« 高脂肪ダイエットスナック攻撃を悪化させる | Main | 中年女性の腹部肥満にたいするアロマセラピーマッサージ有効性 »

September 04, 2005

VOA Special English 科学者がんと闘う「スマート爆弾」に取り組む

Scientists Work on a 'Smart Bomb' Against Cancer

I’m Steve Ember with the VOA Special English Health Report.

Scientists have developed a new cancer drug.  So far, they have tested it only in laboratory animals.  The drug is designed to invade and kill cancer cells but not healthy cells. 

科学者は新制癌剤を開発した。これまで、科学者は動物実験のみで制癌剤を検査した。薬剤はがん細胞に侵入して、がん細胞を殺すが、正常細胞は殺さないよう計画されています。

*work on :~に取り組む、~の努力をし続ける
*smart bomb :スマート爆弾、高性能爆弾
*cancer drug :制癌剤
*laboratory animal :実験動物
*healthy cells :正常細胞

First, the drug enters the cancer and destroys the supply of blood.  Then it releases poison to destroy the cancer cells.

最初に、薬剤はがん細胞に侵入し、血液供給を破壊します。そのときに、薬剤はがん細胞を破壊するために毒物を放出します。 

*supply of blood :血液供給

Researchers at the Massachusetts Institute of Technology in Cambridge carried out the study. The results appeared in Nature magazine.  A school news release called the drug an "anti-cancer smart bomb." 

マサチューセッツ州、ケンブリッジ市、マサチューセッツ工科大学研究者はこの制癌剤研究を行った。研究結果は英科学雑誌「ネーチャー」に掲載された。大学のプレスリリースではこの薬剤を抗がんスマート爆弾と呼んだ。

Ram Sasisekharan is a professor at M.I.T.  He says his team had to solve three problems.  They had to find a way to destroy the blood vessels, then to prevent the growth of new ones.  But they also needed the blood vessels to supply chemicals to destroy the cancer.

Ram Sasisekharan氏はマサチューセッツ工科大学の教授です。彼は、彼のチームは3つの問題を解決しなければならなかった。研究者は血管の破壊方法、次に、新血管増殖を防ぐ方法を解明しなければならなかった。しかし、また、がんを破壊するための薬剤を血管に供給する必要があった。

*chemicals :薬品、薬物
*blood vessel :血管

So, the researchers designed a two-part "nanocell."  The cell is measured in nanometers, or one thousand-millionth of a meter.  The particle used was two hundred nanometers -- much, much smaller than a human hair. 

それで、研究者は2部分の「ナノ細胞」を計画した。細胞はナオメーターまたは1メートルの10億分の1で測定された。この使用した粒子は、200ナノメーターでヒトの髪の毛よりさらに、さらに小さいものであった。

*nano :ナノ、10億分の1、10のマイナス9乗、
*nanocell :ナノ細胞
*nanometers:ナノメーター
*particle :粒子、微量、小片

The scientists say it was small enough to pass through the blood vessels of the cancer.  But it was too big to enter normal blood vessels.  The surface of the nanocells also helped them to avoid natural defenses.

科学者は、粒子はがんの血管を透過するのに十分小さなものであった。しかし、粒子は大きすぎて通常の血管には侵入できなかった。また、ナノ細胞の表面は血管の本来の防衛機能を避けることに役立った。

*natural defense :本来の防衛機能

The scientists designed the cell as a balloon inside a balloon.  They loaded the outer part with a drug that caused the blood vessels to fall in on themselves.  That cut off the blood supply and trapped the nanocell inside the cancer.  Then, the nanocell slowly released chemotherapy drugs to kill the cancer cells.

科学者はバルーンの中にバルーンあるように細胞を設計した。バルーンは薬剤の外側部分に装着されて、血管自身が落ち込むようにした。そのことは血液供給を遮断して、ナノ細胞ががん細胞に侵入するよう仕掛けた。そのとき、ナノ細胞は徐々にがん細胞の効力をなくすため化学療法薬剤を放出した。

*balloon :バルーン
*chemotherapy drug :化学療法の薬剤

The team says the treatment shrank the cancer and avoided healthy cells better than other treatments.  Untreated mice with cancer survived for twenty days.  The scientists say mice with the best current treatments lived thirty days.  But they say eighty percent of the mice treated with the nanocells lived more than sixty-five days.   

チームはこの治療ではがんは萎縮して他の治療より正常細胞はいっそう回避されたことを述べています。未治療のがんマウスは20日間生きのびた。科学者は現在の最良の治療でマウスは30日生存したことを述べています。しかし、彼らは、ナノ細胞で治療したマウスの80%は65日間以上最生存したと彼らは述べています。

*untreated :未治療の

The study involved two different forms of cancer.  The team says the treatment worked better against melanoma, a deadly skin cancer, than against lung cancer.  However, more studies are needed before the new drug can be tested in humans.

本研究は2つの異なった形の癌に関与した。 チームは、この治療は肺がんより死にいたる皮膚がん、メラノーマ対して有効に作用した。とチームは述べています。しかしながら、ヒトで新薬を治験することができる前により多くの研究が必要です。

*melanoma :メラノーマ、黒色腫

This VOA Special English Health Report was written by Cynthia Kirk.  Our reports are on the Web at voaspecialenglish.com.  I’m Steve Ember.

|

« 高脂肪ダイエットスナック攻撃を悪化させる | Main | 中年女性の腹部肥満にたいするアロマセラピーマッサージ有効性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/5787969

Listed below are links to weblogs that reference VOA Special English 科学者がんと闘う「スマート爆弾」に取り組む:

« 高脂肪ダイエットスナック攻撃を悪化させる | Main | 中年女性の腹部肥満にたいするアロマセラピーマッサージ有効性 »