« レモンオイル精油成分ガンマーテルピネンの抗酸化作用 | Main | 成功への恐れ ダイエット版 »

July 29, 2005

パイン精油の成分 モノテルペンのテルピノレンの抗酸化作用

The monoterpene terpinolene from the oil of Pinus mugo L. in concert with alpha-tocopherol and beta-carotene effectively prevents oxidation of LDL.

エッセンシャルオイル、ドワーフ パインからのモノテルペン炭化水素のテルピノレンはα-トコフェロールおよびβ-カロテンに呼応して効果的に悪玉コレステロール(LDL)酸化を防止

in concert with :~に呼応して、~と協力して、~に合わせて
monoterpene :モノテルペン 、
terpinolene :テルピノレン

PUBMEDより

1: Phytomedicine. 2005 Jun;12(6-7):416-23.


Grassmann J, Hippeli S, Spitzenberger R, Elstner EF.

Institute of Vegetable Science, Quality of Vegetal Foodstuff, Life Science Center Weihenstephan, TUM, Freising, Germany.

Phytomedicine :植物薬
Vegetable Science :野菜園芸学
Vegetal Foodstuff :野菜食品

Antioxidants from several nutrients, e.g. vitamin E, beta-carotene, or flavonoids, inhibit the oxidative modification of low-density lipoproteins. This protective effect could possibly retard atherogenesis and in consequence avoid coronary heart diseases.

例えば、ビタミンE、ベータカロチンおよびフラボノイドのいくつかの栄養素からの抗酸化物は低比重リポタンパク質(LDL)の酸化変異を阻害する。この予防効果がもしかするとアテローム発生を遅らし、結果的に冠状動脈心疾患を避けることができるかかもしれない。

oxidative modification :酸化変異
atherogenesis :アテローム発生
coronary heart disease 冠状動脈心疾患


Some studies have shown a positive effect of those antioxidants on cardiovascular disease. Another class of naturally occurring antioxidants are terpenoids, which are found in essential oils. The essential oil of Pinus mugo and the contained monoterpene terpinolene effectively prevent low-density lipoprotein (LDL)-oxidation.

一部の研究では心疾患にたいするこれら抗酸化物質のポジティブ効果を示した。他の種類の自然発生抗酸化物質にはエッセンシャルオイルにみられるテルペノイドがある。ドワーフ パイン(Pinus mugo)のエッセンシャルオイルおよびその含有成分モノテルペン炭化水素のテルピノレンは効果的に低比重リポタンパク質(LDL)の酸化を防げます。

cardiovascular disease :心疾患


In order to test the mechanism by which terpinolene protects LDL from oxidation, LDL from human blood plasma enriched in terpinolene was isolated. In this preparation not only the lipid part of LDL is protected against copper-induced oxidation--as proven by following the formation of conjugated dienes, but also the oxidation of the protein part is inhibited, since loss of tryptophan fluorescence is strongly delayed. This inhibition is due to a retarded oxidation of intrinsic carotenoids of LDL, and not, as in the case of some flavonoids, attributable to a protection of intrinsic alpha-tocopherol.

テルピノレンがLDLを酸化から守ることのメカニズムを検証するために、テルピノレンにおいて濃縮したヒト血漿からLDLは単離された。この準備で、共役ジエン形成に続くことによって証明された、LDLの脂質部分を銅誘因酸化から守るばかりでなく、また、トリプトファン蛍光欠損が強力に遅延したためにタンパク質部分の酸化が阻害された。この阻害はLDLの内在性カロチノイド酸化の遅延によるものであり、あるフラボノイドの場合ではなくて内在性アルファトコフェノールの防護に起因する。

lipid 脂質{ししつ}
intrinsic carotenoid :内在性のカロチノイド

These results are in agreement with our previous results, which showed the same effects for a monoterpene from lemon oil, i.e. gamma-terpinene.

これらの結果は以前の研究結果と一致する。それは、レモンオイルのモノテルペン、すなわち、ガンマー・テルピネンと同じ効果を示した。

i.e. :すなわち、言い換えれば

|

« レモンオイル精油成分ガンマーテルピネンの抗酸化作用 | Main | 成功への恐れ ダイエット版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5201368

Listed below are links to weblogs that reference パイン精油の成分 モノテルペンのテルピノレンの抗酸化作用:

« レモンオイル精油成分ガンマーテルピネンの抗酸化作用 | Main | 成功への恐れ ダイエット版 »