« ヒマラヤネパール原産オイル発売 | Main | 何故食べているもが精神問題の増加をもたらした »

January 22, 2006

ゼラニウムオイル・精油皮膚塗布でマウスおいて好中球集積および浮腫炎症抑制

Suppression of neutrophil accumulation in mice by cutaneous application of geranium essential oil.

ゼラニウムオイルの皮膚塗布によるマウスでの好中球集積の抑制

neutrophil accumulation :好中球集積
cutaneous application :皮膚塗布

PUBMEDより

J Inflamm (Lond). 2005 Feb 10;2(1):1.•

Maruyama N, Sekimoto Y, Ishibashi H, Inouye S, Oshima H, Yamaguchi H, Abe S.

Teikyo University Institute of Medical Mycology, 359 Otsuka, Hachioji, Tokyo 192-0395, Japan. sabe@main.teikyo-u.ac.jp.

帝京大学、医真菌研究センター

mycology :菌(類)学

BACKGROUND: Previous studies suggested that essential oils suppressed the adherence response of human neutrophils in vitro and that intraperitoneal application of geranium oil suppressed the neutrophil accumulation into peritoneal cavity in vivo.Usually, essential oils are applied through skin in aromatherapy in inflammatory symptoms.

背景
以前の研究ではヒトでの好中球の集積反応を抑制し、ゼラニウムオイルの腹腔内塗布は腹腔内への好中球集積を抑制した。通常、エセンシャルオイルは炎症症状においてアロマセラピーで皮膚を通して塗布される。

intraperitoneal :腹腔内の
peritoneal cavity 腹膜腔、腹腔

The purpose of this study is to assess the effects of cutaneous application of essential oils on the accumulation of neutrophils in inflammatory sites in skin of mice.

本研究の目的はマウスの皮膚炎症部位での好中球集積へのエセンシャルオイルの皮膚塗布作用を評価することである。

METHODS: Inflammation with accumulation of inflammatory cells was induced by injection of curdlan, a (1-->3)-beta-D-glucan in skin or peritoneal cavity of mice. Essential oils were applied cutaneously to the mice immediately and 3 hr after intradermal injection of curdlan. The skin with inflammatory lesion was cut off 6 hr after injection of curdlan, and the homogenates were used for myeloperoxidase (MPO: a marker enzyme of neutrophil granule) assay.

方法
炎症細胞集積の炎症は、マウスの皮膚および腹腔内に主成分β-1,3-グルカンの食品添加物名 カードランの注射によって惹起された。エセンシャルオイルは即座にマウスの皮膚に塗布されてカードランの皮内注射3時間後に塗布された。炎症病変皮膚はカードランの皮内注射の6時間後に切り取られてホモジネートがミエロペルオキシダーゼアセイキット(MPO:好中性顆粒の指標酵素)ために使用された。

curdlan, a (1-->3)-beta-D-glucan: カードラン,β-1,3-グルカン
intradermal injection 皮内注射
homogenate :ホモジネート
myeloperoxidase :ミエロペルオキシダーゼ
neutrophil granule :好中性顆粒
marker enzyme:指標酵素

RESULTS: The MPO activity of the skin lesion induced by curdlan was suppressed dose-dependently by cutaneous application of geranium oil. Other oils such as lavender, eucalyptus and tea tree oils also suppressed the activity, but their activities seemed weaker than geranium. Juniper oil didn't suppress the activity

結果
カードランによって惹起された皮膚病変のミエロペルオキシダーゼ(MPO)のゼラニウムオイルの皮膚塗布によって容量依存的に抑制された。また、ラベンダー、ユーカリおよびティトリーは活動を抑制したがその作用はゼラニウムより弱かった。ジュニパーオイルは活動を抑制しなかった。

CONCLUSION: Cutaneous application of essential oils, especially geranium oil, can suppress the inflammatory symptoms with neutrophil accumulation and edema.

エセンシャルオイルの皮膚塗布、特にゼラニウムオイルは好中球集積および浮腫での炎症症状を抑制することができる。

PMID: 15813994 [PubMed - as supplied by publisher]

|

« ヒマラヤネパール原産オイル発売 | Main | 何故食べているもが精神問題の増加をもたらした »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8270443

Listed below are links to weblogs that reference ゼラニウムオイル・精油皮膚塗布でマウスおいて好中球集積および浮腫炎症抑制:

« ヒマラヤネパール原産オイル発売 | Main | 何故食べているもが精神問題の増加をもたらした »