« VOA Special English 健康生活でアルツハイマー病危険性低減 | Main | そば、うどん、ソーメンの麺つゆ作りと薬味 »

August 05, 2005

看護業務においてエッセンシャルオイル使用

Applying a quality use of medicines framework to using essential oils in nursing practice.

看護業務においてエッセンシャルオイル使用は医療の枠組みの品質使用を適用

framework :フレームワーク、枠組み
nursing practice :看護業務

PUBMEDより

Complement Ther Clin Pract. 2005 Aug;11(3):172-81.

Dunning T.

Department of Endocrinology and Diabetes, 4th Floor Daly Wing, St. Vincent's Hospital, P.O. Box 2900, Fitzroy 3065, Australia.

Endocrinology ;内分泌学
Diabete :糖尿病

Nurses are increasingly incorporating complementary therapies into their practices. Aromatherapy is one of the most popular therapies. The basis of aromatherapy is essential oils, which are chemically active substances with a long history of safe traditional use and a growing evidence base to support their use in nursing care.

看護師は補完療法を看護業務に益々取り入れている。アロマセラピーは最も人気のある療法の一つである。アロマセラピーの基本はエッセンシャルオイルであり、それは、安全で伝統的使用歴史ある化学的活性物質で看護での使用を裏付ける多くの証拠がある。


In Australia, essential oils are classified and regulated under the same policies as conventional medicines such as the National Medicines Policy and the Quality Use of Medicines (QUM) framework applies. QUM is a framework for selecting and using medicines safely and effectively if medicines are indicated.

オーストラリアでは、エッセンシャルオイルは、National Medicines PolicyおよびQuality Use of Medicines医薬品の品質使用 (QUM)の体系が適用されて、伝統的医学同じ法律分類されて規制されている。QUM)は、医薬品が使用方法を指示しているならば医薬品を安全および有効に選択と使用のための枠組みである。

Quality Use of Medicines:医薬品の品質使用
conventional medicine :伝統的医学


The key elements of QUM are a systems-based approach to using medicines based on relevant evidence, partnerships, and informed client consent. Clients are placed at the centre of a QUM medication management process, which is consistent with holistic care.

QUMの重要な要素は体系である。基本的な取り組みは関連証拠に基づく医薬品使用、パートナシップおよびインフォームドコンセントである。QUMの医薬品管理過程の中心は患者さんにおいている。それは、ホリステックケアーと一致する。


Applying a QUM approach to essential oil use, Quality Use of Essential Oils (QUEO), involves developing effective systems for managing essential oils from an holistic perspective that includes structured assessment and diagnostic processes to enable effective essential oil prescribing and outcome monitoring.

QUMのアプローチには下記のことが適用されます。エッセンシャルオイル使用、エッセンシャルオイル品質使用(QUEO)、ホリスティック観点からエッセンシャルオイル管理のための効果的体系開発。有効的なエッセンシャルオイル処方およびを結果モニターできるための構造評価および診断過程をする。

key element :重要な要素{
management process :管理過程
structured assessment :構造評価
diagnostic processes :診断過程


In a QUEO approach, essential oils are integrated into the client's overall medication regimen and care plan rather than being used as 'add-ons'. Adopting QUEO is consistent with the current national focus on the quality use of therapeutic substances, increases the profile of aromatherapy in nursing care and provides important information to guide future aromatherapy practices

QUEOアプローチにおいては、エッセンシャルオイルは.患者の全体薬物投与計画および追加物であるよりむしろケアー計画に組み込まれている。QUEOを採用するのは、治療物質の品質本位使用は現在の国の焦点と一致していて、介護でアロマテラピーのプロフィールを増加させて、将来のアロマテラピー実践を導くために重要情報を提供する。

medication regimen :薬物投与計画、投薬計画
add-on :付け加えたもの、追加物

PMID: 16005834 [PubMed - in process]

|

« VOA Special English 健康生活でアルツハイマー病危険性低減 | Main | そば、うどん、ソーメンの麺つゆ作りと薬味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5327822

Listed below are links to weblogs that reference 看護業務においてエッセンシャルオイル使用:

« VOA Special English 健康生活でアルツハイマー病危険性低減 | Main | そば、うどん、ソーメンの麺つゆ作りと薬味 »