« アロマセラピーとの関わり事始 | Main | ブログに写真新登場 »

October 29, 2005

月経前症候群ホルモンだけの問題ではないかも?

PMS a Concern? It Might Not Just Be Hormones

Women Who Don't Get Premenstrual Syndrome May Use Their Brains Differently

月経前症候群に罹らない女性は脳を別々に使用してiることがある。

女性が毎月の月経前の気分変動に悩むかどうかはホルモンと同様に如何に脳内に神経が配線されているかに関係していることがあります。

新研究では月経前の気分変動経験のない女性は月経前症候群(PMS)のある女より脳の違う部位を使用していることを示しています。月経前症候群の症状は他の症状に加えて月経前の気分変動によって表されています。

研究者は安定した気分の女性は感情を制御すると考えられた脳の部位において活動が高まったことを解明した。彼らは、この脳の活動増加は月経周期に関連するホルモン変化による感情の影響を受けにくくしますと述べています

脳は月経気分変動においての役割

この研究で、研究者は月経気分変動症状のない女性12人の脳をスキャンして調べた。脳スキャンは、月経の最初の日前1日から5日に行われ、月経後8日から10日に行われた。

それぞれの脳スキャンの間、女性は、他の事をしながら、「安全」、「死」または「本箱」などの印刷された80のポジティブ、ネガティブおよび中立的な暗示言葉を見た

この結果は、女性は、月経前期の間、脳の眼窩前頭皮質内側領域の活動の増大をし、月経後この脳の領域の外側領域において活動の増大をみたことを示した。

研究者によると、眼窩前頭皮質は感情、やる気、意思決定に関連していた。

脳スキャン中にみられた変化は明らかに女性の感情状態に反映していなかった。したがって、眼窩前頭皮質の別々の領域でのこの増加活動は、一貫として感情状態を維持しながらホルモン変化を補う女性の能力に影響を与えます。と研究者は述べています。

この研究結果はthe Proceedings of the National Academy of Sciencesに掲載されます。

単語帳
*connotation :暗示するもの、言外の意味
*premenstrual period :月経前期
*lateral region 外側領域
*orbitofrontal cortex: 眼窩前頭皮質 ...
*decision-making :意思決定
*motivation :動機、動機付け、自発性、やる気、

今日も読んで頂ありがとうございます。

|

« アロマセラピーとの関わり事始 | Main | ブログに写真新登場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6733998

Listed below are links to weblogs that reference 月経前症候群ホルモンだけの問題ではないかも?:

« アロマセラピーとの関わり事始 | Main | ブログに写真新登場 »