« オメガ-3脂肪酸ドライアイ症候群リスク低減 | Main | レモンエッセンシャルオイル成分変化 »

October 20, 2005

エセンシャルオイル・精油の品質評価

Quality evaluation of essential oils

エセンシャルオイルの品質評価

PUBMEDより

1: Yakugaku Zasshi. 2002 Mar;122(3):253-61

[Article in Japanese]

Mori M, Ikeda N, Kato Y, Minamino M, Watabe K.

Research and Development Division, Institute of Cosmetic Science, Club Cosmetics Co., Ltd., 145-1, Ichibu-cho, Ikoma City, Nara 630-0222, Japan.

Essential oils on the market were analyzed using GC-MS and the main ingredients of each essential oil were quantified. Analysis of the essential oil of Lavandula officinalis (lavender oil) showed that each sample had a different ratio of the contents of main ingredients, such as linalool, linalyl acetate, and camphor.

ガスクロマトグラフ質量分析装置を用いて売られているエセンシャルオイルは分析され、それぞれのエセンシャルオイルの主要成分は定量化された。真正ラベンダー・エセンシャルオイルの分析ではリナロール、酢酸リナリル、およびカンファーなどの主要成分の含有容量比率の相違を示した。

GC-MS:ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)
quantify :定量化する


In addition, some commercial lavender oils were analyzed by GC-MS for comparison with the Lavandula flagrans (lavandin oil) and the reference standard. As a result of this analysis, although the components of almost all commercial lavender oils were approximately the same as those of the reference standard, there were a few products that contained more than 0.5% of the amount of camphor in lavandin oil. This suggests that some lavender oil samples are mixed with lavandin oil to lower the price.

その上、一部の市販用ラベンダーオイルはラバンディンオイルおよび参照標準と比べるためにガスクロマトグラフ質量分析装置によって分析された。この分析結果として、ほとんど全ての市販用ラベンダーオイルの成分はほぼ参照標準と同じであったけれど、ラバンディンオイルのカンファー量0.5%以上含有したいくつかの製品があった。このことは一部のラベンダーオイルサンプルは価格を低くするためラバンディンオイルと混ぜられいることを示唆している。

Reference Standarce :参照標準


Commercial essential oils of Melaleuca alternifolia (teatree oil) and Mentha piperita (peppermint oil) were also analyzed by GC-MS. Each of the peppermint oil samples had a different ratio in the content of its main ingredient. With respect to teatree oils, the amount of terpinens in each sample differed. These results led to concern about the efficacy of essential oils. For achieve the expected efficacy of essential oils, correct information on their ingredients should be available and quality control using instrumental analysis should be introduced.

また、市販用エセンシャルオイル、ティトリーオイルおよびペパーミントオイルがガスクロマトグラフ質量分析装置によって分析された。それぞれのペパーミントオイルサンプルは主要成分含有量比率において相違があった。ティトリーオイルに関して、それぞれのサンプルでのテルペン量は違っていた。これらの結果によりエセンシャルオイルの効能に懸念をもたらした。エセンシャルオイルの期待された効果を達成するため、オイル成分の正確な情報が利用可能であるべきで、機器分析を用いた品質管理を導入するべきである。

efficacy :有効性、効き目、効能、効果

PMID: 11905050 [PubMed - indexed for MEDLINE]

今日も読んで頂きありがとうございます。明日が輝く1日でありますこと祈っています。

|

« オメガ-3脂肪酸ドライアイ症候群リスク低減 | Main | レモンエッセンシャルオイル成分変化 »

Comments

今日もためになりました。
ありがとうございます。

Posted by: takako | October 20, 2005 at 10:21 PM

とても興味深いエントリですね。
いつも拝見させて頂いています、ありがとうございます!!

Posted by: ken | October 20, 2005 at 11:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6490279

Listed below are links to weblogs that reference エセンシャルオイル・精油の品質評価:

« オメガ-3脂肪酸ドライアイ症候群リスク低減 | Main | レモンエッセンシャルオイル成分変化 »