« いかに感情が喘息の発作を誘発するか | Main | 包帯交換時香りおよび音楽の鎮痛作用 »

September 07, 2005

ポジティブ思考で疼痛緩和

良いこと思えば良いこと起こると言われているように痛くないと思えば痛くない

物は考えようで痛みの感覚度合いも変わるポジティブ思考

Positive thinking a pain reliever

物事に関する心持が疼痛緩和に効き目がある強力な科学的証拠があると米国の専門家は述べています。

ポジティブ思考は疼痛緩和にたいしてモルフィネ注射と同じ位強力であって疼痛情報を処理する脳領域での活動を低減した。

The Wake Forest University研究者は述べています。それらの結果は単に疼痛がより少ないと期待することによって疼痛はより少なくなります。

これらの研究は全米科学アカデミー会報誌に掲載されています。

ポジティブ思考

Dr Robert Coghillと彼のチームは熱のシミュレータを脚に付けた10人の健常志願者を研究した。同時に、志願者の脳は機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いてスキャンされていた。

熱のシュミレータは疼痛を産生するために使用され、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)は脳活動を映像化するために使用された。

対象はブレーンイメージングを受ける前に、様々な信号に続いて軽度、中度または激しい熱刺激を予測することを学んだ。熱刺激は火傷または皮膚損傷を引き起こすような熱さではなかった。

ブレーンイメージングの間に、中程度の刺激が疼痛軽減を予測させるものとしてすごく少ない率で激しい刺激が伝えられた。

低程度の痛みを予測したとき、全ての志願者10人は低程度の痛みを報告した。

これらの期待は痛み報告を28%以上まで減少させた。強力な鎮痛剤モルヒネの鎮痛投与量と類似してます。

同時に、知覚の面でも痛みの感情処理の面でも重要な脳領域での活動が減少した。これらの脳領域は一次体性感覚野、島皮質および前帯状皮質です。

疼痛緩和は薬剤だけではない

Dr Coghill博士は説明した。「疼痛は損傷した身体の部位から由来する信号の結果だけではないです。」

「疼痛は薬剤だけでのみなくそれ以上もので治療することが必要です。脳は強力に疼痛を形成することができるので脳パワーの研究が必要です。」

彼は、本研究結果は疼痛治療にたいして認知療法の可能性を強調したと述べた。

the University of Bath の心理学者で疼痛研究家、Dr Ed Keogh博士は述べた。「以前から、、期待などの心理的要因が疼痛の知覚および体験において役割を果たすことを知っています。」

疼痛体験および疼痛と関連の期待の両方に関連する特異的な脳領域を特定する目的でこの研究には興味があります。

「そのような関連は経験的に実証されて、そのような研究が、いかに思うかが我々の知覚に影響を与えることできることの概念に重きを加えます。このことは、思考の転換が歯医者に行く、出産または手術などの潜在てきに痛みの事柄にたいしてヒトがどのように準備するかの方法に重要な意味合いをもつことがあります。」

British Pain Society、英国疼痛協会会長Dr Beverly Collette博士は述べた。「ペインクリニックで働いている多くの人々はよりよい患者の疼痛管理を助けるのに認知療法を使用します。」

「この研究は、何らかの方法で慢性疼痛症状でのこれらの心理学的手法のポジティブな効果を説明するものであります。」

単語帳
*primary somatosensory cortex:一次体性感覚野
*insular cortex:島皮質
*anterior cingulate cortex:前帯状皮質
*more than just :~のみではなくそれ以上の、ただ単なる~ではない
*cognitive therapy :認知療法
*empirically :実験的に、経験的に

|

« いかに感情が喘息の発作を誘発するか | Main | 包帯交換時香りおよび音楽の鎮痛作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5834839

Listed below are links to weblogs that reference ポジティブ思考で疼痛緩和:

« いかに感情が喘息の発作を誘発するか | Main | 包帯交換時香りおよび音楽の鎮痛作用 »