« フィトアロマ研究所業務日誌 | Main | 月について書くとつきがつくか? »

December 19, 2005

機内で聞く演歌とお月見

12月16日(金)から12月18日(日)まで仕事で四国高松に行きました。昨年の12月末に会社を辞めることが決定し、休暇処理で1月末に正式に退社してハローワークのお世話になりました。それから、引きこもり症候郡で家にいて毎日ブログを書いていました。ブログを書き始めてからは泊りがけで外に出たことはありませんでした。

アロマ関係の仕事をする前は旅行社にいて海外添乗の仕事をしていて飛行機の乗る機会が多かったです。日本の飛行機に乗るとよく演歌を聴いていました。添乗員の機内の席と言えば後方の座席でエンジンの音がよく聞こえます。エンジンのゴーという音を聞きながら、演歌を聴くと何か心にしみます。

添乗の時には飛行機の座席は自分で勝手に選ぶことは出来ませんが自分で選べるときは窓側の席を選ぶようにしてます。時たま進行方向のどちらの側の席に座れば海しか見えないのか、山が見えるのかを考えることがあります。このときも演歌を聴きながら外の景色を見てます。

帰りは夜間飛行でした。演歌を聴いていると、着陸態勢に入り、ベルト着用のサインが出ました。ふと窓の外を見ると飛行機の翼の上側に満月の月が見えてきました。月の眺めながら飛行機進んで行きました。月明かりの変化を眺め、また地上の明かりを眺めの快いひと時をすごしました。月に思いを抱き一人ロマンティックに浸っていました。空の上かいろんな角度から月あかりを見ました。地上に降りてバスにのりまた窓から月を眺めていました。

月よ闇夜に迷ったとに私の道しるべになってくれよ。月のあかりのやわらかさは心の痛んだヒトにとっては優しくつんでくれる光です。やさしく包まれているうちに力強い太陽の光に耐える心が出来てくるのかもしれない。心豊かになれるお月見は必要なのかも知れません。

オーストラリアから輸入したオイルがFEDEXで今朝到着したことを確認し、今日通関が終了し、明日配達になることを確認した。しかし、通関状況をインターネットで確認してみると遅れてると表示されてていた。通関で何か問題があるのかと思ってしまった。そしたら、午後遅く、FEDEXから、通関の件で電話が入り、品物はエッセンシャルオイルであると伝えた、そしたら、これから通関しますと言われた。夕方、コールセンターに確認したら、通関はまだ
きれてなかった。何か問題があるのかと聞いたらそのなコメントは入っていないと言った。クリスマスが近づき輸入貨物が増えてるために時間がかかっているのかも知れないと考えよう。明日には配達が出来るようになることを願ってます。

3日間投稿しなかったらアクセス数が減少しました。毎日の投稿を読んで頂いているヒトが投稿がないので読まなかったのかも知れません。今日も読んでいただきありがとうございます。

|

« フィトアロマ研究所業務日誌 | Main | 月について書くとつきがつくか? »

Comments

私もここに遊びにくるのは久しぶりです。
満月は綺麗でしたね。
翌日も翌日も、欠けながら光輝いていました。
私は月が大好きです。
ザクロのオイルが欲しいと思いつつ、振り込む機会を逸しています。
必ず実行しますので、お待ち下さい。

Posted by: takako | December 20, 2005 at 08:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/7701645

Listed below are links to weblogs that reference 機内で聞く演歌とお月見:

« フィトアロマ研究所業務日誌 | Main | 月について書くとつきがつくか? »