« 低脂肪、低タンパク質ダイエット寿命を延ばす | Main | 心、体,霊性、ホリスティック治療 »

June 02, 2005

VOA Special English 乳がん治療で生存率増加

Study Says Breast-Cancer Treatments Increase Survival Rates

世界中で毎年100万人を越える新たな乳がん患者が報道されている。しかし、近年米国、英国また諸外国においての乳がん患者生存率は増加した。薬物治療が重要な役割を果たしていたと新報告書は述べている。

英国オックスフォード大学研究者は、ほぼ200の研究事項に起因するデータを集めた研究チームを指導した。これらには、乳がん初期の女性140,00人が含まれていた。

乳がんは転移する以前に早期発見されると、医師は発見されたどんな病気でも手術で取り除くことができる。しかし、一部の細胞は残ってしまい、以後の人生においてガン化してしまう。それで、乳がん再発を予防目的の追加治療を行います。

一部の症例では、新研究で 薬物が15年以内で乳がん死亡リスクを半分まで軽減できると解明された。それは、がんが発見された時からです。薬物治療効果は乳がんが一般的である中年女性にみられた。彼らは化学療法の薬剤との組合せを6月からはじめた。その時点では、がん薬剤タモキシフェンを5年使用していた。タモキシフェンはエストロゲン作用を抑える働きがある。エストロゲンは最も普通の種類の乳がんに関連するホルモンである。

研究者は生存率は5年後の患者よりも治療後15年のほうが高かいことを解明した。長期間の生存で更なる改善は新薬又は旧薬剤の良い使用方法の要因であるかもしれない。また、報告書は薬剤での死亡リスクは少ないと述べている。

この報告は英国医学専門誌ランセット5月号に掲載された。

2つの関係の無い研究のニュースがありました。 ロスアンジェルスHarbor-U.C.L.A.メデイカルセンター研究者が研究した1とつでした。低脂肪ダイエットは5年以内の乳がん再発可能性を軽減できるある証拠を発見した。

2つめの研究は3,000人の乳がん患者の運動を取り扱った。ボストン ブリガム女性病院Doctor Michelle Holmesが研究を行った。ほぼいくらかの身体運動が乳がんでの死亡リスク低減に関与していたと彼女は述べている。

1週間に3時間から5時間散歩する女性は最も改善をしたと彼女は述べている。乳がん患者で運動をしない女性に対して乳がんによる死亡の可能性は半分であった。

単語帳

*play a major part :重要な役割を果たす
*chemotherapy drugs :化学療法の薬剤
*tamoxifen :タモキシフェン:癌の治療に用いる薬

考えたこと

やさしい英語で専門的なことを説明しているのを訳することは難儀である。動詞は主に基本単語の熟語で表現
されている。専門知識があまりなので辞書で調べても適格な言葉が見つからない。これが難しい単語で記述
してあれば、単語を辞書で引けば適格な日本語が出ている。VOA Special Englishは基本単語1,500で記事が
書かれています。内容の理解して日本語にするにはまだまだ勉強をする必要があります。

 

|

« 低脂肪、低タンパク質ダイエット寿命を延ばす | Main | 心、体,霊性、ホリスティック治療 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/4386470

Listed below are links to weblogs that reference VOA Special English 乳がん治療で生存率増加:

« 低脂肪、低タンパク質ダイエット寿命を延ばす | Main | 心、体,霊性、ホリスティック治療 »