« うつ病の原因脂肪酸組成変化(リノール酸増加、αリノレン酸減少) | Main | モーニング・アフターピル(緊急避妊薬)、処方箋なしの販売法案通過歓迎 »

July 04, 2005

身体には疼痛緩和に役立つ独自の大麻がある

Body's own 'cannabis' helps pain

大麻のような化学物質が疼痛緩和を助けるために自然に脳内に生じたことを研究者が解明した。

米国の科学者は、研究成果でこの自然反応を促進できる新薬に結びつくことがあると語った。

これまで、研究者は大麻独自の化合物を薬剤にしようと開発に一心に取り組んできた。

しかし、ネーチャーでの記事で、研究チームは、いかに脳内化学物質が働くかに関してのそれらの新しい解釈は副作用の少ない薬剤に結びつくことが出来るだろうと述べた。

身体が、スポーツの怪我または銃で撃たれた傷などのストレス多い環境下で痛みを体験すると、身体はしばらくの間守ろうとします。―それはストレス誘因鎮痛と呼ばれる反応です。

カルフォニア大学アービン、およびジョージア大学からの研究者によるラットでの研究は初めて内在性カンナビノイドと呼ばれる化学物質がこの反応過程でどのような役割をするかを解明した。

ひとつのカンナビノイド化合物、2-AGの産出はストレス関連の痛みによって誘発されることが解明された。

その時、研究者はこの自然反応促進方法を注目した。

痛みの抑制

一般的に、モノアシルグリセロール・リパーゼと呼ばれる酵素が痛みを止めるために2-AGの産出をもたらす。

カリフォルニア大学、アービンのthe Center for Drug Discovery Drug所長、Danielle Piomelli教授含むチームは、酵素活性抑制をすることができた化学物質を開発した。そのことは、身体が、理論的に2-AGを産出し続けことが出来るかもしれないことを意味した。

Danielle Piomelli教授は、この研究で、初めて、脳内に痛み抑制に関連するマリファナなような天然化学物質があることを示している。

これらの化合物の重要な機能を特定することは別として、それは、新しいクラスの薬剤の鋳型を提供して、急性副作用を示した他の物を取り替えることが出来る。

「脳内のこれらのカンナビノイド化合物濃度を微調整できる立案できるなら、それらの正常な効果を促進できるかもしれません。」と、Piomelli教授は語った。

疼痛管理

この研究に取り組んだジョージア大学、神経科学者、Dr Andrea Hohmannは付け加えました: 「私脳内の化合物濃度の操作を可能にする処方箋も市販薬もないです。」

「これはだれでも、身体が自然にカンナビノイドの1つ(2-AG)を発生させることが自然な状態で疼痛管理に関係があることを示したのは初めてである。」

インペリアル カレッジ、麻酔リーダーDr Anita Holdcroftは、BBC Newsウェブサイトにこの論文で身体がどのように痛みに対処したかに関する知識を増したと語った。

「この2-AGカンナビノイドは脳内に受容体を持っていません。」

「したがって、身体の痛みへの反応で役割を果たすことが知られる間に、人々は方法を知りませんでした。」

単語帳

*cannabis :大麻
*analgesia :鎮痛
*endocannabinoids :内在性カンナビノイド
*monoacylglycerol lipase :モノアシルグリセロール・リパーゼ
*template : 型板、 鋳型{いがた}
*tweak :微調整する
*over-the-counter drug :市販薬

|

« うつ病の原因脂肪酸組成変化(リノール酸増加、αリノレン酸減少) | Main | モーニング・アフターピル(緊急避妊薬)、処方箋なしの販売法案通過歓迎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/4802321

Listed below are links to weblogs that reference 身体には疼痛緩和に役立つ独自の大麻がある:

« うつ病の原因脂肪酸組成変化(リノール酸増加、αリノレン酸減少) | Main | モーニング・アフターピル(緊急避妊薬)、処方箋なしの販売法案通過歓迎 »