« オーガニックエセンシャルオイル・精油について | Main | ダイエッターの空腹感撃退方法 »

November 03, 2005

野菜を食べて癌予防

癌予防野菜、ブロッコリースプラウト、キャベツ、にんにく、イチョウ(サプリメント)

Eat your veggies: It may prevent cancer

ブロッコリースプラウト、キャベツ、イチョウなどのある種の野菜およびハーブの化合物は癌の予防に役立つようであります。と5つの研究が明らかにした。

バルティモアで月曜日に開催されたAmerican Association for Cancer Research会議に提出された調査結果のハイライトは以下のとおりです。

日本の科学者が新鮮なブロッコリースプラウトの摂食は胃癌に関連するあるタイプのバクテリアからの感染を阻止したことを解明した。ブロッコリースプラウトの化学物質、スルフォラファンはDNAを損傷して癌発症をもたらすことになる分子と戦うことに役に立つことになります。ブロッコリースプラウトはブロッコリー植物発芽から2~3日のものであります。

ジョンズ・ホプキンス大学の科学者は無毛のマウスにブロッコリースプラウト抽出物の塗布が癌発症を防いだことを解明した。11週間毎日5回抽出物を塗布されたマウスは、紫外線曝露後、抽出物を少なく塗布されたマウスに対して腫瘍数の発症は半分であった。

ニューメキシコ大学、ミシガン州立大学およびワルシャワ国立食品・栄養機関の研究者は、週3回調理したキャベツおよびザワークラフトを摂取した女性は乳癌発症リスクを低くすることがあることを解明した。

ボストンの科学者は、イチョウの葉由来のハーブサプリメント、ginkgo biloba(イチョウ)を摂取した女性において卵巣癌の発症リスクを低減することを解明した。6ヶ月またはそれ以上サプリメントを摂取した女性は発症リスクが60%低かった。

最後の研究で、ニンニクの成分が肉およびタマゴを調理することによって放出される疑わしい発癌物質の作用を抑制することが解明された。フロリダA&M大学の研究者はヒト組織上の物質を検査してニンニクの成分が発癌性酵素を阻止することを発見した。

単語帳
*Sulforaphane:スルフォラファン
*molecule :分子
*extract:抽出物
*tumor:腫瘍
*ovarian cancer :卵巣癌
*cancer-causing agent :発癌物質
*Human Tissue :ヒト組織

今日も読んで頂ありがとうございます。

|

« オーガニックエセンシャルオイル・精油について | Main | ダイエッターの空腹感撃退方法 »

Comments

いつも楽しく拝見させていただいています。キャベツをよく食べるポーランド生まれの女性を対象にした調査で、キャベツを食べている女性は乳癌になりにくいという結果がえられたようです(リンク)。あんまり栄養があるようには見えませんが、体にいいんですね。

また、最近食物の栄養成分含有量が調べられるサイトを発見しました。英語ですが、詳しく書いてあって便利です。

http://www.nutritiondata.com/

また遊びに来ます。よかったら私のブログにも遊びにきてください。

Posted by: 清宮正人 | November 21, 2005 09:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 野菜を食べて癌予防:

» キャベツの栄養分 [医学・バイオ統計]
統計とは言い難いですが、 キャベツには実は栄養が豊富です。ザワークラウト1カップ... [Read More]

Tracked on November 21, 2005 09:20 PM

« オーガニックエセンシャルオイル・精油について | Main | ダイエッターの空腹感撃退方法 »