« 中年女性の腹部肥満にたいするアロマセラピーマッサージ有効性 | Main | ポジティブ思考で疼痛緩和 »

September 06, 2005

いかに感情が喘息の発作を誘発するか

How emotions spark asthma attack

米国の研究者は何らかの感情が急に喘息を悪化させる原因になることを示す確固たる証拠があると述べています。

ウィスコンシン- マディソン大学チームは、感情的な言葉を判断する喘息患者での2つ関連する脳領域活動を発見した。

一つの脳領域は他での感情処理する間に疾患症状についての情報獲得において役目をはたします。

それらの研究結果は全米科学アカデミー会報誌に掲載されます。

Dr Richard Davidson博士と彼のチームは軽度の喘息患者6人たいして彼らの実験に参加するよう依頼した。

3つの異なったジャンルの言葉がそれぞれにしめされた。それは、「ゼーゼー息」などの喘息関連言葉、否定的だが「寂しさ」などの非喘息関連言葉および中立的な「カーテン」などの言葉です。

同時に、志願者は吸入すると喘息の引き金となると知られているブタクサまたはコナヒョウヒダニ抽出物などを与えられた。


感情的な要素

ところで、脳の反応は機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いてモニターされた。

前帯状皮質および島、2つの脳領域は、他のタイプの言葉を聞いたのと比べて喘息関係の言葉が聞いたときに活動の増加を示した。

さらに、脳活動の増加は吸入したアレルゲンによる身体機能信号と関連していた。

研究者は、少人数の研究結果のために繰り返し実験の必要があって、また、他の脳の領域が感情と喘息との関係で関与する可能性があった。

しかしながら、彼らは述べました。 「これらの脳の領域は疾患特有の感情にたいして過敏反応性のことがある。」

同様に、これが炎症などの喘息を悪化させる問題の一因であるかもしれない。と彼らは述べた。

the British Lung Foundation会長、Dr Mark Britton博士は述べた。これらは興味深い研究結果です。

「喘息、患者の性格および感情がお互いに極めて内在的に密接な関係があることはほとんど知られてます。」

「これにはさらなる研究を必要とします。」

例えば、薬物投与量の増加するかいなかには関係なく、、厳しい感情的状況を守ってくれるかもしれない。

ストレスで喘息が悪化すことがある患者は専門家にカウンセリングを受けることは役にたつことが多いと彼は述べた。

「自分の病気を良く理解しているならば、病気にたいして上手に対処することができます。」

英国喘息のDr Lyn Smurthwaite博士は述べた。「ストレスが喘息を悪化させ、喘息がストレスを悪化させることは良く知られています。」

「我々の研究は喘息患者の69%はストレスが症状のきっかけとなることを示しています。この研究は
脳の感情を処理する領域と生理学上の喘息症状との事実上の関連を示しています。」

単語帳
*asthmatic :喘息患者
*wheeze :ゼーゼーいう息
*ragweed :ブタクサ◆【
*dust-mite extract.:コナヒョウヒダニ抽出物
*anterior cingulate cortex :前帯状皮質
*insula :島
*inhaled allergen :吸入アレルゲン
*hyperresponsive :過敏反応性の、過反応性の
*intrinsically :内在的に、本質的に、生まれつき、生まれついて、
**be bound up with :~と密接な関係のある、~と深く関係している
*physiological :生理学上の、生理的な

|

« 中年女性の腹部肥満にたいするアロマセラピーマッサージ有効性 | Main | ポジティブ思考で疼痛緩和 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5812891

Listed below are links to weblogs that reference いかに感情が喘息の発作を誘発するか:

« 中年女性の腹部肥満にたいするアロマセラピーマッサージ有効性 | Main | ポジティブ思考で疼痛緩和 »