« グレープフルーツオイル・精油の香りによる体重減 | Main | 高塩分ダイエット運動誘発性喘息を引き起こす? »

July 20, 2005

ラベンダー精油の香りおよび活性成分リナロール食欲増進

Olfactory stimulation with scent of lavender oil affects autonomic nerves, lipolysis and appetite in rats.

ラベンダーオイルの香りでの嗅覚刺激がラットの自立神経、脂肪分解および食欲に影響

PUBMEDより

Neurosci Lett. 2005 Jul 22-29;383(1-2):188-93.

Shen J, Niijima A, Tanida M, Horii Y, Maeda K, Nagai K.

Division of Protein Metabolism, Institute for Protein Research, Osaka University, Japan.

大阪大学蛋白質研究所、蛋白質代謝部門


In a previous study, we presented evidence that scent of grapefruit oil excites sympathetic nerves innervating white and brown adipose tissues and the adrenal gland, inhibits the vagal nerve innervating the stomach, increases lipolysis and heat production (energy consumption), and reduces appetite and body weight.

前回の研究で、我々は、グレープフルーツオイルの香りが交感神経を刺激し、白色・褐色脂肪組織および副腎を活発化させ、迷走神経が胃腸を刺激するのを抑え、脂肪分解および熱産出(エネルギー消費)を増大し、食欲および体重を減少させることの科学的証拠を示した。

*vagal nerve :迷走神経
*innervate :刺激する


Here, we examined the effects of olfactory stimulation with scent of lavender oil (SLVO) in rats and observed that in contrast to grapefruit oil, it inhibits the sympathetic nerves innervating the white and brown adipose tissues and adrenal gland and excites the parasympathetic gastric nerve.

ここで、ラベンダーオイル(SLVO)よる香りの嗅覚器刺激効果をラットで調べて、それがグレープフルーツオイルと対比して観察した。ラベンダーオイルの香りは交感神経が白色・褐色脂肪組織および副腎への刺激するのを阻害して、副交感神経の腸神経を刺激した。


Local anesthesia of the nasal mucosa with xylocaine or anosmic treatment using ZnSO(4) eliminated the autonomic changes caused by SLVO. Moreover, stimulation with SLVO lowered the plasma glycerol level,
and treatment with either ZnSO(4) or an intracranial injection of thioperamide, a histamine H3 receptor-antagonist, abolished SLVO-mediated glycerol decline.Furthermore, a 15-min daily exposure to SLVO increased food intake and body weight.

薬物キシロカインおよび硫酸亜鉛を用いて無嗅覚症治療による鼻粘膜の局部麻酔がラベンダーオイルの香り(SLVO)によって起きる自律神経系の変化を排除した。ところで、ラベンダーオイルの香りでの刺激が血漿グリセロール濃度を低減させた。硫酸亜鉛治療およびまたはジフェンヒドラミンの腹腔内注射、ヒスタミンH3受容体拮抗薬治療がラベンダーオイルの香りでの媒介によるグリセロール減少を排除した。さらに、1週間、3回のラベンダーオイルの香りの15分間暴露は食物摂食の増および体重増をもたらした。

*Anesthesia :麻酔
*nasal mucosa :鼻粘膜{びねんまく
*-mediated :~の媒介による、

Finally, linalool, a component of lavender oil, induced responses similar to those caused by SLVO, and the glycerol response to linalool was eliminated by thioperamide. Thus, scent of lavender oil and its active component, linalool, affect autonomic nerves, suppress lipolysis through a histaminergic response, and enhance appetite and body weight.

最後に、ラベンダーオイル成分のリナロールは、ラベンダーの香りによって起こるこれらの類似反応を誘引した。および、ジフェンヒドラミンによってリナロールに対するグリセロール反応を排除しました。 したがって、ラベンダーオイルの香り、および特に活性成分リナロールは、自律神経に影響して、ヒスタミン作動性反応を通じて脂肪分解を抑制し、食欲および体重を増します。

Linalool :リナロール

|

« グレープフルーツオイル・精油の香りによる体重減 | Main | 高塩分ダイエット運動誘発性喘息を引き起こす? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5069214

Listed below are links to weblogs that reference ラベンダー精油の香りおよび活性成分リナロール食欲増進:

« グレープフルーツオイル・精油の香りによる体重減 | Main | 高塩分ダイエット運動誘発性喘息を引き起こす? »