« 関節炎患者に対するアロマセラピー看護介入効果 | Main | エドガー・ケーシーの病気の原因、11項目その1 »

August 10, 2005

女性の心臓の健康に対する抱擁効果

How hugs can aid women's hearts  

女性の心臓健康は男性のよりさらに抱擁利益を得ることがることを研究が示唆してます。

ノースカロライナ大学のチームは38カップルにおける両パートナーに対しての抱擁効果を研究した。

この研究は、抱擁がオキトシン濃度「結合ホルモン」を増加させて、心疾患の危険性を減らす血圧を下げた。

しかし、心身医学での記事で、女性は抱擁後男性より血圧において大幅に減少したことを記録した。

研究期間中、男女別々の部屋で、血圧検査、出産および授乳時に放出されるオトキシン濃度検査およびストレスホルモン・コルチゾール検査を行った。

そのときに、カップルは再会して、一緒に座り、特に楽のしかったころに付いて話すよう求められた。

そして、カップルは、さらに10分間お互いに残されて話す前に5分間のロマティックな映画を鑑賞した。

次に、カップルは20秒間抱擁することを言われた。

予防

男女両方共に抱擁後に高オキシトシン濃度存在がみられた。

恋愛関係の人々は他の人々より高ホルモン濃度であることが解明されていた。

しかし、また、研究によって、血圧への有効性の報告と同様に、抱擁に続いて、全ての女性のコルチゾール濃度を減少させることを解明した。

心理学者、Dr Karen Grewenによって指導された研究者は、心身医学専門誌に掲載した。大いなるパートナーのサポートは男女共の高オトキシン濃度に関連しています。

「ところで、オトキシンの重要性およびオトキシンの心臓保護作用効果は女性にとってはより効果がある。」

英国心臓財団のスポークスマン、Dr Charmaine Griffithsは述べた。「科学者はますますポジティブな感情が健康に有益であるとの可能性にますます関心を示しています。」

「この研究は、パートナーからのサポート、この場合は愛する人からの抱擁が心臓の健康に有益な効果を与えることができるということを補強しました。」

彼女は付け加えました。 「英国心臓財団の研究者研究者は、幸福などのポジティブな感情状態と低濃度のストレス・ホルモン、コルチゾール間の関連を既に明白にした。」

「この増大する研究の主要部分は、人間関係においての社会的支援だけでなく、誰に対しても如何に社会的支援が重要であるかを強調しています。」

単語帳

*hug :抱擁
*oxytocin :オキシトシン
*Psychosomatic Medicine :心身医学
*breast-feeding :授乳、母乳で育てること
*cortisol :コルチゾール
*cardioprotective effect :心臓保護作

|

« 関節炎患者に対するアロマセラピー看護介入効果 | Main | エドガー・ケーシーの病気の原因、11項目その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5399346

Listed below are links to weblogs that reference 女性の心臓の健康に対する抱擁効果:

» 心が満ちた健康こそ,なんの遜色も無い健康そのものである [The Blog of CEO Mizutani (19) G-welkin L.L.C.]
 今までのG-welkin L.L.C.は.健全さや安全・公平さ等を主に訴えかけてきた.しかし,ここにきて「健康」ということにも視野を広げていきたいと考えたのである.  唯,体を動かしたり,サプリメントをガバ飲みすれば得られる訳では無い,健康.例えば,モバイルサイトに夢...... [Read More]

Tracked on October 08, 2005 at 06:34 PM

« 関節炎患者に対するアロマセラピー看護介入効果 | Main | エドガー・ケーシーの病気の原因、11項目その1 »