« アロマショップ・フィトアロマ研究所開店 | Main | ヒマラヤネパール産精油いろいろ(2):スパイクナード »

January 30, 2006

ヒマラヤネパール産精油いろいろ(1):シャクナゲ、フユサンショウ、紫ウコン

A World of AromatherapyのEssential Oils in the Tibetan Shangri Laより

Some Nepalese Essential Oils

いくつかのネパール産エセンシャルオイル

シャクナゲオイル

I have purchased several Nepalese essential oils and brought further samples of essential oils as well as raw material for laboratory testing. One of the interesting Nepalese essential oils is Rhododendron. This plant is a national symbol in Nepal. Rhododendron anthopogon grows in Nepal at an altitude of 3300-4000 m. It is harvested in several regions in Nepal.

研究室の試験のためにいくつかのエセンシャルオイルを購入してさらにエセンシャルオイルのサンプルと同じく原料を持ち帰った。興味あるネパール・エセンシャルオイルの一つはシャクナゲです。この植物はネパール国家のシンボルです。シャクナゲはネパールの高度3300-4000 mlに生育しています。ネパール各地域で収穫されます。


Anthopogon oil, as it is usually referred to in Nepal, is obtained by steam distillation of the aerial part of this shrub. It is a fluid liquid of pale yellow colour and sweet-herbal, faintly balsamic aroma. The physico-chemical properties of Anthopogon oil in terms of acid number is 1.54 to 4.06 and Ester number is 5.40 to 25.92. Due to altitudinal and regional variations some oils are soluble in 95% alcohol and some are not.

シャクナゲはネパールで通常言及されるシャクナゲオイルは低木の地上部を水蒸気蒸留して得られます。オイルは小麦色で甘くハーブ調およびかすかなバルサム調の香りの液体です。酸価に関してシャクナゲオイルの物理化学的特性は1.54~4.06であり、エステル・ナンバーは5.40 ~25.92です。高度および地域差によりあるオイルは95%アルコールに溶けてあるものは溶けないです。

shrub :低木、潅木
aerial part :地上部


Rhododendron can be used in gouty rheumatic conditions. The essential oil is a stimulant and affects fibrous tissue, bones and nervous system. I was informed that it works on people who are sensitive to windy and stormy wet weather when usually any disorder they suffer from will display aggravated symptoms. We shall start using this essential oil in the clinic, but would like to know much more about it.

シャクナゲオイルは痛風性のリウマチ症状に使用することができます。エセンシャルオイルには刺激作用があって線維組織、骨系および神経系に影響します。私が聞いているとことには風邪が強くて嵐のような湿気のある天候に敏感な人々に効果があって、そのような時は通常どのような罹患している障害は症状を悪化させることを示します。クリニックでこのエセンシャルオイルを使用し始めますがオイルに関してさらに知りたいと思います。

fibrous tissue :線維組織


フユサンショウオイル

The Nepalese Xanthoxylum essential oil has many aromatherapeutic uses. It is commonly known as Prickly Ash. The essential oil is obtained by steam distillation of the dried fruits of Xanthoxylum armatum. It is a fluid liquid in appearance and of light yellow colour.

ネパールのフユサンショウオイルは多くのアロマセラピー治療使用があります。通常山椒として知られています。エセンシャルオイルはフユサンショウの乾燥果実の水蒸気蒸留によって得られます。外見は液体で淡黄色です。

prickly ash :山椒
light yellow colour:淡黄色
in appearance :外見


Nepalese Xanthoxylum essential oil has a refreshing, pleasant and spicy aroma. The oil is rich in linalool, and also contains limonene, methyl cinnamate and cineole. It possesses strong anti-infectious characteristics with a sedative effect on the body. It is commonly used for arthritic conditions. The oil is considered to be carminative and stomachic.

ネパールのフユサンショウオイルはリフレッシングで心地良よいスパイシーな香りです。身体へ  の鎮静作用があり強力な抗感染特性を持っています。通常関節炎症状に使用されています。このオイルは駆風および胃刺激の作用があると考えられています。

carminative :駆風剤、駆風薬


However, the most effective action of this oil is within the circulatory system. It works well on chilblains, cramp in the legs, varicose veins and varicose ulcers. Due to its stimulating effect upon the lymphatic system, circulation and mucous membranes, it can play an important role in clinical aromatherapy.

しかし、このオイルの最も効果的な作用は循環器系にあります。霜焼け、足の痙攣、静脈瘤および静脈瘤性潰瘍に優れた効果があります。リンパ系、循環および粘膜への刺激効果のため臨床アロマセラピーにおいて重要な役割を果たすことができます。

chilblain :霜焼け、凍瘡
cramp :けいれん、さしこみ、
varicose ulcer :静脈瘤性潰瘍

紫ウコンオイル

The Curcuma Zedoaria essential oil is produced from the rhizomes of Curcuma zedoaria Roscoe. In Nepal, this oil is better known as Sathi. The oil is viscous and of golden yellow colour. It has a warm-spicy, woody and camphoraceous cineolic odour. It has pronounced effect on the digestive system. It is a known stimulant and carminative. It can be applied directly to bruises to speed up healing.

紫ウコンのエセンシャルオイルはクルクミンの根茎から生成されます。ネパールで、このオイルはSathiとして知られています。オイルは粘性があり金色をしています。香りは温かみあるスパイシー調、ウッディー調およびカンファーのようなシネオールの香りです。消化器系へ顕著な効果があります。刺激作用および駆風作用あることが知られています。直接打ち身に塗布することが出来て治癒を促進します。

viscous :粘りけのある
bruise :打撲、打ち身

エセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

|

« アロマショップ・フィトアロマ研究所開店 | Main | ヒマラヤネパール産精油いろいろ(2):スパイクナード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8423025

Listed below are links to weblogs that reference ヒマラヤネパール産精油いろいろ(1):シャクナゲ、フユサンショウ、紫ウコン:

« アロマショップ・フィトアロマ研究所開店 | Main | ヒマラヤネパール産精油いろいろ(2):スパイクナード »