« サロンには割引キャンペーンあるがおまけは? | Main | アロマセラピーマッサージの免疫学的および心理学的有益性 »

October 01, 2005

愛への依存症、脳内ホルモンいろいろ

Addicted to love

ドーパミンが脳内を駆け巡り、気分を良くしてくれ、ノルエピネフリンが脳内に流れてアドレナリン(心臓音をドキドキ)産生を刺激して、フェニルエチルアミン(チョコレートにみられる)が至福の感覚を創造します。これらの化合物は論理思考を支配する脳活動を無視します。また、これらの化合物は感情に影響を与えることができる大脳辺縁系において役割を演じます。脳力バランスでの変化が起こると、大脳辺縁系が引き継ぎ、熱中状態を引き起こしている大脳皮質との融合を弱くします。と一部の情報筋は述べています。

わけのわからないロマンティックな感情はオキトシンによって引き起こされると考えられています。オトキシンはオルガズムおよび情緒的愛着のシグナルを送る第一次性的刺激ホルモンであります。さらに刺激されると、オトキシンが産生されます。女性はオトキシン過剰の結果により、何倍のおよび身体全体のオルガスムを体験できることがあります。オトキシン過剰な減少は真実の愛または幻滅の体験によって起こることがありえます。

人間関係恐怖症は本当に唯の誘惑の中毒者ですか?

人が恋に落ちいると、アンフェタミンの化学的仲間、ドパーミン、ノルエピネフリンおよびフェニルエチルアミンの突進のため、紅潮した肌、激しい息遣いおよび汗ばんだ手のひらを経験するこがあります。身体はこれらの化合物にたして耐性を構築していて、次に、熱中状態の特別な感覚を獲得するのにさらに物質を必要とします。関係から関係へと飛躍する人は恋に落ちることの中毒を切望していて誘惑中毒者(attraction junkies)であるかもしれない。恋愛に堪える場合に、パートナー継続的な存在は心地よい物質および天然の鎮痛剤であるエンドルフィンの産生を刺激します。

過度なストレスが永久的な低濃度セルトニンおよび高濃度ノルエピネフリンをもたらすことになります。低濃度セルトニンは攻撃的な行動を生み出すことがあります。セルトニンは通常阻害剤として働きます。低濃度のセロトニンは落ち着くことが難しくなります。プロザック(フルオキセチン)はセルトニン濃度を増加することに使用されます。

感情は学習および記憶回路が確立するときに重要な役割を果たします。感情が起こるときに形成されるシナプス結合の強さはそのときの感情の強さに直接関係しています。これは些細なことはなぜ簡単に忘れてしまって感情のパターンなぜ変更するのが難しいかであります。成人期の間、神経接続は引き続きよりゆっくりと頻度は少なく変化します。新しい経路が形成される代わりに、現存の経路が再構築されます。未使用回路は弱まるが消えてなくらないため再活性化されことになる。古い経路を再構築または変化させる新しいことを繰り返すことによって変えることができます。認知療法はこれを達成することができる方法です。

単語帳

*dopamine :ドーパミン
*rush through 大急ぎで通過する、~中を駆け巡る
*norepinephrine ノルエピネフリン、副腎髄質ホルモン
*phenylethylamine :フェニルエチルアミン、チョコレートなどに含まれる成分で人の気分に影響し催淫効果があるとも言われる
*bliss :無上の喜び、至福、この上ない喜び、幸福、
*limbic system :辺縁系
*cortex 大脳皮質、
*infatuation 夢中になっている状態、夢中にさせるもの、のぼせ上がり、心酔、夢中
* integration :統合、一体化、統一、融合
*sexual arousal :性的刺激
*emotional attachment 情緒的愛着、愛着心
*commitment phobia :人間関係恐怖症、
*intoxication :陶酔、中毒
*phobic :恐怖症の人、恐怖症患者
*junkie :中毒者、麻薬常習者
*flushed skin 紅潮{こうちょう}した肌  
*heavy breathing :激しい息遣いいきづかい
*sweaty palm 汗ばんだ手のひら
*amphetamine :アンフェタミン、中枢神経興奮剤
*get a grip 落ち着く、気持ちを入れ替える
*trivial :ささいな、つまらない、取るに足りない、
*fluoxetine :フルオキセチン(抗うつ剤の一種 )
*synaptic connection :シナプス結合

|

« サロンには割引キャンペーンあるがおまけは? | Main | アロマセラピーマッサージの免疫学的および心理学的有益性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6205137

Listed below are links to weblogs that reference 愛への依存症、脳内ホルモンいろいろ:

« サロンには割引キャンペーンあるがおまけは? | Main | アロマセラピーマッサージの免疫学的および心理学的有益性 »