« マウスでのエッセンシャルオイル精油吸入による刺激および鎮静効果 | Main | 医薬翻訳の勉強 »

October 17, 2005

熟睡の間脳領域はお互いの接続を切断

熟睡中は脳部位間のコミュニケーション切断、明日のためにシナプス修理

Brain regions disconnect from each other during deep sleep: study 

熟睡すると、ヒトのある脳領域が他の領域から切断されて無意識が生じます。と研究は解明した。

経頭蓋的磁気刺激法を用いて、Wisconsin-Madison大学の研究者は脳のある部位に磁気産生む電気信号を送り込んだ。イメージを通じて、彼らは対照脳の活動を観測して、電気信号が送り込んだ細胞から電気化学反応を刺激した。電気信号は、覚醒の間、神経線維のネットワークに沿って様々な脳部位に移動します。しかしながら、熟睡の間、同様な反応は切れて、刺激した細胞を超えて移動しなかった。

睡眠は最も身近な意識の変容であります。毎晩、熟睡すると、意識は通常消滅し、また、脳は引き続き活動しています。代謝は減少するけれど、脳が活動停止するわけでないです。とWisconsin-Madison大学の中心著者および精神医学専門家、Dr Giulio Tononi,は述べた。

熟睡中、しかしながら、様々な脳部位間でコミュニケーションの切断があります。「脳は小さな島に分解されていてお互いに話すことが出来ないです。夜の熟睡初期の間で、反応は短くて全く伝播しないです。」とDr Tononiは述べた。

この研究は、特に異なる睡眠の段階での睡眠中意識レベルにかんする洞察を提供します。一般的に、早朝での睡眠は前夜睡眠よりさらに意識的で、すなわち、大半の人々は睡眠の後半に夢をみます。

切断は無計画なシナプスを修理することを意味しているのかもしれない。この研究に関与しているも一人のDr Marcello Massiminiは述べた。「この過程は、大脳皮質神経回路が雑音を含んだシナプスの排除を可能にし、翌日の準備のために正常化することになります。」と彼は述べて、このことは十分な睡眠を得た後に人々がなぜ仕事が上手くいくかを説明するかもしれないと付け加えた。

一部の人はこの研究を歓迎したけれど、他の人は研究結果が十分掘り下げて否と感じています。

「眠りにつくと通常機能している大脳皮質部位相互作用能力の破壊を明らかにし、見事に示した。しかし、このことが眠りにつくことでの意識変容に関連することを考える何の理由も提供しなかった。」と、ハーバード大学医学部ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのRobert Stickgoldは述べました。

睡眠中に神経化学物質が脳内に放出されて、脳波形パターンおよび知覚刺激反応が変化を示します。「(しかし)彼が極めて見事に実証した変化は意識の変容において役割を果たすことあるし、またはないこともあります。彼は述べ、「これが意識に関して実質的なものは何も加えると思わないと」付け加えた。

しかし、Massimini博士は違うことを感じました。 「重要なことは、この観察結果がここ10年間か15年間でTononi博士によって公式化された理論からの初めての正確な予測実験的確認であるということです。」 「予測は、脳の活動レベルではなくて、意識を構成しているお互いの脳と遠隔部位の脳とのコミュニケートする能力であったということでした。」と、彼は述べた。 ケベック州、ケベック市、Laval University、神経科学者、Dr Mircea Steriadeは、脳部位接続断絶のため睡眠中いかに意識が消失するかを証明した。「それは理解を前進させます。何が私たちをヒトにさせているかに関連するため非科学者はこの研究に注意を払うべきです。」と、Steriade博士は述べました。

単語帳
*deep sleep :熟睡
*unconsciousness :無意識
*Transcranial Magnetic Stimulation, TMS:経頭蓋的磁気刺激法 (TMS).
*cortical circuits :大脳皮質神経回路
*haphazard :偶然の、でたらめの、無計画の、
*cortical areas :大脳皮質部位
*electroencephalograph :脳波計

今日も読んで頂ありがとうございます。脳内の連絡が盛んなときは眠ることが出来ません。寝ても寝付かず脳内で伝達物質が行き来して興奮して眠れません。寝るときに電気を消して暗くして眠ります。それと同じように脳内の伝達のスイッチを切断すると熟睡が出来る。脳内ではシナプスで電気信号を送り、シナプス同士の接続部分で
化学物質が放出され、シナプスの受容体が受け取り、電気信号にまたなり、次のシナプスにいきます。脳内伝達物質セルトニンの受け渡しが上手くいかないとうつ病になります。脳内のスイッチのオンオフが大変重要なことが
分かりました。

意識することは脳領域の情報交換が盛んなことです。特に、悩み、恐れ、不安があるとなかなか熟睡できません。これらの問題を抱えてることは絶えず意識していることです。そのため、脳内では脳領域同士が解決のために情報交換を行っています。そのために、脳全領域が活動をしてるので眠ることが出来ません。各の脳は切断し休養を取ることが出来ません。

脳の各領域も他とのコミュニケーションを切断して、孤独になり、自分を見つめ、明日への英気を養います。ヒトも同じく人同士のコミュニケーションに疲れると、1人なり、自分と対話し、明日得の英気を養います。ヒトとの接続と切断を上手く組み合わせることが大切なことがわかりす。

取り留めのないことをかきました。


|

« マウスでのエッセンシャルオイル精油吸入による刺激および鎮静効果 | Main | 医薬翻訳の勉強 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6447755

Listed below are links to weblogs that reference 熟睡の間脳領域はお互いの接続を切断:

« マウスでのエッセンシャルオイル精油吸入による刺激および鎮静効果 | Main | 医薬翻訳の勉強 »