« 水の不思議、水の怖さ(5) | Main | フィトアロマ研究所業務日誌 »

December 14, 2005

フィトアロマ研究所海外からの仕入れ

今日は途中まで訳したが何故か気が進まず、また、抜け毛の頭皮部位と臓器との関係を書こうとして文章を考え
資料の本を用意したがこれも完成できず時間が過ぎてしまい、何を書こうかと迷ってしまつた。

今日したことを書くことにした。電話の子機が使えなくなってしまい不便を感じていた。子機を買わなくてはいけないのかと思い、ネットで検索して金額を見たら安い子機付きのファクスが買える値段でびっくりした。検索していると子機の充電用の電池の値段が出ていた。よく考えてみたら充電の電池が古くなって使えないのだと思うようになってヨドバシカメラに電話して在庫があるかを確認してから買いに行った。購入し入れ替えてもらい家に帰宅して
使用したら使えたので良かった。

昨日からオーストラリアからオイル購入代金支払いの件で連絡をしてるが上手くいかず。電話をしても連絡が取れずいくら振り込むのか確定金額が来ていないので困ってしまった。やっとのことでメールが来て金額が分かりロイド銀行と連絡を取り、振込み金額の円払い代金を聞き、ロイド銀行の東京支店にインターネットより振り込んだ。
夕方に送金結果通知のファックスが届き、それをオーストラリアにファクスした。

午後にメールでエセンシャルオイルの注文が入ってきたが在庫のないオイルがあったのでお客様に連絡を取り状況を説明した。その関係でエセンシャルオイルの注文を出す必要が生じ、何をどのくらい注文すればよいのか、どのくらいの金額まで購入できるのかを考えた。また、クリスマスが近づいているので先方の休暇のことも考えて発注しなければいけない。米国の取引さきでは12月15日から1月1日まで休みです。また、輸送手段を何にするのかEMSか国際宅急便にするのかです。フランスからのEMSは時によると半月ぐらいかかりました。米国ですと1週間以内につきました。EMSは料金は安くてよいのですが急ぎの時には困ります。

輸送手段での節約を図るにはEMSが一番です。仕入れ量、在庫量、手持ち資金、到着日数等を考えて発注をしなければいけません。在庫を少なく、売れ筋を切らさずしてお客様に商品を直ぐに発送できるよう頑張りたいです。

|

« 水の不思議、水の怖さ(5) | Main | フィトアロマ研究所業務日誌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィトアロマ研究所海外からの仕入れ:

« 水の不思議、水の怖さ(5) | Main | フィトアロマ研究所業務日誌 »