« アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和 | Main | アロマセラピーは術後の痛みを和らげることがある »

November 30, 2005

ホスピスにおけるアロマセラピーマッサージ効果

A randomized controlled trial of aromatherapy massage in a hospice setting.

  ホスピス環境でアロマセラピーマッサージの無作為化比較試験

randomized controlled trial:無作為化比較試験

PUBMEDより

1: Palliat Med. 2004 Mar;18(2):87-92.

Soden K, Vincent K, Craske S, Lucas C, Ashley S.

Princess Alice Hospice, Esher, Surrey, UK. pkteash@hotmail.com

Research suggests that patients with cancer, particularly in the palliative care setting, are increasingly using aromatherapy and massage. There is good evidence that these therapies may be helpful for anxiety reduction for short periods, but few studies have looked at the longer term effects.

研究は、特に緩和ケアー状況での癌患者はアロマセラピーおよびマッサージの利用が増大していることを示唆している。これらの療法が短期間不安軽減にたいして役に立つことがある良い証拠があるが長期期間での研究はほとんどなかった。

Palliative Care:緩和ケア


This study was designed to compare the effects of four-week courses of aromatherapy massage and massage alone on physical and psychological symptoms in patients with advanced cancer.
本研究は 進行癌患者での身体的および精神的症状へのアロマセラピーマッサージとマッサージ単独の4週間コースの効果を比較することを計画した。

advanced cancer:進行がん患者


Forty-two patients were randomly allocated to receive weekly massages with lavender essential oil and an inert carrier oil (aromatherapy group), an inert carrier oil only (massage group) or no intervention.
42人の患者は無作為に毎週マッサージを受けることを割り当てられた。それは、ラベンダーエセンシャルオイルとキャリアオイルのマッサージ(アロマセラピー郡)、キャリアオイルの(マッサージ郡)または介入なし。


Outcome measures included a Visual Analogue Scale (VAS) of pain intensity, the Verran and Snyder-Halpern (VSH) sleep scale, the Hospital Anxiety and Depression (HAD) scale and the Rotterdam Symptom Checklist (RSCL).

結果測定には、疼痛度合いの視覚的アナログ評価スケール(VAS)、the Verran and Snyder-Halpern (VSH)の睡眠尺度、抑うつと不安を測定の自己記入質問の(HAD尺度)およびRotterdamの症状チェックリストなであった。

visual analog scale:視覚的アナログ評価スケール
the Verran and Snyder-Halpern (VSH) sleep scale:睡眠尺度
Hospital Anxiety and Depression Scale (HAD尺度) :患者の精神症状、不安と抑うつを測定する自己記入式質問票式方法


We were unable to demonstrate any significant long-term benefits of aromatherapy or massage in terms of improving pain control, anxiety or quality of life. However, sleep scores improved significantly in both the massage and the combined massage (aromatherapy and massage) groups. There were also statistically significant reductions in depression scores in the massage group.

疼痛管理、不安または生活の質改善の観点で顕著なアロマセラピーまたはマッサージの長期期間の顕著な有益性を示すことができなかった。しかし、睡眠スコアーはマッサージおよび併用マッサージ(アロマセラピーおよびマッサージ)郡の両方で顕著な改善があった。また、マッサージ郡でうつ病スコアーに統計的に顕著な軽減があった。


In this study of patients with advanced cancer, the addition of lavender essential oil did not appear to increase the beneficial effects of massage. Our results do suggest, however, that patients with high levels of psychological distress respond best to these therapies.

進行癌患者の本研究で、ラベンダーオイルの追加がマッサージの有益な効果を増大することはないようであった。しかし、われわれの研究は高レベルの精神的苦悩の患者はこれらの療法によく反応することを示唆している。

Publication Types:

•Clinical Trial  臨床試験
•Randomized Controlled Trial 無作為対照臨床試験

今日も読んで頂ありがとうございます。

|

« アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和 | Main | アロマセラピーは術後の痛みを和らげることがある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/7403353

Listed below are links to weblogs that reference ホスピスにおけるアロマセラピーマッサージ効果:

» 若年性更年期障害の外来受診 [更年期障害.com]
若い女性の間で最近増加傾向にある若年性更年期障害ですが、若い女性の場合は特に婦人科の外来受診には抵抗があることが問題となります。生理不順などの身体の異常を感じて自分が若年性更年期障害ではないかと疑いを持ったとしても、婦人科へ行くことにためらいを感じて...... [Read More]

Tracked on June 14, 2007 at 06:18 AM

« アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和 | Main | アロマセラピーは術後の痛みを和らげることがある »