« レモンエッセンシャルオイル成分変化 | Main | 妊娠中さかなを食べると頭の良い子が生まれる! »

October 22, 2005

アロマセラピーでうつ病および不安の治療評価

An assessment of treating depression and anxiety with aromatherapy

アロマセラピーでうつ病および不安の治療評価

International Journal of Aromatherapy より

Katie Lemon

22 Perceval Road, Inverness, IV3 5QE, Scotland, UK

Abstract

抜粋

This investigation studied the effects of aromatherapy in alleviating depression and anxiety. It was an evaluation of the aromatherapy service offered as part of the Surrey Oaklands NHS Trust's Day Hospital treatment plan.

この調査はうつ病および不安緩和におけるアロマセラピー効果を研究しました。調査はアロマセラピーサービスの評価であり、Surrey Oaklands NHS Trust's Day Hospitalの治療計画の一部として提供された。

alleviate :~を軽減する、緩和する、楽にする、軽くする、


The research was designed to identify if there was a significant difference in perceived levels of anxiety and depression between a control group receiving massage with carrier oil alone and a test group receiving holistically prescribed essential oils diluted in carrier oil during massage.

この研究は、キャリアオイルのみでのマッサージ受けた対照郡とマッサージの間キャリアオイルにホリスティック捉えられるブレンドしたエッセンシャルオイルを希釈したオイルで受けた検査郡との間に顕著な相違があるかを特定するため計画された。


Thirty two subjects suffering from depression and/or anxiety were recruited from both inpatient and predominantly outpatient clients of the hospital. Half were randomly assigned to a control group and the other half to the aromatherapy test group.

うつ病、または不安、あるいは両方に罹患している32人の対象は病院の入院患者および圧倒的に外来患者から募集されました。半分のヒトは無作為に対照郡に割り当てられて、片方の半分のヒトはアロマセラピー検査郡に割り当てられた。


The test group received six, fortnightly massages lasting for 40 min. The essential oils were selected according to physical and psychological symptoms, e.g. anxiety, depression, headaches and sleep problems. The control group received massage with grape seed carrier oil without the essential oils in an identical environment to the test group.

検査郡は2週間ごとに40分間続くマッサージを6回受けた。身体的および精神的症状、例えば、不安、うつ病、頭痛および睡眠障害に応じてエッセンシャルオイルは選択された。対照郡は、検査郡と同じ環境でエッセンシャルオイルなしのグレープシードキャリアオイルでマッサージを受けた。


Both groups were monitored by their key worker in one-to-one sessions using the Montgomery-Asberg Depression Rating Scale (MADRS) or the Tyrer Brief Anxiety Scale (TBAS) on a monthly basis until week 12. The clients also completed a Hospital Depression Anxiety Scale (HADS) at the same time intervals.

両群は、12週まで月ごとにうつ評価スケールまたは不安評価尺度を用いて一対一のセッションで責任者によってモニターされた。また、クライエントは同様な間隔で不安と抑うつの尺度検査を完了した。

MADRS:Montgomery-Asbergうつ評価スケール
Tyrer Brief Anxiety Scale (TBAS):不安評価尺度
Hospital Anxiety and.Depression Scale (HADS):不安と抑うつの尺度


Statistical analysis of the results indicated a significant difference between aromatherapy and control groups. The test group showed a marked improvement in the results of the three questionnaires.

統計学的分析結果はアロマセラピーと対照郡との相違は顕著なものであったことを示した。検査郡は3つの評価尺度質問表の結果において著しい改善を示した。


Author Keywords: Aromatherapy; Anxiety; Depression; Psychiatry; Massage; Prescribing

著者キーワード:アロマセラピー、抑うつ、精神科、マッサージ、処方したオイル


読んでいただきありがとうございます。評価尺度の日本名を検索してても日本名を探すことが出来なかった。英名の内容については説明があった。内容を訳語として使用した。

|

« レモンエッセンシャルオイル成分変化 | Main | 妊娠中さかなを食べると頭の良い子が生まれる! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6519691

Listed below are links to weblogs that reference アロマセラピーでうつ病および不安の治療評価:

« レモンエッセンシャルオイル成分変化 | Main | 妊娠中さかなを食べると頭の良い子が生まれる! »