« ごぼうの梅昆布煮とバードックオイル(ごぼうの浸出油) | Main | オリーブオイルの化合物(フェノール)大腸がん予防 »

November 08, 2005

脳活動喘息で役割を果たす

Brain Activity May Play Role in Asthma

Words Like 'Wheeze' May Affect Brain During Asthma Attack

喘息の発作中喘鳴ような言葉が脳に影響を与えることがあります。

喘息の発作が起こると、喘鳴ような言葉が炎症と関連する脳活動を促進することがあります。と科学者が報告しています。

それらの小研究が喘息のような炎症症状についての新たな糸口を提供することがあり、新治療をもたらすことができるだろうと彼らは書いています。

「このデータは喘息およびストレス性反応障害を制御するための薬剤開発と行動介入ための将来標的の可能性を示唆しています。」

ディヴィッドソンはUniversity of Wisconsin-Madisonの心理学および精神医学の教授です。彼は情動の神経科学の大学研究所および脳機能イメージと脳行動のWaisman研究所を指揮しています。

この研究はthe National Academy of Sciencesの記事録に掲載されます。


ストレスと喘息の関係

「多くの炎症障害のような喘息は精神的ストレスによって影響を受けます。」と研究者は書いています。脳を通じて感情経路をたどることは扱いにくかった。

ディヴィッドソンの研究には軽度のアレルギー喘息患者6人を含んでいました。米国アレルギーぜん息&免疫学アメリカンアカデミーによると、軽度な継続性喘息患者は1週間あたり2回以上の症状がありますがかわらず、1日あたり1回未満になります。軽症間欠喘息患者には1週間に二度未満症状があります。

参加者は研究のためチリダニの抽出物またはブタクサを嗅いだ。

ところで、参加者の肺機能は特殊な呼吸検査を用いてモニターされた。また、彼らの脳は機能的磁気共鳴画像法(fMRI)でスキャンされた。

それらの喘息が始まると、参加者はコンピュタースクリーン上に言葉を見た。喘鳴ようなある種の言葉は喘息に関連していた。孤独のなどのほかの言葉は否定的であるが特に喘息についてではなかった。また。カーテンなどの中間の言葉が示された。

脳と身体の関係

喘息関連の言葉が示されると3つのことが起こった。

•2つの脳部位活動が高まった。

•肺機能が呼吸検査中悪化した。

•炎症増大

否定的または中間の言葉は同様なパターンを示さなかった。

2つの脳領域は身体の内部状態および感情処理のモニターに関わっていた。

喘息患者において、2つの脳領域が情動的および順に重篤な症状に影響する炎症のような情動的および生理学的信号にたいして高反応性であることがあります。とディヴィッドソンは述べています。

「この研究は小規模であるけれどいかに特定脳回路が炎症を調節することをできるかを示しています。」とディヴィッドソンは述べています。

しかし、そのような小規模研究で研究結果の効果にたいして重きをおくこと葉困難であると研究者は書いてます。研究結果にどんな重要な効果をおくためには大規模な研究が必要になります。

単語帳

*wheeze :喘鳴
*psychology :心理学
*psychiatry :精神医学
*Affective Neuroscience:情動の神経科学
*inflammatory disorder:炎症障害
*Mild intermittent asthmatics:軽症間欠喘息患者
*dust mite :チリダニ
*ragweed :ブタクサ
*physiological :生理学の、生理的{せいりてき}な
*modulate :~を調節する

今日も読んで頂ありがとうございました。

|

« ごぼうの梅昆布煮とバードックオイル(ごぼうの浸出油) | Main | オリーブオイルの化合物(フェノール)大腸がん予防 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/6980599

Listed below are links to weblogs that reference 脳活動喘息で役割を果たす:

« ごぼうの梅昆布煮とバードックオイル(ごぼうの浸出油) | Main | オリーブオイルの化合物(フェノール)大腸がん予防 »