« ザクロ分溜物の皮膚への作用 | Main | ホホバオイル »

January 09, 2006

ホホバオイルの抗炎症作用

Anti-inflammatory effects of jojoba liquid wax in experimental models.

実験モデルでホホバオイルの抗炎症作用

experimental models 実験モデル

PUBMEDより

1: Pharmacol Res. 2005 Feb;51(2):95-105.

Habashy RR, Abdel-Naim AB, Khalifa AE, Al-Azizi MM.

Department of Pharmacology and Toxicology, Ain Shams University, Cairo, Egypt.

Jojoba [Simmondsia chinensis (Link 1822) Schneider 1907] is an arid perennial shrub grown in several American and African countries. Jojoba seeds, which are rich in liquid wax, were used in folk medicine for diverse ailments.

ホホバは多年草低木でいくつかの米国およびアフリカ諸国に自生しています。液体ワックスの豊富なホホバの実は種々の疾患対する民間療法に用いられている。

arid perennial shrub:多年草低木


In the current study, the potential anti-inflammatory activity of jojoba liquid wax (JLW) was evaluated in a number of experimental models. Results showed that JLW caused reduction of carrageenin-induced rat paw oedema in addition to diminishing prostaglandin E2 (PGE2) level in the inflammatory exudates.

現在の研究で、ホホバ液体ワックスの抗炎症性の可能性が様々な実験モデルで評価された。結果によると、ホホバオイルは、カラゲニンで惹起したされたラットの足浮腫の低減をもたらして、さらに、炎症性浸出物のプロスタグランジンE2PGE2)濃度を減少させた。

carrageenin :カラゲニン(起炎剤)
paw :動物の足、手、足
exudate :浸出物


In a test for anti-inflammatory potential utilizing the chick's embryo chroioallantoic membrane (CAM), JLW also caused significant lowering of granulation tissue formation.

ひよこの胚漿尿膜を利用して抗炎症作用(CAM)を検査で、また、ホホバオイルは顕著な肉芽組織形成の低下を引き起こした。

chick :ひよこ、子ども、幼鳥{ようちょう}
embryo :胚、胎児、胚芽{はいが}、胚子}
chroioallantoic membrane :漿尿膜
granulation :肉芽形成
granulation tissue formation  肉芽組織形成


Topical application of JLW reduced ear oedema induced by croton oil in rats. In the same animal model, JLW also reduced neutrophil infiltration, as indicated by decreased myeloperoxidase (MPO) activity.

ホホバオイルの局所塗布はハズ油でラットに惹起した耳介浮腫を軽減させた。同じ動物モデルで、また、ホホバオイルは、好中球顆粒酵素作用(MPO)活動低下によって示した好中球浸潤を低減した。

Topical application 局所塗布
ear oedema 耳介浮腫
croton oil:ハズ油
neutrophil infiltration 好中球浸潤
myeloperoxidase (MPO) activity.:好中球顆粒酵素作用


In addition, JLW ameliorated histopathological changes affected by croton oil application. In the lipopolysaccharide (LPS)-induced inflammation in air pouch in rats, JLW reduced nitric oxide (NO) level and tumor necrosis factor-alpha (TNF-alpha) release.

さらに、ハズ油塗布によって影響を受けた病理学的変化を改善した。ラットの空気嚢でリポ多糖誘発炎症においてホホバオイルは一酸化窒素濃度および腫瘍壊死因子(TNF-alpha)放出を低下させた。

ameliorate :改善する
lipopolysaccharide (LPS) リポ多糖
histopathological changes 病理学的変化
air pouch, 空気嚢, クウキノウ
nitric oxide (NO)  一酸化窒素
tumor necrosis factor;TNF:腫瘍壊死因子


In conclusion, this study demonstrates the effectiveness of JLW in combating inflammation in several experimental models. Further investigations are needed to identify the active constituents responsible for the anti-inflammatory property of JLW.

結論として、本研究は幾つかの実験モデルで炎症と戦うホホバオイルの有効性を示している。さらなる研究がホホバオイルの抗炎症特性の要因となる活性成分を特定することが必要である。

PMID: 15629254 [PubMed - indexed for MEDLINE]

今日も読んで頂きありがとうございます。

ホホバゴールデンオーガニック118mlのご用命はアロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ザクロ分溜物の皮膚への作用 | Main | ホホバオイル »

Comments

こんにちわ。
興味深いものです。
私のブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか。
文章を引用させていただきたいです。

Posted by: takako | January 12, 2006 at 05:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8083380

Listed below are links to weblogs that reference ホホバオイルの抗炎症作用:

« ザクロ分溜物の皮膚への作用 | Main | ホホバオイル »