« 便秘解消いろいろ | Main | 女性の心臓の健康に対する抱擁効果 »

August 09, 2005

関節炎患者に対するアロマセラピー看護介入効果

The effects of aromatherapy on pain, depression, and life satisfaction of arthritis patients.

関節炎患者の疼痛、うつ病および生活満足度に対してのアロマセラピー効果

life satisfaction :生活満足度
arthritis :関節炎


PUBMEDより

[Article in Korean]

Kim MJ, Nam ES, Paik SI.

College of Nursing, The Catholic University of Korea, Korea.

PURPOSE:

The purpose of this study was to investigate the effect of aromatherapy on pain, depression, and feelings of satisfaction in life of arthritis patients.

目的

この研究の目的は関節炎患者の生活おいての疼痛、うつ病および生活の満足感覚に対してのアロマセラピー効果を検証することであった。


METHOD

This study used a quasi-experimental design with a non-equivalent control group, pre-and post-test. The sample consisted of 40 patients, enrolled in the Rheumatics Center, Kangnam St. Mary's Hospital, South Korea.

方法

この実験は、事前および事後検査の不等価対照郡がある準実験計画手法を用いた。被験者は韓国、Kangnam St. Mary's Hospitalのリウマチセンターに登録されている患者40人に
からなっていた。

quasi-experimental. Design:準実験計画手法
non-equivalent control group :不等価対照郡
pre-and post-test :事前および事後検査
Rheumatics :リウマチの


The essential oils used were lavender, marjoram, eucalyptus, rosemary, and peppermint blended in proportions of 2:1:2:1:1. They were mixed with a carrier oil composed of almond (45%), apricot(45%), and jojoba oil(10%) and they were diluted to 1.5% after blending. The data were analyzed using an 2-test, Fisher's exact test, t-test and paired t-test.

使用したエッセンシャルオイルはラベンダー、マジョラム、ユーカリ、ローズマリー、およびペパーミントで2:1:2:1:1の割合でブレンドした。ブレンドエッセンシャルオイルをキャリアオイル(割合、アーモンド(45%)、アプリコット(45%), ホホバ(10%)に混ぜ合わせした。ブレンド後エッセンシャルオイル希釈率は1.5%であった。


RESULT

Aromatherapy significantly decreased both the pain score and the depression score of the experimental group compared with the control group. However, aromatherapy didn't increase the feeling of satisfaction in life of the experimental group compared with the control group.

結果

対照郡と比べて、アロマセラピーは実験郡対の疼痛得点およびうつ病得点の両方を著しく減少させました。ところで、対照郡と比べて、アロマテラピーは実験群の生活での満足感を増加させませんでした。


CONCLUSION

The result of this study clearly shows that aromatherapy has major effects on decreasing pain and depression levels. Based on our experiment's findings, we suggest that aromatherapy can be a useful nursing intervention for arthritis patients.

結論

この研究結果は疼痛およびうつ病のレベル減少に対して大きな影響を与えることを明確に示している。我々の実験調査結果に基づいて、アロマテラピーが関節炎患者にたいする看護介入に役に立つことが出来るかもしれないと示唆している。

nursing intervention :看護介入

PMID: 15778570 [PubMed - in process]

|

« 便秘解消いろいろ | Main | 女性の心臓の健康に対する抱擁効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5384796

Listed below are links to weblogs that reference 関節炎患者に対するアロマセラピー看護介入効果:

« 便秘解消いろいろ | Main | 女性の心臓の健康に対する抱擁効果 »