« 精油の香りによる疼痛軽減効果 | Main | ホスピスにおけるアロマセラピーマッサージ効果 »

November 29, 2005

アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和

Combined modality treatment of aromatherapy, footsoak, and reflexology relieves fatigue in patients with cancer.

アロマセラピー、足浴およびリフレクソロジーからなる併用療法によるガン患者における疲労緩和

combined modality treatment :併用療法

PUBMEDより
J Palliat Med. 2004 Dec;7(6):791-6.

Kohara H, Miyauchi T, Suehiro Y, Ueoka H, Takeyama H, Morita T.

Department of Internal Medicine, Palliative Care Unit, National Sanyo Hospital, Yamaguchi, Japan. hkohara@bk4.so-net.ne.jp

内科学、緩和ケアー病棟、独立行政法人国立病院機構 山陽病院

http://www.sanyo-hosp.jp/

BACKGROUND: Fatigue is one of the most distressful symptoms experienced by patients with advanced cancer. Aromatherapy, footsoak, and reflexology are popular health care modality treatments in Japan, however, the effectiveness of each treatment for cancer-related fatigue has not been fully established.

背景

疲労は進行癌患者が体験する最痛ましい症状の一つである。アロマセラピー,足浴およびリレクソロジーは日本において人気のあるヘルスケアー治療様式である。ところで、ガン関連の疲労治療対してのそれぞれの治療の有効性は十分に確立していなかった。

advanced cancer :進行癌


DESIGN AND SUBJECTS: To investigate the effectiveness of combined modality treatment consisting of aromatherapy, footsoak, and reflexology against fatigue, an open study was performed in 20 terminally ill patients with cancer. After a patch test was performed, patients received aromatherapy that was accompanied with footsoak in warm water containing lavender essential oil for 3 minutes, followed by reflexology treatment with jojoba oil containing lavender for 10 min. Fatigue was evaluated using the Cancer Fatigue Scale (CFS) before, 1 hour after, and 4 hours after treatment.

計画および対象

疲労に対してのアロマセラピー、足浴、リフレクソロジーからなる併用療法による治療有効性研究のために、オープンスタディが20人の末期癌患者で行われた。パッチテスト実施後に、患者は3分間ラベンダーエッセンシャルオイル含有のぬるま湯足浴を伴ったアロマセラピーを受け、続いて、10分間ラベンダーオイルをホホバオイルに希釈したオイルでリフレクソロジートリートメントを受けた。疲労は、治療前、治療後1時間および4時間に癌疲労スケール(CFS)を用いて測定した。

open study :オープンスタディ、対照群を設定しない試験
Cancer Fatigue Scale(CFS) :ガン疲労スケール、癌患者に用いられる疲労評価スケール(CFS)


RESULTS: Total CFS scores improved significantly after this treatment (from 25.6 +/- 11.0 to 18.1 +/- 10.0, p < 0.001). Among three CFS subscales, physical and cognitive subscale scores were reduced significantly (11.3 +/- 6.1 to 6.7 +/- 6.1, p < 0.001; 4.5 +/- 3.2 to 2.4 +/- 2.4, p < 0.001). No adverse effects were experienced. Because all patients desired to continue this treatment, they received treatment eight times on average.

結果

癌疲労スケール(CFS)の全得点はこの治療後に極めて改善した。(25.6 +/- 11.0 から18.1 +/- 10.0, p < 0.001に)。3つの癌疲労スケール(CFS)の下位尺度スケールの中で、身体および認知の下位尺度スケール得点が有意に減少した(11.3 +/- 6.1 から 6.7 +/- 6.1, p < 0.001; 4.5 +/- 3.2 to 2.4 +/- 2.4, p < 0.001)に。副作用は体験されなかった。なぜならば、患者全てがこのトリートメント継続することを望んだため、患者は平均8回のトリートメントを受けた。

subscale :下位尺度スケール
cognitive : 認識,認知に関する


CONCLUSIONS: Combined modality treatment consisting of aromatherapy, footsoak, and reflexology appears to be effective for alleviating fatigue in terminally ill cancer patients. To confirm safety and effectiveness of this combined modality treatment, further investigation including randomized treatment assignment is warranted.

結論

アロマセラピー、足浴およびリフレクソロジーからなる併用療法は終末期癌患者おいての疲労緩和対して有効的であるようである。この併用療法の安全性および有効性確認するために、無作為治療割当を含むさらなる研究が保証されることです。

random treatment assignment:無作為治療割り当て

Publication Types:

Clinical Trial
臨床試験

PMID: 15684846 [PubMed - indexed for MEDLINE]

今日も読んで頂ありがとうございます。

|

« 精油の香りによる疼痛軽減効果 | Main | ホスピスにおけるアロマセラピーマッサージ効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/7386020

Listed below are links to weblogs that reference アロマセラピーなどの併用療法によるガン患者における疲労緩和:

« 精油の香りによる疼痛軽減効果 | Main | ホスピスにおけるアロマセラピーマッサージ効果 »