« 看護業務においてエッセンシャルオイル使用 | Main | 英国ITEC認定アロマセラピストいるところ(22件) »

August 06, 2005

そば、うどん、ソーメンの麺つゆ作りと薬味

麺類が好きなおっさんは自家製麺つゆで麺類を食します。麺類を食べるにはつけ麺が大好きです。つゆはどの麺類を食べる場合でも同じものです。つゆは下記のように作ります。

材料はかつお節、だし昆布、干しシイタケ、酒、味醂、しょうゆです。まずかつお節を熱湯した鍋にいれだしを取ります。出し汁をペパータオルで濾します。次に濾したかつお節汁の中にだし昆布を入れます。

一方、干しシイタケを水の入ったコップに入れて冷蔵庫の中に入れて旨み成分が出るまで入れておきます。大体色が出てくるまでです。まずかつお節でつゆを作ります。

昆布入りのかつお節汁のなかにシイタケとその汁を入れて煮立てます。その中に日本酒、と味醂を入れます。最後に醤油を入れて味を調えます。余分に出来たつゆは冷凍庫に保存して置きます。


薬味について

長ネギ、大葉、みょうが
麺類に長ネギはつきものです。薬味としてよく今の季節ですと大葉、みょうがが入れます。青しその葉は庭に植えてあります。青しその苗が売り始めると買いに行き庭に植えます。毎年、大場の葉は良くバッタに食べられてあまり取るところなくて困ってしまいます。今年は運良くあまり食べられていないためよく取れます。また、みょうがは庭で毎年この季節になると出てきます。市販のとは違い小さくて青々としています。直ぐ取らないとみょうがの芽のところからクリーム色の花みたいのが出てきてしまいます。

薄タマゴ焼き
タマゴを割っておわんに入れて塩を少し入れてかき回します。オリーブオイルを入れたフライパンに溶きタマゴを入れて、フライパンを動かし溶きタマゴをフライパンいっぱいに
広げ薄くします。出来あがったタマゴ焼きを小さく切り、薬味がわりに使います。

ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、アスパラガス等の茹で野菜。
ほうれん草は八百屋にいくと必ず買います。その他季節の葉野菜を買い茹でて冷蔵庫に入れておきます。それを出してきて麺類と一緒に食べます。

大根、しょうが
そばを食べるとき大根おろしを作りよくいれます。また、うどん、ソーメンの時は生姜をすり薬味として使います。

麺類単品で食べなくて季節の物を入れて食べるようにしてます。

|

« 看護業務においてエッセンシャルオイル使用 | Main | 英国ITEC認定アロマセラピストいるところ(22件) »

Comments

数日前にブログを始めたばかりで勉強中です。これからも参考にさせて頂きます!頑張って下さいね。

Posted by: sayaka | August 10, 2005 at 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5340805

Listed below are links to weblogs that reference そば、うどん、ソーメンの麺つゆ作りと薬味:

« 看護業務においてエッセンシャルオイル使用 | Main | 英国ITEC認定アロマセラピストいるところ(22件) »