« ゴマアレルギー世界的に増加 | Main | 眠りへの探求 英国女性不眠症克服記録 »

August 24, 2005

脂肪の種類子供の記憶力に影響

オメガ-3脂肪酸記憶力増進、コレステロール記憶力低減

肉減らして青魚を食べて記憶力増進、いわしはえらい。

Fat type affects kids' memory

子供が摂取する脂肪の種類が学校での成績にとって重要であります。ヨーロッパの子供たちのためのオメガ-3脂肪酸強化製品増大を裏付けることを新研究が示しています。

多価不飽和脂肪による高エネルギー摂取の子供は短期記憶測定に通常使用されるデジットスパンテスト(数字記憶テスト)で高成績を獲得する可能性が高かった。

また、研究者は今月号の専門誌、the Journal of Nutrition(vol 135, pp1967-1973)で報告しています。コレステロール摂取は記憶力テストの成績を低減させるようであった。

研究者は、1988年と1994年との期間で第3回国民健康栄養調査ためにダイエットについてのインタビューをして6歳から16歳までの子供、3,666人の様々な脂肪タイプ摂取を評価しました。.

そのときに、研究者はそれぞれの子供の母親とのインタビューを通して子供の社会心理的機能を評価しました。認知機能は学力および知能テス用いて測定された。

全体的に、全脂肪および飽和脂肪は認識および社会心理的機能に無関係であった。

しかし、飽和脂肪または炭水化物からの等価エネルギー摂取量と比較して、不飽和脂肪(PUFAs)からのエネルギー摂取量の各々5パーセント増加はデジットスパンテストに置ける成績不振の低リスクと関係していた。

そして、コレステロールの各々の100mgの摂取量に対しては成績不振は25%まで増加した。

関連性は、社会・経済的地位、母親の教育と結婚歴、および子供の栄養状態と無関係であった。と研究者は言及した。

それらの結果は、子供の脳機能改善を示したオメガ-3脂肪酸の最新研究の多くを裏付けています。

5月には、英国企業2社は幼児がいる家庭に目標を特に定めてオメガ-3脂肪酸豊富な牛乳の商品を発売した。

単語帳

*Digit Span数字記憶
*psychosocial functioning :社会心理的機能
*cognitive functioning :認知機能
*achievement and intelligence tests :学力および知能テスト
*socioeconomic status :社会・経済的地位
*maternal education :母親の教育
+marital status :結婚歴、
be independent of :~と無関係である

|

« ゴマアレルギー世界的に増加 | Main | 眠りへの探求 英国女性不眠症克服記録 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5617939

Listed below are links to weblogs that reference 脂肪の種類子供の記憶力に影響:

« ゴマアレルギー世界的に増加 | Main | 眠りへの探求 英国女性不眠症克服記録 »