« VOA Special English、チンパンジーの遺伝子地図、アメリカワニ、ホメオパシー治療 | Main | 植物脂質一部のヒトのアルツハイマー発症の危険性増大 »

October 13, 2005

妊産婦の足の浮腫にたいするリフレクソロジー効果

Single-blind trial addressing the differential effects of two reflexology techniques versus rest, on ankle and foot oedema in late pregnancy.

後期妊娠での足首および足の浮腫にたいして、休息と比較して2つのリフレクソロジー手技の異なる効果に取り組んだ単盲検試験

Single-blind trial: 単盲検試験
versus : 対、~と対比{たいひ}して、~に対して

PUBMEDより

1: Complement Ther Nurs Midwifery. 2003 Nov;9(4):203-8.

Mollart L.

Antenatal Services, Maternity Services, Central Coast Health, PO Box 361, Gosford, NSW 2251, Australia. lyndall@ccdgp.com.au

antenatal :出生前の、誕生前の

This single-blind randomised controlled trial explored the differential effects of two different foot reflexology techniques with a period of rest on oedema-relieving effects and symptom relief in healthy pregnant women with foot oedema.

単盲検無作為対照臨床試験は、足に浮腫がある健康な妊産婦においての浮腫緩和効果および症状緩和について休息時期を持つのと2つの異なる足のリフレクソロジー手法の様々な効果を探求した。


Fifty-five women in the third trimester were randomly assigned to one of the three groups: a period of rest, 'relaxing' reflexology techniques or a specific 'lymphatic' reflexology technique for 15 min with pre- and post-therapy ankle and foot circumference measurements and participant questionnaire.

妊娠第三期の女性55人は無作為に3郡のひとつに割り当てられた。休憩時期、「リラックス」リフレクソロジー手技または特殊「リンパ」リフレクソロジー手技で、15分間行い、治療前と治療後に足首および足の外周を計測
し、参加者にアンケートを取った。

trimester :3カ月間◆米国では臨月を第9月と表現し、妊娠9カ月を3分割し、第一期(first trimester)、第二期(second trimester)、第三期(third or last trimester)と呼ぶ
circumference :外周、周囲、円周
ankle :足首、くるぶし、
questionnaire :アンケート、質問書


There was no statistically significant difference in the circumference measurements between the three groups; however, the lymphatic technique reflexology group mean circumference measurements were all decreased.

三郡の間では外周計測において統計的に有意差はなかった。しかしながら、リンパ手技リフレクソロジー郡は外周測定値が全て減少したことを意味する。

circumference :外周、周囲、円周、周辺


A significant reduction in the women's symptom mean measurements in all groups (p<0.0001) was apparent. A 'perceived wellbeing' score revealed the lymphatic technique group (p<0.0001) significantly increased their wellbeing the most, followed closely by relaxing techniques (p<0.001) and then the control rest group (p<0.03).Lymphatic reflexology techniques, relaxing reflexology techniques and a period of rest had a non-significant oedema-relieving effect.

女性の症状におけるかなりの減少は全ての郡(p<0.0001)での測定値が明白だったことを意味する。「認識したウェルビーイング」スコアは、リンパ手技リフレクソロジー郡(p<0.0001)がきわめてウェルビーイングスコアを最も増加しており、続いて僅差でリラックスリフレクソロジー手技で、その次に対照休憩郡(p<0.03)であった。リンパリフレクソロジー手技、リラックスリフレクソロジー手技および休息時期は浮腫緩和の有意差無はなかった。

Non-significant:有意差無し


From the women's viewpoint, lymphatic reflexology was the preferred therapy with significant increase in symptom relief.
女性の観点からすると、リンパリフレクソロジーは症状緩和を極めて増大させるので好ましい療法であった。

Publication Types:

•Clinical Trial :臨床試験

•Randomized Controlled Trial : 無作為化対照試験

PMID: 14556770 [PubMed - indexed for MEDLINE]

関連

押すだけではないリフレクソロジー

リフレというと町で呼び込みをしている足裏のマッサージとのイメージが強いです。医療現場で利用されていることはなかなか検討がつかないです。英国では補完療法の一つとして終末医療現場で利用されています。英国のリフレクソロジーの先生によると水中で行うリフレクソロジーがあり、水中ですとエネルギーの伝達が良く効果的であると言っていました。障害を持つヒトと一緒にカリブ海に行、ドルフィンがいる海中でリフレクソロジーを行ったと聞きました。

英国ではリフレクソロジーが不妊治療に利用されているとのことです。実際に妊娠していて多くの症例が有ると言っていました。日本でも実際にリフレクソロジーを用いて不妊治療を行っているセラピストがおられます。

リフレクソロジーもアロマセラピーも、英国では医療の分野に入り込んできています。日本でもこれから大いに医療に利用されてくると思います。そのときには、医学のことが分かる沢山のセラピストが必要になります。

聡明な読者の方に読んでいただきありがとうございます。

|

« VOA Special English、チンパンジーの遺伝子地図、アメリカワニ、ホメオパシー治療 | Main | 植物脂質一部のヒトのアルツハイマー発症の危険性増大 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 妊産婦の足の浮腫にたいするリフレクソロジー効果:

« VOA Special English、チンパンジーの遺伝子地図、アメリカワニ、ホメオパシー治療 | Main | 植物脂質一部のヒトのアルツハイマー発症の危険性増大 »