« 脂肪筋肉肥満を説明することになる | Main | フィトアロマ研究所アロマショップ »

December 26, 2005

記憶喪失人生初期ストレスと関連

Memory loss link to early stress

人生において初期の精神的ストレスは中年で記憶喪失および精神減退になることがあります。と研究は示唆しています。

ラットに関する研究は、幼児期のストレスは脳細胞がお互いにコミュニケートする方法にたいして悪影響を与えます。

研究者は、両親喪失、虐待または無視は高齢者に通常よくみられた中年期のある種の記憶喪失の原因になることがあります。

カルフォニア大学、アーバインによるこの研究は神経科学の雑誌に特集されています。

カルフォニアチームは、学習と記憶で重要な役割を果たすことがしられている海馬とよばれる脳部位での細胞間のシグナル伝達機構の問題を強調した。

人生での後年での認知機能喪失はおそらく遺伝子および環境要因の両方の結果であります。
と研究中心者のDr Tallie Baramは述べた。

「人々の遺伝子背景を変えることはまだ出来ないけれども、人生での後年の学習および記憶対する特に人生初期のストレスの環境影響を阻止することは実行可能であるかもしれない。」

「これらの研究は人生の後年で認知障害を予防する新しくて、より効果的な方法の成果を示します。」

営巣パニック

研究者はメスのラットおよび新生児がいるケージで巣篭もり材料を制限することによってラットにストレスをもたらした。

若いラットは初期のストレス感情を克服するように見えたが中年期に記憶障害の兆候を示し始めた。.

ラットが年老いていくにつれて困難は悪化して、生育環境において人生の最初の週の間育てられたラットでの同じ病気よりさらに急速に発現した。

分析は、ラットが中年期に入るとストレスラットでの海馬細胞間の通信メカニズムの障害を示した。

同様に、正常な若いラットであるが、ラットが老いたとき、細胞の電気活動はますます乱れてしまった。

昨年発表されたユネスコの報告は世界の子供の50%以上はストレス状態の基で育てられていると推定した。

人生初期のストレスは以前に、後年の認知機能障害と関連していたがヒト研究での関連検査でまだ可能性は証明されていなかった。


免疫効果

アルツハイマー・リサーチトラストのRebecca Woodは述べた。以前の研究は慢性的なストレスおよび反復性うつ病は免疫系および記憶や学習に重要である脳構造の両方を傷つけた。

この新しい研究は、若いラットでの軽度なストレスが高齢になると学習および記憶に関与する脳の部位に問題を引き起こします最初の証拠を提供します。

ヒトでのさらなる研究が必要でありますがこれらの結果は人生での初期期間での精神的ストレスが人生後年での記憶減少の原因になるだろう。

Mrs Woodが述べたことには、脳の同じ部分がアルツハイマー病の初期段階で影響をうけた。

アルツハイマー・リサーチトラストはストレスがアルツハイマー病発症の要因になるかどうかを調査するための研究に資金を提供しています。

単語帳
*negative impact :悪影響、負の衝撃、マイナス影響
*hippocampus:海馬
*cognitive function:認知機能
*memory lapses :記憶障害
*nurturing environment 生育環境
*cognitive impairment :認知機能障害

今日も読んでいただきありがとうございます。

|

« 脂肪筋肉肥満を説明することになる | Main | フィトアロマ研究所アロマショップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/7854281

Listed below are links to weblogs that reference 記憶喪失人生初期ストレスと関連:

« 脂肪筋肉肥満を説明することになる | Main | フィトアロマ研究所アロマショップ »