« 水の不思議、水の怖さ(1) | Main | 水の不思議、水の怖さ(3) »

November 11, 2005

水の不思議、水の怖さ(2)

水道水含有化学物質(いろんなものが溶け込んでます)

アルミニウム

源水の不純物除去にアルミニウム投入
水道水の原料を河川から取水したのち不純物を取り除くためにポリ塩化アルミニウムと硫酸アルミニウムを投与して水中の不純物を沈殿させます。上澄みの綺麗な水を飲料水にします。

飲料水のアルミニウムとアルツハイマー病
1986年にノルウエーで飲料水の水質と健康調査のなかではじめて、飲料水中のアルミニウムの量と痴呆に関係あるのではないかと言う速報を行った。英国の調査によると、CTなどによって脳血管性痴呆を除外し、アルツハイマー病と判定された患者の数を調べたところ、
地域の水道水中のアルミニウム濃度が1リットル当たり0.11ミリグラム以上の地域は0.01ミリグラム以下の地域にくらべ、発症率が1.5倍高いという事実が判明した。飲料水中のアルミニウム濃度が高いほどアルツハイマー病になりやすいわけである。
(ボケの原因を探る、黒田洋一郎著 岩波新書)

水道水の元素とおいしさ
日常、飲料水として使われている水道水は決して純粋ではなく、種々の元素が混入している。老年痴呆症状との関連で、最近新聞などでもよくとりあげられ、一般にも知られるようになった病気にアルツハイマー病がある。最近英国の研究者は、この病気は飲料水中のアルミニウムによって引き起こされる可能性が高いと発表した。水道水の浄化に使われる硫酸アルミニウムがその原因であるらしい。

水のおいしさは、金属元素と深くかかわっている。カルシウム(CA)、カリウム(K)酸化ケイ素 (SiO2)はおいしい成分であるが、マグネシウム(Mg) 、硫酸基(SO2)はまずい成分である。
(からだの中の元素の旅 吉里勝利著 ブルーバックス)

胃腸薬にもアルミニウム
胃腸薬成分の珪酸アルミニウムは胃酸を徐々に中和し、胃粘膜を保護。

硝酸性窒素

農家は作物育成に不可欠の窒素を主成分とする化学肥料を使う。窒素は微生物の働きで硝酸性窒素となり、地下水にしみ込む。硝酸性窒素が亜硝酸性窒素に還元されると血液中の
酸素を運ぶヘモクロビンと結びつく。外国では乳幼児が酸素欠乏症で死亡した例が報告されているという。
(1993年10月7日、朝日新聞)

硝酸性窒素と癌
硝酸性窒素は体内で亜硝酸性窒素に変化して、体内でアミンなどの有機物と反応して
発癌物質である「ニトロソアミン」が生成されます。飲料水中の硝酸性窒素の高い地域
では胃癌の発生率が高いとの疫学調査報告があります。

陰イオン界面活性剤

合成洗剤に使用されている化学薬品で体内に入ると肝臓を傷めると言われています。

水道水の含有化学物質検査

上記のような化学物質が水道水に含まれています。水道局では各地域の水道水を取水して、採水時間、天候、気温、水温、濁り度、色度、臭気、下記のようなや化学物質、元素、一般細菌、大腸菌群40種の含有量を検査しています。主なものピックアップして三箇所のデーター掲載をします。発表のために役所の資料をコピーしました。この資料は平成4年の資料です。

pH 値 :
4月 7.2, 6.8, 7.2
10月 7.3, 6.9 , 7.3
pHは7が中性でそれ以下は酸性になります。降る雨が酸性水なので水道水も弱酸性になるのかも。水道水が弱酸性ビオレみたいです。

硝酸性窒素および亜硝酸性窒素
4月 0.97, 1.33, 0.82
10月 1.06, 1.65, 0.81

遊離残留塩素
4月 0.8 ,0.8, 0.8
10月 0.7, 0.8, 0.7

アルミニウム
4月 0.07, 0.04, 0.04,
10月 0.05, 0.03, 0.02

陰イオン界面活性剤:
4月 0.02, 0.01, 0.02
10月 0.03, 0.01, 0.00

トリハロメタン(THM:Trihalomethanes):
4月0.007, 0.010, 0.009
10月 0.013, 0.019, 0.005

水の性質にいろんな物質を溶かします。良い例が塩を入れると塩水になります。このように溶かす性質上河川が汚染されるとその物質が溶けて飲み水に入り込み体に摂取されます。

化学物質は体内に蓄積され、天然でないために中々排泄されにくいと言われています。私たちの健康になんらかの影響を与えるとおもいます。

現代はこのように沢山の有害物質がいろんな形で体内に取り入れられています。空気中の有害物質も体内に入ってきます。今はやりのデイトクスが困難な状況があふれています。

生活の中で心の悩みが増え、身体に心の老廃物が沢山溜め込んでいます。何らかの方法を用いて体内の有害物質と心の老廃物を排泄しましょう。

今日も読んでいただきありがとうございます。水の話はまだ続きます。

|

« 水の不思議、水の怖さ(1) | Main | 水の不思議、水の怖さ(3) »

Comments

水は大事です。私は本州最北端のほうが田舎ですが、上京したときに、水を飲むことができませんでした。
トイレの流す匂いと一緒です。
とても飲めません。
今も水道水は飲むことができません。
一番大事なのは、水分。体の多くを占めます。それがこんなものになっては、人の体の中はどうなるのでしょう・・・・・。
環境を大切に問いうけれども、自分の体もそのうちですものね。

とても考えさせられました。

Posted by: takako | November 12, 2005 at 08:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/7045585

Listed below are links to weblogs that reference 水の不思議、水の怖さ(2):

« 水の不思議、水の怖さ(1) | Main | 水の不思議、水の怖さ(3) »