« ロットによって違う内容成分量:ラベンダー、ローズマリーカンファー | Main | お掃除と料理 »

December 29, 2005

ザクロ分溜物抗血管新生の可能性

Preliminary studies on the anti-angiogenic potential of pomegranate fractions in vitro and in vivo.

生体外および生体内でのザクロ分溜物抗血管新生可能性に関する予備研究

PUBMEDより

Toi M, Bando H, Ramachandran C, Melnick SJ, Imai A, Fife RS, Carr RE, Oikawa T, Lansky EP.

Department of Surgery, Tokyo Metropolitan Komagome Hospital, Tokyo, Japan.

外科、東京都立駒込病院

We previously showed pomegranate seed oil and fermented juice polyphenols to retard oxidation and prostaglandin synthesis, to inhibit breast cancer cell proliferation and invasion, and to promote breast cancer cell apoptosis.

以前にザクロ種油および発酵ジュースのポリフェノールが酸化とプロスタグランジンの合成遅延、乳癌細胞の拡散阻害、および乳癌細胞のアポトーシスの促進を示した。

Here we evaluated the anti-angiogenic potential of these materials in several ways. We checked a possible effect on angiogenic regulation by measuring vascular endothelial growth factor (VEGF), interleukin-4 (IL-4) and migration inhibitory factor (MIF) in the conditioned media of estrogen sensitive (MCF-7) or estrogen resistant (MDA-MB-231) human breast cancer cells, or immortalized normal human breast epithelial cells (MCF-10A), grown in the presence or absence of pomegranate seed oil (SESCO) or fermented juice polyphenols (W).

ここで、いくつかの方法でこれらの原料の抗血管新生活性の可能性を評価した。ザクロ種油または発酵ジュースポリフェノールの有無で培養したヒトの乳癌細胞でのエストロゲン感受性をヒト乳癌細胞 MCF-7株、エストロゲン耐性をエストロゲン受容体欠損MDA-MB-231 株また不死化正常ヒト乳腺上皮細胞MCF10Aの条件づけられた培養液で、血管内皮細胞増殖因子、インターロイキン-4(IL-4)および遊走阻止因子を測定することによって血管新生の調節への可能な効果を検査した。

antiangiogenic 抗血管新生活性
angiogenic regulation 血管新生の調節
Vascular endothelial growth factor(VEGF):血管内皮細胞増殖因子
interleukin-4 (IL-4):インターロイキン-4(IL-4)
migration inhibitory factor (MIF):遊走阻止因子
conditioned media:条件づけられた培養液.
estrogen sensitive:エストロゲン感受性
MCF-7:ヒト乳ガン由来の培養細胞株
estrogen resistant:エストロゲン耐性
MDA-MB-231 :ヒト乳癌由来の細胞株でエストロゲン受容体が欠損
immortalized:不死化した
MCF-10A:正常ヒト乳腺上皮細胞

VEGF was strongly downregulated in MCF-10A and MCF-7, and MIF upregulated in MDA-MB-231, overall showing significant potential for downregulation of angiogenesis by pomegranate fractions.

血管内皮細胞増殖因子(VEGF)は、強力に正常ヒト乳腺上皮細胞(MCF-10A)およびとヒト乳ガン由来の培養細胞でダウンレギュレーションして、遊走阻止因子(MIF)はエストロゲン受容体欠損MDA-MB-231 株でアップレギュレーションした。全体的にザクロ分溜物によって抗血管新生活性のダウンレギュレーションに対して顕著な可能性を示した。


An anti-proliferative effect on angiogenic cells was shown in human umbilical vein endothelial cell (HUVEC) and in myometrial and amniotic fluid fibroblasts, and inhibition of HUVEC tubule formation demonstrated in an in vitro model employing glass carrier beads.

血管新生活性細胞に対する抗拡散作用はヒト臍帯静脈血管内皮細胞,子宮筋および羊水の線維芽細胞で示され、ガラスのキャリアビーズを使用して生体外モデルでヒト臍帯静脈血管内皮細胞の細管形成阻害が示された。

Myometrial:子宮筋の
amniotic fluid:羊水
fibroblast:線維芽細胞
human umbilical vein endothelial cell:HUVEC):ヒト臍帯静脈血管内皮細胞

Finally, we showed a significant decrease in new blood vessel formation using the chicken chorioallantoic membrane (CAM) model in vivo. 'In sum, these varied studies employing different models in different laboratories overall demonstrate for the first time an anti-angiogenic potential of pomegranate fractions, suggesting further in vivo and clinical investigations (for updates: info@rimonest.com).

最後に、生体内でニワトリ胚漿尿膜の血管形成を用いて、新たな血管形成の顕著な
減少を示した。要するに、種々の研究所での様々なモデルを用いたこれらの多様な研究は、全体として、ザクロ分溜物の抗血管新生活性初めて示し、さらなる生体内および臨床試験を示唆している。

PMID: 14739618 [PubMed - indexed for MEDLINE]

血管新生因子:癌細胞が分泌する増殖因子(蛋白質)の一つであって、癌組織の周辺組織より血管を新生し、自己の組織中に導入する作用をもつ、これは、異常増殖を行うために必要な栄養を獲得するためと考えられる。
最新医学大辞典(第3版)医歯薬出版株式会社より

今日も読んでいただきありがとうございます。医学大辞典は今週の月曜日に購入したばかりです。ステッドマン医学大辞典(英和・和英)と違って用語の内容が詳しく出ているので助かります。それぞれの辞典のよさをつかみ効率よく使えるようにしたいです。文章が長文で意味をとるのに苦労をしたが訳はよく出来てないので原文をよく読んで確認をお願いします。Fractionの訳をオイルと訳していいのかと迷い辞書にある分溜物と訳しました。ザクロ種油の作用にに興味を持ち見つけたアブストラクトです。


|

« ロットによって違う内容成分量:ラベンダー、ローズマリーカンファー | Main | お掃除と料理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/7896608

Listed below are links to weblogs that reference ザクロ分溜物抗血管新生の可能性:

« ロットによって違う内容成分量:ラベンダー、ローズマリーカンファー | Main | お掃除と料理 »