« 皮膚科学における補完心身皮膚治療 | Main | アロマセラピー関連雑誌(7誌) »

August 30, 2005

脳、身体に対する脂肪の影響

過剰脂肪食欲抑制やエネルギー代謝増大ホルモンレプチン阻害

How Fat Affects Your Brain, Body

*平常脂肪―脂肪細胞へ―脂肪細胞に脂肪が増大―脂肪細胞レプチン分泌―レプチンー視床下部―エネルギ代謝増大および食欲抑制指令―減量

*過剰脂肪―レプチン過剰分泌―レプチン抵抗性―レプチン視床下部に届かずーエネルギー代謝増大および食欲抑制は機能せずー肥満
 
健康的なライフスタイルの減量努力でレプチン機能回復

私たちは皆、よく食べ、もっと運動するなどの目標を定める動機付けを知っています。朗報は、努力中に大きな報酬定めることによって、少ない努力で動機を増強することができます。

フロリダ大学で行われた研究は、数ポンド減量のために長い期間努力するダイエッターは、そのほかの点で過剰脂肪によって抑制されていたホルモンから支援獲得があることを示唆しています。

スリミングホルモン レプチン

研究で、高カロリーダイエットで肥満した成人ラットは、研究者がラットの脳にレプチンとよばれるホルモンを供給した時に元の体重に戻った。神経学の教授、Dr. Satya Kalra博士によると、レプチンは、あなたおよび私などの哺乳類から産生します。

この研究成果は、いつか、ホルモンが結局より良い体重管理方法を提供することができるだとうと示唆しています。当分、研究者は、望まないパウンドと戦う最良方法は持続および予防です。

「持ち帰りメッセージは、健康的なライフスタイルの維持が極めて重要であるとKalraは述べています。それには、運動を通しての沢山のカロリー消費および厳しいカロリー摂取制限です。脂肪細胞で産生するレプチンは、脳に食欲低減の信号を送りエネルギー使用を調整して、より多くのカロリーを燃焼します。しかし、カロリーには矛盾した問題があります。体重過多の動物は過剰なレプチンを産生するので、過剰な脂肪を排除すべき仕組みをまさに阻害します。

レプチン濃度が血中で増加するときの原因まだ明らかでないため、通常の機能を行うことにおいてレプチンは効果を起こさないです。科学者はこのことをレプチン抵抗性と呼んでいます。「動物が超高カロリーダイエットを摂食するとレプチンは急速に増加します。」と、Kalraは述べてます。

数年間、Kalraと彼の同僚は、レプチン産生遺伝子を視床下部に投与することによって動物でのレプチン抵抗性の解明することに努力した。視床下部は多くの基礎生体機能を制御する脳の領域です。視床下部には生体の摂食中枢が位置しています。 傍脳室核と呼ばれる視床下部の小さい部分に集中していました。その領域は、食欲の増進および抑制をする様々な脳内化学物質あるところでエネルギー消費を増大する神経回路の基地です

この研究で、ラット郡は45%脂肪から構成されるダイエットで肥満になった。80日後に、
脂肪11%の通常ダイエットで飼育されたラット郡より20%体重が重かった。その時に、肥満ラットはレプチン産生遺伝子を傍脳室核(PVN)に投与された。56日後に、レプチン遺伝子を投与された動物郡は実験が開始したときの体重より3%だけ重かった。

Kalraは、レプチンが通常機能する脳部位でのある種のレプチン不足がある脂肪ラットにおいては ダイエッターの95%にあるのと同時である。簡単な減量のための魔法の錠剤はないですが、運動および栄養は相変わらず信頼がおけます。Kalraは述べてます。運動と栄養の両方は重要です。

そして、確実にあなたひとりだげではありません。現在、ほぼ5,900万人の米国人が肥満であると考えられています。肥満は除脂肪体重に関連した余分な脂肪に基づいて BMI値(肥満度数)が30または30以上です。

したがって、文字通り上手に初めてください。そうすれば、レプチンが防御のために急増するでしょう。

単語帳

*stifle :~を鎮圧する、抑える
*persevere :目的を貫く、やり抜く、我慢する、辛抱する、耐える
leptin :レプチン
レプチンは脂肪組織から分泌されるタンパク質で、視床下部の腹内側核の受容体部位に作用して食欲の抑制や体脂肪蓄積の増加に伴ってエネルギー消費を増大させる。
*persistence :固執、永続、粘り強さ
*catch-22 :矛盾した状況、ジレンマ状況・状態、、絶体絶命、
*leptin resistanceレプチン抵抗性
*hypothalamus :視床下部
*paraventricular nucleus :傍脳室核(PVN)
*based on lean body mass :除脂肪体重に基づいて
*body-mass index :ボディー・マス・インデックス、体格指数、肥満度指数
BMI◆体重(kg)÷(身長(m)の2乗)。20から24が標準的とされる。
*start the ball rolling :会話・仕事などを)うまく始める

|

« 皮膚科学における補完心身皮膚治療 | Main | アロマセラピー関連雑誌(7誌) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5707432

Listed below are links to weblogs that reference 脳、身体に対する脂肪の影響:

» ダイエット生活3日目【夜】 [ダイエット生活【目指せ−15Kg減量!!】]
ダイエット3日目の夜です。 今日は、夕飯前に行った結果、朝に比べて-0.4kgで、-2.2kgトータルです(^-^) 夕飯後だったら、もしかしたら、朝より増えていたかも・・・。 【08/30(火)22:00現在の状況】 身長   :172cm 体重   :73.8kg 体脂肪率....... [Read More]

Tracked on August 30, 2005 at 11:15 PM

« 皮膚科学における補完心身皮膚治療 | Main | アロマセラピー関連雑誌(7誌) »