« 愛への依存症、脳内ホルモンいろいろ | Main | 真正ラベンダーオイル・精油の抗真菌作用 »

October 02, 2005

アロマセラピーマッサージの免疫学的および心理学的有益性

Immunological and Psychological Benefits of Aromatherapy Massage.  

アロマセラピーマッサージの免疫学的および心理学的有益性

immunological 免疫学の、免疫学的な
psychological :心理学の、心理学的な

PUBMEDより

1: Evid Based Complement Alternat Med. 2005 Jun;2(2):179-184. Epub 2005 Apr 27. Articles, Links

Kuriyama H, Watanabe S, Nakaya T, Shigemori I, Kita M, Yoshida N, Masaki D, Tadai T, Ozasa K, Fukui K, Imanishi J.

This preliminary investigation compares peripheral blood cell counts including red blood cells (RBCs), white blood cells (WBCs), neutrophils, peripheral blood lymphocytes (PBLs), CD4(+), CD8(+) and CD16(+) lymphocytes, CD4(+)/CD8(+) ratio, hematocrit, humoral parameters including serum interferon-gamma and interleukin-6, salivary secretory immunoglobulin A (IgA).

本予備調査は、赤血球(RBCs)、白血球(WBCs)、好中球、末梢血リンパ球(PBLs)、CD4(+), CD8(+)を含む毛細血管血球算定(RBCs)と血清インターフェロンガンマおよび唾液中分泌型IgA、インターロキシン-6を含むCD16(+)リンパ球 、CD4(+)/CD8(+)の割合、体液指標との比較することである。

preliminary investigation :予備調査
peripheral blood cell count :毛細血管血球算定(RBCs)
white blood cell :白血球(WBCs)
neutrophils :好中球
peripheral blood lymphocytes :末梢血リンパ球(PBLs)
CD4(免疫補助Tリンパ球,helper T cell,Th抗原に対して抗体を作る働きを促進),
CD8(免疫抑制Tリンパ球,supressorT cell,Ts)抗体産生を作りすぎるのを抑制するブレーキ役です
健康な人はCD4とCD8の比(CD4/CD8)がほぼ2になる
lymphocyte : リンパ球
hematocrit :ヘマトクリット値、一定量の血液中に含まれる赤血球の割合をパーセント表示したもの。humoral parameters :体液指標、助変数
serum :血清
interferon-gamma :インターフェロンガンマ
インターフェロンは免疫システムが作り出す物質に似ており、ウィルス及びガン細胞と戦う一方で、免疫システムがよりよく働くよう刺激します
salivary secretory :唾液分泌
immunoglobulin :免疫グロブリン
salivary secretory immunoglobulin A (IgA). :唾液中分泌型IgA


Psychological measures including the State-Trait Anxiety Inventory (STAI) questionnaire and the Self-rating Depression Scale (SDS) between recipients (n = 11) of carrier oil massage and aromatherapy massage, which includes sweet almond oil, lavender oil, cypress oil and sweet marjoram oil.

キャリアオイルマッサージとスイートアーモンドオイル、ラベンダーオイル、サイプレスオイル、スイートマジョラムオイルからなるアロマセラピーマッサージの受けた(11人)との状態-特性不安検査(STAI)の質問表と自己評価式抑うつ性尺度(SDS)を含む心理的測定

Psychological measure :心理的測定
State-Trait Anxiety Inventory (STAI):状態-特性不安検査
Self-rating Depression Scale (SDS):自己評価式抑うつ性尺度


Though both STAI and SDS showed a significant reduction (P < 0.01) after treatment with aromatherapy and carrier massage, no difference between the aromatherapy and control massage was observed for STAI and SDS. Aromatherapy, in contrast to control massage, did not significantly reduce RBC count or hematocrit.

アロマセラピーおよびキャリアオイルマッサージ後状態-特性不安検査 (STAI)および自己評価式抑うつ性尺度(SDS)は減少を示したけれど、STAI およびSDSにたいしてアロマセラピーマッサージと対照マッサージとの違いはなかった。対照マッサージに対比して、アロマセラピーマッサージは毛細血管血球算定(RBCs)または体液指標を極めて減少しなかった。


However, aromatherapy massage showed a significant (P > 0.05) increase in PBLs, possibly due to an increase in CD8(+) and CD16(+) lymphocytes, which had significantly increased post-treatment (P < 0.01). Consequently, the CD4(+)/CD8(+) ratio decreased significantly (P < 0.01).

しかしながら、アロマセラピーマッサージは恐らくCD8(+) およびCD16(+)のリンパ球により末梢血リンパ球(PBLs)での顕著な増加を示した。それは、治療後(P < 0.01)顕著に増加した。結果的に、CD4(+)/CD8(+)の比は際立って(P < 0.01).減少した。


The paucity of such differences after carrier oil massage suggests that aromatherapy massage could be beneficial in disease states that require augmentation of CD8(+) lymphocytes. While this study identifies the immunological benefits of aromatherapy massage, there is a need to validate the findings prospectively in a larger cohort of patients.

キャリアオイルマッサージ後僅かなそのような不足はアロマセラピーマッサージがCD8(+)リンパ球(免疫抑制)の増強が必要な病気の状態において有益性があることだろうこと示唆している。本研究はアロマセラピーの免疫学的有益性を特定しているけれど将来的に本件研究結果を有効にするためには患者での大規模臨床試験が必要とされる。

Paucity:少量、少数、不足}、欠乏
augmentation :増加、増強、増大

|

« 愛への依存症、脳内ホルモンいろいろ | Main | 真正ラベンダーオイル・精油の抗真菌作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6221480

Listed below are links to weblogs that reference アロマセラピーマッサージの免疫学的および心理学的有益性:

« 愛への依存症、脳内ホルモンいろいろ | Main | 真正ラベンダーオイル・精油の抗真菌作用 »