« 妊娠中さかなを食べると頭の良い子が生まれる! | Main | 主要成分量比較、真正ラベンダー、スパイクラベンダー、ラバンジン »

October 24, 2005

エッセンシャルオイル・精油:ラバンジン

名称:ラバンジン
 
ラテン名:  Lavandula  X  intermedia

読み方:   ラバンデュラ  インタメディア 
 
意味:      洗う     中間の 
 
別名:Lavandula hybrida(雑種の)

英名: Lavandinラバンディンン 
 
科名: シソ科

栽培地:
フランスプロヴァンス地方では、スパー(super)、グロッソ(grosso)、スミアン(sumian)、アブリアル(abrial)4種類のラバンジンが栽培されている。

栽培高度は400~500mのところで栽培されます。真正ラベンダーは600~2,000mです。採油量は真正ラベンダーの2倍になります。

ラバンジンは、真正ラベンダーとスパイク ラベンダーの配合種で、比較的に簡単に栽培できることから、ラベンダーより広い範囲で挿し木の形で栽培されている。ラベンダーより栽培しやすく多くの収量が見込まれる。丈夫で寒さにもつよい。ラバンジンオイルはよくラベンダーとして売られています。

抽出部位:花穂  抽出方法:水蒸気蒸留 採油率:1.0~1.8%

安全性:毒性なし、皮膚感作性なし

主要成分 リナロール(40.73%)、酢酸リナリル(23.10%)カンファー(3.51%)、1,8シネオール(4.79%)、

作用:抗感染、抗ウイルス、抗真菌、抗炎症、抗痙攣、筋肉弛緩作用

身体:筋肉痛、肩こり

呼吸:気管支炎

相性の良いオイル :ベルガモット、ライム、クローブ、シナモン、シトロネラ、サイプレス、パイン、ゼラニーム

アロマセラピー以外の用途

トイレタリー、コスメティック製品用香料、石鹸用香料。香料産業ではラバンジンオイルはリナロールの原料として使用されます。

読んで頂ありがとうございます。久しぶりにエッセンシャルオイルを取り上げました。真正ラベンダー、スパイクラベンダーもありますのでそちらも宜しく。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロ研究所

|

« 妊娠中さかなを食べると頭の良い子が生まれる! | Main | 主要成分量比較、真正ラベンダー、スパイクラベンダー、ラバンジン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6547718

Listed below are links to weblogs that reference エッセンシャルオイル・精油:ラバンジン:

« 妊娠中さかなを食べると頭の良い子が生まれる! | Main | 主要成分量比較、真正ラベンダー、スパイクラベンダー、ラバンジン »