« ザクロ種子油(ザクロシードオイル) | Main | スパイクナード(ナルドの香油)・精油 »

January 13, 2006

ヒト乳癌に対するザクロの効果

Chemopreventive and adjuvant therapeutic potential of pomegranate (Punica granatum) for human breast cancer.

ヒト乳癌に対するザクロの化学予防物質および補助療法の可能性

chemopreventive :化学予防物質
adjuvant therapeutic potential :補助療法の可能性

PUBMEDより

Breast Cancer Res Treat. 2002 Feb;71(3):203-17.

Kim ND, Mehta R, Yu W, Neeman I, Livney T, Amichay A, Poirier D, Nicholls P, Kirby A, Jiang W, Mansel R, Ramachandran C, Rabi T, Kaplan B, Lansky E.

Department of Pharmacy, Pusan National University, Korea.

Fresh organically grown pomegranates (Punica granatum L.) of the Wonderful cultivar were processed into three components: fermented juice, 水溶性 pericarp extract and cold-pressed or supercritical CO2-extracted seed oil. Exposure to additional solvents yielded polyphenol-rich fractions ('polyphenols') from each of the three components.

素晴らしい品種の新鮮なオーガニック生育ザクロは3つの部分に加工された。発酵ジュース、水溶性果皮抽出物、冷圧搾または種油。3つの構成要素それぞれからの追加溶剤で得られたポリフェノール濃縮分溜物(ポリフェノール)に曝露。

cultivar :品種


Their actions, and of the crude whole oil and crude fermented and unfermented juice concentrate, were assessed in vitro for possible chemopreventive or adjuvant therapeutic potential in human breast cancer. The ability to effect a blockade of endogenous active estrogen biosynthesis was shown by polyphenols from fermented juice, pericarp, and oil, which inhibited aromatase activity by 60-80%. Fermented juice and pericarp polyphenols, and whole seed oil, inhibited 17-beta-hydroxysteroid dehydrogenase Type 1 from 34 to 79%, at concentrations ranging from 100 to 1,000 microg/ml according to seed oil >> fermented juice polyphenols > pericarp polyphenols.

全部の原料油と発酵および非発酵濃縮ジュース原料の作用はヒト乳癌における化学予防物質および補助療法の可能性に対して生体外で評価した。内因性の活性エストロゲン生合成の遮断作用能力が発酵ジュース、果皮抽出物、および種油によって示された。それらはアロマターゼ活性を60-80%.まで阻害した。発酵ジュースと果皮ポリフェノール、および全部の種油は34 ~79%まで17-ベータ-ヒドロキシステロイド脱水素酵素タイプ1を阻害した。その濃縮範囲は種油、発酵ジュースポリフェノール、果皮ポリフェノールによると100 から1,000 microg/mlまであった。

endogenous :内因性の
active estrogen:活性エストロゲン
biosynthesis:生合成
aromatase:アロマターゼ(エストロゲン合成酵素)
aromatase activity :アロマターゼ活性
pericarp :果皮
pericarp polyphenols,:果皮ポリフェノール
17-beta-hydroxysteroid dehydrogenase :17-ベータ-ヒドロキシステロイド脱水素酵素
endogenous estrogen 内因性エストロゲン


In a yeast estrogen screen (YES) lyophilized fresh pomegranate juice effected a 55% inhibition of the estrogenic activity of 17-beta-estradiol; whereas the lyophilized juice by itself displayed only minimal estrogenic action.

YES 試験法で凍結乾燥新鮮ザクロジュースは17βエストラジオールのエストロゲン活性阻害に55%の効果があった。一方、凍結乾燥ジュース単独では最小限のエストロゲン活性を示した。

yeast estrogen screen (YES) :YES 試験法(エストロゲン活性の測定法)
lyophilized juice凍結乾燥ジュース
17-beta-estradiol:17βエストラジオール
estradiol :エストラジオール(胎盤および卵胞から分泌される発情ホルモン)


Inhibition of cell lines by fermented juice and pericarp polyphenols was according to estrogen-dependent (MCF-7) >> estrogen-independent (MB-MDA-231) > normal human breast epithelial cells (MCF-10A).

発酵ジュースおよび果皮ポリフェノールによる細胞株の阻害はエストロゲン依存性のヒト乳ガン由来の培養細胞株(MCF-7)、エストロゲン依存性のヒト乳癌由来の細胞株でエストロゲン受容体が欠損(MB-MDA-231)、正常ヒト乳腺上皮細胞(MCF-10A)と一致した。


MCF-7:ヒト乳ガン由来の培養細胞株
estrogen resistant:エストロゲン耐性
MDA-MB-231 :ヒト乳癌由来の細胞株でエストロゲン受容体が欠損
MCF-10A:正常ヒト乳腺上皮細胞
cell line :細胞株
estrogen-dependent :エストロゲン依存性の


In both MCF-7 and MB-MDA-231 cells, fermented pomegranate juice polyphenols consistently showed about twice the anti-proliferative effect as fresh pomegranate juice polyphenols.

ヒト乳ガン由来の培養細胞株(MCF-7)とヒト乳癌由来の細胞株でエストロゲン受容体が欠損(MB-MDA-231)両方で、発酵ザクロジュースポリフェノールは一貫して新鮮なザクロジュースとして約2倍の増殖抑制効果を示した。

antiproliferative effect :増殖抑制効果


Pomegranate seed oil effected 90% inhibition of proliferation of MCF-7 at 100 microg/ml medium, 75% inhibition of invasion of MCF-7 across a Matrigel membrane at 10 microg/ml, and 54% apoptosis in MDA-MB-435 estrogen receptor negative metastatic human breast cancer cells at 50 microg/ml.

ザクロ種油はヒト乳ガン由来の培養細胞株(MCF-7)の増殖を100 microg/ml medium で90%の阻害効果、10 microg/mlでマトリゲル膜を越えてのヒト乳ガン由来の培養細胞株(MCF-7)の浸潤を10 microg/mlで75% の阻害効果およびエストロゲン受容体転移陰性ヒト乳ガン細胞MDA-MB-435において50 microg/mlで55%のアポトーシス(細胞死)

Matrigel membrane:マトリゲル膜
estrogen receptor:エストロゲン受容体
negative metastatic 転移陰性
apoptosis:アポトーシス(細胞死)


In a murine mammary gland organ culture, fermented juice polyphenols effected 47% inhibition of cancerous lesion formation induced by the carcinogen 7,12-dimethylbenz[a]anthracene (DMBA).

マウスの乳腺器官培養で発酵ジュースポリフェノールは発癌物質、7, 12ジメチルベンゾアントラセン(DMBA).によって誘発された癌性病変形成を44%の阻害効果。

murine mammary gland organ culture:マウスの乳腺器官培養
mammary gland :乳腺
organ culture :器官培養
cancerous lesion formation:癌性病変形成
carcinogen :発癌性物質
7, 12-dimethylbenz (a)anthracene(DMBA):ラットに乳癌や白血病を誘発する発癌剤
dimethylbenz anthracene:ジメチルベンゾアントラセン


The findings suggest that clinical trials to further assess chemopreventive and adjuvant therapeutic applications of pomegranate in human breast cancer may be warranted.

この研究成果はヒト乳癌でザクロの化学予防物質および補助療法の使用に対するさらなる評価ための臨床試験が正当とされること示唆している。

clinical trials:臨床試験

ザクロに興味を持って翻訳をしていますが今回の文章は難しくて単に単語訳を組み合わせのようで読みにくいと思います。この分野の翻訳専門家の方が読んでみておかしなところがありましたたらお教えいただきたいです。宜しくお願いいたします。今日も読んで頂きありがとうございます。

関連記事

ザクロ分溜物抗血管新生の可能性

|

« ザクロ種子油(ザクロシードオイル) | Main | スパイクナード(ナルドの香油)・精油 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8146697

Listed below are links to weblogs that reference ヒト乳癌に対するザクロの効果:

« ザクロ種子油(ザクロシードオイル) | Main | スパイクナード(ナルドの香油)・精油 »