« 成人精神健康(気分、不安、リラックス)へのアロマセラピーマッサージ効果 | Main | 英国ITEC認定アロマセラピストついて(2) »

September 16, 2005

昨日のPUBMEDを翻訳していて考えたこと

翻訳にあたり医学辞書、インターネット、そのたの方法で訳語を特定する努力をしています。それを材料にしてパズルを組み合わせるごとく訳しているのが現状です。そこに起こる問題は読みにくい、分かりにくい文章になってしまいます。読者のかたには自分の知識をもとに推測しながら読む羽目になります。推測を助ける意味で原文を載せています。医療従事者でない人が訳しているので誤訳の点もあるかもしれませんがアロマセラピー関係が外国では医療現場に導入されていることを知ってもらいたいのです。

昨日論文に記載されているように、現実を知ることにより次の段階へ議論が発展していきます。何か新しいことを提案すると、必ずどこでやっているかと上司は聞きます。その意味でも新しいことをいち早くしり、取り入れることは大切です。それには現実を早く知ることです。最初に何かやろうとすると必ず批判でます。うちには合わないと、ところがそれがはやると何故早くやらなかったのかといわれます。やってもやらなくても怒られることは同じです。同じ怒られるなら何かやって怒られたほうが身につきます。

そして、最初に実行すると第一人者となります。成功者には必ずエピソードがあります。知らないことを仕事にすると人は判断する材料がないのでただ理屈なく、感覚で反対します。議論したくないから反対するのです。それでも、反対されても我慢して続けたことです。もくもくと実績を作っていたのです。苦労したことは人を惹きつけます。そこには物語があります。

物語と言えば、商品に物語がると生きてきます。商品の質も大切ですがそのうらにある物語を購入して、使用するたびにその物語の世界、ファンタジーに入っていけます。人は物語ある商品を購入して、友人等に語ります。いかにして見つけたとか、使用感いいとか、作っている人はこんな人とか語り人に勧めたりします。

日本の医療現場にアロマセラピーが少しずつ取り入れられていますが科学的証拠が少ないために医師等は積極的に受け入れられている状況ではないですが看護師の方が看護の分野でアロマセラピーを実行していると聞いています。段々に実績は出てくるともっと浸透してくると思います。新しい事を続けて実行するとそこに物語が生まれきます。続けてやり成功すると、PROJECT Xになります。

これからも英語の力と日本語の文章力を磨きいろんな文献を紹介したいと思っています。またまた「あっち向いてほい」の文章になってしまった。ただ、浮かんできたことを脈絡もなく記述しました。

おっさんアロマ本人の独り言

|

« 成人精神健康(気分、不安、リラックス)へのアロマセラピーマッサージ効果 | Main | 英国ITEC認定アロマセラピストついて(2) »

Comments

はじめまして。
ネットサーフィンをしていたら、辿り着きました。

私はアロマセラピーに関して、まだまだ勉強不足なところが沢山あり、おっさんアロマさん(←失礼になりませんか?)のブログには、とても興味のある内容が沢山書かれているので、ゆっくりお勉強させていただきたいと思っております。

特に、化学が・・・大の苦手なのです。
あと・・・英語。。 ←こちらは猛勉強中(私なりに)なのですが、アロマセラピー関連英語のお勉強もしたいと思っております。

宜しくお願い致します。

Posted by: ルーナ | September 18, 2005 at 12:14 PM

ルーナさま

コメントありがとうございます。何を検索していたら辿り着いたのでしょうか。興味ある内容があると言って頂ありがとうございます。

英語を学ぶことによりアロマの理解が深まると
思います。特にエッセンシャルオイルの化学成分名、植物の英名などです。英名の語源を
調べるとラテン名が出てきます。これらを知ることにより名称の意味がわかり覚えやすくなります。

たとえば、Lavatoryはラテン語Lavare(洗う)
+ory(..する所)で洗面所→便所になります。
ラベンダーはラテン語のLavareから由来してます。

こちらも今ある知識を整理して化学成分の名称の由来、植物のラテン名の意味とそれから
発展した英語の名称などを書いてみたいです。

よろしくお願いいたします。

Posted by: おっさんアロマ本人 | September 18, 2005 at 08:56 PM

なんだか私の興味のある記事ばかりでついつい長居してしまいましたが、ネットでAndropauseについて調べていたときに、たまたま、テストステロンスプレーの翻訳記事に辿りついたのが始まりです。 私も医療現場でのアロマテラピーをはじめ、代替療法に興味があり(知識は無いに等しいですが)、美容・健康(心と体)・栄養について幅広く知識を広めるべく勉強中です。 今後も愛読させていただきますので、宜しくお願いします。

Posted by: あすなろ | October 13, 2005 at 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5973103

Listed below are links to weblogs that reference 昨日のPUBMEDを翻訳していて考えたこと:

« 成人精神健康(気分、不安、リラックス)へのアロマセラピーマッサージ効果 | Main | 英国ITEC認定アロマセラピストついて(2) »