« CBS NEWS VIDEO:アンドルーワイル博士 | Main | オーガニックエセンシャルオイル・精油について »

November 01, 2005

翻訳の勉強

今日は翻訳の講義がある日でした。夜間のコースに通っています。午後7時から9時15分まで勉強します。クラス
は5人で男性は私1人であとは女性です。先生はベテランの先生です。基礎の時は文章が短く、また2人でしたのでテキストを全部訳して、確認をしてもらいました。

本科になると長文の医学論文の翻訳になるので分担を決めて訳すことになりました。今回の内容は機能性腸障害における自律神経系でした。分担の訳を訳すのにすごい時間が係り、いかに日本語が出てこないかが分かりました。翻訳はなにを使用しても適訳を見つけることが大切だといわれました。

先ず単語調べであるが医学であるので普通の表現は使用しない場合がるので英語と日本語訳を入れて検索をして正しく表現されているかを見ます。よく先生がその訳語の裏を取っているかと質問されることが多かったでう。
単語は見つかっても表現が2つある場合がありました。今日ならったのには、SENSORYは知覚、感覚のどちらでも良いといわれました。同じ文章になかでは知覚、感覚の両方は使用しないでどちらかに統一することを言われました。

今回の訳では単語をつなげる感じの翻訳になってしまい自分でもよく分からない状態の文章でした。訳が上手くいかないとどうしても「の」の連発、であるところ、になります。また、先生かよく指摘されるのはパラレルに文章が
なっていないといわれます。最初は、このパラレルのことが分からずキョトンしてました。パラレルを統一すると文章が綺麗になることが分かりました。

また、翻訳の勉強していると普段あまり使用しない日本語の表現も覚えます。亢進と言う言葉を習いました。
機能亢進です。翻訳の勉強をしてると脳に刺激を与えてくれるみたいです。そろそる0時になるので投稿します。
本日も読んで頂ありがとうございます。今日から11月です。読者の方にとって良い月になりますよう祈っています。

|

« CBS NEWS VIDEO:アンドルーワイル博士 | Main | オーガニックエセンシャルオイル・精油について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 翻訳の勉強:

« CBS NEWS VIDEO:アンドルーワイル博士 | Main | オーガニックエセンシャルオイル・精油について »