« 様々なマッサージ治療効果 | Main | 抜け毛治療に亜麻リグナン? »

October 06, 2005

厚みのある脳、不安が少ない

脳の領域の厚み不安解消能力に関係

Thicker Brain, Less Fear?

ある人は他のヒトより上手に不安を処理します。今や、研究がなぜかという理由の一つの可能性を示しています。

鋼鉄製の神経ではないが脳の特別部位の厚みであります。

その部位は腹内側前頭皮質とよばれています。最新の不安検査での中央舞台に出てきた。

あるヒトは不安を示し始めたとき、他のヒトは落ち着いていた。それらの秘密:脳の下部表面の腹内側前頭皮質部位。

この研究はProceedings of the National Academy of Sciencesのオンライン版に掲載されます。

研究結果不安との結びつきがあるかも

「何故トラウマ的な体験にさらされたあるヒトはポストトラウマストレス障害を発症して、他のヒトはしないといつも不思議に思っています。研究者のMohammed Milad, PhD,はニュースリリースで述べています。我々は、この研究がある可能性ある答えを提供すると思っています。と彼は続けます。

Miladはボストン、Massachusetts General Hospital精神医学部の研究者です。

創造、次に不安解消

Miladの研究には14人の若い健常者が含まれていた。

対照はコンピュターの前に座った。彼らは、利き手の第2指と第3指に電極をつけた。

画面上、彼らはブルーまたは赤でライトアップした会議室の写真を見た。ところで、彼らは、電極を通じてすごく“気に障る”が痛くない電気ショックを受けた。

電気ショックは5回起きた。次に、ショックなしで10回以上写真を見せた。

研究者のゴール:写真と電気ショックの関連により不安を助長して、次に、不安解消のパターンを壊す。

不安、挫折

対照は次の日に戻ってきた。

このとき、ショックはなかった。代わりに、前日と同じ写真を見るので皮膚モニターを着用した。皮膚をモニターすることは、写真および実験初期部分で彼らが連続的受けた電気ショックに対する参加者の反応を間接的に測定することです。

研究者は脳スキャンを使用して不安消滅に関係する脳部位、腹内側前頭皮質の厚みを測定した。

厚みのある脳領域は、明らかに、写真よる動揺は少なかった。彼らは写真にたいして皮膚反応を少し示したことをデーターは示しています。

そのような厚みはヒトによって違います。そのばらつきが「不安障害のためのリスクまたは(柔軟性)の要因であるかもしれない」と研究者は記載しています。

将来の研究では脳の厚みが不安障害ための行動療法への治療反応を予測できるのかどうかを調査すべきである。

単語帳

*ventromedial prefrontal cortex(VMPFC) :腹内側前頭皮質.
*psychiatry :精神医学、精神科
*electrode :電極
*annoying :気に障る、人を悩ます、うるさい、うっとうしい
*subsequent :次の、後の、その後の、それに続く、後に来る、続いて起こる、
*behavioral therapy :行動療法

|

« 様々なマッサージ治療効果 | Main | 抜け毛治療に亜麻リグナン? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6283074

Listed below are links to weblogs that reference 厚みのある脳、不安が少ない:

« 様々なマッサージ治療効果 | Main | 抜け毛治療に亜麻リグナン? »