、オリエンテーションに参加して内容を確認した。

英語は高校生の英語力でよいと言われた。これなら大丈夫と思った。翻訳は調べることが好きでないと大変であるといわれたが調べることは大好きなので問題ないと思った。クラスは1名でも行うといわれた。ちなみに今のクラスは私を入れて2名です。文系の人でも医薬の英語を翻訳できると言われた。先生は文系の出で医薬の翻訳家
になった人です。

アロマセラピーに関連してケースヒストリー、アロマセラピーの症例、PUBMEDのエッセンシャルオイルやアロマセラピー関連の論文の抜粋等が訳せればいいなと思った。それらを人に読んでいただくには絶対に翻訳の基礎を学ぶ必要があると思いました。

今日で6回目になりました。内容は教科書の課題を翻訳して、それを印刷して、先生と生徒に配布して、翻訳内容をチェックしてもらいます。そのときに自分の訳し方の間違いなどを指摘してもらいます。

また、先生から課題内容の関連資料が配布され、それについての説明もあります。今までに勉強したのは、細胞の構造、DNAとRNA、血液、高血圧、歯、泌尿器系、消化器系です。

先生は医薬の基本を学ぶには高校の生物と化学の本を良く読み表現方法などを学ぶ必要があることを強調されています。DNAとRNAの説明のときには高校の化学の抜粋のコピーを配布してくれました。

翻訳はまた書きます。


|

« 葉酸サプリメント高齢者記憶力増強 | Main | 肉食者はベジタリアンより肥満傾向 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 英日医薬基礎講座 翻訳の勉強:

« 葉酸サプリメント高齢者記憶力増強 | Main | 肉食者はベジタリアンより肥満傾向 »