« イルカ療法うつ病予防 | Main | アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和 »

November 28, 2005

精油の香りによる疼痛軽減効果

Sensory and affective pain discrimination after inhalation of essential oils.

エッセンシャルオイル吸入後の感覚および感情の疼痛識別

discrimination :識別、区別

PUBMEDより

1: Psychosom Med. 2004 Jul-Aug;66(4):599-606.

Gedney JJ, Glover TL, Fillingim RB.

Division of Public Health Services and Research, University of Florida College of Dentistry, Gainesville, FL, USA.

Dentistry :歯科

OBJECTIVE: The purpose of this investigation was to examine the effects of olfactory absorption of two commonly used therapeutic essential oils on sensory and affective responses to experimentally induced pain.

目的

本調査の目的は、実験的に誘発された疼痛に対して感覚的および感情的反応への一般的に使用されている2種類のエッセンシャルオイルの嗅覚吸収効果を検証することであった。


METHODS: A sex-balanced (13 men and 13 women) randomized crossover design was used to obtain pre- and posttreatment change scores for quantitative sensory ratings of contact heat, pressure, and ischemic pain across separate inhalation treatment conditions using essential oil of lavender, essential oil of rosemary, and distilled water (control).

方法

性別のバランス(男子13人と女子13人)無作為クロスオバー計画が使用されて、エセンシャルオイルのラベンダー、ローズマリー、および芳香蒸留水(対照)を使用する別々の吸入疼痛治療より接触熱、圧、および虚血性疼痛の定量的感覚評価のため事前および事後治療変化のスコアーを入手した。

randomized crossover design :無作為クロスオバー計画
pre- and posttreatment :事前および事後治療
ischemic pain :虚血性疼痛


Subjective reports of treatment-related changes in pain intensity and pain unpleasantness were obtained for each condition using a visual analog scale. We interpret our findings with respect to the separate dimensions of sensory and affective processing of pain.

視覚的アナログ評価スケールを用いて各症状に対する疼痛度合いおよび疼痛不快における治療関連変化の対象報告が入手された。疼痛の知覚および感情処理の別次元に関する研究結果と解釈します。

pain intensity:疼痛度合
pain unpleasantness:疼痛の不快
visual analog scale:視覚的アナログ評価スケール


RESULTS: Analyses revealed the absence of changes in quantitative pain sensitivity ratings between conditions. However, retrospectively, subjects' global impression of treatment outcome indicated that both pain intensity and pain unpleasantness were reduced after treatment with lavender and marginally reduced after treatment with rosemary, compared with the control condition.

結果

分析は症状間の量的な疼痛感受性評価賭における変化の欠落を明らかにしました。 しかし、回顧的に、治療結果への対象の全体的な印象は、疼痛度合いおよび疼痛の不快感両方が、対照の症状に比べて、ラベンダーでの治療後減少して、ローズマリー治療後わずかに減少したのを示しました。

CONCLUSION: These findings suggest that aromatherapy may not elicit a direct analgesic effect but instead may alter affective appraisal of the experience and consequent retrospective evaluation of treatment-related pain.

結論

これらの研究結果は、アロマセラピーは直接的に鎮痛作用を引き出すことはないが、その代わりに、経験による感情評価および結果として疼痛治療関連の回顧的評価を変えることがある。


今日も読んで頂ありがとうございます。疼痛の感じる度合いはその人の心理状態によって変わってくると聞いたことがあります。気分が良いと痛みをあまり感じない。痛みのことしか考えると余計に痛くなる。気分転換に好きな香りがあるとそちらに気が向き、痛みを感じる感覚が変わってくるのかもしれない。

|

« イルカ療法うつ病予防 | Main | アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/7366946

Listed below are links to weblogs that reference 精油の香りによる疼痛軽減効果:

« イルカ療法うつ病予防 | Main | アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和 »