« エセンシャルオイル・精油の品質評価 | Main | アロマセラピーでうつ病および不安の治療評価 »

October 21, 2005

レモンエッセンシャルオイル成分変化

Compositional changes in commercial lemon essential oil for aromatherapy

アロマセラピー用市販レモンエセンシャルの成分変化

International Journal of Aromatherapy より

M. Sawamura , , a, U. -S. Son a, H. -S. Choi b, M. -S. L. Kim b, N. T. L. Phi a, M. Fears c and C. Kumagai d

a Department of Bioresources Science, Faculty of Agriculture, Kochi University, B-200 Monobe, Nankoku, Kochi 783-8502, Japan
b Department of Food and Nutrition, Duksung Women's University, Seoul 132-714, Korea
c Bay House Aromatics, Brighton, East Sussex BN2 1EE, UK
d Aromatherapist, 2-25-11, Wakabayashi, Setagaya-ku, Tokyo 154-0023, Japan

Available online 24 March 2004.

Bioresources :生物資源

Abstract

抜粋

Compositional change in commercial lemon essential oil for application in aromatherapy was investigated under four different conditions over a one-year period. Sample S-1 was stored in an incubator set at 25 °C with the cap open for 3 min everyday; sample S-2 was stored in an incubator set at 25 °C with the cap open once a month for analysis; samples S-3 and S-4 were stored at 5 °C in the same manner as S-1 and S-2, respectively.

アロマセラピー使用の市販レモンエセンシャルオイルにおける成分変化が1年にわたり4つの異なる状況で検査された。サンプルS-1は25度にセットされたインキュベーターに保存し、毎日3分間キャップを空けた。 サンプルS-2 は25度にセットされたインキュベーターに保存し、月に1回分析のためにキャップを空けた。サンプル S-3 およびS-4は5度にセットされたインキュベーターに保存し、それぞれS-1とS-2の同様なやり方をした。

incubator :インキュベーター、定温器


The oil samples were analyzed quantitatively using an internal standard by GC and GC-MS. Compositional changes occurred predominantly in S-1, where monoterpene hydrocarbons decreased from 97.1% to 30.7% in one year. The increase of p-cymene was associated with the decrease of γ-terpinene and citral. The compositional change in S-4 was minimal, while the aerobic condition (S-3) caused some decrease of the constituents during storage even at 5 °C.

エセンシャルオイルサンプルはガスクロマトグラフ質量分析装置よって内標準を用いて定量的に分析された。S-1のサンプルにおいて成分変化が顕著に起こっており、モノテルペン炭化水素が1年で97.1% から 30.7%に減少した。パラシメンの増加はγ-テルピネンおよびシトラールの減少と関連していた。S-4サンプルでの成分変化は最小限であった。一方、好気状態(S-3)が5度で保存中でさえ一部成分の減少を引き起こした。

quantitatively :定量的に
internal standard:内標準
monoterpene hydrocarbons:モノテルペン炭化水素
p-cymene:パラシメン
γ-terpinene:γ-テルピネン
citral:シトラール
aerobic condition :好気状態


Author Keywords: Citrus lemon; Lemon essential oil; Compositional change; Storage; GC-MS

著者キーワード:レモン、レモンエッセンシャルオイル、成分変化、保存、ガスクロマトグラフ質量分析装置

読んで頂きありがとうございます。今回も成分のことを取り上げました。成分分析のついているオイルも出ています。しかし、分析したのがいつなのか記載されてないものあります。オイルのよっては収穫時期がちがいます。例えば、現在市販されているラベンダーはほぼ昨年収穫されたものだと思います。聞くところによると、ラベンダーは
蒸留してから何ヶ月かたたないと良い香がしないそうです。そのために、今年度産が出回るまで時間がかかるとおもいます。植物により収穫時期が違います。そのために、オイルが取れる時期が違ってきます。ところが、材など1年中蒸留できるものもあります。オイルの素の植物がいつ収穫されるのかに興味を持つとアロマにもっと関心が深まるとおもいます。

|

« エセンシャルオイル・精油の品質評価 | Main | アロマセラピーでうつ病および不安の治療評価 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6504189

Listed below are links to weblogs that reference レモンエッセンシャルオイル成分変化:

« エセンシャルオイル・精油の品質評価 | Main | アロマセラピーでうつ病および不安の治療評価 »