« 厚みのある脳、不安が少ない | Main | 痴呆患者の焦燥性興奮にたいするアロマセラピー臨床試験 »

October 07, 2005

抜け毛治療に亜麻リグナン?

Flax lignans: a cure for hair loss?

多くの男性にとっては、抜け毛はいらいらさせることですが、老化過程どの必然的な一部分です。しかし、オランダ原料会社Acatrisによって行われた予備的研究は、亜麻リグナンを摂取すれば抜け毛の苦境状態に終止符を打つことができるだろうことを示唆しています。とJess Hallidayが報告してる。

技術専門家、Jocelyn MathernはNutraIngredients-USA.com に説明をした。大半の一般的な抜け毛の形態、男性ホルモン性脱毛症はホルモン問題と同様に遺伝子の問題でもあります。50歳の男性の50%は影響を受けます。

男性ホルモンテストステロンの活性型、ジヒドロテストステロン(DHT)は毛包に進入することになり、細毛および全脱毛を産生するために毛包を収縮させると彼女は言った。亜麻リグナンの主要成分、Secoisolariciresinol diglucoside (SDG)はテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に転換する酵素産出を阻害することよって抜け毛を予防することを支援することになります。その酵素は5-アルファ還元酵素と呼ばれています。

この研究は6ヶ月間を超えて台湾の健康会社で行われた。男性ホルモン性脱毛症に悩む10人の20歳と70歳の間の男性は、Acatris’ LinumLife Extraのひとつの250mgのカプセルでSDG1日量の50mgを摂取した。

毛髪状況は写真によって研究を始める時点で証拠書類にして、男性は、毎朝枕上に毛髪の数をカウントして期間中脱毛の数を測定した。

初期の亜麻リグナン効果は、研究の平均1ヶ月かから2ヶ月で分かったと会社は述べています。そして、期間中の最後に、参加者の8人は脱毛状況で少しの改善を報告した。ある人は大幅に改善で、ある人は全く効果がなかった。実験の始める時点に重度脱毛症参加者はさらに改善がよく目立った。

また、対照の半分の人は頭皮の皮脂分泌が減少したことがわかった。副作用は報告されかった。

単語帳

*Flax lignan :亜麻リグナン
*hair loss :抜け毛
*plight :極端に苦しい状況、苦境
*androgenetic alopecia :男性ホルモン性脱毛症
*Dihydrotestosterone :ジヒドロテストステロン(DHT )
*hair follicle :毛包
*follicle :毛包

|

« 厚みのある脳、不安が少ない | Main | 痴呆患者の焦燥性興奮にたいするアロマセラピー臨床試験 »

Comments

こんにちは。

最近抜け毛がかなり出てきたので育毛関係を調べているんですが。私もかなり育毛では詳しい方ですが、

私よりかなり詳しい知識をお持ちですね。
今抜け毛に困っている人はかなりいるみたいで抜け毛は僕だけではないんだな。

そんな風に思っているんですが、早めに抜け毛を何とかしないとと思っています。

Posted by: 吉岡 | March 23, 2009 09:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 抜け毛治療に亜麻リグナン?:

« 厚みのある脳、不安が少ない | Main | 痴呆患者の焦燥性興奮にたいするアロマセラピー臨床試験 »